学科・コース Courses

100年後には、
きっと文化財になるだろう。

今は文化遺産となっている歴史的建造物も、当時の最新技術で建てられたものだ。
最先端の建築学を究めた先にあるオリジナリティで、
未来の人々を感動させよう。

建築や都市空間という、社会の資産を創りだす学問。

建築・都市学は、建築空間の創出を中心に、歴史的建築や自然環境をまもりながら、風土的な特質を生かした文化の基礎や社会の資産を創りだす学問領域です。建築や都市をより安全に、より人にやさしく、より便利で、より快適に、より美しく、かつ価値あるものにしてゆく方法体系といえます。

人間の知性と感性を調和させ、新たな生活空間を創造。

建築・都市学の魅力は、人間のもつ幅広い知性に期待し、これと感性を調和させながら、新たな生活空間を創造するところにあります。建築・都市学に関する幅広い専門的知識と総合的体系的な識見を持ち、人間性に立脚した生活環境の形成・維持・改良等の分野で活躍し得る、問題提起・解決能力を持つ人材を育成します

より快適で安全な都市環境を実現するための力を養う。

工学的基礎のみばかりではなく社会科学・人文科学・芸術等にわたる幅広い認識と分析力・創造力・総合力を養うことに重点を置いており、広く関連諸分野の認識を持てるような教育システムを採用しています。また、建築・都市学にかかわる基礎知識・能力を育成するため、建築計画・設計、建築環境・設備、建築構造、建築生産の基本領域から、建築史、都市計画を含む広範な領域にわたり、時代の要請と地域の特性を踏まえた教育を行います。また、少人数での討論やマンツーマンを重視した各種の演習などを通じて、建築・都市・環境の創出に必要な総合力と創造力を養います。

建築都市コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等) ●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学
など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●コンピューティング演習 ●応用数学Ⅰ ●応用数学演習Ⅰ ●基礎図形科学 ●構造力学Ⅰ・Ⅱ ●建築序説 ●計画・設計演習Ⅰ ●建築史通論 ●建築計画Ⅰ ●建築環境論 ●建設材料 ●応用図形科学
など
3年次
コース専門科目
●計画・設計演習Ⅱ・Ⅲ ●建築計画Ⅱ ●都市計画 ●各種構造Ⅰ・Ⅱ ●コミュニティデザイン ●建築施工 ●構造解析Ⅰ ●地震工学
など
4年次
コース専門科目
●卒業研究
など
修士課程・博士後期課程
大学院工学院建築都市空間デザイン専攻
●都市環境デザイン学特論 ●建築都市史特論 ●建築計画学特論 ●都市防災学特論 ●都市再生計画学特論 ●空間構造デザイン特論 ●住環境計画学特論 ●建築デザイン学特論 ●建築都市設計インターンシップ ●計画・設計特別演習Ⅰ・Ⅱ ●建築都市空間デザイン特別演習(修士課程) ●建築都市空間デザイン特別研究(博士後期課程)
など
大学院工学院空間性能システム専攻
●建築環境計画特論 ●構造性能設計特論 ●環境行動デザイン特論 ●建設材料学特論 ●都市計画政策特論 ●建築環境設計特論 ●建築生産特論 ●都市環境気候学特論 ●ランドスケープ特論 ●空間設計インターンシップ ●空間性能システム特別演習(修士課程) ●空間性能システム特別研究(博士後期課程) ●地盤基礎構造振動特論
など

建築を学ぶことは
総合力をつけること

芸術に興味があり、その一つとして建築物を見ることが好きで建築を学ぶことに決めました。建築都市コースに入ると建築を考える上で必要な物事を様々な角度から学ぶことができます。そして建築物自体に留まらず、建築と人との関わり方や社会における建築のあり方などを総合的に考える視点が身につきます。将来は建築を考える上で身につけた総合力を活かせるような、建築に加えてプロダクトやコミュニティデザインを総合的に手がける職に就きたいです。

吉田 穂波
環境社会工学科 建築都市コース4年
(宮城県仙台二華高等学校出身)

力強く美しい建築を目指して

根本には建築が好きということがあり、建築構造の分野で建築の発展に貢献したいと考えています。建築構造は安全で安心な建物を作る上で欠かせない分野でもあり、建物の骨組を決定するものでもあります。力学的に合理的で力強く、形態的にも美しい建築を設計することが目標です。大学院では、研究や授業で建築構造の高度な教育を受けることができ、また、研究室や専攻の仲間にも恵まれて最高の環境で学習できています。

