学科・コース Courses

限りある資源を、
限りなく活用するために。

理論上、完全な循環社会は実現不可能だが、循環「型」社会をつくることはできる。
資源を採掘し、有効利用し、安全に廃棄する。
資源循環を実現する技術者・研究者になろう。

社会の中の資源の流れを、あらゆる角度から研究。

私たちが地球環境との調和を保ちながら豊かで住みよい生活を営み、生産活動や社会活動を行うためには、循環型社会の形成が不可欠です。本コースでは、幅広い工学基礎教育をベースに、社会の中の資源の流れをさまざまな角度から教育し、循環型社会で求められる創造性豊かな自立した技術者・研究者を育成します。

グローバルな視点から、資源の有効利用を図る。

教育・研究の対象は広く、天然資源の開発・利用、廃棄物の資源化・リサイクルや地層処分、汚染環境の修復などに取り組んでいます。近未来の資源・エネルギー問題に対処する「資源」、循環型社会を構築する「環境」、未利用で広大な地下空間の活用を目指す「地殻」という三つの柱を設けています。

少人数による実験・演習とインターンシップを重視。

少人数による実験・演習と国内外におけるインターンシップを重視した教育が、このコースの特色です。地球科学、物理化学、弾性体の力学、流体力学、熱力学などの専門基礎科目から、応用地質学、計測工学、粉体工学、岩盤工学、資源循環工学、地殻システム工学、地下水工学などの専門色の強い科目までを体系的に履修します。これらの科目には工学のさまざまな学問領域が網羅されており、幅広い基礎工学の知識も習得できます。

資源循環システムコース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等) ●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学
など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●応用数学I・II ●応用数学演習I ●構造力学I ●応用地質学 ●基礎図形科学 ●土の力学I ●弾性体の力学 ●地球科学 ●熱力学 ●熱力学演習 ●物理化学 ●計測工学 ●資源循環システム実験I ●資源循環システムI ●資源循環デザイン
など
3年次
コース専門科目
●岩盤工学 ●粉体工学 ●流体力学 ●流体力学演習 ●地下水工学 ●地殻システム工学 ●物理化学演習 ●環境化学 ●数値計算法 ●資源循環システム実験II・III ●資源化学II ●土の力学II ●火薬及び爆破工学 ●環境物理 ●微生物工学 ●インターンシップ
など
4年次
コース専門科目
●卒業研究
など
修士課程・博士後期課程
大学院工学院環境循環システム専攻
●資源生産システム特論 ●選鉱・リサイクル工学特論 ●環境有機化学特論 ●環境地質学特論 ●環境プロセス鉱物学特論 ●岩盤力学特論 ●岩盤開発学特論 ●地下水保全工学特論 ●地圏計測工学特論 ●広域シミュレーション特論 ●環境循環システム特別演習(修士課程) ●環境循環システム特別研究(博士後期課程)
など
大学院工学院共同資源工学専攻
●資源マネージメントI ●国際人事交流セミナー ●国際フィールド調査 ●資源生産システム ●環境地質学 ●金属製錬工学 ●選鉱・リサイクル工学 ●環境サスティナビリティ ●鉱床学 ●海洋探査工学 ●地球熱学概論 ●資源開発工学
など

限りある資源を大切にする

私たちの生活が豊かになる一方で、有限である資源・エネルギーの量は日に日に減少しています。その貴重な資源を、環境への負荷を少なくしながら最大限に活用したいという思いからこのコースに進むことを決めました。当コースでは、インターンシップとして国内外の企業や大学を訪問し、現場の見学や、現地の学生と交流することで知識を深めることができます。今後は、持続可能な社会に向けて、少しでも役立てるよう研究を行っていきたいと思います。

松岡 竜平
環境社会工学科 資源循環システムコース4年
(兵庫県須磨学園高等学校出身)

新幹線や高速道路
トンネル掘削ずりに対する対策

現在北海道新幹線や高速道路のトンネル掘削工事が進められています。トンネル掘削の際、多量の掘削ずりが生じ、その掘削ずりには多様な重金属類が含まれています。その掘削ずりに含まれる重金属類の溶出メカニズムや対策に関する研究を進めています。特に掘削ずりが降雨にさらされたり、晴天時に乾燥されたりする乾湿の影響に注目し、実際の現場での掘削ずり処理の合理化に寄与できればと考えています。北海道の交通網の明るい未来のために少しでも貢献したいです。

