水質変換工学ニュース

  • 2018/7/8日本微生物生態学会第32回大会-2018 JSME annual meeting & 10th ASME-(2018年7月12-13日, 沖縄コンベンションセンター)にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

    <口頭発表>
    Nitrogen and oxygen isotope effect of anaerobic ammonium oxidation
    Kanae Kobayashi, Akiko Makabe, Midori Yano, Mamoru Oshiki, Tomonori Kindaichi, Satoshi Okabe

    Glycogen Metabolism of Anammox Bacteria Candidatus Brocadia sinica: Comparison of Growing, Stationary, and Starvation Phase.
    Amrini Shafdar, Satoshi Okabe

    詳細はこちらをご覧ください→日本微生物生態学会第32回大会
  • 2018/7/6Singapore International Water Week(2018年7月8-12日, Sands Expo and Convention Centre, Marina Bay Sands, Singapore)にて、北島助教による招待講演が行われます。→終了しました。

    Application of Biosensors for Water Quality Monitoring: An Overview
    Kitajima, M.

    詳細はこちらをご覧ください→Singapore International Water Week
  • 2018/6/15第14回日米先端工学(JAFOE)シンポジウム(2018年6月15日, つくば国際会議場)にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

    Microbial risks in urban water cycle
    Kitajima, M.

    詳細はこちらをご覧ください→2018 JAFOE
  • 2018/5/10 本研究室のAndri Taruna Rachmadi らによる成果が東北大学からプレスリリースされました。

    記事へのリンクはこちら→東北大学プレスリリース
    論文へのリンクはこちら→Applied and Environmental Microbiology
  • 2018/5/1以下の論文の掲載が決定しました。

    Experimental evidence for in situ nitric oxide production in anaerobic ammonia-oxidizing bacterial granules
    Rathnayake, R., Oshiki, M., Ishii, S., Segawa, T., Satoh, H., Okabe, S.
    Environmental Science & Technology, accepted.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2018年研究業績
  • 2018/4/30以下の論文の掲載が決定しました。

    Complete genome sequence of Klebsiella quasipneumoniae strain S05, a fouling-causing bacterium isolated from a membrane bioreactor
    Kitajima, M., Ishizaki, S., Jang, J., Ishii, S., Okabe, S.
    Genome Announcement, accepted.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2018年研究業績
  • 2018/4/21以下の論文の掲載が決定しました。

    Free chlorine disinfection as a selection pressure on norovirus
    Rachmadi, A., Kitajima, M., Watanabe, K., Yaegashi, S., Serrana, J., Nakamura, A., Nakagomi , T., Nakagomi, O., Katayama, K., Okabe, S., Sano, D.
    Applied and Environmental Microbiology, accepted.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2018年研究業績
  • 2018/4/204年生5名が研究室メンバーに加わりました。
  • 2018/3/22本研究の小林香苗(修士2年)がゲント大学にて従事した研究に関する以下の論文がオンライン公開されました。

    Sulfur-based denitrification treating regeneration water from ion exchange at high performance and low cost
    Vandekerckhove, T.*, Kobayashi, K.*, Janda, J., Nevel, S., Vlaeminck, S.
    (*These authors contributed equally.)
    Bioresource Technology, 257, 266-273 (2018)

    論文へのリンクはこちら(2018年5月10日まで無料公開)→Bioresource Technology
  • 2018/3/20第52回日本水環境学会年会において、本研究室の小林香苗(修士2年)と河合大樹(修士2年)が年会優秀発表賞(クリタ賞)を、上垣内厚志(学部4年)が学生ポスター発表賞(ライオン賞)を受賞しました。Congratulations!!!
  • 2018/3/13第52回日本水環境学会年会 (2018年3月15-17日, 北海道大学, 札幌) にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

    <口頭発表>
    1-I-10-4
    共存細菌との結合が水系感染症ウイルスの感染効率に与える影響
    河合大樹, 北島正章, 岡部 聡, 佐野大輔

    1-I-11-3
    Identification of Bacterial Genes Responsible for Producing Norovirus-binding Glycoconjugates
    Peiyi Yang, Masaaki Kitajima, Satoshi Okabe, Daisuke Sano

    1-J-15-2
    蛍光色素を用いた MRSA 簡易測定法の開発
    山口拓郎, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久

    1-J-15-3
    DNA アプタマーを用いた簡易ノロウイルス検出法の開発
    吉原 光, 北島正章, 佐野大輔, 佐藤 久

    2-J-09-2
    下水処理水中のβ-グルクロニダーゼ活性を利用した簡易迅速大腸菌定量法の開発
    菊地 凱, 片寄由貴, 北島正章, 佐藤 久

    3-F-11-3
    アナモックス細菌の窒素・酸素同位体効果の解析
    小林香苗, 眞壁明子, 押木 守, 金田一 智規, 岡部 聡

    3-J-12-1
    環境ストレスがアナモキソソームの形態に与える影響
    成田柚子, Zhang Lei, 上垣内厚志, 岡部 聡

    <ライオン賞ポスターセッション>
    L-28
    嫌気性アンモニア酸化細菌“Ca. Brocadia sinica”と“Ca. Scalindua japonica”の維持係数の定量
    上垣内厚志, Zhang Lei, 成田柚子, 小林香苗, 岡部 聡

    L-30
    nos 欠損型脱窒菌による窒素含有廃水の処理及び N2O 回収による新エネルギー源の創出
    石丸美穂, 押木 守, 荒木信夫, 岡部 聡

    L-54
    金属腐食抑制への応用に向けた鉄還元細菌 Shewanella の溶菌性バクテリオファージの単離と特性解析
    石原令梧, 岡本章玄, 高木達馬, 岡部 聡, 北島正章

    詳細はこちらをご覧ください→第52回日本水環境学会年会
  • 2018/2/28The 3rd International Forum on Asian Water Environment Technology (IFAWET)(2018年3月2-3日, National University of Singapore, Singapore)にて、以下の講演が行われます。→終了しました。

    Novel methods for rapid detection of viral pathogens in water
    Kitajima, M., Hirano, S., Satoh, H., Okabe, S.

    学会の詳細はこちらをご覧ください→IFAWET
  • 2018/2/21以下の論文の掲載が決定しました。

    Reverse transcription-quantitative PCR assays for genotype-specific detection of human noroviruses in clinical and environmental samples
    Amarasiri, M., Kitajima, M., Miyamura, A., Santos, R., Monteiro, S.N., Miura, T., Kazama, S., Okabe, S., Sano, D.
    International Journal of Hygiene and Environmental Health, accepted.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2018年研究業績
  • 2018/1/23土木学会北海道支部平成29年度年次技術研究発表会 (2018年1月27日, 北海道大学, 札幌) にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

    <口頭発表>
    ウイルス干渉現象がIntegrated cell culture-PCRによる感染性ウイルス検出に与える影響
    渡邊亮介, 北島正章, 岡部 聡, 佐野大輔

    詳細はこちらをご覧ください→土木学会北海道支部平成29年度年次技術研究発表会
  • 2018/1/9本研究室のAmrini Amalia(修士2年)が、平成29年度 環境創生工学専攻 水代謝システム講座 第10回修士論文中間発表会において優秀発表賞(3位)を受賞しました。Congratulations!!!
  • 2017/12/27以下の論文が掲載されました。

    Rapid cultivation of free-living planktonic anammox cells
    Zhang, L., Okabe, S.
    Water Research, 2017, 127, 204-210.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
  • 2017/12/15以下の記事がオンライン公開されました。

    ファージを利用した環境中の病原細菌制御
    北島正章
    生物工学会誌, 2017, 95(7), 404.

