概要

(「大学院工学研究院・工学院・工学部 概要 2021-2022」より抜粋)

沿革

大正13.9.25 北海道帝国大学に工学部が設置された。
14. 2.12 工学部規定を制定。土木工学科,鉱山工学科,機械工学科,電気工学科の4学科が設置された。
15. 5.14 北海道帝国大学創基50周年記念式典が挙行され併せて工学部開学記念式典を挙行した。
昭和14.4.11 燃料工学科が設置された。
17. 4. 7 生産冶金工学科が設置された。
19.11.11 工学部創立20周年記念式典を挙行した。
21. 3.20 燃料工学科は応用化学科と改称された。
22.10. 1 北海道帝国大学は北海道大学と改称された。
23. 9.14 建築工学科が設置された。
24. 5.31 国立学校設置法が公布され,新制の北海道大学となった。 工学部に土木工学科,鉱山工学科,機械工学科,電気工学科,応用化学科,生産冶金工学科,建築工学科の7学科が置かれた。
9.30 工学部創立25周年記念式典を挙行した。
27. 4. 1 生産冶金工学科は冶金工学科と改称された。
28. 3.31 新制の北海道大学大学院が設置され,工学研究科が設置された。
5.13 工学研究科に土木工学,鉱山工学,機械工学,電気工学,応用化学,冶金工学,建築工学の7専攻が設置された。
32. 4. 5 衛生工学科が設置された。
33. 4. 1 精密工学科及び附属金属化学研究施設が設置された。
35. 4. 1 電子工学科及び合成化学工学科が設置された。
36. 4. 1 衛生工学専攻が設置された。
37. 4. 1 機械工学第二学科及び精密工学専攻が設置された。
39. 2.25 一般教育等に図学が設置された。
4. 1 応用物理学科,電子工学専攻及び合成化学工学専攻が設置された。
10. 5 工学部創立40周年記念式典を挙行した。
41. 4. 1 機械工学第二専攻が設置された。
42. 4. 1 原子工学科が設置された。
43. 4. 1 応用物理学専攻が設置された。
46. 4. 1 冶金工学科は金属工学科と改称された。
原子工学専攻が設置され,冶金工学専攻は金属工学専攻と改称された。
47. 4. 1 鉱山工学科は資源開発工学科と改称された。
鉱山工学専攻は資源開発工学専攻と改称された。
48. 4. 1 情報工学専攻が設置された。
49. 9.25 工学部創立50周年記念式典を挙行した。
50. 4. 1 附属石炭系資源実験施設が設置された。
51. 9.15 北海道大学創立百周年記念式典が挙行された。
53. 4. 1 附属直接発電実験施設が設置された。
54. 4. 1 一般教育等に情報科学が設置された。
4.25 生体工学専攻が設置された。
57. 4. 1 附属石炭系資源実験施設(時限7年)が廃止された。
59. 9.27 工学部創基60周年記念式典が挙行された。
62. 4. 1 情報工学科が設置された。
63. 3.31 附属直接発電実験施設(時限10年)が廃止された。
4. 8 附属先端電磁流体実験施設が設置された。
平成 3.4.12 一般教育等の図学及び情報科学が大講座の情報図形科学講座に改組された。
6. 6.10 工学部創立70周年記念式典が挙行された。
6. 6.24 大学院重点化による改組が始まり,工学研究科の金属工学専攻,応用化学専攻,合成化学工学専攻の3専攻が, 物質工学専攻,分子化学専攻の2専攻に再編され,専攻に講座が設置されると共に学部の金属工学科,応用化学科,合成化学工学科の3学科が,材料工学科,応用化学科の2学科に再編され,学科に学科目が設置された。附属金属化学研究施設及び附属先端電磁流体実験施設が廃止された。
7. 4. 1 工学研究科の精密工学専攻,電気工学専攻,情報工学専攻,電子工学専攻及び生体工学専攻の5専攻が,システム情報工学専攻及び電子情報工学専攻の2専攻に再編され,専攻に講座が設置されるとともに,学部の精密工学科,電気エ学科,情報工学科及び電子工学科の4学科が,情報工学科,電子工学科及びシステム工学科の3学科に再編され,学科に学科目が設置された。
8. 5.11 工学研究科の機械工学専攻,機械工学第二専攻,応用物理学専攻及び原子工学専攻の4専攻が量子物理工学専攻,量子エネルギー工学専攻及び機械科学専攻の3専攻に再編され,専攻に講座が設置されるとともに,学部の機械工学科,機械エ学第二学科,応用物理学科及び原子工学科の4学科が,応用物理学科,原子工学科及び機械工学科の3学科に再編され,学科に学科目が設置された。
9. 4. 1 工学研究科の土木工学専攻,衛生工学専攻,建築工学専攻及び資源開発工学専攻の4専攻が,社会基盤工学専攻,都市環境工学専攻及び環境資源工学専攻の3専攻に再編され,専攻に講座が設置されるとともに,学部の土木工学科,衛生工学科,建築工学科及び資源開発工学科の4学科が,土木工学科,建築都市学科,環境工学科及び資源開発工学科の4学科に再編され,学科に学科目が設置された。大学院重点化による改組が完了し,工学研究科が官制化された。
11. 6. 4 創立75周年記念式典が挙行された。
12.10. 1 大学院工学研究科社会工学系英語特別コース開設された。
13. 9.28 北海道大学創基立125周年記念式典が挙行された。
16. 4. 1 大学院情報科学研究科の設置に伴い,システム情報工学専攻及び電子工学専攻の2専攻が廃止された。
16.10.23 創立80周年記念事業が挙行された。
17. 4. 1 ・物質工学専攻,分子化学専攻,量子物理工学専攻,量子エネルギー工学専攻,機械科学専攻,社会基盤工学専攻,都市環境工学専攻, 環境資源工学専攻を応用物理学専攻,有機プロセス工学専攻,生物機能高分子専攻,物質化学専攻,材料科学専攻,機械宇宙工学専攻, 人間機械システムデザイン専攻,エネルギー環境システム専攻,量子理工学専攻,環境フィールド工学専攻, 北方圏環境政策工学専攻,建築都市空間デザイン専攻,空間性能システム専攻,環境創生工学専攻,環境循環システム専攻に改組
・材料工学科,応用化学科,情報工学科,電子工学科,システム工学科,応用物理学科,原子工学科, 機械工学科,土木工学科,建築都市学科,環境工学科,資源開発工学科を応用理工系学科, 情報エレクトロニクス学科,機械知能工学科,環境社会工学科に改組
・工学系教育研究センター設置
20. 4. 1 工学系技術センター設置
22. 4. 1 工学研究科を工学研究院,工学院,総合化学院に改組
・工学研究院には,応用物理学部門,有機プロセス工学部門,生物機能高分子部門,物質化学部門,材料科学部門,機械宇宙工学部門, 人間機械システムデザイン部門,エネルギー環境システム部門,量子理工学部門,環境フィールド工学部門, 北方圏環境政策工学部門,建築都市空間デザイン部門,空間性能システム部門,環境創生工学部門,環境循環システム部門を設置
・工学院には,応用物理学専攻,材料科学専攻,機械宇宙工学専攻,人間機械システムデザイン専攻, エネルギー環境システム専攻,量子理工学専攻,環境フィールド工学専攻,北方圏環境政策工学専攻, 建築都市空間デザイン専攻,空間性能システム専攻,環境創生工学専攻,環境循環システム専攻を設置
・総合化学院は,工学研究科有機プロセス工学専攻,生物機能高分子専攻,物質化学専攻と理学院化学専攻を基礎に改組され総合化学専攻を設置

