学科・コース Courses

この国のかたちは、
工学者の志でつくられる。

人々の安全な生活を維持するためには、工学的な見地からの社会基盤政策が重要だ。
国土政策の新たな道を拓くプロデューサーとなって、
未来の課題を解決しよう。

高度な技術をもとに、社会基盤政策をプロデュース。

人類の生活・活動領域の膨張と拡大は深刻な環境問題を起こしています。人々の安全な生活を将来にわたって確保するためには、広域的かつ包括的で高度な技術に裏打ちされた社会基盤政策の立案と執行が不可欠となっています。本コースでは、社会基盤施設をつくるプロデューサーを育てます。

社会基盤を設計・評価し、社会問題の解決に役立てる。

まずは土木工学を基礎として、国土政策、都市デザイン、計画システムの基礎を学びます。次に、自然環境と社会環境の両者に基づいた空間的な配置やネットワーク計画などについて学びます。社会基盤施設を計画・建設するための政策を立案・評価し、それを執行する能力を身に付けることを目指します。

社会基盤施設を計画・建設するプロデューサーを育成。

本コースのカリキュラムは、「土木工学の基礎」と「国土政策の計画とデザイン」に関する科目から成り立っています。最初に土木工学を基礎として、社会基盤整備に必要な政策、計画立案、都市デザイン、計画システムの基礎を学び、次に、自然環境と社会環境の両者に基づいた空間的な配置やネットワーク計画などについて学びます。また、情報処理、コミュニケーション能力やデザイン能力、グローバルな視点と工学倫理観など幅広い教育を受けることができます。

国土政策学コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等) ●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学
など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●応用数学I ●応用数学演習I ●コンピューティング演習 ●構造力学I・II ●土の力学I ●基礎図形科学 ●構造力学演習I・II ●技術者倫理学 ●水理学I ●水理学演習I ●土木計画学/dd>
など
3年次
コース専門科目
●測量学 ●環境フィールド学実習 ●土木工学創成実験I・II ●水理学II ●土の力学II ●土の力学演習 ●土木計画学演習 ●パブリックデザイン論 ●社会資本政策学 ●パブリックデザイン演習
など
4年次
コース専門科目
●卒業研究
など
修士課程・博士後期課程
大学院工学院環境フィールド工学専攻
●応用流体力学特論 ●水資源管理工学特論 ●沿岸生態環境工学特論 ●河川管理工学特論 ●地盤物性学特論 ●沿岸波動力学特論 ●流域土砂管理工学特論 ●環境コンクリート工学特論 ●地盤動力学特論 ●地盤防災特論 ●環境フィールド工学特別演習(修士課程) ●環境フィールド工学特別 研究(博士後期課程)
など
大学院工学院北方圏環境政策工学専攻
●リスクアセスメント特論 ●寒冷地構造力学特論 ●寒冷地構造設計特論 ●社会基盤施設管理工学特論 ●ライフサイクル特論 ●環境振動工学特論 ●社会基盤システム計画学特論 ●交通制御工学特論 ●建設マネジメント特論 ●計画数理学特論 ●北方圏環境政策工学特別演習(修士課程) ●北方圏環境政策工学特別研究(博士後期課程)
など

技術と政策の架け橋に

理想的な社会基盤施設とは何か。この問いに答えるためには技術と政策、両面からのアプローチが必要です。国土政策学コースは両者の知識を兼ね備えた、ジェネラリスト且つスペシャリストを目指せるコースです。私は関心の広さを生かし、専門知識の集合体である社会が、全体として上手く機能する為の課題を解決したいと思い、本コースを選択しました。研究室では交通計画や都市計画に関する学びを深め、都市の未来像を描ける存在になりたいです。

鈴木 悠介

環境社会工学科 国土政策学コース4年
(千葉県立長生高等学校出身)

土木技術が世界をつなぐ

道路や鉄道、ダムなど、土木技術は様々なところで私たちの生活を支えています。目立つ分野ではありませんが、人々が快適な生活を送るために必要不可欠な存在です。まさに「縁の下の力持ち」です。しかし将来的には、技術が発達することで、国と国をつなぐ海底トンネルや、海を渡る大きな橋を作ることができるかもしれません。ただの「縁の下の力持ち」ではなく、世界をつなぐような大きな可能性を秘めています。私も日本のインフラを担う一員として、社会や人々の夢に貢献していきたいです。

岩﨑 千明
大学院工学院 北方圏環境政策工学専攻
修士課程1年(札幌大谷高等学校出身)

北大で素晴らしい経験を!