    詳細はこちらをご覧ください→「ファージを利用した環境中の病原細菌制御」
  • 2017/11/14第54回環境工学研究フォーラム (2017年11月11~19日, 岐阜大学, 岐阜) にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

    <自由投稿発表>
    水系感染性病原細菌に対するバクテリオファージの単離および溶菌特性解析
    高木達馬, 佐野大輔, 岡部 聡, 北島正章

    遊離塩素耐性ロタウイルスの変異遺伝子および耐性メカニズムの解明
    門屋俊祐, 浦山俊一, 布浦拓郎, 北島正章, 岡部 聡, 佐野大輔

    大腸菌の β-グルクロニダーゼ生産能の解析
    菊地 凱, 北島正章, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久

    蛍光色素を用いた黄色ブドウ球菌簡易測定法の開発
    山口拓郎, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤久

    DNA アプタマーを用いた簡易ノロウイルス検出法の開発
    吉原 光, 北島正章, 佐野大輔, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久

    <新技術・プロジェクト>
    特定酵素蛍光基質を用いた簡易大腸菌数測定法の開発
    片寄由貴, 菊地 凱, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久

    水銀イオンと DNA チミン塩基の塩基対形成能を利用した簡易水銀分析法の開発
    小林ひかり, 吉原 光, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久

    DNA アプタマーを用いた簡易ヒ素分析法の開発
    松永光司, 奥山 優, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久

    詳細はこちらをご覧ください→第54回環境工学研究フォーラム
  • 2017/11/9第25回衛生工学シンポジウム (2017年11月10日, 北海道大学, 札幌) にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

    <ポスター発表>
    水中病原細菌の制御に有効なバクテリオファージの単離及び特性解析
    高木達馬, 佐野大輔, 岡部 聡, 北島正章

    水中病原ウイルスの高感度検出のための電気化学アプタセンサーの開発
    平野誠也, 岡本章玄, 佐野大輔, 岡部 聡, 北島正章

    複製中間体RNAの定量によるウイルス感染性評価に向けた基礎的検討
    大浜 萌, 佐野大輔, 岡部 聡, 北島正章

    Anammox 細菌の炭素固定経路の実験的検証
    牛山美緑, 力石嘉人, 布浦拓郎, 押木 守, 金田一智規, 岡部 聡

    DNA アプタマーを用いた簡易ノロウイルス検出法の開発
    吉原 光, 北島正章, 佐野大輔, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久

    大腸菌の β-グルクロニダーゼ生産能の解析
    菊地 凱, 北島正章, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久

    DNA アプタマーを用いた簡易ヒ素分析法の開発
    松永光司, 奥山 優, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久

    詳細はこちらをご覧ください→第25回衛生工学シンポジウム
  • 2017/10/17以下の論文の掲載が決定しました。

    Selection of cellular genetic markers for the detection of infectious poliovirus
    Sano, D., Tazawa, M., Inaba, M., Kadoya, S., Watanabe, R., Miura, T., Kitajima, M., Okabe, S.
    Journal of Applied Microbiology, accepted.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
  • 2017/10/2本研究室卒業生の石崎創とMohan Amarasiriが、第20回日本水環境学会シンポジウムにおいて博士研究奨励賞(オルガノ賞)を受賞しました。Congratulations!!!
  • 2017/9/7本研究室の門屋俊祐(修士2年)が、2017年度日本微生物生態学会環境ウイルス研究部会集会において優秀発表賞を受賞しました。Congratulations!!!
  • 2017/8/26以下の論文の掲載が決定しました。

    Genetic diversity of marine anaerobic ammonium-oxidizing bacteria as revealed by genomic and proteomic analyses of ‘Candidatus Scalindua japonica’
    Oshiki, M., Mizuto, K., Kimura, Z., Kindaichi, T., Satoh, H., Okabe, S.
    Environmental Microbiology Reports, accepted.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
  • 2017/8/24以下の論文の掲載が決定しました。

    Target virus log10 reduction values determined for two reclaimed wastewater irrigation scenarios in Japan based on tolerable annual disease burden
    Ito, T., Kitajima, M., Kato, T., Ishii, S., Segawa, T., Okabe, S., Sano, D.
    Water Research, accepted.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
  • 2017/8/24以下の論文の掲載が決定しました。

    Microbial competition among anammox bacteria in nitrite-limited bioreactors
    Zhang, L., Narita, Y., Gao, L., Ali, M., Oshiki, M., Ishii, S., Okabe, S.
    Water Research, accepted.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
  • 2017/8/22以下の論文の掲載が決定しました。

    Multiple-endpoints gene alteration-based (MEGA) assay: A toxicogenomics approach for water quality assessment of wastewater effluents
    Fukushima, T., Hara-Yamamura, H., Nakashima, K., Tan, L.C., Okabe, S.
    Chemosphere, accepted.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
  • 2017/8/22環境ウイルス研究会(2017年8月28日、東北大学川内北キャンパス)にて、以下の研究発表が行われます。

    遊離塩素耐性ロタウイルスに見出されるアミノ酸変異
    門屋俊祐、浦山俊一、布浦拓郎、北島正章、岡部聡、佐野大輔
  • 2017/8/8以下の論文の掲載が決定しました。

    Enrichment and physiological characterization of an anaerobic ammonium-oxidizing bacterium 'Candidatus Brocadia sapporoensis'
    Narita, Y., Zhang, L., Kimura, Z., Ali, M., Fujii, T., Okabe, S.
    Systematic and Applied Microbiology, accepted.

    Enhancement of organic matter degradation and methane gas production of anaerobic granular sludge by degasification of dissolved hydrogen gas
    Satoh, H., Bandara, W.M.K.R.T.W., Sasakawa, M., Nakahara, Y., Takahashi, M., Okabe, S.
    Bioresource Technology, accepted.

    Anammox biomass carrying efficiency of polyethylene non-woven sheets as a carrier material.
    Cho, S., Jung, M., Ju, D., Lee, Y.H., Cho, K., Okabe, S.
    Environmental Technology, accepted.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
  • 2017/7/23本研究室の成田柚子(修士2年)と小林香苗(修士2年)が、Water and Environment Technology Conference (WET2017)においてExcellent Presentation Awardを受賞しました。Congratulations!!!
  • 2017/7/21Water and Environment Technology Conference (WET2017)(2017年7月22-23日、北海道大学)にて、以下の講演・研究発表が行われます。→終了しました。

    <Japan-YWP 6th International Symposium -Young professionals, be ambitious!->
    Learning experiment around the world: A way to discover your full potential
    Andri Taruna Rachmadi

    My first overseas research experience in Europe
    小林香苗

    <WET2017 Oral / Poster Hybrid Presentation>
    Genetic Factor of Rotavirus Determining Free Chlorine-Tolerance
    Syunsuke Kadoya, Syun-ichi Urayama, Takuro Nunoura, Masaaki Kitajima, Satoshi Okabe, Daisuke Sano

    A sulphur/limestone bed reactor enabling cost-efficient biological nitrate removal on regeneration water from ion exchange
    Kanae Kobayashi, Tom G.L. Vandekerckhove, Joery Janda, Sam Van Nevel, Siegfried E. Vlaeminck

    Biological Hydroxylamine Disproportionation Mediated by Anaerobic Ammonium Oxidation Bacteria
    Lin Gao, Lei Zhang, Mamoru Oshiki, Satoshi Okabe

    Microbial competition among anammox bacteria in nitrite-limited bioreactors
    Lei Zhang, Yuko Narita, Lin Gao, Muhammad Ali, Mamoru Oshiki, Satoshi Ishii, Satoshi Okabe

    Enrichment and Physiological Characterization of an Anaerobic Ammonium Oxidizing Bacterium 'Candidatus Brocadia sapporoensis sp. nov.'
    Yuko Narita, Lei Zhang, Zen-ichiro Kimura, Muhammad Ali, Takao Fujii, Satoshi Okabe

    Influence of Anodic Respiration on SMP Production and Consequent Membrane Fouling Potential of Fouling Causing Bacteria
    Rimana Islam Papry, Satoshi Okabe

    Air-cathode Microbial Fuel Cell for Cost-effective Domestic Wastewater Treatment
    N'Dah Joel Koffi, Satoshi Okabe

    A Genetic Factor of Norovirus for Resistance to Free Chlorine Disinfection
    Andri Taruna Rachmadi, Arata Nakamura, Masaaki Kitajima, Satoshi Okabe, Daisuke Sano

