学科・コース Courses

心まで伝わるような、
情報技術を実現しよう。

音声や音楽などを人間のように理解するマルチメディアシステムや、
人間と会話ができるコンピュータ。
明日のコミュニケーションを豊かにしてくれるテクノロジーを目指して。

先端技術で、メディアとネットワークの未来を創る。

今日の世界は、ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)が産業、環境、文化、教育など、人間のあらゆる活動分野の基礎となっています。携帯電話、インターネット、光通信、コンピュータゲーム、電子政府など多くの実用例があり、急速かつ劇的な発展を続けるICTは、未来の社会を左右する重要な研究テーマです。

コミュニケーションを支える新しいテクノロジーを。

「Information」の表現である、声、文字、画像などのメディア情報処理、「Communication」を行うモバイルネットワーク、光ネットワークの構成技術などについて、科学的な基礎理論から工学的な最新応用技術まで幅広く学ぶコースです。目指しているのは、生活のさまざまな場面で役立つ新しいテクノロジーの創出です。

近未来の先端技術分野の技術開発を担う人材を育成。

本コースでは、文字や音声、音楽や画像などのメディア情報処理と、世界中のメディアをつなぐモバイル・光ネットワークの両方について、基礎理論から高度な応用技術までを学びます。 エレクトロニクス基礎と情報基礎を両輪として、より専門性の高いネットワーク基礎と情報メディア基礎科目へスムーズに移行できるようにしています。 これにより、幅広い能力を習得した後、メディアネットワーク実験で実践力を身に付け、卒業研究で問題解決能力を養うことで、科学的な基礎理論から工学的な最新応用技術にわたる幅広い能力を持った人材の育成を目指しています。 身に付けた能力により、研究開発、製造、工業経営管理、教育などさまざまな職域で指導的立場として活躍できます。

コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等)●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学
など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●応用数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ●計算機プログラミングⅠ ●コンピュータ工学 ●電磁気学 ●情報理論 ●信号処理 ●線形システム論
など
3年次
コース専門科目
●サイバーコミュニケーション ●ネットワーク構成論 ●通信システム ●メディアプログラミング ●音声メディア応用論 ●画像処理応用 ●コンピュータグラフィックス ●ディジタルネットワーク
など
4年次
コース専門科目
●卒業研究
など
修士課程・博士後期課程
大学院情報科学研究科メディアネットワーク専攻
●自然言語処理学特論 ●メディア創生学特論 ●メディア表現論特論 ●情報メディア環境学特論 ●ネットワークシステム特論 ●ワイヤレス伝送・環境電磁特論 ●フォトニックネットワーク特論 ●適応コミュニケーション特論 ●ユビキタスネットワーク学特論 ●メディアネットワーク社会学特論 ●メディアネットワーク特別演習(修士課程) ●メディアネットワーク特別研究第一(博士後期課程)
など

物理シミュレーションで
現実世界を“造る”

「この炎は微分方程式でできている」あるとき先輩から言われたこの一言に惹かれ、僕はこの分野に進むことを決意しました。自然現象を数式に落とし込む、ということにとてもロマンを感じたのです。今となっては、映画やゲームなど、至るところで炎の3Dアニメーションが使用されていますが、目的とする炎の動きや燃え方を再現するには、いまだ膨大な時間と労力がかかるというのが現状です。僕は、それを改善すべく研究・開発を行っています。

笹 晃輔
情報エレクトロニクス学科 メディアネットワークコース4年
(北海道札幌北高等学校出身)

光伝送技術で次世代
通信インフラを支える

従来、光ファイバによる長距離光伝送技術が通信インフラを支えてきましたが、近い将来には、データセンタ内のアプリケーションといった短距離通信にも光伝送技術がますます必要になっていきます。高速大容量・低消費電力な光ネットワークを実現することを目指し、その実現に必要な光デバイスをシミュレーションによって設計し、試作を行っています。自分で設計したデバイスを測定までできるので、充実した環境で日々研究活動に取り組めています。