学内共同教育研究施設のエネルギー変換マテリアル研究センターを工学研究院附属エネルギー・マテリアル融合領域研究センターに改組
24. 6. 1 フロンティア化学教育研究センター設置
26. 6.12 「フロンティア応用科学研究棟」落成式,落成記念式典,落成記念講演会実施
26. 9.27 工学部創立90周年記念式典実施
27. 6. 1 有機プロセス工学部門,生物機能高分子部門,物質化学部門を応用化学部門に改組
29. 4. 1 共同資源工学専攻設置
※北海道大学大学院工学院と九州大学大学院工学府が 共同して構成する大学院共同教育課程
31. 4. 1 情報科学研究科を情報科学研究院,情報科学院に改組
・情報科学研究院には,情報理工学部門,情報エレクトロニクス部門,生命人間情報科学部門,メディアネットワーク部門,システム情報科学部門を設置
・情報科学院には,情報科学専攻を設置
同専攻には,情報理工学コース,情報エレクトロニクスコース,生体情報工学コース,メディアネットワークコース,システム情報科学コースを設置
令和 2.4.1 ・応用物理学部門,応用化学部門,材料科学部門, 機械宇宙工学部門,人間機械システムデザイン部門,エネルギー循環システム部門, 量子理工学部門,環境フィールド工学部門, 北方圏環境政策工学部門,建築都市空間デザイン部門,空間性能システム部門,環境創生 工学部門,環境循環システム部門を応用物理学部門,応用化学部門,材料科学部門, 機械・宇宙航空工学部門,応用量子科学部門, 土木工学部門,建築都市部門,環境工学部門,環境循環システム部門に改組
3. 7. 3 ・エフキューブ工学教育研究センター設置