田中 志歩
大学院工学院 環境循環システム専攻
修士課程1年(三重県立津高等学校出身)

仕事に活かせる知識が学べました

私は三菱マテリアル株式会社に入社し、鉱山エンジニアとして働いています。入社してから石灰石鉱山の採掘管理、金属鉱山の坑廃水処理と幅広い仕事をしてきました。鉱山エンジニアの仕事は多岐に渡り、様々な経験ができることが魅力です。その分、広い知識が必要となりますが、大学で学んだ知識が仕事のあらゆる場面で活かされています。
大学ではインターンシップ等のカリキュラムも充実していました。私は石灰石鉱山に行き、当時授業で習っている設備や理論が現場で使われていることに感動しました。自分の知識が実際に社会で活かされることを知り、学ぶことの有意義さを感じることができました。これを機に、目的意識を持って学習に臨むことができ、将来は大学で学んだ知識を活かせる仕事に就きたいと考えるようになりました。また大学生活で得られた人との繋がりは今も大切にしています。 卒業しても技術的な相談ができる先生、それぞれの道で頑張っている友人は今でもいい繋がりです。

近藤 めぐみさん

三菱マテリアル株式会社 技術統括本部 資源部
2010年3月 工学部 環境社会工学科 資源循環システムコース 卒業

卒業後の進路

幅広い専門性とバイタリティーが歓迎され、あらゆる業種の企業から多数の求人があります。最近の主な就職分野は、官公庁、公的研究機関、資源・エネルギー産業、環境・化学関連産業、セラミックス、金属・セメントなどの素材・材料メーカー、自動車・建設機械などの機械メーカー、ゼネコンや地質・計測コンサルタントなどの土木建設業、情報関連産業など極めて多彩です。また多くの卒業生が海外で活躍しています。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2019年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先

●アクセンチュア ●荏原製作所 ●NTTデータ ●関西学院 ●国土交通省北海道運輸局 ●コスモエネルギーホールディングス ●小松製作所 ●産業技術総合研究所 ●ZEALS ●JFEミネラル ●JIG-SAW ●新日鐵住金 ●住友金属鉱山 ●住友商事 ●Seven Rich Accounting ●大成建設 ●太平洋コンサルタント ●千代田化工建設 ●東電設計 ●DOWAホールディングス ●株式会社Nikkan ●日本原子力研究開発機構 ●日本原燃 ●日本工営 ●日本製紙 ●ビー・ユー・ジーDMG森精機 ●フジタ ●北海道ガス ●レバレジーズ

取得可能な資格

■高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
■技術士補(JABEE認定コース)
■甲種消防設備士(受験資格)
■火薬類取扱保安責任者(試験科目一部免除)
■建設機械施工管理技士(受験資格)
■土木施工管理技士(受験資格)
■建築施工管理技士(受験資格)
■電気工事施工管理技士(受験資格)
■管工事施工管理技士(受験資格)
■造園施工管理技士(受験資格)
※資格の取得には指定科目の修得や、卒業後に実務経験が必要なものもあります。

何より、環境と調和した資源の有効利用に携わりたい人を求めています。資源循環システムは、地球(自然)を対象とする工学であり、数学・物理学・化学・地学などの基礎科目を幅広く習得していることが望まれます。研究や実践のフィールドは、地球的規模にわたっているため、国際的な視野からものを見ることができる人や、チャレンジ精神が旺盛な人を特に歓迎しています。スケールの大きな仕事をしたい人、グローバルに活躍できる技術者・研究者を目指す人には最適のコースです。

キーワード

化石燃料メタンハイドレート炭層メタンレアメタル都市鉱山・リサイクルCO2地下貯留グリーンケミストリー汚染土壌・地下水対策環境修復・植生復元地盤の健康診断鉱山保安バイオミネラルハイドロキシアパタイト微生物利用地盤改良微生物利用資源採取生物-鉱物相互作用環境リスク評価環境問題の解決トンネルスラリー輸送資源経済・安定供給高強度コンクリート機能性セラミックススキ―の滑走性宇宙エレベーター月・火星への定住情報化施工GIS電子材料・磁性材料大深度地下開発極限環境生物地球化学深海底資源

ページの先頭