    Histo-Blood Group Antigen (HBGA) Positive Bacteria in the Mixed Liquor Reduces the Human Rotavirus Concentration in Membrane Filtration Effluent
    Mohan Amarasiri, Hiroki Kawai, Masaaki Kitajima, Satoshi Okabe, Daisuke Sano

    Fluorescence Resonance Energy Transfer Aptasensor for Norovirus Detection
    Charuka Meegoda, Masaaki Kitajima, Daisuke Sano, Hisashi Satoh

    学会の詳細はこちらをご覧ください→WET2017
    Japan-YWPシンポジウムの詳細はこちらをご覧ください→Japan-YWP International Symposium
  • 2017/7/15以下の論文の掲載が決定しました。

    Membrane fouling induced by AHL-mediated soluble microbial product (SMP) formation by fouling-causing bacteria co-cultured with fouling-enhancing bacteria
    Ishizaki, S., Sugiyama, R., Okabe, S.
    Scientific Reports, accepted.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
  • 2017/6/28CENSAM 10th Annual Workshop (2017年6月29-30日, シンガポール国立大学, シンガポール) にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

    <口頭発表>
    Electrochemical and colorimetric aptasensor technologies for rapid detection of viral contaminants in water
    Masaaki Kitajima

    詳細はこちらをご覧ください→CENSAM Workshop 2017
  • 2017/6/16第 4 回環境水質工学シンポジウム (2017年6月17日, 北海道大学, 札幌) にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

    <口頭発表>
    Removal of rotavirus by microfiltration in the presence of HBGA-positive bacteria
    Mohan Amarasiri, Hiroki Kawai, Masaaki Kitajima, Satoshi Okabe, Daisuke Sano

    A Comprehensive study: Genetic factors of norovirus for determining free chlorine susceptibility
    Andri Taruna, Masaaki Kitajima, Toyoko Nakagomi, Osamu Nakagomi, Satoshi Okabe, Daisuke Sano

    <ポスター発表>
    遊離塩素耐性に寄与するロタウイルス遺伝的ファクターの同定
    門屋俊祐、浦山俊一、布浦拓郎、北島正章、岡部聡、佐野大輔
  • 2017/5/30日本学術会議若手アカデミー 第2回若手科学者サミット(2017年6月2日, 日本学術会議 講堂, 東京) にて、北島助教による研究発表が行われます。→終了しました。

    詳細はこちらをご覧下さい→第2回若手科学者サミット
  • 2017/5/26ノロウイルスminiシンポジウム (2017年5月29日, 北里大学, 東京) にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

    <口頭発表>
    胃腸炎ウイルスの遊離塩素感受性に影響を与える遺伝的ファクターに関する研究
    佐野大輔

    DNAアプタセンサー:ノロウイルスの迅速・高感度検出のための新技術
    北島正章
  • 2017/5/24以下の論文の掲載が決定しました。

    Bacteriophage removal efficiency as a validation and operational monitoring tool for virus reduction in wastewater reclamation: Review
    Amarasiri, M., Kitajima, M., Nguyen, T.H., Okabe, S., Sano, D.
    Water Research, accepted.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
  • 2017/5/24ノロウイルスのアプタマーに関する以下のBook Chapterが出版されました。

    Aptamer: The Potential Application to Norovirus Research, Diagnosis, and Therapeutics
    Seiya Hirano, Daisuke Sano, Satoshi Okabe and Masaaki Kitajima
    In Noroviruses: Outbreaks, Control and Prevention Strategies

    詳細はこちらをご覧下さい→Noroviruses: Outbreaks, Control and Prevention Strategies
  • 2017/4/214年生5名が研究室メンバーに加わりました。
  • 2017/4/17本研究室のMohan Amarasiri(博士3年)の研究テーマ「下水処理におけるウイルス除去効率の向上」が北海道大学大学院工学研究院/大学院工学院/工学部 広報誌「えんじにあRing」第410号 (2017年4月) で紹介されました。

    記事の詳細はこちらをご覧ください→えんじにあRing
  • 2017/4/9The 19th International Symposium on Health-Related Water Microbiology (2017年5月15~19日, ノースカロライナ大学チャペルヒル校) にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

    <口頭発表>
    Electrochemical and colorimetric DNA aptasensor technologies for rapid norovirus detection
    Masaaki Kitajima, Seiya Hirano, Akihiro Okamoto, Daisuke Sano, Hisashi Satoh, Satoshi Okabe

    Performance target of virus reduction efficiency in wastewater reclamation:Effect of tolerable health risk, dose-response, and reliability
    Toshihiro Ito, Tsuyoshi Kato, Satoshi Ishii, Takahiro Segawa, Masaaki Kitajima, Satoshi Okabe, Daisuke Sano

    Campylobacter and Arcobacter source tracking in a feshwater lake environment
    Mayumi Kobayashi, Qian Zhang, Mitsuto Maeda, Akiho Miyamura, Takahiro Segawa, Satoshi Okabe, Satoshi Ishii

    Predicting the occurrence of human pathogens and associated health risks in surface waters. Comparison between two predictive models: Bayesian network and decision tree
    Shin Giek Goh, Nazanin Saeidi, Xiaoqiong Gu, Genevieve Vergara, Liang Liang, Masaaki Kitajima, Karina Yew-Hoong Gin

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→International Symposium on Health-Related Water Microbiology
  • 2017/4/3佐野大輔准教授と稲葉愛美博士研究員が東北大学に異動しました。

過去の水質変換工学ニュース

    • 2017/3/25本研究室の高木達馬(学部4年)と平野誠也(学部4年)が、第51回日本水環境学会年会において学生ポスター発表賞(ライオン賞)を受賞しました。Congratulations!!!
    • 2017/3/18以下の論文の掲載が決定しました。

      Maximum specific growth rate of anammox bacteria revisited
      Zhang, L., Narita, Y., Gao, L., Ali, M., Oshiki, M., Okabe, S.
      Water Research, accepted.

      本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
    • 2017/2/26第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本) にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

      <口頭発表>
      1-J-12-1
      DNAアプタマーを用いた簡易ヒ素分析手法の開発
      奥山 優, 岡部 聡, 高橋 正宏, 佐藤 久, 大沼 章子, 加藤 昌志

      1-J-15-2
      組織細胞におけるイオンチャネル遺伝子発現プロファイルに着目した水中感染性エンテロウイルス迅速検出手法の開発
      渡邊亮介, 稲葉愛美, 岡部聡, 佐野大輔, 北島正章

      1-J-16-1
      水環境におけるノロウイルスの遺伝子型別存在実態の把握
      宮村明帆, 植木洋, 三浦尚之, 風間しのぶ, 北島正章, 岡部聡, 佐野大輔

      2-H-11-3
      遊離塩素耐性ロタウイルスの変異遺伝子同定に関する研究
      門屋俊祐, 浦山俊一, 布浦拓郎, 北島正章, 岡部聡, 佐野大輔

      3-D-15-3
      環境水中からのノロウイルス吸着性大腸菌の単離と吸着因子同定に関する研究
      羽柴聡, Mohan Amarasiri, 原本 英司, 北島正章, 岡部聡, 佐野大輔

      3-D-15-4
      ウイルス吸着性細菌との結合が水系感染症ウイルスの感染能力に与える影響
      河合大樹, 中込とよ子, 中込治, 北島正章, 岡部聡, 佐野大輔

      <ライオン賞ポスターセッション>
      L-046
      病原性レジオネラの水系感染制御に資する溶菌性バクテリオファージの探索
      高木達馬, 佐野大輔, 岡部 聡, 北島正章