歴代工学部長・工学研究科長・工学研究院長・工学院長

工学部設置(1924年~)

工学部長

吉町 太郎一大正13.9.26 ~ 昭和.6.30
阿久津 国造昭和 6.7.1 ~ 昭和 8.6.30
清水 義一昭和 8.7.1 ~ 昭和10.6.30
倉塚 良夫昭和10.7.1 ~ 昭和14.4.30
小野 諒兄昭和14.5.1 ~ 昭和16.3.30
小川 敬二郎昭和16.7.1 ~ 昭和17.3.31
井口 鹿象昭和17.4.1 ~ 昭和21.3.30
大坪 喜久太郎昭和21.3.31 ~ 昭和27.3.31
大賀 悳二昭和27.4.1 ~ 昭和28.3.30

新制大学院(工学研究科)設置(1953年~)

工学部長・工学研究科長

大賀 悳二昭和28.3.31 ~ 昭和31.3.31
大坪 喜久太郎昭和31.4.1 ~ 昭和35.3.31
浅見 義弘昭和35.4.1 ~ 昭和37.3.31
大塚 博昭和37.4.1 ~ 昭和41.3.31
阿部 與昭和41.4.1 ~ 昭和43.2.29
大野 和男昭和43.3.1 ~ 昭和45.2.28
大野 和男 (事務取扱)昭和45.3.1 ~ 昭和47.4.30
小池 東一郎 (事務取扱)昭和47.5.1 ~ 昭和48.3.31
小池 東一郎昭和48.4.1 ~ 昭和52.3.31
有江 幹男昭和52.4.1 ~ 昭和56.3.31
小澤 保知昭和56.4.1 ~ 昭和58.3.31
木下 重教昭和58.4.1 ~ 昭和61.3.31
佐藤 教男昭和61.4.1 ~ 平成 2.3.31
柴田 拓二平成 2.4.1 ~ 平成 5.3.31
丹保 憲仁平成 5.4.1 ~ 平成 7.4.30
土岐 祥介平成 7.5.1 ~ 平成 9.3.31

大学院講座制移行(1997年~)

工学研究科長・工学部長

土岐 祥介平成 9.4.1 ~ 平成10.3.31
福迫 尚一郎平成10.4.1 ~ 平成13.3.31
佐伯 浩平成13.4.1 ~ 平成15.4.30
岸浪 建史平成15.5.1 ~ 平成16.3.31
中山 恒義平成16.4.1 ~ 平成18.3.31
三上 隆平成18.4.1 ~ 平成22.3.31

工学研究院、工学院設置(2010年~)

工学研究院長・工学部長

馬場 直志平成22.4.1 ~ 平成26.3.31
名和 豊春平成26.4.1 ~ 平成29.3.31
増田 隆夫平成29.4.1 ~ 平成31.3.31
瀬戸口 剛平成31.4.1 ~

工学院長

馬場 直志平成22.4.1 ~ 平成26.3.31
名和 豊春平成26.4.1 ~ 平成29.3.31
小林 幸徳平成29.4.1 ~ 平成31.3.31
瀬戸口 剛平成31.4.1 ~

管理運営体制・組織機構図

学生数

学位授与者数(博士)

