学科・コース Courses

心まで伝わるような、
情報技術を実現しよう。

音声や音楽などを人間のように理解するマルチメディアシステムや、
人間と会話ができるコンピュータ。
明日のコミュニケーションを豊かにしてくれるテクノロジーを目指して。

先端技術で、メディアとネットワークの未来を創る。

今日の世界は、ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)が産業、環境、文化、教育など、人間のあらゆる活動分野の基礎となっています。携帯電話、インターネット、光通信、コンピュータゲーム、電子政府など多くの実用例があり、急速かつ劇的な発展を続けるICTは、未来の社会を左右する重要な研究テーマです。

コミュニケーションを支える新しいテクノロジーを。

「Information」の表現である、声、文字、画像などのメディア情報処理、「Communication」を行うモバイルネットワーク、光ネットワークの構成技術などについて、科学的な基礎理論から工学的な最新応用技術まで幅広く学ぶコースです。目指しているのは、生活のさまざまな場面で役立つ新しいテクノロジーの創出です。

近未来の先端技術分野の技術開発を担う人材を育成。

本コースでは、文字や音声、音楽や画像などのメディア情報処理と、世界中のメディアをつなぐモバイル・光ネットワークの両方について、基礎理論から高度な応用技術までを学びます。 エレクトロニクス基礎と情報基礎を両輪として、より専門性の高いネットワーク基礎と情報メディア基礎科目へスムーズに移行できるようにしています。 これにより、幅広い能力を習得した後、メディアネットワーク実験で実践力を身に付け、卒業研究で問題解決能力を養うことで、科学的な基礎理論から工学的な最新応用技術にわたる幅広い能力を持った人材の育成を目指しています。 身に付けた能力により、研究開発、製造、工業経営管理、教育などさまざまな職域で指導的立場として活躍できます。

コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等)●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学
など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●応用数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ●計算機プログラミングⅠ ●コンピュータ工学 ●電磁気学 ●情報理論 ●信号処理 ●線形システム論
など
3年次
コース専門科目
●サイバーコミュニケーション ●ネットワーク構成論 ●通信システム ●メディアプログラミング ●音声メディア応用論 ●画像処理応用 ●コンピュータグラフィックス ●ディジタルネットワーク
など
4年次
コース専門科目
●卒業研究
など
修士課程・博士後期課程
大学院情報科学研究科メディアネットワーク専攻
●自然言語処理学特論 ●メディア創生学特論 ●メディア表現論特論 ●情報メディア環境学特論 ●ネットワークシステム特論 ●ワイヤレス伝送・環境電磁特論 ●フォトニックネットワーク特論 ●適応コミュニケーション特論 ●ユビキタスネットワーク学特論 ●メディアネットワーク社会学特論 ●メディアネットワーク特別演習(修士課程) ●メディアネットワーク特別研究第一(博士後期課程)
など

次世代の無線通信の技術を

私が高校生の時に、ちょうどスマートフォンが普及し始めたことがきっかけでこの分野に興味を持ちました。近年、スマートフォンや無線LANなどが広く一般的に利用されている中で、より高速かつエコ(低消費電力)というニーズに応える「次世代の無線通信」の研究・開発を行っています。普段研究している内容が生活に直結しているところが、この分野の魅力の一つだと思います。

五味 真由佳
情報エレクトロニクス学科 メディアネットワークコース4年
(栃木県立宇都宮女子高等学校出身)

中国語マイクロブログの
感情分析に基づく
推薦アルゴリズムに関する研究

近年、来日中国人観光客が急増し、これに伴い中国語マイクロブログ「Weibo」への札幌のジオタグ付きの投稿が約71,000件に達している。しかし、中国人観光客は豊富な観光資源を持つ小さな町に注目していないという問題がある。また、今後来日する予定の潜在的なWeiboユーザーにプロモーションする必要もある。一方、ソーシャルメディアにはユーザの様々な感情が含まれている。そこで、Weiboの感情分析と構文解析を利用し、観光推薦アルゴリズムに関する研究を進める予定である。今後、私の研究を応用し、地域観光振興の推進に貢献することを目指している。