上杉 周平
大学院工学院 建築都市空間デザイン専攻
建築構造工学研究室 修士課程1年
(北海道札幌南高等学校出身)

豊かな暮らしを創造する

大学院修了後、株式会社大林組に入社しました。大林組は、インフラや建造物、都市開発などを手がけることで、社会の安全・安心に貢献すると共に、新領域への発展や新技術の開発にも力を入れている総合建設会社です。私は設計部の中の構造設計を担当する部署に所属しており、建造物の骨組みを設計することや、設計した内容が適切に反映された建築物となるよう監理することを仕事としています。最近では、大学病院や、企業の体育館の設計に携わりました。この文章に目を通しているあなたは、都市や、創出される空間、建物、その構成材料などに関心があることと思います。多くの人々の暮らしを支える分野ですので、あなたが真摯にこの分野に取り組めば、快適な空間の創出、災害に対するリスクの低減等、様々なアプローチで人々の生活を豊かにできるかもしれません。私もまだまだ修行中です。北大で広く楽しく学んだ後、望む仕事に就いたあなたと、共に研鑽する仲間として出会えたら嬉しく思います。

計画中のビルの構造計算を実施中

澤田 耕助さん

株式会社大林組 東北支店 建築設計部
2011年3月 工学部 環境社会工学科 建築都市コース 卒業
2013年3月 大学院工学院 建築都市空間デザイン専攻 修士課程 修了

卒業後の進路

総合建設業・設計事務所等の建築技術者、国家公務員・地方公務員など建築・都市行政の担い手、大学や研究所などの教育・研究職、設備機器や住宅産業等のメーカー・不動産業等の技術者、設計事務所・開発コンサルタント等の経営者など、幅広い分野で活躍しています。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2017年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先

●アドヴァンスト・ソフト・エンジニアリング ●NTTファシリティ―ズ ●愛媛県庁 ●鹿島建設 ●金箱構造設計事務所 ●コスモスイニシア ●五洋建設 ●札幌市役所 ●清水建設 ●大成建設 ●竹中工務店 ●鉄道建設・運輸施設整備支援機構 ●東京海上日動リスクコンサルティング ●東京大学 ●ドーコン ●トクラス ●特許庁 ●西日本旅客鉄道 ●西松建設 ●ニチハ ●ニトリ ●北海道庁 ●北海道電力 ●北海道日建設計 ●文部科学省 ●リビタ ●類設計室

取得可能な資格

■高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
■甲種消防設備士(受験資格)
■一級建築士(受験資格)
■二級建築士(受験資格)
■木造建築士(受験資格)
■建築設備診断技術者(受験資格)
■コンクリート技士(受験資格)
■コンクリート主任技士(受験資格)
■コンクリート診断士(受験資格)
■建設機械施工管理技士(受験資格)
■土木施工管理技士(受験資格)
■建築施工管理技士(受験資格)
■電気工事施工管理技士(受験資格)
■管工事施工管理技士(受験資格)
■造園施工管理技士(受験資格)
※資格の取得には指定科目の修得や、卒業後に実務経験が必要なものもあります。

理性的な思考と豊かなイマジネーションで、過去と未来を見通し、世界の文化に目を向けながら、さまざまな人々との協働の中で建築や都市の姿を考えたいという意志がある方には、楽しく意欲的に学ぶことのできるコースです。本コースでは、主体的な問題意識を持った、磨けば光る個性の持ち主を必要としています。将来は、建築や都市の計画・設計・構築にかかわるプランニング・デザイン・エンジニアリングのほか、構想や企画のプロデュース、生産や施工のマネジメントなど幅広く、国内外での活躍が期待されています。

キーワード

太陽光発電エコ住宅断熱地熱利用都市計画環境建築地域マネジメントまちづくり安全・安心バリアフリー防災耐震・免震病院設計高齢者施設屋上緑化ランドスケープデザインヒューマンスケール温熱環境データセンター事業継続計画住宅住まい景観デザイン歴史的街並み公園・緑地広場博物館ランドマークセキュリティシステム超高層建築寒冷地・北方圏のデザイン

ページの先頭