単位(人)/令和2年度
専攻課程博士論文博士
応用物理学70
材料科学60
機械宇宙工学30
人間機械システムデザイン40
エネルギー環境システム40
量子理工学40
環境フィールド工学72
北方圏環境政策工学100
建築都市空間デザイン30
空間性能システム32
環境創生工学50
環境循環システム111
合計 675
累計 2,4671,529

卒業者・修了者就職状況

国際交流

(1) 研究院・学院・学部間協定締結大学

令和2.5.1 現在
国/地域名協定締結大学名提携内容(※)協定締結年月日
インドインド工科大学ハイデラバード校A, S, I2016.12.2
インド工科大学マドラス校A, S, I2017.1.27
インド工科大学カンプール校A, S2018.10.22
インドネシア共和国バンドン工科大学土木・計画工学部A, S2000.8.11
カンボジアカンボジア工科大学A, S, I2016.10.21
スリランカモラツワ大学A, S2017.6.6
大韓民国忠北大学校工科大学A, S2002.11.22
I2018.12.6
東義大学校工科大学A2008.1.3
ソウル大学校工科大学S, I2011.1.17
D2011.7.31
仁川大学校工科大学、都市科学大学A2011.5.26
漢陽大学校工學大学A, S2011.9.19
浦項工科大学A, S2016.6.8
釜山大学校工科学院A, S2016.8.4
タイ王国タマサート大学シリントーン国際工学部A, S2007.5.15
D2019.3.18
アジア工科大学工学部D2011.3.17
チュラロンコン大学工学部I2011.9.5
D2018.8.30
カセサート大学工学部I2014.2.13
中華人民共和国瀋陽工業大学A1985.6.24
上海交通大学工学院A1992.11.23
ハルビン工程大学工科学院A, S2008.8.18
ハルビン工業大学A, S2009.8.11
西安建築科技大学A, S2010.6.12
東北大学A, S2011.3.9
西安交通大学理学部S2015.6.30
清華大学材料科学与工程系、工程物理系、化学工程系A2012.3.20
重慶大学工程学部、建築学部A, S2014.3.7
武漢理工大学機電工程学院、土木工程与建築学院A, S2014.3.28
西安交通大学材料科学与工程学院D2017.9.12
北京交通大学土木建築工程学院A, S, I2017.8.28
長春理工大学A, S2017.10.25
香港科技大学工学部A, I2018.1.2
台湾国立台湾大学工学院S2014.3.11
国立台北科技大学工程学院A, S, I2017.7.31
国立中央大学工学院、理学院A, S, I2018.2.5
国立台湾科技大学工程学院A, S, I2019.9.25
フィリピンセントラルミンダナオ大学工学部A, S2016.9.20
ベトナムハノイ鉱山・地質大学A, S, I2015.3.19
ベトナム国家大学ホーチミン校工科大学地質・石油工学部、土木工学部I2015.4.28
マレーシアマレーシア国際イスラーム大学工学部A, S, I2012.11.12
マレーシア科学大学材料・資源工学部I2015.1.19
マレーシアプトラ大学A, S, I2018.3.9
モンゴルモンゴル科学技術大学機械工学交通学部、応用科学部、土木建築工学部、産業技術 学部、動力技術工学部、地質鉱山学部、 情報通信技術学部A, S, I2017.1.9
オーストラリアクィーンズランド工科大学理工学部A, I2012. 8. 6
S2019.2.14
カーティン大学A, S2014.8.29
シドニー工科大学A, S2016.5.25
A2020.3.5
マッコーリー大学理工学部A, S2016.11.16
アイルランドダブリン工科大学A, S2015.3.23
イタリアトリノ工科大学E2018.1.16
オーストリアウィーン工科大学A, S2016.12.22
ギリシャアテネ大学理学部A, S, I2017.1.31
スイス西スイス応用科学大学A, S2016.3.8
スウェーデンリンシェーピン大学理工学部A, S2000.8.24
スペインバレンシア工科大学建築学院、土木工学院A, S2006.1.9
チェコチェコ工科大学土木工学部A, S, I2015.12.21
ドイツベルリン工科大学プロセス科学部、電気工学・コンピューターサイエンス学部、機械工学・交通システム学部A, S2013.12.3
ハンブルク大学数学部、情報科学・自然科学部A, S2014.3.21
ゲオルグ・アグリコーラ工科大学A, S, I2015.4.30
デンマーク王国デンマーク王立芸術アカデミー建築学部A, S2010.3.31
フィンランド共和国タンペレ応用科学大学A, S, I2011.1.12
タンペレ大学計算科学・電子工学部A, S2016.6.29
タンペレ大学建築学部A, S2018.12.7
ラップランド応用科学大学 北極圏天然資源・経済学部A, S, I2019.11.22
フランス先端産業技術工科大学A, S2011.10.11
機械航空高等国立大学A, I2011.1.18
ポーランドAGH 科学技術大学D2010.7.6
E2019.11.13
ロシアバウマンモスクワ国立工科大学A, S, I2017.4.12
太平洋国立大学建築デザイン研究科C2017.10.25
サンクトペテルブルク建築土木大学A, S, I2019.10.28
アメリカ合衆国ライス大学ジョージRブラウン工学院A, I2011.10.19
タルサ大学A, I2015.1.12
コロラド鉱山大学地球科学・資源工学部A, S2019.1.11
カナダアルバータ大学工学部I2017.12.5
メキシコモンテレイ工科大学A, S2010.7.20
コロンビアアンティオキア大学工学部A, S, I2016.9.7
ブルキナファソ国際水環境技術学院A, S2010.1.26
モザンビークテテ工科大学A, S, I2018.6.27

