学科・コース Courses

「健康と環境の工学」で、
地球を救え。

先進国でも途上国でも、環境問題の重要性はますます高まっている。
今、この時代こそ我々環境工学の出番だ。
世界中に飛び出し、「生(いのち)を衛(まも)る工学」で地球を救おう。

「人間の健康」と「地球環境」を調和させる学問。

人類の利便性に偏重した開発を続けてきた代償として、社会の安全性や環境の持続可能性が大きく揺らいでいます。革新的な環境浄化技術、省エネルギー技術、資源循環技術への社会的要請はこれまでになく高まっています。また、人間の健康、健全な環境をどのように評価するのかについても、本コースが答えを出さなければなりません。

高い倫理観と豊かな創造性を持つ、グローバル人材を育成。

環境問題は複雑化と広域化を続けており、絵空事ではない循環型社会システムの構築と実践が急務となっています。環境問題が内包する公共性は君たちの倫理観を、国境を超える多様な問題は君たちの国際性を否応なしに磨きます。様々なスケールで問題を洞察し、国際的な舞台で推進力を発揮できる人材の育成を本コースでは目指しています。

環境問題の主対象となる水・エネルギー・廃棄物・大気などの各論を学びます。

これだけ広い環境問題領域を横断的かつ体系的に学べる教育機関は、国内外を見渡しても北海道大学環境工学コースだけです。各論の学習に先立ち、問題を工学的に取り扱うための道具となる基礎科目を厳選して2年次に開講しています。3年次からは環境問題各論の講義が始まるとともに実験が必修科目となっています。実験は、基礎分析手法の習得および環境問題各論で学んだ事象の体感を目的としています。各種演習科目を充実させているのもカリキュラムの特徴となっています。4年次の卒業研究では、環境問題を世界最先端の技術を応用して解決・解明するための研究手法を身につけます。プレゼンテーション能力、英語運用能力の重要性は我々の分野では特に高まっており、卒業研究ではこれらの能力向上を目的とした指導が行われます。

環境工学コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目 (★は本コース教員が関わっているもの)
●教養科目 (文学、芸術、歴史など) ●外国語科目 ●基礎科目 (数学、物理、化学、生物)
★情報学I ★一般教育演習 (世界をリードする北大の水環境研究) ★総合科目 (健康スポーツ科学特論) ★英語演習 (中級:英語で学ぶ世界の水と衛生) ★共通科目 (資源と環境)
など
2年次
コース専門科目
●環境工学序論 ●分析化学 ●反応工学 ●反応工学演習 ●応用数学I ●水文学 ●流体工学I ●環境統計学 ●環境生理学 ●計画数理学 ●環境毒性学 ●工学基礎演習
など
3年次
コース専門科目
●環境リスク解析学 ●熱工学I,II ●人間環境計画学 ●水環境保全工学 ●流体工学II ●気象学 ●大気保全工学 ●環境モデリング ●廃棄物処理工学 ●廃棄物管理工学 ●物理化学要論 ●分離工学 ●下水工学 ●環境物理 ●環境工学実験
など
4年次
コース専門科目
●卒業研究 ●環境工学ゼミナール
など
修士課程・博士後期課程
大学院工学院空間性能システム専攻
●建築環境計画特論 ●構造性能設計特論 ●室内気候学特論 ●環境人間工学特論 ●環境行動デザイン特論 ●建築環境設計特論 ●環境システム工学特論 ●環境エネルギー工学特論 ●都市環境気候学特論 ●空間設計インターンシップ ●空間性能システム特別演習(修士課程) ●空間性能システム特別研究(博士後期課程)
など
大学院工学院環境創生工学専攻
●水環境施設工学特論 ●排水処理・再生工学特論 ●水・物質循環工学特論 ●環境微生物工学特論 ●水質化学特論 ●大気環境工学特論 ●大気環境解析特論 ●廃棄物処理工学特論 ●廃棄物管理計画特論 ●リサイクルシステム特論 ●環境創生工学特別演習(修士課程) ●環境創生工学特別研究(博士後期課程)
など

自然と人間が共生する
社会を目指して

小学生のとき、当時話題だった地球温暖化がきっかけで環境問題に興味・関心を持つようになり、環境工学コースに進みました。ここでは環境問題を自然環境と人間生活の両面から考える事ができます。環境に負荷をかけず、かつ人間活動を抑制しない。そんな技術を衛生・環境工学の最前線に立つ先生から学べます。また、北大の環境工学は日本でも大きな規模を誇るので、最先端の研究ができる事も強みです。自然災害が頻発している中で、自然と人間が共生できる社会を目標に新たな技術を開発していきたいです。

三浦 愛子
環境社会工学科 環境工学コース4年
(神奈川県鎌倉女学院高等学校出身)