      L-049

      DNAアプタセンサー:水中ノロウイルスの即時・高感度検出に適した新技術

      平野誠也, 岡本章玄, 佐野大輔, 岡部聡, 北島正章

      L-109
      新規特定酵素蛍光基質を用いた簡易大腸菌数測定技術の開発
      菊地凱, 石井聡, 岡部聡, 高橋正宏, 佐藤久

      L-110
      DNAアプタマーを用いた簡易カドミウム分析手法の開発
      山口拓郎, 岡部聡, 高橋正宏, 佐藤久

      L-113
      水銀イオンとDNA チミン塩基の塩基対形成能を利用した簡易水銀分析手法の開発
      吉原光, 岡部聡, 高橋正宏, 佐藤久

      <ポスター発表>
      P-F07
      ナノ流路デバイスを用いた下水中RNAウイルス定量およびタイピング:DHSリアクターへの適用例
      押木守, 小林直央, 荒木信夫, 伊藤寿宏, 佐野大輔, 三浦尚之, 風間しのぶ, 原田秀樹, 久保田健吾, 幡本将史, 山口隆司, 井口晃徳, 瀬川高弘, 加藤毅, 多川正, 大久保努, 上村繁樹, 高橋優信
      第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)

      <Japan-YWPワークショップ「水環境工学の未来を探る」>
      超最新の遺伝子工学技術
      北島正章

      学会の詳細はこちらをご覧下さい→第51回日本水環境学会年会
    • 2017/2/20本研究室の伊藤寿宏(博士4年)が第53回環境工学研究フォーラム・論文奨励賞を受賞しました。Congratulations!!!
    • 2017/1/7以下の要領にてProf. Pongsak (Lek) Noophan (Kasetsart University, Thailand)による特別レクチャーが行われます。→終了しました。

      Biological Nutrient Removal of Full Wastewater Treatment Plants in Thailand, Southern part of Japan, and Colorado

      Prof. Pongsak (Lek) Noophan
      Kasetsart University, Thailand
      日時: 1月10日 (火) 13:00~
      場所: 北海道大学工学部C棟 C308号室
      使用言語: 英語
    • 2016/12/28以下の論文の掲載が決定しました。

      Generation of small colony variants in biofilms by Escherichia coli harboring a conjugative F plasmid
      Tashiro, Y., Eida, H., Ishii, S., Futamata, H., Okabe, S.
      Microbes and Environments, accepted.

      本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
    • 2016/12/28ノロウイルスに関する佐野准教授のコメントがYomiuri Online YomiDrに出ています。

      詳細はこちらをご覧下さい→Yomiuri Online YomiDr
    • 2016/12/10第3回札幌微生物研究者合同セミナー (2016年12月12日, 北海道大学農学研究院食資源セミナールーム, 札幌) にて、佐野准教授による以下の講演が行われます。→終了しました。

      <特別講演>
      血液型決定抗原陽性細菌と胃腸炎ウイルス
      佐野大輔

      セミナーの詳細はこちらをご覧ください→プログラム要旨集 / ポスター
    • 2016/11/25本研究室の石崎創(博士4年)が2016年度生物工学会北日本支部札幌シンポジウムにおいて優秀ポスター賞を受賞しました。Congratulations!!!
    • 2016/11/25以下の論文の掲載が決定しました。

      Oxidation of glucose by syntrophic association between Geobacter and hydrogenotrophic methanogens in microbial fuel cell
      Oyiwona, G.E., Ogbonna, J., Anyanwu, C.U., Ishizaki, S., Kimura, Z., Okabe, S.
      Biotechnology Letters, accepted.

      本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
    • 2016/11/20第53回環境工学研究フォーラム (2016年12月6~8日, 北九州国際会議場, 福岡) にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

      <審査付き論文>
      下水再生処理におけるヒト腸管系ウイルスの目標除去効率の算定法
      伊藤寿宏, 押木守, 小林直央, 加藤毅, 瀬川高弘, 幡本将史, 山口隆司, 原田秀樹, 北島正章, 岡部聡, 佐野大輔

      <環境技術・プロジェクト>
      簡易水銀イオン分析手法の開発
      吉原光, 高橋正宏, 岡部聡, 佐藤久

      光学式重金属センサの開発
      山口拓郎, 高橋正宏, 岡部聡, 佐藤久

      特定酵素基質を用いた簡易大腸菌数測定技術の開発
      菊地凱, 石井聡, 高橋正宏, 岡部聡, 佐藤久

      DNAアプタマーを用いた簡易ヒ素イオン分析手法の開発
      奥山優, 高橋正宏, 岡部聡, 佐藤久

      学会の詳細はこちらをご覧下さい→第53回環境工学研究フォーラム
    • 2016/11/6以下の論文の掲載が決定しました。

      How much reduction of virus is needed for recycled water: A continuous changing need for assessment?
      Gerba, C.P., Betancourt, W.Q., Kitajima, M.
      Water Research, accepted.

      本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
    • 2016/10/29第24回衛生工学シンポジウム (2016年11月15日, 北海道大学, 札幌) にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

      <北大衛生環境工学スタッフによる研究紹介>
      水環境とバイオテクノロジー
      岡部 聡

      <ポスター発表>
      ロタウイルスの塩素消毒耐性獲得メカニズムに関する研究
      門屋俊祐, 北島正章, 岡部 聡, 佐野大輔

      HBGA陽性細菌がロタウイルスの感染能力に与える影響
      河合大樹, 北島正章, 岡部 聡, 佐野大輔

      細胞応答を活用した感染性エンテロウイルスの迅速検出手法の開発
      渡邊亮介, 稲葉愛美, 北島正章, 岡部 聡, 佐野大輔

      病原性レジオネラの制御に有効なバクテリオファージの探索
      高木達馬, 佐野大輔, 岡部 聡, 北島正章

      ノロウイルスの迅速・高感度検出のための電気化学アプタセンサー開発
      平野誠也, Nan Wang, Jianmin Miao, 佐野大輔, 岡部 聡, 北島正章

      シンポジウムの詳細はこちらをご覧下さい→第24回衛生工学シンポジウム
    • 2016/10/23以下の論文の掲載が決定しました。

      Removal of human pathogenic viruses in a down-flow hanging sponge (DHS) reactor treating municipal wastewater and health risks associated with utilization of the effluent for agricultural irrigation
      Kobayashi, N., Oshiki, M., Ito, T., Segawa, T., Hatamoto, M., Kato, T., Yamaguchi, T., Kubota, K., Takahashi M., Iguchi, A., Tagawa, T., Okubo, T., Uemura, S., Harada, H., Motoyama, T., Araki, N., Sano, D.
      Water Research, accepted.

      本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2017年研究業績
    • 2016/10/22以下の要領にてProf. Wen-Tso Liu (University of Illinois at Urbana-Champaign)による講演会を開催します。→終了しました。

      Anaerobic Digester Microbiome

      Prof. Wen-Tso Liu
      Arthur C. Nauman Endowed Professor
      Department of Civil and Environmental Engineering, University of Illinois at Urbana-Champaign
      日時: 10月28日 (金) 10:00~11:30
      場所: 北海道大学工学部A棟 A101号室
      使用言語: 英語
      問い合わせ先: 北島助教(mkitajima(at)eng.hokudai.ac.jp)
    • 2016/10/17第64回日本ウイルス学会学術集会 (2016年10月23-25日, 札幌コンベンションセンター, 北海道) にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

      <口頭発表>
      Human glycan-positive bacteria as an adsorbent for norovirus
      Mohan Amarasiri, Satoshi Hashiba, Satoshi Okabe, Tetsuya Miyoshi, Tomoyuki Tanaka, Daisuke Sano

      学会の詳細はこちらをご覧下さい→第64回日本ウイルス学会学術集会
    • 2016/10/14日本微生物生態学会 第31回大会 (2016年10月22-25日, 横須賀市文化会館, 神奈川) にて、以下の発表が行われます。→終了しました。

      <ポスター発表>
      Ecology of Campylobacter and Arcobacter pathogens in a freshwater lake environment
      Mayumi Kobayashi, Qian Zhang, Mitsuto Maeda, Akiho Miyamura, Takahiro Segawa, Satoshi Okabe, Satoshi Ishii

      学会の詳細はこちらをご覧下さい→日本微生物生態学会 第31回大会
    • 2016/10/3The 6th International Calicivirus Conference (2016年10月9-13日, Hyatt Regency, Savannah, GA, USA) にて、佐野准教授による以下の講演が行われます。→終了しました。

      <Session 4, Glycans and novel approaches to study caliciviruses>
      Diversity of histo-blood group antigen-positive bacteria as a specific adsorbent for human noroviruses
      Daisuke Sano, Mohan Amarasiri, Satoshi Hashiba, Takatomo Ohta, Takayuki Miura, Toyoko Nakagomi, Osamu Nakagomi, Satoshi Okabe

      学会の詳細はこちらをご覧下さい→International Calicivirus Conference

    論文情報

    Membrane fouling potentials and cellular properties of bacteria isolated from fouled membranes in a MBR treating municipal wastewater
    Ishizaki, S., Fukushima, T., Ishii S., Okabe, S.
    Water Research, 2016, 100, 448-457.

