Home>教育>水環境保全工学>1-授業の進め方

水環境保全工学-1

授業の進め方

「水環境保全工学」では、演習は資料を見ても、他の学生と相談して行っても良い。演習の目的は演習問題で点を取る事ではなく、問題を理解することであるからである。
演習の提出で出席を判断しているので必ず提出すること。たとえ出席確認の紙に印をつけても、演習問題の講義終了時での未提出は欠席扱いとなる。
演習の点数は期末試験の点数には加算しない。
期末試験の問題は演習問題と類似の問題となる。試験前には良く復習すること。
シラバスを持参すること。授業開始時にはシラバスを見て、その日の学習内容が授業全体の内容のどこに相当するのか確認すること。

授業で用いたPPT

配布資料

Satoh 2007
Nakamura 2004