お知らせinformation

2020.10.30
都市清掃に「ごみ処理施設の科学的合理性」に関する3編の論説が掲載されました 松藤敏彦:ごみ処理施設の科学的合理性について考える Ⅰごみ焼却施設,都市清掃,第73巻第356号,pp.437-443, 2020.7  記事内容はこちらへ

松藤敏彦:ごみ処理施設の科学的合理性について考える Ⅱ最終処分場の運転管理-廃止を中心に,都市清掃,第73巻第357号,pp.537-544, 2020.9  記事内容はこちらへ

松藤敏彦:ごみ処理施設の科学的合理性について考える Ⅲ処理施設の選定プロセスと評価基準,都市清掃,第73巻第358号, 2020.11(掲載予定)
2020.09.30
環境施設に松藤教授のインタビュー記事が掲載されました 松藤敏彦:マテリアルフローを明らかにしてサイエンスに基づいたごみ処理を!,環境施設,pp.46-53,No.161,2020.9  記事内容はこちらへ
2020.09.25
本年9月に,工学博士の学位が授与されました 山口直久:集約型還元溶融を用いた一般廃棄物中有用金属回収システム提案に関する研究

Geun-Yong HAM:Study on Bio-drying MBT by modelling of moisture removal and evaluation as MSW management system for energy recovery
2020.09.16
第31回廃棄物資源循環学会研究発表会(オンライン開催@北海道大学) 9/16~9/18に開催された第31回廃棄物資源循環学会研究発表会にて9件の発表を行いました(終了)。
2020.07.23
以下の論文が掲載決定されました 山口直久,松藤敏彦:集約型還元溶融による一般廃棄物中有用金属の効率的回収システム検討,土木学会論文集G(環境),Vol.76,No.6
2020.06.15
タクマ技報に松藤教授の論説が掲載されました 松藤敏彦:ごみ焼却の科学的合理性,タクマ技報,Vol.28, No.1, 2020  記事内容はこちらへ
2020.04.23
以下の論文が掲載されました Shigetoshi Takahashi, In-Hee Hwang, Takayuki Matsuo, Yasumasa Tojo, Toshihiko Matsuto: Effect of phosphate compound on the reduction of the pressure drop of laboratory-scale fabric filter, Environmental Technology, Published online 23 Apr 2020 (https://doi.org/10.1080/09593330.2020.1751727)
2019.12.24
松藤教授の「科学的に見るSDGs時代のごみ問題」(丸善出版)が刊行されました。 SDGsへの取組や環境問題に対する意識が世界的に高まる中,一見してよさそうに思える取組やキャッチコピーを単に鵜呑みにするのではなく,各人がよさとは何かを見直し,持続可能な地域社会づくりにコミットしていくためのヒントが満載.
2019.09.19
第30回廃棄物資源循環学会研究発表会(東北大学) 東北大学(9/19~9/21)にて開催されました第30回廃棄物資源循環学会研究発表会で9件の発表を行いました(終了)。
2019.05.20
韓国廃棄物資源循環学会@Jejuで研究発表 2019年韓国廃棄物資源循環学会・23rd Korea-Japan Joint International Sessionにて5件の発表を行います。(終了)
2019.02.20
4th IWWG-ARB Symposiumがタイ・バンコクにて開催されました。 第4回IWWG-ARB Symposiumが2019年2月20~22日の間バンコクにて開催されました。松藤教授がKeynote Speechを行い,研究室から3件の発表を行いました。(終了)

過去のお知らせへ