    膜分離活性汚泥処理槽(MBR)は、高度な処理水質の確保ができる、運転管理が容易である、施設の小規模化が図れるなど多くの利点を有する一方で、膜ファウリングによる消費エネルギー及び運転コストの増大が懸念されている。MBR槽内に存在する菌及びその代謝産物が膜ファウリングの進行に大きく寄与することが知られている一方で、どのような菌が高い膜ファウリング進行能力を有するのかは分かっていない。そこで本論文では、都市下水を処理する浸漬型MBRより単離した菌の膜ファウリング進行能力をクロスフローリアクターで評価し,膜ファウリング進行菌(Fouling-causing bacteria: FCB)の特定および特徴解明を試みた。膜ファウリング進行能力を評価した結果、FCBはEnterobacteriaceaeMicrobacteriaceaeなど多様な科(family)に属していた。16S rRNA遺伝子が99%以上相同する菌間でも膜ファウリング進行能力が大きく異なることから、16S rRNA遺伝子配列に基づいた菌相解析の結果のみでは膜ファウリング進行菌を予測することは困難と言える。一方、FCBはコロニーの含水量が高く、親水性有機物および多糖を多く生産する傾向にあることが分かった。FCBによる膜ファウリング進行メカニズムの理解を促進することは、より効率的な膜ファウリング抑制技術の開発および最適化に役立つと思われる。


    Anammox-based technologies for nitrogen removal: Advances in process start-up and remaining issues
    Ali, M. and Okabe, S.
    Chemosphere, 2015, 141, 144-153.

    嫌気性アンモニア酸化(anammox)プロセスを核とした廃水からのアンモニア態窒素の除去プロセスは酸素供給が少なく、極めて省エネ型廃水処理技術として期待されている。Anammoxプロセスを核とした実機の廃水処理プラントの第一号機はオランダ、ロッテルダムにおいて2002年に運転を開始した。その後、徐々にプラント数は増加し、現在、世界中で110基以上存在する。本論文では、既報論文100編以上を調査し、実規模Anammoxプラントの開発現状、およびその課題等についてまとめた。今日のAnammoxプロセスの課題として、(1)メインストリームの下水処理への適用、(2)迅速かつ効率的なプラントの立ち上げ、および(3)処理水の高度化 が残されており、本論文では、これらの課題に対する研究開発の取り組みについても言及している。

    Geographical distribution of full-scale anammox plants around the world (Ali et al., Chemosphere, 2015)

    より詳細な情報は以下のページをご覧下さい.
    >>Article page

  • 2016/9/23University of Santiago de Compostela (Spain)のMr. Miguel Fernández Varelaが研修生として一ヶ月半当研究室に滞在します。Welcome to our laboratory!
  • 2016/9/7以下の論文の掲載が決定しました。

    Human polyomavirus: Advantages and limitations as a human-specific viral marker in aquatic environments
    Rachmadi, A.T., Torrey, J.R., Kitajima, M.
    Water Research, accepted

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2016年研究業績
  • 2016/9/1以下の論文の掲載が決定しました。

    下水再生処理におけるヒト腸管系ウイルスの目標除去効率の算定法
    伊藤寿宏, 押木守, 小林直央, 加藤毅, 瀬川高弘, 幡本将史, 山口隆司, 原田秀樹, 北島正章, 岡部聡, 佐野大輔
    土木学会論文集, accepted

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2016年研究業績
  • 2016/8/302016年度生物工学会北日本支部札幌シンポジウム「低炭素化社会に資する最先端バイオリファイナリー研究」(2016年9月2日、北海道大学)にて、以下の研究発表が行われます。→終了しました。

    <ポスター発表>
    Application of quantitative PCR combined with immobilization for assessment of maximum specific growth rate of anammox bacteria
    Lei Zhang, Muhammad Ali, Mamoru Oshiki, Lin Gao, Yuko Narita, Satoshi Okabe

    新規 Anammox 細菌’Candidatus Brocadia sp. 40’の生理学的特性
    成田柚子, Lei Zhang, Muhammad Ali, 岡部 聡

    Anammox 細菌の窒素同位体分別に関する研究
    小林香苗, 押木守, 金田一 智規, 眞壁明子, 岡部聡

    電極支援型 MBR(e-MBR)における膜ファウリング抑制効果の解明
    石﨑創, 寺田浩太朗, 三宅広, 岡部聡

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→生物工学会北日本支部札幌シンポジウム
  • 2016/8/25Water and Environment Technology Conference (WET2016)(2016年8月27日、中央大学)にて、北島助教による以下の講演が行われます。→終了しました。

    <Japan-YWP 5th International Symposium - Working as an early-career researcher ~Development of international academic career ~ ->
    Young Researchers, Be Ambitious and International!
    Masaaki Kitajima

    シンポジウムの詳細はこちらをご覧ください→Japan-YWP International Symposium
  • 2016/8/13以下の論文の掲載が決定しました。

    Evaluation of virus reduction efficiency in wastewater treatment unit processes as a credit value in the multiple-barrier system for wastewater reclamation and reuse
    Ito, T., Kato, T., Hasegawa, M., Katayama, H., Ishii, S., Okabe, S., Sano, D.
    Journal of Water and Health, accepted

    Bactericidal and virucidal mechanisms in the alkaline disinfection of compost using calcium lime and ash
    Hijikata, N., Tezuka, R., Kazama, S., Otaki, M., Ushijima, K., Ito, R., Okabe, S., Sano, D., Funamizu, N.
    Journal of Environmental Management, accepted

    Effect of leaf surface chemical properties on the efficacy of sanitizer for rotavirus inactivation
    Fuzawa, M., Ku K.-M., Palma-Salgado, S., Nagasaka, K., Feng, H., Juvik, J., Sano, D., Shisler, J., Nguyen, T.
    Applied and Environmental Microbiology, accepted

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2016年研究業績
  • 2016/8/9水圏微生物研究フォーラム2016(2016年8月9-10日、東京大学大気海洋研究所)にて、以下の研究発表が行われます。 →終了しました。

    <ポスター発表>
    水環境中における感染性ヒト腸管系ウイルスの迅速検出を目的としたヒト細胞由来遺伝子マーカーの開発
    稲葉愛美、伊藤寿宏、大村達夫、岡部聡、佐野大輔

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→水圏微生物研究フォーラム2016
  • 2016/8/45th Food and Environmental Virology Conference(2016年9月13-16日、群馬県草津町)にて、以下の研究発表が行われます。→終了しました。

    <Oral presentation>
    A miniaturised norovirus aptasensor based on microelectromechanical systems (MEMS) technology
    Masaaki Kitajima, Nan Wang, Martin Q.X. Tay, Jianmin Miao and Andrew J. Whittle

    Genetic factors of murine norovirus for determining free-chlorine susceptibility
    Andri Rachmadi, Arata Nakamura, Kozo Watanabe, Sakiko Yaegashi, Satoshi Okabe, Toyoko Nakagomi, Osamu Nakagomi and Daisuke Sano

    <Poster presentation>
    A systematic review and meta-analysis on the virus removal efficiencies of wastewater treatment plant unit processes

