学科・コース Courses

空想していた夢の新素材が、
現実になる日へ。

単なる物質を、機能を持った「材料」に変える。
そこには、研究者としての夢がある。
現代社会に求められるマテリアルを生み出して、人類のより良い未来に貢献しよう。

現代社会に求められる「材料」を発展させる学問。

ナノテクノロジーおよび環境・エネルギー分野を支える「材料」と、その製造プロセスの進展への寄与を目指すコースです。金属、セラミックス、高分子などの材料工業は、わが国の基幹産業の一つ。近年の材料工学分野のめざましい発展は、基礎技術の十分な蓄積と優秀な人材の活躍による結果です。

人類の今と未来に対して、責務を持つ基幹技術。

資源およびエネルギー源の少ない日本には、現存の生産システムの高効率化をはかるとともに、新原理の探求とその実現を通して世界に貢献することが求められています。これらすべての分野を支えているのは各種材料そのものであり、そのために独創的技術と先進的技術を開発できる研究者・技術者を養成します。

未来へと続く道がある

材料科学と工学全般について、広い理解力と応用力を習得。

本コースでは、化学と物理を基礎学問として、基礎から応用まで幅広く学習し、環境、エネルギー、ニューテクノロジーの3つに大別される領域での材料開発、材料創成を目指す研究者・技術者を養成します。そのために、熱力学、材料創成プロセス、物性、組織、強度、加工などの基礎学問を習得し、卒業研究を通じて先進材料工学を学びます。専門必修科目では、履修科目の演習を組み合わせることにより、講義内容を効率良く復習するとともに、専門科目の理解をより深めさせて、教育効率を上げる工夫を行っています。学部共通科目、学科共通科目を履修することにより、材料科学と関連専門領域、工学全般についての広い理解力と応用力を習得することができます。

コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等) ●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学
など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●物質変換工学 ●材料デザイン工学 ●応用数学I ●技術者倫理と安全 ●材料量子力学 ●材料物理学 ●材料熱力学 ●相平衡論 ●弾塑性学 ●マテリアルプロセス工学 ●創造工学
など
3年次
コース専門科目
●移動速度論 ●表界面物理化学 ●相変態論 ●材料物性学 ●材料工学実験Ⅰ・Ⅱ ●加工プロセス工学 ●半導体材料学 ●コンピュータ演習 ●セラミック材料学
など
4年次
コース専門科目
●卒業研究 ●プレゼンテーション ●科学英語演習
など
修士課程・博士後期課程
大学院工学院材料科学専攻
●材料ナノ表面解析特論 ●組織設計学特論 ●強度設計学特論 ●環境材料学特論 ●エコプロセス特論 ●ノーベルプロセシング工学特論 ●エネルギー変換材料工学特論 ●機能材料工学特論 ●エネルギーシステム工学特論 ●材料科学特別演習(修士課程) ●材料科学特別研究(博士課程)
など

マテリアル=材料の持つ可能性

本コースでは、材料について学びますが、機械的性質や熱的性質、電気的性質といった様々な角度から材料を学ぶことができます。また、材料は多様な性質を持つため、自動車や建造物、通信機器など至る所に使われており、社会に必要不可欠なものだと言えます。そのため、材料について学んだことは社会の多方面において還元できると思います。広く深い知見を得て材料の特性を解明したい人、高機能な材料を創作したい人はこのコースに来てみてはいかがでしょうか。

三田 麻修
応用理工系学科 応用マテリアル工学コース4年
(北海道札幌南高等学校出身)

次世代エネルギーの
環境汚染解決への応用

私が所属する研究室では、電気化学という学問の知識を活かした材料の研究を行っています。例えば、腐食やめっき、電池などです。私は現在、燃料電池を用いた汚染水処理を研究しています。燃料電池は水素を供給し発電を行うシステムですが、トリチウムという水素同位体を分離し汚染水処理に応用することが可能です。この研究を通して学んだ材料や水素エネルギーについての知識を活かし、クリーンな環境形成に貢献できるエンジニアになりたいです。

谷井 理沙子
大学院工学院 材料科学専攻 環境材料学研究室
修士課程2年(石川県立小松高等学校出身)

世界を相手に北大魂で勝負


パリOECD本部にて(右が私です)

私は三菱重工に入社し、主に高速増殖炉や核融合炉等の設計に従事して来ました。現在は福島第一原発事故対応も加わり、全ての分野で欧州企業と協業しています。彼らとの打合せで常に心掛けている事は、「文化の違いを意識し、堂々と主張する」ことです。多様化するグローバル社会では、文化の違いを理解することからリスク対策は始まります。同じ欧州でもフランス人とドイツ人で考え方が違いますから、相手を見て自分の対応を変えるしかありません。また、多くの日本人は自己表現が苦手です。これが欧米人に自信の無さと受け取られ、相手に主導権を握らせる要因となるため注意が必要です。会社も同じで、入社当時は機械系の多い職場の中で萎縮していました。しかし、出身学科など殆ど関係なく、高いモチベーションと何事も貫く姿勢が大切である事を知りました。社会に出てから学ぶ事の方が遥かに多いのですから、北大で学んだ「考え方」や「人脈」を更に広げ、皆様が夫々の道で活躍される事を期待しています。

黒目 和也さん
三菱重工業㈱ 原子力事業部
新型炉プラント設計課 課長
1995年3月 工学部 金属工学科 卒業
1997年3月 大学院工学研究科 物質工学専攻 修士課程 修了

卒業後の進路

卒業生の職場は、日産1万トンに及ぶ大規模な溶鉱炉から金属、セラミックスなどの原子配列の乱れを電子顕微鏡で探る研究まで広きにわたり、鉄鋼・非鉄金属製造、自動車関係、重工業、電気電子産業の科学技術者、機械・航空機産業の技術者、金属製造業の経営者など幅広い分野の第一線で活躍しています。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2019年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先

●EIGHT ●AIS北海道 ●札幌市役所 ●JFEスチール ●JX金属 ●新日鐵住金 ●住友電気工業 ●大同特殊鋼 ●東海旅客鉄道 ●東邦チタニウム ●DOWAホールディングス ●トヨタ自動車北海道 ●トリパス ●日産自動車 ●ニトリ ●日本軽金属 ●日本原子力研究開発機構 ●パナソニック ●日立建機 ●フジクラ ●古河電気工業 ●北海道ガス ●三菱重工業 ●村田製作所 ●UACJ ●ユナイトアンドグロウ

取得可能な資格

■中学校教諭一種免許状(理科)
■高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
※資格の取得には指定科目の修得が必要です。

石でも切れる硬質材料、真っ赤に焼いても強さを失わない耐熱材料、酸性環境でも錆びない耐食材料、電気抵抗のない超伝導材料…。
いろいろな材料の構造や性能の不思議に興味のある人、それらの材料をもっと高性能なものに変えてみたい人、今までにないような性能の新しい材料を発明してみたい人…。そんな人におすすめします。

キーワード

エネルギー変換材料水素エネルギー材料エネルギー貯蔵材料エネルギー炉用材料レアメタル代替金属資源リサイクル超軽量材料有害物質代替超耐熱材料超長寿命材料各種構造用材料人工生体材料形状記憶合金ドラッグデリバリーバイオマテリアルバイオイメージングバイオミメティクス生体適合材料生体福祉材料バイオセンサ半導体・誘電体材料耐食性材料電子材料電池材料高強度構造材料新奇複合材料セラミックス蛍光材料磁性材料電子情報材料傾斜機能材料ナノ電子材料磁性材料接合材料超高温材料ナノマテリアル超伝導材料

ページの先頭