工学部教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) Curriculum Policy

工学部は,学位授与方針で掲げる人材を養成するため,次の特色ある取組により各学科・コースの教育課程を編成・実施します。

  • 1年次には,本学の学生に共通の素養として求められる高いコミュニケーション能力,人間や社会の多様性への理解,独創的かつ批判的に考える能力,社会的な責任と倫理を身につけることを目的として全学教育科目のカリキュラムを編成しています。
  • 2年次以降では,応用理工系学科,情報エレクトロニクス学科,機械知能工学科および環境社会工学科の4学科に分かれて専門教育科目を開講します。専門教育科目は,学部共通,学科共通,コース専門の三つの分野に分かれて構成します。
  • コース専門科目は,コースの専門領域の科目群であり,主に必修科目として開講されます。
  • 4年次には,コース専門科目に加えて卒業論文作成のための研究を実施します。
  • 本学部の専門教育科目については,学科(・コース)ごとに教育課程編成・実施の方針を定め,それぞれ育成する人材像に沿ったカリキュラムを編成し,実施します。

応用理工系学科

応用理工系学科では,21世紀の応用物理学,応用化学及び材料工学に関する科学技術を担う技術者・研究者を輩出する教育目標を達成するため,応用物理学を学ぶ「応用物理工学コース」,化学工学を学ぶ「応用化学コース」,そして材料工学を学ぶ「応用マテリアル工学コース」を設置しています。これらのコースでは,全学共通の「全学教育科目」と体系的に配置された「専門科目」をもって4年間の学士課程における教育課程を編成します。

  • 1年次では3コース共通であり,本学の学生として身につけておくべき素養を培うために,全学教育科目として「一般教育演習」,「総合科目」,「主題別科目」,「外国語科目」,「共通科目」に区分される教養科目(コアカリキュラム)を開講します。また,専門科目を学ぶ心構え,基礎知識を身につけることができるように,基礎科目を開講します。

本学科の専門科目については,コース毎に教育課程編成・実施の方針を定め,それぞれ育成する人材像に沿ったカリキュラムを編成・実施します。以下,コース毎に教育課程編成・実施の方針を列挙します。

応用物理工学コースの教育課程編成・実施の方針

  • 2年次以降では学科共通科目およびコース専門科目を開講し,応用物理学の導入と基礎固めを行います。
  • 2年次では,物理学の骨格をなす応用数学および基礎物理学の各科目を開講する一方,各科目間の関連を理解させ,現代技術との関わりを意識させるため,応用物理学全体を俯瞰する科目を開講します。また,将来の技術者としての人間性と社会性を担保する「技術者倫理と安全」の他,経験を通じて物理学を理解させるための基礎的な応用物理学実験を開講します。
  • 3年次では,2年次で開講した科目より進んだ内容の各科目を開講します。それと同時に,4年生での卒業研究の実施を見据え,現代物理学における最先端物理分野,エレクトロニクス分野,計算科学分野などの科目を開講するほか,高度な応用物理学実験を開講し,座学と実験の両方から応用物理学を学びます。
  • 4年次においては,コース専門科目に加えて,卒業研究および卒業論文作成のための指導を実施します。

応用化学コースの教育課程編成・実施の方針

  • 2年次以降では,コース専門科目を学科共通科目および学部共通科目とともに開講し,応用化学がカバーする広範な学問分野を修得できるようにします。
  • 応用化学コースでは,物理化学,量子化学,無機化学,分析化学,有機化学,高分子化学,生化学,化学工学を基盤とする多種多様な専門分野を講義・演習・学生実験を通じて習得させます。学科共通科目の「物質変換工学」では,最新の研究トッピクスを紹介し,より実践的な応用化学を習得させます。また,多くの応用化学実験を実施することで,講義で得た専門知識を定着させ,具体的諸問題の解決に応用できる素養やスキルを培います。技術者倫理と安全教育では,自立した科学研究者・技術者として必要な責任ある判断と行動ができる素養を身につけさせます。さらに,科学英語演習および学外実習・インターンシップを通じて国内外諸機関の人々と活発に交流・連携のできるグローバル人材を養成します。
  • 4年次には,コース専門科目に加えて,卒業研究および卒業論文作成のための指導を実施します。