資源をどのように
再利用するかを考える

現在、地下にある金属資源は採掘され、枯渇しかけています。一方で金属資源は地上付近で消費、蓄積されています。この地上付近に蓄積されている希少金属を「都市鉱山」として再利用することが必要です。私の研究は家庭から出るごみに含まれる希少金属についての調査です。派手さはありませんが、効率的に資源回収を行うために物質の流れを把握することは重要で、貴重な経験です。今回の経験を生かして、今後も資源の循環にかかわりたいと思っています。

髙橋 悠
大学院工学院 環境創生工学専攻
修士課程1年(市立札幌大通高等学校出身)

「環境」という言葉が気になるあなたへ

私も「環境」という言葉がつい目に留まってしまう内の一人でした。そこでこのコースで学ぶことを決め、現在は札幌市職員として水道水やその源となる河川水の水質検査等を行っています。札幌市民を取り巻く水環境に関わる重要な仕事であり、学生時代に学んだことや研究等を通じて得た経験を活かしながら働いています。「環境」と一言で言ってもその範囲は広く、それについて学ぶアプローチ方法も多々あります。他コースや他学部で学ぶ方法もあると思います。中でもこのコースの魅力の一つは、人の健康とともに身近な環境について勉強・研究できる点だと思います。工学部というと物理をイメージするかもしれませんが、必ずしもそうではなく、広い分野について学ぶことができます。私は物理をほとんど学んだことがない状態でこのコースに入りましたが、物理を学んでこなかったからと工学部を諦めないで良かったと心から思います。皆さんもぜひ可能性を潰さずに自分の興味を深めてください。

外崎 友望さん

札幌市水道局給水部水質管理センター
2017年3月 工学部 環境社会工学科 衛生環境工学コース 卒業

卒業後の進路

本コースにおいて学ぶ対象は幅広いため、卒業後の進路においても幅広い選択肢があります。卒業生は、環境浄化技術を開発する技術者、環境施設・設備を計画・設計する技術者、国家公務員・地方公務員など環境行政の担い手、大学や研究所などの教育・研究職、その他さまざまな業種で環境問題を解決する技術者として活躍しています。

産業別就職状況


※産業別就職状況・主な就職先は、2019年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先

●いであ ●NTTファシリティーズ ●荏原製作所 ●オルガノ ●川越市役所 ●川崎重工業 ●原子力規制委員会(環境省外局) ●札幌市役所 ●三祐コンサルタンツ ●新日鉄住金エンジニアリング ●水道機工 ●住友重機械工業 ●ダイキン工業 ●千葉市役所 ●中部電力 ●月島機械 ●東京ガスエンジニアリングソリューションズ ●東京設計事務所 ●東芝 ●ドーコン ●TOTO ●名古屋市役所 ●日立製作所 ●日立造船 ●フソウ ●防衛省 ●ホクレン農業協同組合連合会 ●北海道電力 ●三菱重工エンジニアリング ●三菱電機 ●明電舎 ●メタウォーター ●UTテクノロジー ●リブ・コンサルティング

取得可能な資格

■高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
■甲種消防設備士(受験資格)
■建設機械施工管理技士(受験資格)
■土木施工管理技士(受験資格)
■建築施工管理技士(受験資格)
■管工事施工管理技士(受験資格)
※資格の取得には指定科目の修得や、卒業後に実務経験が必要なものもあります。

環境問題の解決へより直接的に貢献したい、関わる仕事に就きたいと希望している人に最適なコースです。環境問題の研究では、広い分野の先端技術と知識を高度に統合する必要があります。知的好奇心の旺盛な人、異分野横断研究を推進する行動力のある人を歓迎します。行政他の立場で公共のために働きたいと願っている人。国際的に活躍してみたいという夢を持っている人。最先端の科学を応用した新技術を開発したいという熱意のある人。異分野・異文化の人々と積極的に交わり、環境問題の解決に新しい道筋をつける意欲のある人。新しい社会の枠組みを提案したいという「大志」を抱いている人。きっと、我々のコースで良い出会いが待っています。

キーワード

地中熱ヒートポンプ雪氷冷熱利用太陽光・熱利用燃料電池バイオエネルギー再生可能エネルギー水の再利用ごみのリサイクルバイオマス利活用環境影響評価環境修復安全な水と空気放射性物質の管理シックハウス廃棄物適正処理・処分騒音低周波音粒子状物質健康リスク管理感染症予防病原菌ウイルス有害化学物質環境バイオテクノロジーバイオ燃料電池バイオリサイクル環境浄化有用微生物バイオトイレ生体機能評価体温調節心理評価熱中症遺伝毒性評価DNAチップ健康リスク管理Q.P.電気自動車の暖房交通騒音リモートセンシング震災時GISの構築環境モニタリングおいしい水快適な室内環境省エネ住宅ごみリユース・リサイクル環境重視型社会の提案運動と健康ライフスタイルごみ減量化環境政策経済評価宇宙環境気象モデルオゾン層長期有人宇宙ミッション環境中の物質挙動シミュレーション地球温暖化シミュレーション温度予測モデルバイオセンサー極地環境臨界水利用ナノマテリアルの利用と毒性評価マイクロセンサー微量汚染物質

ページの先頭