積雪寒冷都市の都市デザイン
Urban Design achieving to Winter Cities

研究概要/Abstract
現代の都市空間の多くは、気候風土への配慮が不足しているために、周辺環境へ悪影響を及ぼしています。特に積雪寒冷都市では、冬期の寒さや積雪などの特徴的な気候に適した都市空間像が求められます。また、冬季の暖房や除雪に多大なエネルギーを要する積雪寒冷都市では、消費エネルギーの低減も都市デザインにおける大きな課題です。
本研究室では、積雪寒冷都市における望ましい都市空間について、風雪環境のシミュレーション(動画)や実態調査に基づく研究を行っています。
Today, most urban spaces have some adverse effect for outdoor environment due to lack of consideration for the local meteorological condition. Particularly in snowy cold cities, urban spaces are required to suitable for local climate because of their harsh condition in winter.In addition, in snowy cold cities that use a lot of energy for heating and snow removal in winter, to reduce energy consumption is one of the major issues in urban design.
In our laboratory, we study about desirable urban space design in winter city. Our studies are based on the simulation of the wind and snow environment and survey of actual condition of outdoor environment and people behavior.

スライド1.jpg

課題

スライド2.jpg

提案

対象敷地/Field
■北方圏、積雪寒冷都市Northern area, Winter city
関連プロジェクト/Project
『新稚内駅再開発プロジェクト』New Wakkanai station redevelopment project
『恵庭市黄金ふれあいセンター』Kogane interaction center in Eniwa City
研究論文/Thesis
査読付論文
『Human Behavior in Downtown Public Spaces during Cooling Periods in Winter Cities』(2018年)著者:Minori Kusaka, Tsuyoshi Setoguchi, Norihiro Watanabe, Zhiming Guo and Anasutasiia Paukaeva掲載雑誌:Journal of Civil Engineering and Architecture, 2018, Vol.12, No.123, p.1-10
『Sustainable Block Design Process for High-Rise and High-Density Districts with Snow and Wind Simulations for Winter Cities』(2017年)著者:Norihiro Watanabe, Tsuyoshi Setoguchi, Kosuke Maeda, Daiki Iwakuni, Zhiming Guo and Takuya Tsutsumi掲載雑誌:Sustainability, 2017, Vol.9, No.11, p.2132-, IF=2.075, TC=0
『Optimization Design of Open Spaces Based on Wind Tunnel and CFD Simulation: Case Study of a Street Canyon in Northern China』(2017年)著者:Zhiming Guo, Tsuyoshi Setoguchi, Norihiro Watanabe, Takuya Tsutsumi掲載雑誌:Journal of Civil Engineering and Architecture, 2017, Vol.11, No.2, p.897-914
『Public Open Space Design Study on the Basis of Microclimate and Spatial Behavior in Hot and Cold Weather Conditions in Downtown Area』(2017年)著者:Zhiming Guo, Tsuyoshi Setoguchi, Norihiro Watanabe, Ke Huo掲載雑誌:Modern Applied Science, 2017, Vol.12, No.2, p.128-141
