• Home
  • メンバー紹介

教授

木村 克輝 Katsuki Kimura

木村教授の写真
  • 電話:011-706-6271
  • FAX:011-706-6271
  • E-mail:kkatsu [at] eng.hokudai.ac.jp

略歴

1988年3月 東京都立戸山高校卒業
1993年3月 北海道大学工学部衛生工学科卒業
1995年3月 北海道大学大学院工学研究科修士課程修了(衛生工学専攻)
1997年3月 北海道大学大学院工学研究科博士課程中退(衛生工学専攻)
1997年4月 北海道大学大学院工学研究科助手(都市環境工学専攻)
2001年10月-2002年11月 米国コロラド大学ボルダー校土木環境工学科博士研究員(文部科学省在外研究員)
2005年4月 北海道大学大学院工学研究科助教授(環境創生工学専攻)
2007年4月 北海道大学大学院工学研究科准教授(環境創生工学部門)
2010年4月 北海道大学大学院工学研究院准教授(環境創生工学部門)
2018年9月 北海道大学大学院工学研究院教授(環境創生工学部門)

受賞

IWA Fellow選任時(2018年9月)。日本からは11人目の選任でした。

IWA Fellow, 2018.

Best Paper Award, Frontiers International Conference on Wastewater Treatment, Palermo, 2017.

北海道大学研究総長賞(奨励賞)、2016.

北海道大学研究総長賞(奨励賞)、2015.

日本水環境学会論文賞、2011.

クリタ水・環境科学研究優秀賞、2010.

北海道大学エクセレントティーチャーズ、2009、2006.

土木学会年次学術講演会優秀講演者表彰、2004、2003、2000.

日本水環境学会論文奨励賞(廣瀬賞)、2000.