澤田 祐甫
大学院情報科学院 情報科学専攻
メディアネットワークコース 情報通信フォトニクス研究室
博士後期課程1年(北海道札幌開成高等学校出身)

世界で通用する研究力を目指して

ボラトリ(以下ラボ)に入社し、3D関連の計測、認識の研究をしています。ラボでは画像処理や信号処理、音声入力等の研究に注力しており、国内外の著名な学会で多くの発表をしています。国内学会の運営にも携わっており、私もお手伝いしています。以前、私はダイハツのタントに搭載されている衝突防止センサであるステレオカメラの研究開発に携わっていました。現在は、3D計測が困難な材質物でも計測が可能となる方法について研究しています。これらの研究・開発では、幾何学、光学、物理学などの幅広い知識が必要で、北大で体系的な知識を学べたことが役立っていると感じています。また、研究力を高めたいと考え、北大の社会人Drコースに入学し、さらに研究に邁進しています。北大では、実験や研究の課題に対し共に悪戦苦闘した友人たちとの出会いもあり、社会に出てからも交流が続く仲間ができたことは大変貴重でした。ぜひ北大で学友を見つけ、切磋琢磨してほしいです!

住吉 信一さん

株式会社デンソーアイティーラボラトリ
2008年3月 工学部 情報工学科 卒業
2010年3月 大学院情報科学研究科 メディアネットワーク専攻 修士課程 修了

卒業後の進路

通信・情報・電気・電子関連企業(総合電機メーカーや通信事業会社)を中心として、自動車関連企業、ソフトウェア企業、研究所などに就職し、研究開発者やシステムエンジニアとして活躍しています。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2019年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先

●IBJ ●NTTドコモ ●オー・エル・エム・デジタル ●キヤノン ●KDDI ●DNPデジタルソリューションズ ●日鉄ソリューションズ ●日本電信電話 ●日本放送協会 ●Pioneer DJ ●パナソニック ●ビー・ユー・ジーDMG森精機 ●日立システムズ ●日立製作所 ●富士通 ●北海道電力 ●三菱電機 ●ヤフー ●リコー ●Loco Partners

取得可能な資格

■高等学校教諭一種免許状(数学・理科・情報)
■第一級陸上無線技術士(試験科目一部免除)
■第一級陸上特殊無線技士
■第三級海上特殊無線技士
■建設機械施工管理技士(受験資格)
■建築施工管理技士(受験資格)
■電気工事施工管理技士(受験資格)
■管工事施工管理技士(受験資格)
※資格の取得には指定科目の修得や、卒業後に実務経験が必要なものもあります。

コンピュータを使ってさまざまなアルゴリズムやプログラムを開発したいと思っている人。光や電磁波/電磁界の不思議さに惹かれ、その解析や安全性を研究してみたい人を求めます。SF映画に出てくるような画期的な通信装置や立体映像を研究したい、実物と間違えるほどきれいなCGを研究したい、新しい情報サービスを実現して会社を作りたい、心と心を結ぶやさしいネットワークを作りたい、そんな大きな夢を持っている人。コンピュータ、インターネット、携帯電話や次世代のマルチメディアの実現に興味がある人。理科の実験や図画工作が好きな人には特におすすめです。

c0204_fig04

キーワード

太陽発電衛星高効率無線回路無線電力伝送グリーンIT光ファイバーセンサー電波環境EMC知的所有権・個人情報保護技術社会インフラ管理医用画像処理遠隔医療医療情報医情連携音声対話処理人工知能バイオミメティクス音声認識自然言語処理ヒューマンインターフェース脳科学情報通信ネットワーク携帯電話・光ファイバー無線・光通信ユビキタスコンピュータ・ネットワークeエコノミーeラーニング映像検索楽曲検索スポーツ戦術分析全周映像システム地球・惑星画像解析気象データ解析映像意味理解知識獲得音声情報処理高速通信用アンテナ技術SNS解析WEB解析フォトニックネットワークVLSI設計MIMO

ページの先頭