『Optimization Design of Open Space Based on Microclimate and Behavior in China』(2017年)著者:Zhiming Guo, Tsuyoshi Setoguchi, Norihiro Watanabe, Ke Huo掲載雑誌:Journal of Civil Engineering and Architecture, 2017, Vol.11, p.617-634
『積雪寒冷都市における風雪シミュレーションを用いたスマート街区の空間形態とエネルギー消費』(2017年)■著者:渡部典大、瀬戸口剛、松山倫之、郭 芷銘、堤拓哉■掲載雑誌:日本建築学会計画系論文集, 2016, Vol.82, No.733, p.735-744
『Urban-Design Process with Snow and Wind Simulations: A Study on the Kitami City Hall』(2016年)■著者:Norihiro Watanabe, Tsuyoshi Setoguchi, Shota Yokoyama, Zhiming Guo and Takuya Tsutsumi■掲載雑誌:Journal of Civil Engineering and Architecture, 2016, Vol.11, No.2, p.107-120
『New City Block Design Approaches Incorporating Environmental Assessment for Downtown Districts in Cities with Severe Winter Climates』(2016年)■著者:Norihiro Watanabe, Tsuyoshi Setoguchi, Koya Sato and Takuya Tsutsumi■掲載雑誌:Journal of Asian Architecture and Building Engineering, 2016, Vol.15, No.3, p.455-462, IF=0.277, TC=1
『積雪寒冷都市における風雪シミュレーションによる街区空間形態と除雪エネルギーの評価』(2012年)■著者:瀬戸口剛、佐藤公哉、渡部典大、堤拓哉■掲載雑誌:日本建築学会計画系論文集, 2012, Vol.77, No.682, p.2789-2798
『Public Square Design with Snow and Wind Simulations Using Wind Tunnel, Wind Wind Tunnels and Experimental Fluid Dynamic Research』(2011年)■著者:Tsuyoshi Setoguchi■掲載雑誌:INTECH, Wind Tunnels and Experimental Fluid Dynamics Research, 2011, p.463-478
『Development of Urban Design Guidelines with Wind Tunnel Simulations for Downtown Districts in Winter Cities』(2010年)■著者:Xiang Wang Meng, Tsuyoshi Setoguchi■掲載雑誌:Journal of Asian Architecture and Building Engineering, 2010, Vol.9, No.2, p.355-362, IF=0.030, TC=3
『Urban design evaluations of downtown area in winter cities using wind tunnel simulation -The building type studies for urban renewal in downtown Shenyang, China-』(2009年)■著者:孟 祥旺、瀬戸口剛■掲載雑誌:日本建築学会計画系論文集, 2009, Vol.74, No.646, p.2647-2655
『積雪寒冷都市の拠点施設計画における風雪環境評価を関連づけた都市デザインプロセスの開発』(2009年)■著者:瀬戸口剛■掲載雑誌:日本建築学会計画系論文集, 2009, Vol.74, No.642, p.1777-1786
『A Study on Comfortable Urban Street Design with the Snow Simulations for Winter Cities』(2008年)■著者:Tsuyoshi Setoguchi■掲載雑誌:Learning to appreciate winter: field works on schoolchildren’s & adult’s adaptation to winter in cold regions, Hokkaido University Press, 2008, p.147-155■査読有無:無
『風雪シミュレーションを用いた高層建築開発の屋外公共空間に与える風雪の影響ー積雪寒冷都市における都市デザイン研究ー』(2008年)■著者:瀬戸口剛■掲載雑誌:都市計画論文集, 2008, Vol.43.3, p.697-702
