学科・コース Courses

まったく新しい世界が、
キミの発見から始まる。

物理学を探求し、さらに社会への応用につなげるための学問。それが応用物理工学だ。
限りなく広がっている研究対象から、キミが発見した「何か」が、
世界を変えるかもしれない。

物理学の深化と革新技術の萌芽を目指す学問。

基礎物理学の進展と最先端技術の進化は同時に進行し、極限技術がまた新しい自然観を育みます。その循環を担うのが「応用物理学」です。
これまで、応用物理学はエレクトロニクス、ナノテクノロジー、超伝導、量子光学、宇宙光学などの領域で多くの成果を生み人類の知的財産を築いてきましたが、21世紀に入りますます重要な学問領域となっています。

新しい価値を創造する力。

最先端の科学技術を駆使することによって新しい学問分野を創出する、現在の問題点を克服し新しい技術の芽を育てる、そうした研究者や指導的技術者の育成を目指します。
新しい価値を生むためには、物理学の知識に基づいて現象を理解しその本質を見抜く力、広い視野と柔軟な発想、そして一歩踏み出す勇気が必要なのです。

未来へと続く道がある

物理学の基礎をしっかり学び、社会への応用に結びつける。

応用物理工学コースのカリキュラムには、量子力学、統計力学、熱力学、電磁気学、力学、応用数学などの物理学の基礎を学ぶ科目、光物理学、固体物理学などの応用的専門科目、応用力を高めるための実験・演習科目が用意されています。卒業研究では、最先端の理論的・実験的研究に触れるとともに研究の手法を身に付けます。もちろん、プレゼンテーション・ディスカッション能力や情報科学、科学英語の習得に関しても配慮されています。

応用物理工学コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等) ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●外国語科目 ●情報学
など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●応用物理学 ●技術者倫理と安全 ●応用数学I・II ●熱力学 ●力学 ●電磁気学I ●振動・波動 ●応用物理学実験I ●連続体力学
など
3年次
コース専門科目
●光物理学I・II ●固体物理学I・II ●電磁気学II ●量子力学I・II ●統計力学I・II ●応用物理学実験II ●電子工学 ●応用数学III ●計算科学 ●極低温物理学 ●複雑系の物理学
など
4年次
コース専門科目
●卒業研究
など
修士課程・博士後期課程
大学院工学院応用物理学専攻
●相関系物理工学特論 ●非平衡系物理学特論 ●結晶物性特論 ●相転移特論 ●光波センシング特論 ●非線形ダイナミクス特論 ●極限レーザー物理特論 ●量子物理学特論 ●半導体物性特論 ●アモルファス物質特論 ●応用物理学特別演習(修士課程) ●応用物理学特別研究(博士後期課程)
など

物理学の偉大さを実感

物理学があらゆる領域にわたる深く美しい学問であること、これを直に体感できるのが“応物”という場所であると私は思っています。普段の講義でも、いかにして現象を見るか、そこにある意味をどのように表現するかといった、先人たちが構築した活き活きとした体系を学ぶことができます。感動さえ覚える記述から、夢を形にできるかもしれない。その可能性にいつでも挑戦できるのが、“応物”の1つの醍醐味であると言えるでしょう。

武田 颯

応用理工系学科
応用物理工学コース4年
(北海道札幌西高等学校出身)

複雑な世界の
普遍的性質を追求

近年、物理学的なモノの見方を「物質」や「宇宙」だけでなく、「社会」や「生体」にまで広げる試みが盛んに行われています。私の研究する複雑ネットワークは、人間関係や電力網といった現実世界の多種多様な複雑系を、ネットワークとして統一的に記述したものです。物理学的アプローチは、これら複雑系に潜む多くの普遍的性質を明らかにします。現実世界の本質を理解し、新たな世界のデザインを目指す、そんな野心ある人におすすめしたい専攻です。

藤木 結香
大学院工学院 応用物理学専攻
修士課程2年(宮城県宮城第一高等学校出身)

応用物理学研究者が社会を牽引する

私は現在、株式会社日立製作所において、先端材料に係わる研究開発に従事しています。
日立グループでは、多種多様な工業製品を開発しています。私は入社後、ハードディスク、変圧器、産業用インクジェットプリンタなど、様々な製品の材料開発に携わってきました。
北大在学時は材料が発現する基本的な物理現象を研究対象としており、現在のような製品開発に直結する仕事は、大学時の研究と大きく異なります。しかし、全て製品の研究開発において、北大で学んだ応用物理学を中心とした知識・経験が生きています。
新製品開発や、既存製品の性能向上を図るためには、その製品が「どのように機能を発現するか」を深く考察することが必要です。そして、このようなメカニズムを考察する学問が応用物理学だと私は思います。
近年、工業製品におけるAI・ビッグデータ活用が進んでいます。利便性が上がっていく一方で、物事のメカニズムを考察できる人が少なくなっていくように思います。そのため、ますます応用物理学者の価値が高まっていくと私は思います。ぜひ北大で様々なことを学んでください。部活やアルバイトなども含め、大学時代のさまざまな経験が皆さんの未来に繋がっていくと思います。

會田 航平さん

株式会社日立製作所 研究開発グループ
テクノロジーイノベーション統括本部 材料イノベーションセンタ 先端材料研究部
2006年3月 工学部 応用物理学科 卒業
2008年3月 大学院工学研究科 応用物理学専攻 修士課程 修了
2011年3月 大学院工学研究科 応用物理学専攻 博士後期課程 修了

卒業後の進路

独創的な科学技術の発展には、基礎科学の深い知識が不可欠という考えから、産業界でも物理学が重視されており、就職は例年好調です。電気・情報関連メーカーへの就職者が30%を超えていますが、金属や高分子などの素材関係、バイオ関係、機械・自動車関係、医療関係など、非常に広範囲の産業分野の企業から求人があり、卒業生はさまざまな分野で活躍しています。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2017年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先

●アイヴィス ●石山工務店 ●今治造船 ●インサイトテクノロジー ●VSN ●ウイン・コンサル ●NTTデータ ●オリンパス ●キーサイトテクノロジー ●KDDI ●国土交通省 ●札幌市役所 ●セイコーエプソン ●DMG森精機 ●デンソー ●長瀬産業 ●名古屋大学 ●日本電気 ●パナソニック ●パナソニックデバイス帯広 ●浜松ホトニクス ●日立製作所 ●フジクラ ●富士通 ●フリーダム ●北海道警察 ●北海道電力 ●ヤマダコーポレーション

取得可能な資格

■中学校教諭一種免許状(理科)
■高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
■甲種消防設備士(受験資格)
※資格の取得には指定科目の修得が必要なものもあります。


応用物理工学コースは、物理学をより深く知ろうとする姿勢を持ち、それと同時に新たな発見と新技術の創造に意欲のある学生が学ぶ場です。応用物理の研究の対象は、原子スケールから宇宙のスケールに及び、また金属や半導体などの硬い物質から、高分子、生体、液晶などの柔らかい物質、そして規則正しい構造や常識をひっくり返す対称性を持つ構造、古典的な系から量子力学なしでは議論できない系など、その幅は研究したいと思えば際限なく広がる、そういう学問です。物理学を通して新しい世界を見たい、そして新しい世界を作っていきたいという意欲のある学生にぴったりのコースです。

キーワード

ページの先頭