学協会委員歴

2014年6月には札幌でParticle Separationの国際会議を主催しました。

Chairman, IWA Specialist Group on Particle Separation, 2012-present

Management Committee, IWA Specialist Group on Membrane Technology, 2013-present

Management Committee, IWA Specialist Group on Particle Separation, 2010-2012

Associate editor, Water Research, 2019-present

日本水環境学会「膜を利用した水処理技術研究委員会」委員長、2008-現在

日本水環境学会国際委員会幹事、派遣・招聘委員会幹事、2015-現在

日本水環境学会北海道支部幹事長、2014-2016、2007-2009

日本水環境学会運営幹事、2005-2009

日本膜学会評議員、2017-現在

土木学会環境工学委員会幹事、2014-2018

学外委員

北海道特定開発行為審査会委員、2018-現在

石狩市下水道事業運営委員会(副委員長)、2014-2018

江別市上下水道事業検討委員会(委員長)、2013-現在

日本下水道事業団 膜分離活性汚泥法専門委員会委員、2012-2013

札幌市札幌市営調査審議会下水道部会 部会員、2008-2016

代表的論文

直近3年間(2017-2019)の論文
  • Kaneda, M., Lu, X., Cheng, W., Zhou, X., Bernstein, R., Zhang, W., Kimura, K., Elimelech, M. Photografting Graphene Oxide to Inert Membrane Materials to Impart Antibacterial Activity. Environmental Science and Technology Letters, in press, 2019
  • Gao, Y., Fang, Z., Liang, P., Zhang, X., Qiu, Y., Kimura, K., Huang, X. Anaerobic digestion performance of concentrated municipal sewage by forward osmosis membrane: Focus on the impact of salt and ammonia nitrogen. Bioresource Technology, 276, 204-210, 2019.
  • Kimura, K., Uchida, H. Intensive membrane cleaning for MBRs equipped with flat-sheet ceramic membranes: Controlling negative effects of chemical reagents used for membrane cleaning. Water Research, 150, 21-28, 2019.
  • Miyoshi, T., Tsumuraya, T., Nguyen, T. P., Kimura, K., Watanabe, Y. Effects of recirculation and separation times on nitrogen removal in baffled membrane bioreactor (B-MBR). Water Science and Technology, 77 (12), 2803-2811, 2018.
  • Kimura, K., Shikato, K., Oki, Y., Kume, K., Huber, S.A. Surface water biopolymer fractionation for fouling mitigation in low-pressure membranes. Journal of Membrane Science, 554, 83-89, 2018.
  • Kimura, K., Oki, Y., Efficient control of membrane fouling in MF by removal of biopolymers: Comparison of various pretreatments, Water Research, 115, 172-179, 2017.
  • Kimura, K., Honoki, D., Sato, T. Effective physical cleaning and adequate membrane flux for direct membrane filtration (DMF) of municipal wastewater: Up-concentration of organic matter for efficient energy recovery. Separation and Purification Technology, 181, 37-43, 2017.
被引用数100以上の論文
  • Kimura, K., Hane, Y., Watanabe, Y., Amy, G., Ohkuma, N. Irreversible membrane fouling during ultrafiltration of surface water. Water Research, 38 (14-15), 3431-3441, 2004.
  • Kimura, K., Amy, G., Drewes, J. E., Heberer, T., Kim, T.-U., Watanabe, Y. Rejection of organic micropollutants (disinfection by-products, endocrine disrupting compounds, and pharmaceutically active compounds) by NF/RO membranes. Journal of Membrane Science, 227 (1-2), 113-121, 2003.
  • Wang, Z., Ma, J., Tang, C. Y., Kimura, K., Wang, Q., Han, X. Membrane cleaning in membrane bioreactors: A review. Journal of Membrane Science, 468, 276-307, 2014.
  • Kimura, K., Yamato, N., Yamamura, H., Watanabe, Y. Membrane fouling in pilot-scale membrane bioreactors (MBRs) treating municipal wastewater. Environmental Science and Technology, 39 (16), 6293-6299, 2005.
  • Kimura, K. Toshima, S., Amy, G., Watanabe, Y., Rejection of neutral endocrine disrupting compounds (EDCs) and pharmaceutical active compounds (PhACs) by RO membranes. Journal of Membrane Science, 245 (1-2), 71-78.
  • Kimura, K., Amy, G., Drewes, J., Watanabe, Y. Adsorption of hydrophobic compounds onto NF/RO membranes: An artifact leading to overestimation of rejection. Journal of Membrane Science, 221 (1-2), 89-101, 2003.
  • Kimura, K., Hara, H., Watanabe, Y. Elimination of selected acidic pharmaceuticals from municipal wastewater by an activated sludge system and membrane bioreactors. Environmental Science and Technology, 41 (10), 3708-3714, 2007.
  • Yamamura, H., Kimura, K., Watanabe, Y. Mechanism involved in the evolution of physically irreversible fouling in microfiltration and ultrafiltration membranes used for drinking water treatment. Environmental Science and Technology, 41 (19), 6789-6794, 2007.
  • Kimura, K., Hara, H., Watanabe, Y. Removal of pharmaceutical compounds by submerged membrane bioreactors (MBRs). Desalination, 178 (1-3), 135-140, 2005.
  • Kimura, K., Naruse, T., Watanabe, Y. Changes in characteristics of soluble microbial products in membrane bioreactors associated with different solid retention times: Relation to membrane fouling. Water Research, 43 (4), 1033-1039, 2009.
  • Yamato, N., Kimura, K., Miyoshi, T., Watanabe, Y. Difference in membrane fouling in membrane bioreactors (MBRs) caused by membrane polymer materials. Journal of Membrane Science, 280 (1-2), 911-919, 2006.