    Mohan Amarasiri, Daisuke Sano, Akihiko Hata, Toru Watanabe and Hiroyuki Katayama

    Rapid and sensitive detection of infectious viruses in environmental water using human genetic markers
    Manami Inaba, Syunsuke Kadoya, Ryosuke Watanabe, Satoshi Okabe, Tatsuo Omura and Daisuke Sano

    Log reduction of norovirus required in wastewater reclamation
    Toshihiro Ito, Tsuyoshi Kato, Satoshi Ishii, Takahiro Segawa, Masaaki Kitajima, Satoshi Okabe, Daisuke Sano

    Quantification and genetic analysis of Aichi virus 1 in water samples in the Kathmandu Valley, Nepal
    Eiji Haramoto and Masaaki Kitajima

    Illumina-ting the prevalence of genetically diverse astroviruses, including novel MLB- and VA-clades, in environmental water samples
    Akihiko Hata, Eiji Haramoto, Masaaki Kitajima, Suntae Lee, Masaru Ihara, Charles P. Gerba and Hiroaki Tanaka

    Reduction of viruses and protozoa at two advanced wastewater treatment plants in Arizona, USA
    Hitoha Moriyama, Bradley W. Schmitz, Masaaki Kitajima, Eiji Haramoto, Charles P. Gerba, Ian L. Pepper and Yasushi Sakamoto

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→ISFEV2016
  • 2016/8/4第15回情報科学技術フォーラム(2016年9月7-9日、富山大学)にて、以下の研究発表が行われます。

    符号制限線形識別器の開発と河川水中大腸菌数予測への応用
    小林 美里、宮村 明帆、佐野 大輔、加藤 毅

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→FIT2016
  • 2016/7/22以下の論文の掲載が決定しました。

    Impact of anodic respiration on biopolymer production and consequent membrane fouling
    Ishizaki, S., Terada, K., Miyake, H., Okabe, S.
    Environmental Science & Technology, accepted.

    Denitrification and nitrate-dependent Fe(II) oxidation in various Pseudogulbenkiania strains

    Ishii, S., Joikai, K., Otsuka, S., Senoo, K., Okabe, S.
    Microbes and Environments, accepted.

    Source identification of nitrous oxide emission pathways from a single-stage nitritation-anammox granular reactor

    Ali, M., Rathnayake, R.M., Zhang, L., Ishii, S., Kindaichi, T., Satoh, H., Toyoda, S., Yoshida, N., Okabe, S.
    Water Research, accepted.

    本年の研究室の業績はこちらをご覧ください→2016年研究業績
  • 2016/6/2Biosystems and Micromechanics Focused Seminar Series on Biomolecules and Biofilms (6月16日, Campus for Research Excellence and Technological Enterprise, Singapore) にて、以下の講演が行われます。 →終了しました。

    Investigating microbial abundance and composition in drinking water distribution via analysis of biofilm communities colonizing in-pipe sensors
    Masaaki Kitajima

    詳細はこちらをご覧ください→From Biomolecules to Biofilms
  • 2016/6/1The Center for Environmental Sensing and Modeling (CENSAM) 9th Annual Workshop (6月22日, National University of Singapore, Singapore) にて、以下の研究発表が行われます。→終了しました。

    <Invited Oral Presentation>
    Norovirus aptasensor: an aptamer-based biosensing platform for environmental pathogen monitoring
    Masaaki Kitajima

    詳細はこちらをご覧下さい→CENSAM Workshop 2016

  • 2016/4/23日本水環境学会 若手の会・YWP共催セミナーでの北島助教による講演の様子が日本水道新聞(4月7日付)で紹介されました。

    詳細はこちらをご覧ください→日本水道新聞

  • 2016/4/214年生6名が研究室メンバーに加わりました。

  • 2016/4/9下記の要領にて村上道夫先生(福島県立医科大学 准教授)による講演会を開催します。是非ご参加ください。 →終了しました。

    講演題目:基準の科学と科学の基準〜リスク学と研究のあり方を考えよう〜
    日時:平成28年5月10日(火)16:30~18:00
    場所:工学部A棟1階A-101号室

    問い合わせ先:北島助教 (mkitajima[at]eng.hokudai.ac.jp)

    詳細はこちらをご覧ください→村上道夫先生講演会開催案内

  • 2016/4/4本研究室のFacebookページを開設しました。 研究室内外での普段の活動の様子をご覧いただけます。Like us on Facebook!
  • 2016/3/24本研究室の成田柚子(学部4年)が衛生環境工学コース・学業優秀賞を受賞しました。Congratulations!!!
  • 2016/3/23本研究室の門屋俊祐(学部4年)が財団法人北海道大学クラーク記念財団・クラーク賞を受賞しました。Congratulations!!!

    尚、「クラーク賞」は、財団法人北海道大学クラーク記念財団から毎年3月に、学業成績優秀で品行方正な学部卒業生50名程度に、賞状と記念品が贈呈されるものです。
  • 2016/3/23The 11th Annual IEEE International Conference on Nano/Micro Engineered and Molecular Systems (IEEE-NEMS 2016) (4月17-20日, Matsushima Bay and Sendai MEMS City, 仙台) にて、以下の研究発表が行われます。→終了しました。

    <Lecture Presentation>
    Miniaturized electrochemical sensor modified with aptamers for rapid norovirus detection
    Nan Wang, Masaaki Kitajima, Kalaivani Mani, Elgar Kanhere, Andrew J. Whittle, Michael S. Triantafyllou, Jianmin Miao (Presenter: Masaaki Kitajima)

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→IEEE-NEMS 2016
  • 2016/3/17第50回日本水環境学会年会にて、小林香苗が学生ポスター発表賞(ライオン賞)最優秀賞を受賞しました。Congratulations!!!

  • 2016/3/15第5回食品・環境ウイルス学会の発表要旨募集締め切りが延長されました(2016年3月25日締切)。

    Abstract submission to ISFEV2016

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→第5回食品・環境ウイルス学会
  • 2016/3/143月22日に広島大学にて、北島助教による以下の招待講演が行われます。→終了しました。

    <工学研究院論文週間記念講演会>
    特別講演「若手トップ研究者による海外サバイバル指南~国際共著論文増加のために~」
    北島正章

    講演会の詳細はこちらをご覧下さい→広島大学工学院論文週間記念講演会

    <広島大学化学工学懇話会>
    シンガポールにおける特徴的な水利用と水環境工学研究の最新動向
    北島正章
  • 2016/3/11情報処理学会・第78回全国大会(3月10-12日、慶應義塾大学・矢上キャンパス)にて行った以下の研究発表が学生奨励賞を受賞しました。

    SVMによるリアルタイム河川水中大腸菌濃度予測
    小林美里、佐野大輔、加藤毅

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→情報処理学会・第78回全国大会
  • 2016/3/1北島正章助教が着任しました。
  • 2016/2/3佐野准教授が平成27年度北海道大学研究総長賞(奨励賞)を受賞しました。
  • 2016/1/20第50回日本水環境学会年会 (3月16-18日、アスティとくしま) にて、以下の研究発表が行われます。→終了しました。

    <口頭発表>
    1-H-09-4
    酢酸を基質に用いたバイオ燃料電池でのGeobacter suflurreducensHydrogenophaga electricumの水素を介した共生のメカニズムの解明
    三宅広、寺田浩太朗、岡部聡

    2-I-09-3
    クロラミン消毒を用いた実配水システムにおける水道水およびバイオフィルム中の微生物群集の解析
    北島正章、Andrew J. Whittle

    3-C-09-4
    ヒト細胞由来遺伝子マーカーを用いた感染性ウイルスの迅速検出
    稲葉愛美、伊藤寿宏、大村達夫、岡部聡、佐野大輔

    3-C-10-2
    糖鎖認識プロファイル情報をもとにしたヒトノロウイルス吸着性細菌の単離に関する研究
    羽柴聡、Mohan Amarasiri、岡部聡、三好龍也、田中智之、佐野大輔

