学科・コース Courses

この世をもっと便利にする、
化学のチカラ。

現代社会を支えている、便利な化学製品の数々。
それを生み出す元素の組み合わせには、無限の可能性がある。
環境に配慮しながら、社会の発展に貢献する新物質を開発しよう。

便利な化学製品で、現代社会を支える学問。

私たちの身の回りは、衣料品、食品、住宅材料、医薬品、電子材料、自動車など、化学製品に満ちあふれています。高度に発展した先端工業化学技術の上に成り立っている現代社会で、地球環境問題やエネルギー資源問題を解決しつつ、快適な生活を維持するには、新たな機能を持つ物質が常に求められます。

無限の組み合わせで、夢の物質を創り出す。

すべての元素を原子・分子レベルで組織的に配列することで、特異な機能を発現する物質(材料)が得られます。化学は、元素の無限の組み合わせで夢の物質(材料)を創り出すことができるのです。そのための、広い基礎知識と高度な専門知識を兼ね備えた、総合的な判断と創造的な発想ができる人材を育成します。

未来へと続く道がある

基礎を深化・発展させ、創造的発想力と判断能力を養う。

高校で習得した化学や生物、物理の知識をさらに深化・発展させるとともに、物質の工業スケールでの生産法や、物質と自然や社会とのかかわりなどを学びます。
基礎科目として物理化学・有機化学・無機化学・分析化学・高分子化学・生化学・化学工学を学び、これらの習得後、有機合成工学・化学プロセス工学・バイオテクノロジー・有機・無機材料工学・機能材料化学などに関する専門的な科目を学びます。
4年次には、各研究室での卒業研究を通じて、高度な実験技術を習得するとともに、創造的発想と総合的な判断能力を身に付けます。

応用化学コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等) ●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学
など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●物質変換工学 ●応用数学I ●技術者倫理と安全 ●物理化学I・II・III ●有機化学I・II ●無機化学 ●量子化学I ●生化学I ●基礎プロセス工学 ●応用化学学生実験I
など
3年次
コース専門科目
●有機化学III ●生化学II ●高分子化学I ●化学工学I ●分析化学I ●応用化学学生実験II・III・IV・V ●触媒化学 ●分子材料化学 ●反応工学 ●固体化学 ●化学プロセス工学 ●量子化学II ●生物化学工学 ●無機材料化学 ●電気化学 ●電子材料化学
など
4年次
コース専門科目
●卒業研究
など
修士課程・博士後期課程
大学院総合化学院 総合化学専攻
●応用分子化学I(有機合成化学) ●応用分子化学III(触媒材料設計) ●応用物質化学I(ナノセラミックス特論) ●応用物質化学II(無機物性化学) ●応用生物化学III(再生医療工学) ●応用生物化学III(生物化学工学) ●反応工学特論 ●応用生化学特論 ●総合化学実験指導法 ●総合化学実験研究法 ●総合化学特別研究(修士課程) ●総合化学特別研究第一(博士後期課程)
など

化学の力で世界を
変える研究を

応用化学コースでは2・3年次に講義と基礎実験を通して、有機化学、無機化学、物理化学、分析化学、生化学、高分子化学、化学工学などの幅広い分野の化学に触れ、4年次から興味をもった分野の研究室に配属されます。研究室では与えられたテーマについて先生や先輩の助言を得ながら、将来的に社会に貢献できる研究に取り組んでいます。女子の学生も多いので、とても和やかな雰囲気で充実した学生生活を送れると思います。

菊池 麻里江
応用理工系学科 応用化学コース4年
(北海道旭川東高等学校出身)

 

無機材料の力で未来の
可能性を広げる

私たちの身の回りにはセラミックス、つまり金属酸化物が溢れており、生活に欠かせない重要な材料となっています。私たちは、大気の主成分であり資源的に豊かな窒素を利用し、新しい機能を持つ金属酸窒化物を開発しています。成功ばかりの毎日ではありませんが、日々試行錯誤を繰り返す中で多くの知識や技術を身につけることができます。今までにない新しい無機材料を開発し、社会に貢献することが目標です。

宮﨑 涼花
総合化学院 総合化学専攻 構造無機化学研究室
修士課程1年(静岡県立沼津東高等学校出身)