全業績はこちら

担当講義

  • 流体工学1(環境工学コース)
  • 分離工学(環境工学コース)
  • 下水工学(環境工学コース)
  • 環境工学序論(環境工学コース、分担)
  • 環境工学ゼミナールⅠ、Ⅱ(環境工学コース)
  • 世界をリードする北大の水環境研究(全学教育、分担)
  • 排水再生・再利用工学特論(大学院)
  • Wastewater Reclamation and Reuse(大学院、英語コース)

助教

グイザ二 モクタール GUIZANI Mokhtar

モクタール助教の写真
  • 電話:011-706-6273
  • FAX:011-706-6273
  • E-mail:mguizani [at] eng.hokudai.ac.jp

略歴

2003年07月 Civil Engineering -Tunis El-Manar University
2005年02月 Master in Hydraulic and Environment-Tunis El-Manar University
2008年09月 Graduate Diploma in Sustainability Science Education-Hokkaido University
2010年09月 Graduation from Hokkaido University (PhD. Built Environment)
2010年10月 Post-Doctoral Fellow-Hokkaido University
2012年11月 Assistant Professor-King Saud University
2014年10月 JSPS Foreign Researcher Fellow-Hokkaido University
2016年10月 Assistant Professor-Hokkaido University

受賞

2017年11月Springer Best Paper Award, 1st Euro-Mediterranean Conference on Environmental Integration EMCEI, Sousse, 2017.
  • Award for Tunisian young researchers, 2007
  • Best Presentation Award, IPOS 2009
  • Award for Tunisian young researchers 2011
  • Excellence Award, Elsevier 2016
  • Springer best paper Award, EMCEI 2017
  • Appreciation Award, ICIEM 2018

代表的論文

直近3年間(2017-2019)の論文
  • Shenxing Wang, Mokhtar Guizani, Ryusei Ito, Naoyuki Funamizu, Masayosi Johmen, Toshikazu KAWAGUCHI, Water Quality Monitoring by utilizing planar type electrochemical chip, Chem. Sens. A, 39, 2019 (under press).
  • Liu YANG, Mokhtar Guizani, Ryusei Ito, Naoyuki Funamizu, Masayoshi Johmen, Toshikazu Kawaguchi, Detection of heavy metals using electro-chemical sensor chip, Chem. Sens. A, 39, 2019 (under press).
  • Mokhtar Guizani, Maeda Takeru, Ito Ryusei, Naoyuki Funamizu, Engineering of Size-Controlled Magnetic Nanoparticles for use as Draw Solution in Forward Osmosis Process, Desalination and water treatment Journal 2019(under proof).
  • Mokhtar Guizani, Megumi Saito, Ryusei Ito, Naoyuki Funamizu, Combined FO and RO system for the recovery of energy from wastewater and the desalination of seawater, Desalination and water treatment Journal 2019(under proof).
  • Mokhtar Guizani, Kento Yajima, Toshikazu Kawaguchi, Ryusei Ito, and Naoyuki Funamizu Evaluation of in situ water electrochemical disinfection using novel carbon-based and noble metal electrodes, Euro-Mediterranean Journal for Environmental Integration (2018) 3:31.
  • Mokhtar Guizani, Takeru Maeda, Ryusei Ito, Naoyuki Funamizu, Synthesis and characterization of magnetic nanoparticles as a candidate draw solution for Forward osmosis process, Journal of Water and Environment Technology, Journal of Water and Environment Technology, Vol. 16, No. 1: 63–71, 2018.
  • Benedicte Carolle Wind - Yam Nikiema, Ryusei Ito, Mokhtar Guizani, Naoyuki Funamizu. Estimation of Water Flux and Solute Movement during the Concentration Process of Hydrolysed Urine by Forward Osmosis, Journal of Water and Environment Technology, 2017, Vol.15 N.5, pp163-173.
  • Guizani Mokhtar, Kato Hideyaki, Funamizu Naoyuki, Removal of LPS endotoxin from reclaimed wastewater through adsorption using soil, Desalination and water treatment Journal 83 (2017) 253–260.