附属エネルギー・マテリアル融合領域研究センター

国/地域名協定締結大学名提携内容(※)協定締結年月日
アメリカ合衆国ラマー大学工学部A2008.2.20
(※) A= 学術交流/Academic exchange, S= 学生交流覚書/Student exchange, I= インターンシップ 覚書/Internship program, D= ダブル・ディグリー・プログラム/Double Degree Program , C= コチュテルプログラム / Cotutelle Program, E= エラスムス・プラス覚書 /Erasmus+ Programme

(2)大学間協定締結大学(工学研究院・工学部と関連があるもの)

令和2.5.1 現在
国/地域名協定締結大学名協定内容(※)協定締結年月日
インドインド工科大学ボンベイ校A, S2018.1.15
インド工科大学マドラス校A, S2018.3.26
インド工科大学ハイデラバード校A, S2018.4.2
インドネシア共和国パランカラヤ大学A, S2006.8.26
バンドン工科大学A, S2014.3.20
大韓民国ソウル大学校A, S1997.10.1
全北大学校A, S2000.2.9
嶺南大学校A, S2000.8.4
忠南大学校A, S2001.7.9
江原大学校A, S2003.6.13
忠北大学校A, S2007.12.6
韓京大学校A, S2009.2.16
東義大学校A, S2009.4.23
韓国海洋大学校A, S2010.6.3
仁川大学校A, S2012.4.16
漢陽大学校A, S2012.7.10
中華人民共和国北京科技大学A, S1986.12.26
浙江大学A, S2002.1.20
清華大学A, S2008.6.30
中国海洋大学A, S2011.2.3
香港中文大学A, S2011.9.30
上海交通大学A, S2011.10.19
華中科技大学A, S2012.12.27
湖南大学A, S2013.10.10
東北大学A, S2018.4.25
台湾国立清華大学A, S2012.8.17
国立成功大学A, S2013.1.23
国立交通大学A, S2013.3.22
タイ王国アジア工科大学A, S2008.11.4
チュラロンコン大学A, S2009.7.3
タマサート大学A, S2014.1.30
モンクット王工科大学トンブリ校A, S2013.12.24
モンクット王工科大学ラカバン校A, S2014.5.30
ネパール王国トリブバン大学A, S2010.10.24
ニュージーランド地質・核科学研究所A2014.2.28
フィンランド共和国オウル大学A, S2006.12.11
アールト大学A, S2013.7.5
英国ウォリック大学A, S2000.1.5
ハンガリー共和国ブダペスト工科・経済大学A, S2004.11.4
スウェーデンスウェーデン王立工科大学A, S2009.12.11
ドイツ連邦共和国ミュンヘン工科大学A, S2010.7.6
ポーランド共和国AGH科学技術大学A, S2010.7.6
フランス機械航空高等国立大学A, S2013.3.25
ロシア太平洋国立大学A, S2014.12.25
アメリカ合衆国ウイスコンシン大学マディソン校A, S1987.4.21
カナダアルバータ大学A, S1997.8.13
モントリオール大学A, S2015.6.29
サウジアラビア王国キング・アブドゥルアジーズ大学A, S2010.7.8
(※) A= 学術交流/Academic exchange, S= 学生交流覚書/Student exchange