『From SPACE to PLACE -New Downtown Revitalization Design Aproaches in Winter Cities-』(2008年)■著者:Xiang Wang Meng, Tsuyoshi SETOGUCHI■掲載雑誌:Architectural Institute of China International Symposium on Architectural Interchanges in Asia, 2008, No.7, p.456-460
『New Urban Design Approaches with Snow Simulations for Cold and Snowy Cities』(2008年)■著者:Tsuyoshi Setoguchi■掲載雑誌:Journal of Asian Architecture and Building Engineering, 2008, Vol.7, No.1, p.93-99
『積雪寒冷都市のための風雪シミュレーションを用いた高層街区と中層街区の風雪影響の比較』(2007年)■著者:瀬戸口剛、堤拓哉■掲載雑誌:日本建築学会計画系論文集, 2007, Vol.72, No.619, p.101-108
『風雪シミュレーションを用いた高層建築街区と中層建築街区が周辺の公共空間に与える風雪環境評価』(2007年)■著者:瀬戸口剛、堤拓哉■掲載雑誌:日本建築学会計画系論文集, 2007, Vol.72, No.614, p.167-174
『ウィンターシティ・デザインガイドラインとアドバイザリーデザインパネルの役割』(2006年)■著者:瀬戸口剛■掲載雑誌:日本建築学会技術報告集, 2006, Vol.12, No.23, p.337-342
『風雪シミュレーション環境評価から導いた複合拠点再開発計画のデザインガイドライン』(2006年)■著者:瀬戸口剛、堤拓哉、高倉政寛、松岡桂秀、大柳佳紀■掲載雑誌:日本建築学会計画系論文集, 2006, Vol.71, No.604, p.131-138
『風雪に強いまちづくりー地域の環境と融合する都市デザインの新たなプロセスー』(2006年)■著者:瀬戸口剛■掲載雑誌:地域開発, 2006, Vol.500, p.2-6
『全国都市再生モデル調査における地域からの新しいアプローチ:稚内市での風雪に強いまちづくり』(2005年)■著者:瀬戸口剛■掲載雑誌:都市計画, 2005, Vol.54, No.6, p.24-27
『ENVIRONMENTAL ASSESSMENTS FOR URBAN STREETS DESIGN WITH THE SNOW SIMULATIONS IN WINTER CITIES』(2004年)■著者:Tsuyoshi Setoguchi■掲載雑誌:ISCORD International Symposium on Cold Regional Development, 2004
『Efficiencies of Infill Developments against Snow Problem in Winter Cities -The Snow Simulations for Desirable Block Designs Using Wind Tunnel-』(2004年)■著者:Tsuyoshi Setoguchi■掲載雑誌:Journal of Asian Architecture and Building Engineering, 2004, Vol.3, No.2, p.335-340
『稚内市都市再生における中心市街地と臨港地区を連携する都市軸と都市拠点の整備計画』(2004年)■著者:瀬戸口剛、吉川利明、辻井順、岡田貴裕■掲載雑誌:日本建築学会技術報告集, 2004, Vol.10, No.20, p.261-266
『都市の微気候から公共空間をデザインするーウィンターシティにおける都市デザインアプローチー』(2004年)■著者:瀬戸口剛■掲載雑誌:建築雑誌, 2004, Vol.119, No.1520, p.30-32
『A Study on Desirable Spatial Images with Urban Blocks for Winter Cities』(2003年)■著者:Tsuyoshi Setoguchi■掲載雑誌:Journal of Urban Form, 2003
『A Study on Efficiencies for Reducing Snow Damages on Infill Developments in Downtown Area』(2003年)■著者:Tsuyoshi Setoguchi■掲載雑誌:City Planning Institute of Japan, The proceedings of International Symposium on City Planning, 2003
博士論文
『積雪寒冷都市における北方型スマート街区による都市デザイン手法の構築』(2017年度)■著者:渡部典大
学士・修士論文
『風雪シミュレーションを用いた融雪負荷と建物熱負荷を低減する街区形態の開発ー積雪寒冷都市における都市デザイン その19ー』(2017年度 修士論文)■著者:横山翔太、瀬戸口剛、渡部典大、堤拓哉、日下みのり