応用マテリアル工学コースの教育課程編成・実施の方針

  • 2年次以降では,専門教育を,学部共通科目,学科共通科目およびコース専門科目の三つの分野に分けて開講します。 コース専門科目は応用マテリアル工学コースの専門領域である材料工学の基礎知識を修得するために開講します。
  • 応用マテリアル工学コースでは,材料科学,物理化学,プロセス工学,エネルギー工学を中心とした基礎講義に加えて,材料工学演習,材料工学実験, 科学英語演習等の専門英語教育,プレゼンテーション演習および学外実習を行います。 材料工学演習では,材料工学に関する基礎講義で習得した基礎知識の確認を行います。 材料工学実験では材料工学の基礎知識に基づき実験操作の基礎を,専門英語教育およびプレゼンテーション演習では外国語論文の緻密な解析の上に立ち, コミュニケーション能力および情報発信力をそれぞれ修得することを目的とします。 また,学外実習では産業における諸知識の実践的運用の実際と,技術者・研究者のあり方に対する理解と自覚を得ることを目的とします。
  • 4年次には,コース専門科目に加えて卒業論文作成のための研究を実施します。

情報エレクトロニクス学科

情報エレクトロニクス学科では,学位授与方針に定めた能力を持つ人材を育成することを目標として,情報理工学コース,電気電子工学コース,生体情報コース,メディアネットワークコース,電気制御システムコースの5コースにおいて以下のとおりカリキュラムを編成し,実施します。

  • 1年次ではコースによる違いはなく,全学教育科目として「一般教育演習」,「総合科目」,「主題別科目」,「外国語科目」,「共通科目」に区分される教養科目(コアカリキュラム)を開講します。また,専門科目を学ぶ心構え,基礎知識を身につけることができるように基礎科目を開講します。
  • 2年次以降では,専門教育科目を,学部共通,学科共通,コース専門の三つの科目区分に分けて開講します。コース専門科目は,コース専門領域の科目群であり,主に必修科目として開講します。
  • 情報エレクトロニクス分野において共通に必要とされる知識を学ぶため学科共通科目を開講します。
  • 情報理工学コースでは,情報理工学に関する基礎理論と応用技術の両方を学ぶため,数理的知識を基礎とした知識発見やweb技術,大規模で高度なソフトウェアを構築するための技術に関する科目を開講します。
  • 電気電子工学コースはエレクトロニクスの基礎から快適な社会システムを創る応用技術まで学ぶため,電気や電子材料の基礎から,電子・光デバイス,電気・電子回路,ディジタルシステム,通信システムにわたる科目を開講します。
  • 生体情報コースは生命システムの理解・解明と生体計測・可視化技術について学ぶため,生命情報科学,細胞生物工学,脳神経工学,生体医工学に関する科目を開講します。
  • メディアネットワークコースでは,文字,音声,画像などの情報メディア技術や,世界中をつなぐ通信ネットワーク技術について学ぶため,メディア情報処理,モバイル・光ネットワークに関する科目を開講します。
  • 電気制御システムコースでは,ロボットや電気自動車のような電気・情報・機械系融合システムの総合的な構築技術を学ぶため,制御・計測工学,電気・電子工学,ソフトウェア工学,生産工学ならびにシステムのモデル化・解析・設計・最適化・運用に関する科目を開講します。
  • 各コースでは論理的思考力,問題解決力,批判的思考力を養成するため演習,実験科目を開講します。
  • 国際的な研究動向調査・国際的なコミュニケーション能力を養うため各コースにおいて科学技術英語演習を開講します。
  • 互いのコース専門科目を選択科目として履修可能な編成とすることで,いずれのコースの学生も,等しく学位授与方針に定めた能力を獲得できる教育課程を実施します。
  • 4年次には,コース専門科目に加えて,卒業論文作成のための研究を実施します。
  • 実社会において責任を自覚し知識や技術を応用する能力を養うためインターンシップを開講します。

