ニュース

HOME >  北島正章准教授(水質変換工学研究室)が、新型コロナウイルスの下水調査に関して、北海道大学の定例記者会見にて発表しました。
北島正章准教授(水質変換工学研究室)が、新型コロナウイルスの下水調査に関して、北海道大学の定例記者会見にて発表しました。

発表事項は以下です。
下水から見える新型コロナウイルス感染症流行状況〜下水疫学調査によるウイルス感染症流行及び新規変異株早期検知を目指す〜

詳細はこちら⇒令和3年度 第3回 北海道大学 定例記者会見

パンフレット
 
パンフレット
ニュース
  • 2021.06.18
    北島正章准教授(水質変換工学研究室)らの研究チームが、下水中の新型コロナウイルス濃度への寄与の年齢依存性を発見し、プレスリリースを行いました。
  • 2021.06.17
    北島正章准教授(水質変換工学研究室)が、新型コロナウイルスの下水調査に関して、北海道大学の定例記者会見にて発表しました。
  • 2021.06.10
    北島正章准教授(水質変換工学研究室)と東北大学・佐野大輔教授(元・水質変換工学研究室 准教授)らの研究チームが、下水中の新型コロナウイルス濃度から感染者数を推定するための数理モデルを構築し、プレスリリースを行いました。
  • ニュース一覧

    受賞
  • 2021.05.31
    長野克則教授(環境システム工学研究室)が、第9回カーボンニュートラル賞を受賞しました。
  • 2021.05.29
    ジョンソン・チシンバ君(環境システム工学研究室)が、日本地下水学会2020年秋季講演会にて、若手優秀講演賞を受賞しました。
  • 2021.03.30
    白崎伸隆准教授(環境リスク工学研究室)が、北海道大学大学院工学研究院若手教員奨励賞を受賞しました。
  • 受賞一覧

    衛生工学シンポジウム