担当講義

  • Water And Sanitation in the world(Environmental Engineering Division)
  • Water-energy- food Nexus (Graduate school of Global Food Resources)
  • Sanitation for Family Farming and Smallholder Farming (Graduate school of Global Food Resources)
  • Soil and Water Management (Graduate school of Global Food Resources)
  • Environmental Analysis and Monitoring (Graduate school of Global Food Resources)
  • Introduction to Global Food Resources (Graduate school of Global Food Resources)
  • Special Lecture in Global Food Resources (Graduate school of Global Food Resources)
  • Dissertation Research in Global Food Resources (Graduate school of Global Food Resources)
  • Fundamentals on water Treatment and recycling (International School of Science)
  • Seminar in Global Food Resources I & II (Graduate school of Global Food Resources)
  • Environmental Sciences in Global Food Resources (Graduate school of Global Food Resources)
  • Wandervogel Study Trip III (Graduate school of Global Food Resources)

伊藤 竜生

学生 修士2年

角田さんの写真

角田 貴之 Takayuki Kakuda

t-k-0423-1993 [at] eis.hokudai.ac.jp

出身高校

長岡高校(新潟県)

研究テーマ

リポ多糖が引き起こすMBR膜ファウリング
膜分離活性汚泥法(MBR)における膜ファウリングの発生には、リポ多糖(LPS)が強く関与する可能性が示されている。本研究では実下水処理場に設置したパイロットスケールMBRを連続運転し、LPSと膜ファウリングの関係を検討する。

趣味

特になし

まだ見ぬ後輩へ一言

自己管理が重要

論文

国際学会
  • Kakuda, T., Kimura, K. Fouling potential of lipopolysaccharides released under low temperatures. 9th IWA Specialist Conference on Membrane Technology for Water and Wastewater Treatment, Toulouse, 2019.
  • Kakuda, T., Iwasaki, H., Kimura, K. Assessment of MBR sludge filterability by capillary suction time (CST) and lipopolysaccharides (LPS). 8th IWA Specialist Conference on Membrane Technology for Water and Wastewater Treatment, Singapore, 2017.
国内学会
  • 角田貴之、木村克輝「低水温下で放出されるリポ多糖が引き起こすMBR膜ファウリング」第53回日本水環境学会年会、甲府、2019.
  • 角田貴之、岩崎裕之、木村克輝「CSTおよびLPS測定によるMBR汚泥ファウリングポテンシャル評価」第55回下水道研究発表会、北九州、2018.
  • 角田貴之、岩崎裕之、木村克輝「拡張CSTおよびLPS測定によるMBR汚泥ファウリングポテンシャル評価」 第25回衛生工学シンポジウム、札幌、2017.
  • 角田貴之、岩崎裕之、木村克輝「拡張CSTおよび槽内LPS測定を用いたMBR汚泥ファウリングポテンシャル評価」第51回日本水環境学会年会、熊本、2017.
兼田さんの写真

兼田 真周 Masashi Kaneda

sssssyu [at] eis.hokudai.ac.jp

出身高校

生野高校(大阪府)

研究テーマ

酸化グラフェンによる水処理膜表面の改変
酸化グラフェンは抗菌作用を持つカーボンナノ材料である。酸化グラフェン(GO)による膜表面の改変は、バイオファウリングを効果的に抑制できる可能性がある。本研究では、酸化グラフェンの膜面固定技術を開発する。

趣味

音楽・映画鑑賞、筋トレ

まだ見ぬ後輩へ一言

大志を抱け

論文

  • Kaneda, M., Lu, X., Cheng, W., Zhou, X., Bernstein, R., Zhang, W., Kimura, K., Elimelech, M. Photografting Graphene Oxide to Inert Membrane Materials to Impart Antibacterial Activity. Environmental Science & Technology Letters, in press, 2019.
国際学会
  • Kaneda, M., Lu, X., Elimelech, M. Photo-Grafting Graphene Oxide to Inert Membrane Materials to Enhance Antibacterial Activity. 2018 North East Graduate Student Water Symposium, Amherst, 2018.
国内学会
  • 兼田 真周、木村 克輝、Lu Xinglin、Elimelech Menachem「酸化グラフェンを用いたPVDF・ポリスルホン水処理膜への抗菌活性付与」第53回水環境学会年会、甲府、2019.
  • 兼田 真周、内田 大貴、木村 克輝「セラミック平膜を用いた浸漬型MBRにおける効果的CEBに関する研究」第51回水環境学会年会、熊本、2017.
久米さんの写真

