ニュース

HOME >  北島正章助教(水質変換工学研究室)らの研究チームが、下水中のコロナウイルス濃縮回収率を手法ごとに比較測定した結果をまとめた研究論文のプレスリリースを行いました。
北島正章助教(水質変換工学研究室)らの研究チームが、下水中のコロナウイルス濃縮回収率を手法ごとに比較測定した結果をまとめた研究論文のプレスリリースを行いました。

北島正章助教(水質変換工学研究室)らとオーストラリア・連邦科学産業研究機構のWarish Ahmed上級研究員らの研究チームが、下水中のコロナウイルス濃縮回収率を手法ごとに比較測定した結果をまとめた研究論文のプレスリリースを行いました。

COVID-19 の下水疫学調査を実施する上での、標準的手法確立に期待されます。

詳細はこちらをご覧ください→北海道大学プレスリリース