何を学ぶかよりもどう取り組むかを大切に

将来は化学を通じて「ものづくり」に携わりたいという思いと、地元関東を離れて自然豊かな北海道に住んでみたいという好奇心から応用化学コースを有する北大工学部応用理工系学科へ進学し、現在は北九州にある弊社製造所(プラント)で生産技術スタッフとして働いています。
化学工学の知識を活用してプラントスケールでの製品の安定供給や製造コスト改善を検討する日々の業務は、大学時代にラボスケールでの高分子合成経験しかない私の専攻とは大きく異なります。
しかし、「ものづくり」をする上でできるだけ安全な方法で原料から目的物までを効率良く安価に得るにはどうすれば良いか?という課題はラボもプラントも同じであり、今の仕事に大きなやりがいを感じています。また、社会に出て問われるのは学生時代に何を学んだか(専攻)よりも直面する課題に対してどういう解決策を考案し、どう実行するかという取り組み姿勢であることを日々実感しています。
長いようであっという間の学生生活、是非色々なことに挑戦して有意義な時間にしてくださいね。


弊社ビスフェノール工場にて現場計器をチェック
※ビスフェノールは主にポリカーボネートの原料です。
髙木 悠さん

新日鉄住金化学(株) 九州製造所 製造部 化成工場
2013年3月 工学部 応用理工系学科 応用化学コース 卒業
2015年3月 大学院総合化学院 総合化学専攻 生物化学コース修士課程 修了

卒業後の進路

化学工業界や医薬品産業をはじめ、食品や電気・電子・情報産業、機械・自動車産業などの多岐にわたる産業分野における技術職・研究職、大学などの研究職など、幅広い分野で活躍しています。教育・研究諸機関にも多くの人材を送っています。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2019年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先

●旭化成 ●味の素 ●ADEKA ●アドバンテスト ●出光興産 ●AGC ●NOK ●OCC ●大塚化学 ●オリエンタル酵母工業 ●花王 ●キリン ●クラレ ●グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン ●警察庁科学警察研究所 ●ケンブリッジ大学 ●神戸製鋼所 ●小林製薬 ●JSR ●シスメックス ●資生堂 ●信越化学工業 ●新日鐵住金 ●ETH Zurich(スイス連邦工科大学チューリッヒ校) ●住友化学 ●住友金属鉱山 ●住友電気工業 ●住友ベークライト ●DIC ●帝人 ●デンソー ●電力中央研究所 ●東芝デバイス&ストレージ ●東芝メモリ ●東ソー ●東レ ●凸版印刷 ●豊田合成 ●豊田自動織機 ●トヨタ自動車 ●日亜化学工業 ●日本コーンスターチ ●日本エア・リキード ●日本ガイシ ●日本中央競馬会 ●日本テキサス・インスツルメンツ ●日本特殊陶業 ●ノリタケカンパニーリミテド ●日立製作所 ●日野自動車 ●ブリヂストン ●古河電気工業 ●北海道住電精密 ●北海道庁 ●北海道大学化学反応創成研究拠点 ●三井化学 ●三菱ケミカルエンジニアリング ●三菱電機 ●ムラタ ●村田製作所 ●UACJ ●ユニチカ ●楽天 ●LIXIL

取得可能な資格

■中学校教諭一種免許状(理科)
■高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
■甲種危険物取扱者(受験資格)
■甲種消防設備士(受験資格)
■毒物劇物取扱責任者
※資格の取得には指定科目の修得が必要なものもあります。


原子・分子レベルでの物質の特性評価や新物質の創成から、工業的に生産する技術開発までの幅広い分野に携わりたい人。環境やエネルギーを配慮し、自然と調和した化学技術を開発したい人。限りある資源の循環も含めた有効利用と生産技術の開発に興味のある人。そして何より化学や実験が好きで、やる気のある人におすすめです。

キーワード

バイオマス水素製造新電池燃料電池重質油腐食防食グリーンケミストリーCO2の化学的固定化環境浄化生分解水再生NOX処理温暖化ガス削減再生医療創薬精密有機合成光合成生合成バイオセンシングバイオプラスチック植物バイオ幹細胞生体材料有機半導体機能性電子材料電池材料新素材光触媒機能性ポリマーバイオポリマー3Dディスプレイ有機ELディスプレイLED・LCD有機電子デバイスナノ粒子触媒分子配線不斉合成クロスカップリング分子触媒

ページの先頭