高校生・保護者の方へ

HOME >  高校生・保護者の方へ

 

画像

札幌は「日本で住んでみたい街」ランキングでは常に上位に位置されます。大きな理由の一つは、都市生活の利便性と、豊かな自然の融合が非常に高いレベルで実現しているからでしょう。中心部のすぐ脇には天然記念物となっている原生林があり、支笏湖に代表されるような日本で最もきれいな水環境を車で一時間ちょっとのところで堪能することができます。もちろん、冬は世界でも最高レベルのパウダースノーを大学から30分以内のスキー場で楽しむことが出来ます。ジンギスカン・スープカレーなど札幌ならではの食文化も大きな魅力の一つです。札幌での学生生活は、必ずや思い出の多い実りあるものになるでしょう。

環境問題の学習にあたっては、本物の、上質の自然に触れることが重要です。大都市での座学だけでは感じることのできない本物に触れる必要があります。北海道には、まだまだ良質の自然が残っています。その玄関口となっている札幌は、環境問題の学習に最適の街であるといえるでしょう。

環境工学コースはこんな人におすすめ

環境問題の解決へより直接的に貢献したい、関わる仕事に就きたいと希望している人に最適なコースです。環境問題の研究では、広い分野の先端技術と知識を高度に統合する必要があります。知的好奇心の旺盛な人、異分野横断研究を推進する行動力のある人を歓迎します。行政他の立場で公共のために働きたいと願っている人。国際的に活躍してみたいという夢を持っている人。最先端の科学を応用した新技術を開発したいという熱意のある人。異分野・異文化の人々と積極的に交わり、環境問題の解決に新しい道筋をつける意欲のある人。新しい社会の枠組みを提案したいという「大志」を抱いている人。きっと、我々のコースで良い出会いが待っています。

 

トップクラスの研究者に与えられる賞を多数受賞
日本学術振興会賞(平成19年度)

※平成18年度には2012年ノーベル医学生理学賞受賞の山中伸弥教授が受賞している。

国際水協会最優秀功労賞(平成20年)
環境省産学官連携功労者表彰(平成22年)
文部科学大臣表彰若手科学者賞(平成24年度)
環境大臣表彰廃棄物・浄化槽研究開発功労者賞(平成26年度)
文部科学大臣表彰科学技術賞(平成29年度)

 

最も権威ある競争的研究資金「科学研究費補助金」の採択率が全国一位
土木環境システム関連の「基盤研究S」採択数

2012〜2019年度:全2件のうち、本コース2件。

土木環境システム関連の「基盤研究A」採択数

2017〜2019年度:全8件のうち、本コース3件、東北大2件、東北学院大、京大、広島大 各1件。

 平成29年度において、科学研究費助成事業の321の研究分野の中で北大の新規採択件数(過去5年累計)が全国一位である研究分野は7つでしたが、この内2つは北大・環境工学コースに関連している土木環境システム と 環境技術・環境負荷低減 でした。このことより、北大・環境工学コースは日本でトップレベルの環境工学の研究グループであると解釈できます。

 ※通称「科研費」。人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、全国の研究者による公正な審査を経て、独創的・先駆的な研究に対して助成される研究費。政府全体の競争的資金の5割以上を占める我が国最大規模の競争的資金制度であり、国内の全研究者の研究活動の根幹を支えている。令和元年度予算額は2,372億円。

 

大型研究プロジェクト・国際共同研究
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 再生可能エネルギー熱利用技術開発(平成26年度採択)
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 戦略的省エネルギー技術革新プログラム(実用化開発)(平成27年度採択)
科学技術振興機構 未来社会創造事業(平成30年度採択)
科学技術振興機構 戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)EIG CONCERT-Japan(令和元年度採択)
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)再生可能エネルギー熱利用にかかるコスト低減技術開発(令和元年度採択)
科学技術振興機構 共創の場形成支援プログラム(COI−NEXT)(令和3年度採択)

 

学生の受賞率も全国トップ
水環境研究を行う大学生に与えられる「水環境学会年会学生ポスター発表賞(ライオン賞)」、 ならびに大学院生に与えられる「水環境学会年会優秀発表賞(クリタ賞)」の受賞件数が全国トップ。

「水環境学会年会学生ポスター発表賞(ライオン賞)」
2016〜2018年度:全47件のうち、本コース8件、東北大6件、東大3件、東洋大3件。

「水環境学会年会優秀発表賞(クリタ賞)」
2016〜2018年度:全44件のうち、本コース8件、東大6件、東北大5件、山梨大4件。

教員からのメッセージ

松井教授
松井 佳彦 教授
大学と高校の違いは何でしょうか。いくつかあると思いますが、その中で最も大きな違いは、社会に近いことを学ぶことと思います。 私は、リスク評価に基づいた水質基準策定の研究や、微粒子と分離膜を使った革新的水処理の技術開発を行っています。研究成果が、国の飲料水質基準の策定や、新しい浄水場の設計に応用され、実際の施設が人々の役に立っている現場をみることはとても嬉しいことです。その充実感を共有しませんか。

 

松藤教授
松藤 敏彦 教授
お医者さんは,人間の体の仕組みを詳しく学び,専門的技術を身につけて病気を治します。環境の病気(問題)とは,様々な物質が水,大気,土壌などを汚染し,生態系や人間に影響を与えることです。対象を知らなければ,医者にはなれません。本コースで物質の移動・反応などの現象や生態系・ヒトへの影響(環境のしくみ),環境の分析・測定やデータ解析方法(診断),さまざまな問題に対応する技術(予防と対策)を学んで,社会に貢献できる専門家になってほしいと思います。

 

長野教授
長野 克則 教授
空気・水・熱。それは、生きていくのに一瞬たりとも欠かせないもの。これら生活に密着したものが我々の研究対象です。空気・水・熱の源は大地、海洋、大気、太陽であり、学びや研究のスケールは地球規模まで広がります。これが、本コースの最大の特徴です。私もこのコースの出身ですが、「地球の受容量は無限ではない」 ことを意識すること、それが教えの根源です。 地球と人間が共に健康で気持ちよく生きるために必要なことを互いに考え、学び合いましょう。

パンフレット
 
パンフレット
ニュース
  • 2021.10.15
    石井一英教授(循環共生システム研究室)が代表を務めるプロジェクトが、JST「共創の場形成支援プログラム(COI−NEXT)」に採択されました。
  • 2021.06.18
    北島正章准教授(水質変換工学研究室)らの研究チームが、下水中の新型コロナウイルス濃度への寄与の年齢依存性を発見し、プレスリリースを行いました。
  • 2021.06.17
    北島正章准教授(水質変換工学研究室)が、新型コロナウイルスの下水調査に関して、北海道大学の定例記者会見にて発表しました。
  • ニュース一覧

    受賞
  • 2021.11.07
    中島芽梨さん、Mohomed N.M.Shayan君(水環境保全工学研究室)が、ポスター発表賞(中島さん)、the 2nd best oral presenter賞(Shayan君)を受賞しました。
  • 2021.05.31
    長野克則教授(環境システム工学研究室)が、第9回カーボンニュートラル賞を受賞しました。
  • 2021.05.29
    ジョンソン・チシンバ君(環境システム工学研究室)が、日本地下水学会2020年秋季講演会にて、若手優秀講演賞を受賞しました。
  • 受賞一覧

    衛生工学シンポジウム