機械知能工学科

 機械知能工学科では,学位授与水準に定めた能力を持つ人材を育成することを目標として,機械情報コースと機械システムコースにおいて以下のとおりカリキュラムを編成し,実施します。

  • 1年次ではコースによる違いはなく,全学教育科目として「一般教育演習」,「総合科目」,「主題別科目」,「外国語科目」,「共通科目」に区分される教養科目(コアカリキュラム)を開講します。また,専門科目を学ぶ心構え,基礎知識を身につけることができるように,基礎科目を開講します。
  • 2年次以降では,専門教育科目を学部共通,学科共通,コース専門の三つの分野に分けて開講します。コース専門科目は,コースの専門領域の科目群であり,主に必修科目として開講され,機械知能工学分野で必要な力学,材料,エネルギーの基礎の講義に加えて,機械加工,計測工学,メカトロニクスなどの実験・実習を行います。
  • 機械情報コースでは,材料力学と制御工学を基礎として,特にバイオ工学やロボット工学を対象とする専門科目を開講します。
  • 機械システムコースでは,流体工学と伝熱工学を基礎として,特に環境エネルギーと宇宙工学を対象とする専門科目を開講します。
  • 互いのコース専門科目を選択科目として履修可能な編成とすることで,いずれのコースの学生も,等しく学位授与水準に定めた能力を獲得できる教育課程を実施します。
  • 4年次には,コース専門科目に加えて卒業論文作成のための研究を実施します。

環境社会工学科

環境社会工学科では,学位授与水準に定めた能力を持つ人材を育成することを目標とし,社会基盤学コース,国土政策学コース,建築都市コース,環境工学コース,資源循環システムコースの5つのコースにおいて,以下のとおりカリキュラムを編成し,実施します。

  • 1年次では,全学教育科目として,一般教育演習,総合科目,主題別科目,外国語科目,外国語演習,共通科目,基礎科目に分類される教養科目(コアカリキュラム)を開講します。
  • 2年次以降では,社会基盤学コース,国土政策学コース,建築都市コース,環境工学コース,資源循環システムコースの5つのコースに分かれて専門教育科目を開講します。
  • 専門教育科目は,学部共通科目,学科共通科目,コース専門科目の3つの分野に分かれて開講します。
  • 社会基盤学コースでは,構造力学・土質力学・建設材料学・水理学・土木計画学などを基礎とし,社会基盤・環境を保全・創造するための専門科目を開講します。また,国際性豊かなエンジニアに必要なコミュニケーション能力と国際的視野の涵養のため,主要な科目を英語で開講します。
  • 国土政策学コースでは,構造力学・土質力学・建設材料学・水理学・土木計画学などを基礎とし,社会基盤政策の立案と執行を担えるエンジニアを育成するため,国土政策・都市デザイン・社会資本政策・合意形成などに関する専門科目を開講します。
  • 建築都市コースでは,計画・設計演習,建築計画,都市計画,建築史通論,建築環境論,建設材料,構造力学などを基礎とし,建築の計画や防災,性能,システムに応用するための専門科目を開講します。
  • 環境工学コースでは,流体工学,熱工学,微生物工学,反応工学,分析化学などを基礎とし,水,空気,エネルギー,廃棄物の評価と管理に応用するための専門科目を開講します。
  • 資源循環システムコースでは,地球科学,物理化学,熱力学,応用地質学,弾性体の力学,流体力学などを基礎として,資源の開発・利用・リサイクル,環境の修復・保全に応用するための専門科目を開講します。
  • 4年次には,各コースで配属される研究室において卒業論文・設計のための研究を実施します。
ページの先頭