(3) 国別留学生数

単位(人)/令和2.5.1 現在
区分国名/地域名学部大学院留学生
総数
外国人学生
「留学」以外
総数
アジア
(85.2%)
インド131313
インドネシア999
韓国331952355
カンボジア2355
スリランカ333
タイ888
台湾5166
中国121261385143
パキスタン333
バングラデシュ444
フィリピン555
ベトナム777
マレーシア491313
ミャンマー111
モンゴル1122
大洋州
(0.6%)
フィジー222
ヨーロッパ
(3.7%)
イギリス111
イタリア111
スウェーデン1233
デンマーク111
フィンランド111
フランス222
ポーランド1112
ロシア111
北アメリカ
(0.3%)
カナダ11
中・南アメリカ
(2.5%)
グアテマラ111
コロンビア111
ニカラグア111
ブラジル1112
ペルー11
ボリビア111
ホンジュラス111
中央アジア
(0.3%)
トルクメニスタン111
中東
(0.9%)
イラン1122
ヨルダン111
アフリカ
(6.5%)
アンゴラ111
カーボヴェルデ222
ケニア111
コンゴ111
ザンビア777
ジンバブエ111
チュニジア111
ナイジェリア1233
ブルキナファソ111
マダガスカル111
マラウイ111
モロッコ111
合計6225131312325

(4) 経費別留学生数

単位(人)/令和3.5.1現在
区分学部大学院総数
国費外国人留学生324173
私費外国人留学生31201232
外国政府派遣留学生01111
合計63253316
外国人学生(「留学」以外)8311
留学生及び外国人学生総数71256327

産学連携関係

(1) 法人保有特許

令和3.4.1現在
保有件数国内141 (104)
海外44 (37)

* 代表発明者の所属が工学研究院となっている件数。共同出願件数は( )で内数。

(2) 意匠登録

令和3.4.1現在
保有件数1

(3) 商標登録

令和3.4.1現在
保有件数3

(4) 受託研究及び民間等との共同研究

年度受託研究共同研究
件数(件)金額(千円)件数(件)金額(千円)
平成1565376,01381170,998
平成1653175,89561160,133
平成1769506,30889256,031
平成18751,031,238101260,389
平成19681,011,338110284,697
平成2069565,877121289,260
平成2193760,40793182,664
平成2287919,744120235,707
平成2399658,733130243,889
平成24101796,629141217,939
平成251031,086,032138211,368
平成2687842,092143290,068
平成2798927,576149337,762
平成281101,140,936177342,449
平成291041,024,236189411,223
平成30104844,961207588,243
令和元107788,508241595,008
令和21241,013,799303640,609
* 平成16年度に情報科学研究科が設置され、 旧システム情報工学専攻及び電子情報工学専攻が移行したため、当該専攻分について本集計から除外している。

予算・外部資金等,土地・建物,蔵書

予算・外部資金等

(1) 予算

令和2年度
区分金額(千円)
運営費交付金998,843

(2) 科学研究費助成事業等

令和2年度
区分件数金額(千円)
科学研究費助成事業 334 1,150,464
研究拠点形成費等補助金 1 18,485
原子力人材育成等推進事業費補助金 1 5,119
省庁からのその他の補助金 21 119,405
その他の補助金等 3 4,900
360 1,298,373

(3) 共同研究費等

令和2年度
区分件数金額(千円)
共同研究費303640,609
受託研究費1241,013,799
受託事業費5855,755
寄附金243257,119
728 1,967,282

土地・建物

令和3.5.1現在
土地 131,831m2
建物(48棟) 127,727m2
※情報科学研究院を含む。

蔵書

(1)図書

令和3.3.31現在
種別冊数
和書117,300
洋書118,278
235,578
※情報科学研究院を含む。

(2)学術雑誌

令和3.3.31現在
種別 種類数
和書2,972
洋書3,162
6,134
※情報科学研究院を含む。