    3-A-13-4
    遊離塩素処理がノロウイルスの遺伝的多様性に与える影響
    中村新、渡辺幸三、八重樫咲子、岡部聡、中込とよ子、中込治、佐野大輔

    3-A-14-4
    共存細菌との結合が胃腸炎ウイルスの消毒効果に与える影響
    林祥一、岡部聡、中込とよ子、中込治、佐野大輔

    <ポスター発表>
    P-G02
    電極支援型MBR(e-MBR)の膜ファウリング抑制効果の検証
    石崎創、三宅広、寺田浩太朗、岡部聡

    <ライオン賞ポスターセッション>
    L-38
    DHS(Downflow Hanging Sponge)リアクターにおける病原ウイルスの除去効率
    小林直央、押木守、伊藤寿宏、瀬川高弘、幡本将史、井口晃徳、大久保努、上村繁樹、多川正、高橋優信、久保田健吾、原田秀樹、山口隆司、本山毅宜、荒木信夫、佐野大輔

    L-45
    Anammox細菌の窒素同位体分別に関する研究
    小林香苗、押木守、金田一智規、眞壁明子、岡部聡

    L-46
    anammox細菌Candidatus Brocadia sp. 40の生理学的特性
    成田柚子、Lei Zhang、Muhammad Ali、岡部聡

    L-50
    アリゾナ州の下水処理場における原虫の検出調査
    森山一葉、原本英司、Bradley W. Schmitz、北島正章、Charles P. Gerba、坂本康

    <若手の会・YWP共催セミナー「若手研究者の海外留学〜サバイバル体験記〜」>
    米国・シンガポールでの研究経験
    北島正章

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→第50回日本水環境学会年会
  • 2016/1/12The 11th IWA Specialist Group Conference on Wastewater Pond Technologies (3月21-23日、University of Leeds、UK) にて、以下の研究発表が行われます。→終了しました。

    Inactivation and damage on bacteriophage MS2 by ammonia in human excreta
    Wakana Oishi, Loïc Decrey, Rui Tezuka, Daisuke Sano, Tamar Kohn and Naoyuki Funamizu

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→11th IWA Specialist Group Conference on Wastewater Pond Technologies
  • 2016/1/6Dr. Muhammad Aliが博士研究員としてKing Abdullah University of Science & Technology(Saudi Arabia)に異動しました。
  • 2016/1/5佐野准教授がApplied and Environmental Microbiology (American Socierty for Microbiology) のEditorial Board Memberになりました(2018年末まで)。
  • 2015/12/25平成27年度 環境創生工学専攻 水代謝システム講座 第8回修士論文中間発表会にて、羽柴が最優秀発表賞を受賞しました。Congratulations!!!
  • 2015/12/14日本水環境学会・水中の健康関連微生物研究委員会シンポジウム「水中の病原微生物によるリスク制御への総合対策に向けて」(12月15日、発明会館)にて、以下の研究発表が行われます。→終了しました。

    ポスター発表
    ベイズモデルを用いた下水処理過程における病原ウイルス除去効率の定量評価
    伊藤寿宏、加藤毅、長谷川洵、片山浩之、岡部聡、佐野大輔

    ポスター発表
    微小ナノ流路デバイスを用いたDHS(Downflow Hanging Sponge)リアクターにおけるヒト感染性ウイルスの定量評価
    小林直央、押木守、伊藤寿宏、瀬川高弘、幡本将史、井口晃徳、大久保努、上村繁樹、多川正、久保田健吾、高橋優信、原田秀樹、山口隆司、本山毅宜、荒木信夫、佐野大輔

    シンポジウムの詳細はこちらをご覧下さい→水中の健康関連微生物研究委員会シンポジウム
  • 2015/12/9佐野准教授の研究が、12月9日20時放送のNHK「ためしてガッテン」で紹介されました。
  • 2015/12/7第2回札幌微生物研究者合同セミナー (12月10日、北海道大学大学院食資源学院セミナールーム)にて以下の研究発表が行われます。→終了しました。

    灌漑用水におけるカンピロバクターの汚染源特定
    小林真弓、宮村明帆、岡部聡、石井聡

    セミナーの詳細はこちらをご覧下さい→札幌微生物勉強会FB
  • 2015/11/25The 3rd International Life-Science Symposium (11月26日、北海道大学・学術交流会館)にて以下の研究発表が行われます。→終了しました。

    Competition between "Candidatus Brocadia sinica" and "Candidatus Jettenia caeni"
    Zhang Lei, Mamoru Oshiki, Muhammad Ali and Satoshi Okabe

    Effect of localization of HBGA-like substances on membrane separation on norovirus
    Mohan Amarasiri, Satoshi Hashiba, Satoshi Okabe and Daisuke Sano

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→The 3rd International Life-Science Symposium
  • 2015/11/24佐野准教授による解説文「将来の社会システムにおける感染性胃腸炎リスク」が「最新医学」誌に掲載されています。
  • 2015/11/24佐野准教授らによる解説文「衛生環境工学分野におけるマイクロバイオーム研究」が「臨床と微生物」誌に掲載されています。
  • 2015/11/16第63回日本ウイルス学会学術集会 (11月22-24日、福岡国際会議場)にて以下の研究発表が行われます。→終了しました。

    Diverse enteric bacteria can excrete histo-blood group antigens as adsorbents for human gastroenteritis viruses
    Daisuke Sano,Takatomo Ohta,Mohan Amarasiri,Toyoko Nakagomi,Takayuki Miura,Osamu Nakagomi,Satoshi Okabe

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→第63回日本ウイルス学会学術集会
  • 2015/11/6第8回日本カンピロバクター研究会 (12月3-4日、京都大学桂キャンパスCクラスター3階グローバル人融)にて以下の研究発表が行われます。→終了しました。

    シンポジウム:「水環境工学分野におけるカンピロバクター研究の取組み」
    灌漑用水中におけるカンピロバクターの汚染源特定
    小林真弓、前田充登、宮村明帆、岡部聡、石井聡

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→第8回日本カンピロバクター研究会
  • 2015/11/6第23回衛生工学シンポジウム (11月12日、北海道大学フロンティア応用科学研究棟)にて以下の研究発表が行われます。→終了しました。

    下水中からのノロウイルス吸着性細菌単離手法の確立
    (Poster presentation)
    羽柴聡、岡部聡、佐野大輔

    学会の詳細はこちらをご覧下さい→第23回衛生工学シンポジウム

岡部先生からのメッセージ

“美しいかけがえのない水環境をいつまでも”をキーワードに,私達はバイオテクノロジーを駆使して環境汚染物質の分解・除去、DNAマイクロアレイを用いた水の安全性評価手法の開発、廃水(廃棄物)からクリーンな電気エネルギーの直接回収(バイオ燃料電池の開発)、などの研究を行っています。我々の環境、健康を守るという、今、最も重要なテーマに、君の若い力とエネルギーをぶつけてみませんか?環境バイオテクノロジーに興味を持ち、かつ、環境を良くしたいと思い、修士ならびに博士課程進学を希望する熱い学生を募集しています。興味を持った方は遠慮なく岡部まで!!

