応用物理工学コース Course of Applied Physics and Engineering

ナノサイズの物理現象を解明したい!

生物の基礎から応用まで究めたい!

物理学の深化と革新技術の萌芽を目指す学問。

基礎物理学の進展と最先端技術の進化は同時に進行し、極限技術がまた新しい自然観を育みます。その循環を担うのが「応用物理学」です。 これまで、応用物理学はエレクトロニクス、ナノテクノロジー、超伝導、量子光学、宇宙光学などの領域で多くの成果を生み人類の知的財産を築いてきましたが、21世紀に入りますます重要な学問領域となっています。

新しい価値を創造する力。

最先端の科学技術を駆使することによって新しい学問分野を創出する、現在の問題点を克服し新しい技術の芽を育てる、そうした研究者や指導的技術者の育成を目指します。 新しい価値を生むためには、物理学の知識に基づいて現象を理解しその本質を見抜く力、広い視野と柔軟な発想、そして一歩踏み出す勇気が必要なのです。

学生の声

基礎から応用まで 学べるのが魅力

原田 祐子
応用理工系学科
応用物理工学コース4年
(北海道札幌西高等学校出身)

応用物理工学コースでは、物理現象の本当に基礎的な知識から、工学へ生かすための応用まで、幅広く講義や実験を通して身につけることができます。研究室での研究内容も多岐にわたっており、必ずやりたいことが見つけられると思います。自分が興味を持った分野について伺いにいくと、先生方も親身になって教えてくださるので、楽しく物理を学べます。技術を生み出したい人にも、基礎的な研究をしたい人にもおすすめのコースです。

大学院生の声

ナノサイズの固体の 振動現象を追究

松浦 和摩
大学院工学院 応用物理学専攻
修士課程2年

近年、微細加工技術の発達により、あらゆるデバイスの小型化が進んでいます。小さなデバイスの応用は、その振動の様子をミクロな観点で理解し、制御することなしにはあり得ません。現在私は、ナノサイズの固体の振動現象について、量子力学や統計力学を駆使し、コンピュータを用いて理論的な研究を行っています。紙とペンとコンピュータだけで、実際に起こる物理現象を再現、あるいは予言できるというのが理論研究の醍醐味です。

こんな人におすすめ

応用物理工学コースは、物理学をより深く知ろうとする姿勢を持ち、それと同時に新たな発見と新技術の創造に意欲のある学生が学ぶ場です。応用物理の研究の対象は、原子スケールから宇宙のスケールに及び、また金属や半導体などの硬い物質から、高分子、生体、液晶などの柔らかい物質、そして規則正しい構造や常識をひっくり返す対称性を持つ構造、古典的な系から量子力学なしでは議論できない系など、その幅は研究したいと思えば際限なく広がる、そういう学問です。物理学を通して新しい世界を見たい、そして新しい世界を作っていきたいという意欲のある学生にぴったりのコースです。

カリキュラムの特徴

物理学の基礎をしっかり学び、社会への応用に結びつける。

応用物理工学コースのカリキュラムには、量子力学、統計力学、熱力学、電磁気学、力学、応用数学などの物理学の基礎を学ぶ科目、光物理学、固体物理学などの応用的専門科目、応用力を高めるための実験・演習科目が用意されています。卒業研究では、最先端の理論的・実験的研究に触れるとともに研究の手法を身に付けます。もちろん、プレゼンテーション・ディスカッション能力や情報科学、科学英語の習得に関しても配慮されています。

コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等) ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●外国語科目 ●情報学 など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●応用物理学 ●技術者倫理と安全 ●応用数学I・II ●熱力学 ●力学 ●電磁気学I ●振動・波動 ●応用物理学実験I ●連続体力学  など
3年次
コース専門科目
●光物理学I・II ●固体物理学I・II ●電磁気学II ●量子力学I・II ●統計力学I・II ●応用物理学実験II ●電子工学 ●応用数学III ●計算科学 ●極低温物理学 ●複雑系の物理学 など
4年次
コース専門科目
●卒業研究 など
修士課程・博士後期課程
大学院工学院応用物理学専攻
●相関系物理工学特論 ●非平衡系物理学特論 ●結晶物性特論 ●相転移特論 ●光波センシング特論 ●非線形ダイナミクス特論 ●極限レーザー物理特論 ●量子物理学特論 ●半導体物性特論 ●アモルファス物質特論  ●応用物理学特別演習(修士課程) ●応用物理学特別研究(博士後期課程)  など

卒業生からのメッセージ

北大でより良いキャンパスライフを!!


実験室にて
笠野 陽子さん
大日本印刷株式会社 電子デバイス事業部 電子デバイス研究所
2004年3月 工学部応用物理学科 卒業
2006年3月 大学院工学研究科 量子物理工学専攻 修士課程 修了

現在、大日本印刷株式会社でハードディスクドライブのディスク読取機構の部品開発を行っています。 この部品は、金属と樹脂の複合材料をサブミクロン単位で加工したものですが、昨今のハードディスクの大容量化にともない、より微細で複雑な構造が求められています。そのため、金属・樹脂を問わない材料の知識をもとに、多種多様な加工方法を駆使して、より簡単に、より安く、ものづくりを進めていく必要があります。私が修士課程で行っていた研究は「特殊な合金の構造解析」。分かりやすく言うと「原子の並び方の解明」です。自ら特殊な合金を作り、SPring-8という日本最大級の評価装置を使って得たデータの解析を行いました。このように、現在の仕事は大学の研究を延長したようなものではありません。しかし、身に付けた基礎知識や研究の進め方はもちろんのこと、研究室の仲間や友人たちとの交流やサークル活動、アルバイトの経験に至るまで、実際の仕事にはすべての経験が役立っています。 皆さん、北大の広大なキャンパスでさまざまなことに全力投球し、アンテナを広げてください。

卒業後の進路

独創的な科学技術の発展には、基礎科学の深い知識が不可欠という考えから、産業界でも物理学が重視されており、就職は例年好調です。電気・情報関連メーカーへの就職者が30%を超えていますが、金属や高分子などの素材関係、バイオ関係、機械・自動車関係、医療関係など、非常に広範囲の産業分野の企業から求人があり、卒業生はさまざまな分野で活躍しています。

取得可能な資格

■中学校教諭一種免許状(理科)
■高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
■甲種消防設備士(受験資格)
※資格の取得には指定科目の修得が必要なものもあります。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2015年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先(50音順)

●アイヴィス ●アルプス電気 ●今治造船 ●エイチ・エル・シー ●HBA ●沖データ ●オリンパス ●JEOL RESONANCE ●ジャパンテクニカルソフトウェア ●新生銀行 ●住友電工 ●住友ベークライト ●セントラルソフト ●ソリットレイ研究所 ●電算 ●デンソーエレクトロニクス ●東京エレクトロン ●日放電子 ●日鉄日立システムエンジニアリング ●ニデック ●日本電気通信システム ●日本電産 ●日本電産サンキョー ●半導体エネルギー研究所 ●日立システムズ ●日立製作所 ●富士通 ●北海道電力 ●三菱電機 ●明電舎


Fatal error: Call to undefined method cl_m::analytics_rt_tag() in /home/www/html5.1/m/class/smp/html.class.php on line 502