大学卒業後、森トラスト株式会社に入社しました。森トラストは、都市開発やリゾート開発を中心に都市の価値を高め、都市の発展に寄与するビジネスを展開する総合不動産デベロッパーです。私はその中でも、不動産の資産価値の維持や、今後のオフィスのあり方について考える業務に取り組んでいます。大学では、社会基盤計画学研究室において、サテライトオフィス導入時の企業の立地選択行動についての研究に取り組み、半年間の交換留学も経験することができました。日々の業務では、研究を通じて身に付けた問題解決に向けた考え方はもちろん、土木の知識や留学で得た経験も様々な場面で役立っています。大学での経験は、価値観や視野の拡大に大きく役立ち、必ず皆さんの助けになることと思います。北大で様々な経験を積み、思い描く夢の実現に繋げていってください!

森トラスト所有の物件にて

鈴木 佳那子さん

森トラスト株式会社 総務部管財グループ
2018年3月 工学部 環境社会工学科 社会基盤学コース 卒業

土木は可能性をつかむチャンス!

地球から遠く離れた深宇宙を探査する「はやぶさ2」等の人工衛星と交信するためには、その信号を送受信するための大型アンテナが必要です。澄んだ空気を有する長野県の山間部に直径54mのパラボラアンテナを整備する計画が進行中です。JAXAといえば宇宙に注目が集まりがちですが、アンテナのみならず、ロケット打上げ施設、衛星開発試験装置、打上げ環境試験設備、衛星管制施設等、宇宙を目指す技術の研究・開発を行う拠点のほとんどは地球上に存在し、全て安定した土木インフラの上に成り立っています。これはJAXAに限った話ではなく、モノづくりを有するほぼ全ての業種に共通する話であり、その拠点の根幹を支えるのが土木技術者です。また、将来的な人類の進出先として、月面や火星への拠点開発も期待され、開発に向けて土木技術は必要不可欠です。あらゆる場面で重要性が再認識されている土木技術を習得し、皆様が広く活躍されることを期待します。

種子島宇宙センターにて

上田 明人さん

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
施設部施設推進課
2013年3月 工学部 環境社会工学科 国土政策学コース 卒業
2015年3月 大学院工学院 北方圏環境政策工学専攻 修士課程 修了

卒業後の進路

国家公務員・地方公務員・シンクタンク・コンサルタントなどにおける政策立案者、JR・電力・高速道路会社・建設業などにおける専門技術者、大学や研究所などでの教育・研究者、デベロッパーや国際協力機構などにおけるプロジェクト担当者など幅広い分野で活躍しています。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2019年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先

●大林組 ●神奈川県庁 ●建設技術研究所 ●国土交通省 ●小松製作所 ●札幌市役所 ●佐藤工業 ●首都高速道路 ●大成建設 ●大和証券 ●中国電力 ●東京都庁 ●東北電力 ●ドーコン ●豊田通商 ●中日本高速道路 ●西日本旅客鉄道 ●日産自動車 ●ニトリ ●日本アイ・ビー・エム ●日本工営 ●パシフィックコンサルタンツ ●東日本高速道路 ●フジタ ●フューチャーアーキテクト ●北電総合設計 ●北海道NSソリューションズ ●北海道庁 ●北海道電力 ●北海道旅客鉄道 ●マイクロンメモリジャパン ●三井住友建設 ●三菱地所 ●三菱総合研究所

取得可能な資格

■高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
■測量士・測量士補
■甲種消防設備士(受験資格)
■火薬類取扱保安責任者(試験科目一部免除)
■コンクリート技士(受験資格)
■コンクリート主任技士(受験資格)
■コンクリート診断士(受験資格)
■建設機械施工管理技士(受験資格)
■土木施工管理技士(受験資格)
■建築施工管理技士(受験資格)
■電気工事施工管理技士(受験資格)
■管工事施工管理技士(受験資格)
■造園施工管理技士(受験資格)
※資格の取得には指定科目の修得や、卒業後に実務経験が必要なものもあります。

国家公務員、地方公務員、NPO、NGO、シンクタンク、コンサルタントや民間企業の立場から国土および地域計画に携わってみたい人、社会基盤を設計・評価し、それを社会問題の解決に役立てるような仕組みを手掛けてみたい人を支援し育てます。自分で問題を探して解決策を考え、それを社会で役立てようとする人、他人から与えられるものをやるのではなく、自分から能動的に物事に対処し、活躍したい人を求めています。このような人になるためには、深くて広い専門的な知識が必要となりますが、それを吸収できるような粘り強い性格の人におすすめです。
c0402_fig04

キーワード

グリーンエネルギー(インフラ政策・計画、解析・設計)グリーンハイウェイ都市計画アセットマネジメント交通渋滞緩和寒冷環境評価リスク評価国際プロジェクト計画・評価交通事故対策/交通安全政策救急医療ネットワーク(インフラネットワークの計画)ランドスケープデザインヒューマンファクター/ヒューマンエラー交通政策交通計画ITS(高度交通システム)エネルギー輸送人口減少対応インフラ政策・計画景観デザイン歴史的土木遺産の選定と評価エネルギーインフラ通信インフラの計画情報インフラ計画オンライン交通情報交通ナビゲーション寒冷環境構造物(デザイン・解析・設計)

ページの先頭