久米 啓太 Keita Kume

kometarou-hokudai [at] eis.hokudai.ac.jp

出身高校

本郷高校(東京都)

研究テーマ

UF膜ろ過における凝集処理の不可逆的膜ファウリング抑制効果:MF膜との比較
凝集膜ろ過前処理による不可逆的膜ファウリング抑制効果はMF/UF膜間で異なるが、その理由は不明である。本研究では不可逆的膜ファウリング原因成分及び凝集フロックの働きに着目し、膜の種類によって効果が異なる理由を考察した。

趣味

旅行/ドライブ

まだ見ぬ後輩へ一言

自発的に行動することが大切です。

論文

  • Kimura, K., Shikato, K., Oki, Y., Kume, K., Huber, S. A. Surface water biopolymer fractionation for fouling mitigation in low-pressure membranes. Journal of Membrane Science, 554, 83-89, 2018.
国際学会
  • WEST: Water & Environment Student Talks 2017 in Vancouver, 2017.
  • International 8th IWA Specialised Membrane Technology Conference & Exhibition for Water and Wastewater Treatment and Reuse, 2017.
国内学会
  • 第51回 日本水環境学会年会 口頭発表
  • 第25回 衛生工学シンポジウム ポスター発表
  • 平成30年度 水道研究発表会 口頭発表
  • 第53回 日本水環境学会年会 口頭発表
松田さんの写真

松田 天斗 Takato Matsuda

takato.matsuda.ch [at] gmail.com

出身高校

札幌西高校(北海道)

研究テーマ

尿濃縮におけるFO膜ファウリングの制御
尿は肥料としての利用が見込めるが、コストの問題から尿の濃縮を行う必要がある。本研究では正浸透(FO)プロセスを用いて尿濃縮を行った際に発生する、膜ファウリングについての分析とその効果的な洗浄方法について検討する。

趣味

料理

まだ見ぬ後輩へ一言

下水処理や資源回収について興味がある人は、是非とも2講座で学んでください。海外とのつながりも強く、成長の機会がたくさんあります。

論文

国際学会
  • Water and Environment Technology Conference 2017 (WET2017)
  • The 6th International Dry Toilet Conference 2018

学生 修士1年

小野寺さんの写真

小野寺 遥奈 Haruna Onodera

onodera_haruna401 [at] eis.hokudai.ac.jp

出身高校

武田高校(広島県)

研究テーマ

使用済み紙おむつに含まれる高吸水性ポリマーのリサイクル方法の検討
紙おむつに含まれる高吸水性ポリマーは製造に環境負荷がかかる。本研究では使用済み紙おむつからの高吸水性ポリマーの回収と、回収した高吸水性ポリマーの、紙おむつへの再利用に向けた処理の検討を行っている。

趣味

食べ歩き

まだ見ぬ後輩へ一言

水再生工学研究室で研究もイベントも全力で楽しみましょう!

論文

国際学会
  • Onodera, H., Ito, R., Funamizu, N., Yamaki, K., Konishi, T. INACTIVATION OF SAP IN DISPOSABLE DIAPERS BY ACID SOLUTIONS. 6th International Dry Toilet Conference, Finland, 2018.

込江 蒼 So Komie

so-komie0130 [at] eis.hokudai.ac.jp

出身高校

鎌倉高校(神奈川県)

研究テーマ

セラミック平膜を用いた嫌気性MBRによる都市下水処理
嫌気性MBRは、下水処理及びエネルギー回収を実現する新たな処理方式として注目されている。従来の好気性MBR汚泥に比較して深刻な膜ファウリングが大きな課題であり、強度の高い洗浄を実施できるセラミック平膜を用いることでファウリングの抑制を図っている。

趣味

サッカー、読書、料理

まだ見ぬ後輩へ一言

一緒に充実した研究室lifeを送ろうぜ!