水質変換工学研究室では意欲ある博士課程後期学生を募集しています。

博士課程後期学生
研究内容:
トキシコゲノミクス的アプローチによる水の安全性評価手法の開発
バイオフィルム形成メカニズムの解析
Microbial Source Tracking
水環境を汚染する病原ウイルスの動態解明

その他:在籍中の経済的支援については個別に相談に応じます。
より詳細な情報は、「博士課程学生募集について」と題したメールにより問い合わせて下さい。
岡部聡 sokabe[at]eng.hokudai.ac.jp

更新履歴

  • 2016/12/16微生物工学の講義資料をupしました。→こちら
  • 2016/12/2上水工学の講義資料をupしました。→こちら
  • 2016/7/13Water and Public Healthの講義資料をupしました。→こちら
  • 2016/6/8物理化学要論の講義資料をupしました。→こちら
  • 2016/5/12研究業績を更新しました。
  • 2016/4/21メンバーページを更新しました。
  • 2016/4/20最近の講演・学会発表・動画を更新しました。
  • 2016/4/2メンバーページを更新しました。
  • 2016/3/29最近の講演・学会発表・動画を更新しました。
  • 2016/3/24水質変換工学ニュースと受賞一覧を更新しました。
  • 2016/2/3微生物工学の講義資料をupしました。→こちら
  • 2016/1/26上水工学の講義資料をupしました。→こちら
  • 2015/12/2Environmental Biotechnologyの講義資料をupしました。→こちら
  • 2015/11/2メンバーページを更新しました。
  • 2015/8/7論文情報をトップページに掲載しました。
  • 2015/2/7最近の講演・学会発表・動画を更新しました。
  • 2013/11/22工学基礎演習資料をupしました。→こちら
最近の講演・学会発表・動画


2015年8月10日
平成27年度 土木学会環境工学委員会主催セミナー 「次世代の下水道における衛生的課題とその対応」
動画内講演2件中2件目「下水再生利用に関わる下水処理装置の性能評価及び運転管理手法の提案」
(講演者:佐野准教授)

▲クリックで別画面表示されます

2016年3月16日
水環境学会若手の会/Japan-YWP共催セミナー・招待講演
(講演者:北島助教)

▲クリックで別画面表示されます


最近の学会発表
受賞一覧

平成30年3月20日
第52回日本水環境学会年会にて、小林香苗が年会優秀発表賞(クリタ賞)を受賞しました。

平成30年3月20日
第52回日本水環境学会年会にて、河合大樹が年会優秀発表賞(クリタ賞)を受賞しました。

平成30年3月20日
第52回日本水環境学会年会にて、上垣内厚志が学生ポスター発表賞(ライオン賞)を受賞しました。

平成29年12月28日
平成29年度 環境創生工学専攻 水代謝システム講座 第10回修士論文中間発表会にて、Amrini Amaliaが優秀発表賞(3位)を受賞しました。

平成29年9月26日
第20回日本水環境学会シンポジウムにて、Mohan Amarasiriが博士研究奨励賞(オルガノ賞)を受賞しました。

平成29年9月26日
第20回日本水環境学会シンポジウムにて、石崎創が博士研究奨励賞(オルガノ賞)を受賞しました。

平成29年8月28日
2017年度日本微生物生態学会環境ウイルス研究部会集会にて、門屋俊祐が優秀発表賞を受賞しました。

平成29年7月23日
Water and Environment Technology Conference (WET2017)にて、成田柚子がExcellent Presentation Awardを受賞しました。

平成29年 7月23日
Water and Environment Technology Conference (WET2017)にて、小林香苗がExcellent Presentation Awardを受賞しました。

平成29年3月16日
第51回日本水環境学会年会にて、高木達馬が学生ポスター発表賞(ライオン賞)を受賞しました。

平成29年3月16日
第51回日本水環境学会年会にて、平野誠也が学生ポスター発表賞(ライオン賞)を受賞しました。

平成29年2月20日
伊藤寿宏(博士4年)が第53回環境工学研究フォーラム・論文奨励賞を受賞しました。

平成28年11月25日
石崎創(博士4年)が2016年度生物工学会北日本支部札幌シンポジウムにおいて優秀ポスター賞を受賞しました。

平成28年3月24日
成田柚子(学部4年)が衛生環境工学コース・学業優秀賞を受賞しました。

平成28年3月23日
門屋俊祐(学部4年)が財団法人北海道大学クラーク記念財団・クラーク賞を受賞しました。

平成28年3月17日
第50回日本水環境学会年会にて、小林香苗が学生ポスター発表賞(ライオン賞)最優秀賞を受賞しました。

平成28年2月3日
佐野准教授が平成27年度北海道大学研究総長賞(奨励賞)を受賞しました。

平成27年12月25日
平成27年度 環境創生工学専攻 水代謝システム講座 第8回修士論文中間発表会にて、羽柴が最優秀発表賞を受賞しました。

平成27年3月17日
第49回日本水環境学会年会にて、小林真弓が学生ポスター発表賞(ライオン賞)を受賞しました。

平成27年2月27日
平成26年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会にて、上海が優秀学生講演賞を受賞しました。

平成26年6月14日
第55回日本臨床ウイルス学会にて、佐野准教授が若手奨励賞を受賞しました。

平成26年3月7日
小林彩乃が北海道大学大塚賞を受賞しました。

平成25年12月26日
平成25年度水系研究室修士論文中間発表会にて、Leaが優秀発表賞(2位)を受賞しました。

平成25年11月21日
第50回環境工学研究フォーラムにて、小林彩乃が優秀ポスター発表賞を受賞しました。

平成25年11月9日
第16回日本水環境学会シンポジウムにて、小林彩乃が平成25年度博士研究奨励賞(オルガノ賞)最優秀賞を受賞しました。

平成25年6月16日
WET2013にて、MohanがExcellent Poster Awardを受賞しました。

平成25年3月25日
水戸が平成24年度(財)北海道大学クラーク記念財団「クラーク賞」を受賞しました。

平成24年12月27日
平成24年度水系研究室修士論文中間発表会にて、中島が優秀発表賞(2位)を、小澤が優秀発表賞(3位)を受賞しました。

平成24年11月30日
第49回環境工学研究フォーラムにて、田澤が優秀ポスター発表賞を受賞しました。

平成24年9月25日
第18回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会・合同研究発表会にて、原が奨励賞を受賞しました。

平成24年8月19日
ISME14にて、平泉がTravel Awardを受賞しました。

平成24年3月21日
大谷が平成23年度(財)北海道大学クラーク記念財団「クラーク賞」を受賞しました。

平成24年3月15日
第46回日本水環境学会年会にて、平泉が優秀発表賞(クリタ賞)を、石黒、中島が学生ポスター発表賞(ライオン賞)をそれぞれ受賞しました。

平成23年12月27日
平成23年度水系研究室修士論文中間発表会において、田澤が最優秀発表賞を、榮田が優秀発表賞(2位)を受賞しました。

平成23年11月7日
第3回北海道大学サステナビリティ学生研究ポスターコンテストにて、田澤が北海道大学総長賞(最優秀賞)を受賞しました。

平成23年10月10日
第27回日本微生物生態学会にて、田代JSPS特別研究員が論文賞を受賞しました。

平成23年10月10日
第27回日本微生物生態学会にて、押木JSPS特別研究員が優秀ポスター賞を受賞しました。

平成23年10月5日
第4回IWAアジア太平洋地域会議にて、東條がBest Student Awardを受賞しました。

平成23年9月10日
第14回水環境学会シンポジウムにて、佐野准教授がメタウォーター賞(年間優秀論文賞)を受賞しました。

平成23年7月13日
第2回国際硝化学会・第16回ヨーロッパ窒素循環会議にて、押木特別研究員が発表賞を受賞しました。

平成23年6月14日
第45回日本水環境学会年会にて、柿沼、新家子、藤木が優秀発表特別賞(クリタ賞)を、榮田、山田が学生ポスター発表賞(ライオン賞)をそれぞれ受賞しました。

平成23年5月19日
第1回国際アナモックスシンポジウムにて、押木特別研究員(JSPS)が最優秀講演賞を受賞しました。

平成22年12月27日
平成22年度水系研究室修士論文中間発表会において、鶴田が優秀発表賞(2位)を受賞しました。

平成22年11月25日
第26回日本微生物生態学会にて、新家子が最優秀ポスター賞を、榮田が日韓ポスター賞をそれぞれ受賞しました。

平成21年 3月18日
第43回日本水環境学会年会にて、羽鳥が年会優秀発表賞(クリタ賞)を受賞しました。

平成20年 3月22日
第42回日本水環境学会年会にて、大澤および下川が年会優秀発表賞(クリタ賞)を受賞しました。

平成19年 12月25日
岡部教授が日本学術振興会賞を受賞しました。

関連リンク