『積雪寒冷都市における屋内外パブリックスペースの空間構成と冬季の利用行動ー積雪寒冷都市における都市デザイン その18ー』(2017年度 学士論文)■著者:長谷川怜史、瀬戸口剛、渡部典大、日下みのり、横山翔太
『積雪寒冷都市におけるオープンスペースの空間構成と利用行動ー積雪寒冷都市における都市デザイン その17ー』(2017年度 修士論文)■著者:日下みのり、瀬戸口剛、渡部典大、横山翔太、長谷川怜史
『積雪寒冷都市における冬期の都心オープンスペースの利用行動とデザインガイドラインー積雪寒冷都市における都市デザイン その16ー』(2016年度 修士論文)■著者:岩国大貴、瀬戸口剛、佐藤勇人、堤拓哉
『積雪寒冷都市における寒冷移行期の都心オープンスペースの空間構成と利用行動ー積雪寒冷都市における都市デザイン その15ー』(2016年度 学士論文)■著者:佐藤勇人、瀬戸口剛、岩国大貴
『積雪寒冷期の都心オープンスペースにおける利用行動と都市デザインガイドラインー積雪寒冷都市における都市デザイン その14ー』(2015年度 修士論文)■著者:松山倫之、瀬戸口剛、日下みのり、横山翔太
『積雪寒冷都市における寒冷移行期の都心オープンスペースでの利用行動ー積雪寒冷都市における都市デザイン その13ー』(2015年度 学士論文)■著者:日下みのり、瀬戸口剛、松山倫之、横山翔太
『風雪シミュレーションを用いた新市庁舎建設計画プロセスの開発ー積雪寒冷都市における都市デザイン その12ー』(2015年度 学士論文)■著者:横山翔太、瀬戸口剛、松山倫之、日下みのり、堤拓哉
『風雪シュミレーションを用いた低炭素型の都心空間デザインプロセスー積雪寒冷都市における都市デザイン その11ー』(2014年度 修士論文)■著者:前田孝輔、瀬戸口剛、渡部典大、岩国大貴、堤拓哉
『積雪寒冷都市における風雪シュミレーションを用いた高層高容積街区の都市空間像の提案ー積雪寒冷都市における都市デザイン その10ー』(2014年度 学士論文)■著者:岩国大貴、瀬戸口剛、渡邊典大、前田孝輔、堤拓哉
『積雪寒冷都市において地区エネルギーと雪処理エネルギーを考慮した都市空間像の開発ー積雪寒冷都市における都市デザイン その9ー』(2013年度 修士論文)■著者:高梨潤、瀬戸口剛、松山倫之、堤拓哉
『風雪シミュレーションを用いた都心再開発の空間像とデザインガイドラインの提案ー積雪寒冷都市における都市デザイン その8ー』(2013年度 学士論文)■著者:松山倫之、瀬戸口剛、高梨潤、堤拓哉
『大規模再開発における計画・環境評価を組み込んだアーバンデザインプロセスの開発ー積雪寒冷都市における都市デザイン その7ー』(2012年度 修士論文)■著者:佐藤公哉、瀬戸口剛、前田孝輔、堤拓哉
『風雪シミュレーションを用いた大規模再開発計画におけるアーバンデザインガイドラインの提案ー積雪寒冷都市における都市デザイン その6ー』(2012年度 学士論文)■著者:前田孝輔、瀬戸口剛、佐藤公哉、堤拓哉
『風洞シミュレーションを用いた北方型低炭素街区のデザインプロセスの開発ー低炭素都市実現に向けた都市デザイン その5ー』(2011年度 修士論文)■著者:山田健介、瀬戸口剛、高梨潤、堤拓哉、阿部佑平
『積雪寒冷都市における風雪シミュレーションを用いた高密市街地の配置計画プロセスの開発ー低炭素都市実現に向けた都市デザイン その4ー』(2011年度 学士論文)■著者:高梨潤、瀬戸口剛、阿部佑平、山田健介、堤拓哉
『地区エネルギー評価を導入した複合型都心開発の計画プロセス研究ー低炭素都市実現へ向けた都市デザイン その3ー』(2010年度 修士論文)■著者:千葉拓也、瀬戸口剛、渡部典大
『環境・エネルギー評価を関連づけたエコ街区構築による都市デザインプロセスの開発ー低炭素都市実現に向けた都市デザイン その2ー』(2010年度 修士論文)■著者:渡部典大、瀬戸口剛、千葉拓也、佐藤公哉、堤拓哉
『積雪寒冷都市における風雪シミュレーションを用いた都心街区の空間デザインー低炭素都市実現に向けた都市デザイン その1ー』(2010年度 学士論文)■著者:佐藤公哉、瀬戸口剛、堤拓哉、渡部典大、千葉拓也、増田祥子、山田健介、野村武志
その他/Others
■近年研究活動報告パネルPDF

RESERCH

集約型コンパクトシティの形成に向けた計画研究
Planning integrated Compact Cities

積雪寒冷都市の都市デザイン
Urban Design achieving to Winter Cities

地方都市における低層低容積再開発の空間像
Compact city with low-density redevelopment in the small local city

新エネルギーによる循環型地域形成
The Development of Sustainable Communities with Alternative Energy

公営住宅整備によるまちなか居住研究
Downtown Living Project on Public Housing Development

空き家の流通に向けた研究
Study for the distribution of vacant houses

北方圏における建築都市デザイン
Architecture and Urban Design for the Northern Region