論文

二宮さんの写真

二宮 佑輔 Yusuke Ninomiya

ninomiya1209 [at] eis.hokudai.ac.jp

出身高校

新潟高校(新潟県)

研究テーマ

セラミック平膜MBRにおける薬品添加逆洗(CEB)の高効率化
微生物処理と膜分離を組み合わせた排水処理装置であるMBRに関する研究を行っている。実際に札幌市下水処理場に設置したMBRで長期運転を実施する中で、様々な条件の薬液逆洗を実施し、実用化に向けた検討を行っている。

趣味

フットサル、釣り

まだ見ぬ後輩へ一言

水で世界を変えましょう 研究室対抗サッカー大会で優勝しましょう

論文

国際学会
  • Ninomiya, Y., Kakuda, T., Kimura, K. High-flux operation of an MBR equipped with ceramic flat-sheet membranes. 9th IWA Membrane Technology Conference & Exhibition for Water and Wastewater Treatment and Reuse, Toulouse, 2019.
国内学会
  • 二宮佑輔、木村克輝「セラミック平膜MBRにおける薬液添加逆洗(CEB)の高効率化」第55回下水道研究発表会、北九州、2018.
山川さんの写真

山川 むつみ Mutsumi Yamakawa

switzerland_719-my [at] eis.hokudai.ac.jp

出身高校

札幌南高校(北海道)

研究テーマ

有機物回収を目的とした下水の直接膜ろ過
下水中に含まれる有機物(エネルギー源)の回収を目標に、下水を膜を用いて濃縮する仕組みを提案しています。嫌気性消化によって下水をエネルギーに換えるための新たな前処理方法です。私は特に、膜の目詰まりが発生しにくくなるような運転方法の検討を行っています。

趣味

ソフトテニス、ピアノ

まだ見ぬ後輩へ一言

個性あふれる人たちと楽しい研究生活を送りたい人はぜひ2講座へ!

論文

国内学会
  • 山川むつみ、加藤恵、木村克輝「有機物回収を目的とした下水直接膜ろ過における薬品使用量の削減」第55回下水道研究発表会、北九州、2018.
  • 山川むつみ, 加藤恵, 髙橋威胤, 木村克輝、「有機物回収を目的とした下水直接膜ろ過」第26回衛生工学シンポジウム、札幌、2018.

学生 学部4年

小笠原さんの写真

小笠原 渉 Sho Ogasawara

hno3-0428-a [at] eis.hokudai.ac.jp

出身高校

静岡高校(静岡県)

研究テーマ

正浸透膜処理による家畜糞尿消化液の濃縮
家畜糞尿を嫌気発酵することでメタンを回収できますが、残渣として消化液が発生してしまいます。消化液は肥料成分を含んでいますが、輸送コストが高く、利用が制限されています。そこで、正浸透膜を用いた消化液の濃縮を試みています。

趣味

己が筋肉に鞭を打ち、お菓子作りに目覚め、クールジャパンを愛する。バイクに乗ることを夢見つつ、今日も今日とてピペットを振るう。

まだ見ぬ後輩へ一言

一緒に馬鹿になれる人、一緒に本気になれる人、期待して扉を叩いてください。...込江さんあたりが応えてくれます。きっと。

論文

国内学会
  • 小笠原涉、伊藤竜生、波多野隆介、木村克輝「正浸透膜処理による家畜糞尿排泄物の濃縮」第53回日本水環境学会年会、甲府、2019.
坂本さんの写真

坂本 秀樹 Hideki Sakamoto

huhide515engpearth [at] eis.hokudai.ac.jp

出身高校

浜松南高校(静岡県)

研究テーマ

セラミック平膜を用いた浄水処理における膜ファウリングの抑制
浄水処理においてセラミック平膜を適用し、高フラックス条件での安定した運転を実現するため、膜ファウリングの抑制に効果的な物理的洗浄方法や前処理方法を検討する。また、セラミック平膜において膜ファウリングに寄与する物質の特定を行う。