栗 達
大学院情報科学研究科 メディアネットワーク専攻
博士後期課程1年(中国天津市耀華中学出身)

多様な知識を持った技術者となれる北大

現在私は凸版印刷株式会社の総合研究所に所属し、研究者として実物体の質感を記録・再現する質感表示技術の開発を行っています。凸版印刷では、撮影データや印刷物などにおいて、色を正確に記録・再現するカラーマネジメント技術を進めています。私は色以外にも人が実際に物体を見た時に感じる材質感を画像や動画において再現し、電子書籍や電子カタログの表現の幅を広げるため日々格闘しています。現在私が研究している分野は、学生時代に専門として研究した分野とは異なりICT系の知識は勿論、機械・電気電子系の知識も必要となります。しかし工学部・情報科学研究科での講義を通して非常に幅広い知識を習得したことにより、広い視野と柔軟な発想力を持つことができていると実感しています。社会ではこうした知識を元に更なる成長が求められますが、北大で学んでいることは必ず皆さんの助けとなります。将来への希望を持って、大学での貴重な経験を積み勉学に励んでください。

社内ディスカッションにて

市川 翼さん

凸版印刷株式会社 事業開発・研究本部 総合研究所
2009年3月 工学部 情報エレクトロニクス学科 メディアネットワークコース 卒業
2011年3月 大学院情報科学研究科 メディアネットワーク専攻 修士課程 修了
2014年3月 大学院情報科学研究科 メディアネットワーク専攻 博士後期課程 修了

卒業後の進路

通信・情報・電気・電子関連企業(総合電機メーカーや通信事業会社)を中心として、自動車関連企業、ソフトウェア企業、研究所などに就職し、研究開発者やシステムエンジニアとして活躍しています。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2017年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先

●宇宙技術開発 ●NTTコミュニケーションズ ●NTTデータ ●NTTデータMSE ●NTTドコモ ●キヤノン ●ぐるなび ●KDDI ●ジュピターテレコム ●シリコンスタジオ ●ダイヤオフィスシステム ●DMM.Comラボ ●日放電子 ●ニフティ ●日本電信電話 ●日本マイクロソフト ●東日本電信電話 ●日立製作所 ●北海道テレビ放送 ●北海道電力 ●北海道放送 ●リコー

取得可能な資格

■高等学校教諭一種免許状(数学・理科・情報)
■第一級陸上無線技術士(試験科目一部免除)
■第一級陸上特殊無線技士
■第三級海上特殊無線技士
■建設機械施工管理技士(受験資格)
■建築施工管理技士(受験資格)
■電気工事施工管理技士(受験資格)
■管工事施工管理技士(受験資格)
※資格の取得には指定科目の修得や、卒業後に実務経験が必要なものもあります。

コンピュータを使ってさまざまなアルゴリズムやプログラムを開発したいと思っている人。光や電磁波/電磁界の不思議さに惹かれ、その解析や安全性を研究してみたい人を求めます。SF映画に出てくるような画期的な通信装置や立体映像を研究したい、実物と間違えるほどきれいなCGを研究したい、新しい情報サービスを実現して会社を作りたい、心と心を結ぶやさしいネットワークを作りたい、そんな大きな夢を持っている人。コンピュータ、インターネット、携帯電話や次世代のマルチメディアの実現に興味がある人。理科の実験や図画工作が好きな人には特におすすめです。

c0204_fig04

キーワード

太陽発電衛星高効率無線回路無線電力伝送グリーンIT光ファイバーセンサー電波環境EMC知的所有権・個人情報保護技術社会インフラ管理医用画像処理遠隔医療医療情報医情連携音声対話処理人工知能バイオミメティクス音声認識自然言語処理ヒューマンインターフェース脳科学情報通信ネットワーク携帯電話・光ファイバー無線・光通信ユビキタスコンピュータ・ネットワークeエコノミーeラーニング映像検索楽曲検索スポーツ戦術分析全周映像システム地球・惑星画像解析気象データ解析映像意味理解知識獲得音声情報処理高速通信用アンテナ技術SNS解析WEB解析フォトニックネットワークVLSI設計MIMO

ページの先頭