趣味

フットサル、映画鑑賞、古着屋巡り

まだ見ぬ後輩へ一言

よく食べて、よく遊び、よく眠りましょう

論文

国内学会
  • 坂本秀樹、久米啓太、木村克輝 セラミック平膜を用いた浄水処理における膜ファウリングの抑制、第53回日本水環境学会年会、甲府、2019
髙橋さんの写真

髙橋 威胤 Taketsugu Takahashi

tanumashi [at] eis.hokudai.ac.jp

出身高校

愛知高校(愛知県)

研究テーマ

セラミック平膜を用いた都市下水中有機物の濃縮回収における効率的膜洗浄方法
下水の直接膜ろ過により下水中の有機物を濃縮することで、より多くのエネルギーを回収できる。本研究では、セラミック平膜を用いて高フラックスろ過条件下で下水の直接膜ろ過を行い、粒状担体の使用や薬品添加逆洗等の洗浄効果を検討する。

趣味

半身浴、マイブームの更新、TV鑑賞、(登山)

まだ見ぬ後輩へ一言

マイブーム情報求む。

論文

国内学会
  • 髙橋威胤、加藤恵、山川むつみ、木村克輝 セラミック平膜を用いた都市下水中有機物の濃縮回収における効率的膜洗浄方法、第53回日本水環境学会年会、甲府、2019
田川さんの写真

田川 美優 Miyu Tagawa

kikurx-7 [at] hokudai.ac.jp

出身高校

筑紫丘高校(福岡県)

研究テーマ

食品工場排水中のリン回収
北海道の澱粉工場の排水にはリン酸だけでなく、高く売ることができる有用なリンを含んでいる。そこでそれらのリンを回収するために、多孔質アルミの電極に電気を流すことで、リンを析出させる方法を用いて、リン回収を試みた。

趣味

漫画やアニメを見ること。好きなアーティストのライブに行くこと。

まだ見ぬ後輩へ一言

私も頑張るので、一緒に頑張りましょう!

論文

国内学会
  • 第53回 日本水環境学会年会
坪川さんの写真

坪川 耀一 Yoichi Tsubokawa

925tsubokawayoichi [at] gmail.com

出身高校

小石川中等教育学校(東京都)

研究テーマ

炭素膜の濾過特性
従来の膜とは異なる材料である炭素(グラファイト)による膜が新たな水処理用の膜として利用できることが期待されています。また、この炭素膜は従来の膜とは異なり膜内部の詰まり(ファウリング)の除去に薬品を使わず、電圧をかけるだけで洗浄が行えることが考えられます。この炭素膜の除去性能と電圧をかけることによる洗浄の効果について研究を行っています。

趣味

歌うこと、スキー、ボランティア、子どもと遊ぶこと(自分の子どもではないです!笑)

まだ見ぬ後輩へ一言

来年こそはスキーに行きたいね!

論文

国内学会
  • 坪川耀一、伊藤竜生 炭素膜の濾過特性、第53回日本水環境学会年会、甲府、2019
冨永さんの写真

冨永 勘太 Kanta Tominaga

yggdrasil2203 [at] eis.hokudai.ac.jp

出身高校

静岡高校(静岡県)

研究テーマ

表流水中バイオポリマーの精製回収とキャラクタリゼーション
浄水処理における膜ろ過方式において、膜ファウリングが問題となります。膜ファウリングの主原因物質として注目されているのがバイオポリマーです。本研究では、水道原水からバイオポリマーを精製回収し、特性評価を行います。

趣味

服屋巡り

まだ見ぬ後輩へ一言

待ってるよ。

論文

国内学会
  • 冨永勘太、久米啓太、木村克輝 複数の水道原水から精製回収したバイオポリマーのキャラクタリゼーション、第53回日本水環境学会年会、甲府、2019