空き家の流通に向けた研究
Study for the Distribution of Vacant Houses

研究概要/Abstract
地方小都市では人口減少が進み空き家が増加しています。また、不動産事業が確立されていない現状から空き家の流通が困難です。一方で、人口減少を抑制すべく移住促進が進められており、移住者のための多様な生活様式に対応した住宅が求められています。
そこで本研究では、北海道下川町において、移住者に向けた住宅情報の提供の手法と空き家の利活用方針を提案することを目的としています。
Today, the population has declined in local small cities, and vacant houses are increasing. In addition, it is difficult to distribute vacant houses that the real estate business is not established. Meanwhile, promotion of newcomer is proceeding to suppress population decline, and newcomers require houses corresponding to various lifestyles.
In this research, we aim to propose a method of providing housing information for newcomers and a utilization policy of vacant houses in Shimokawa town, Hokkaido.

スライド1.jpg

課題

スライド2.jpg

提案

対象敷地/Field
■北海道下川町Simokawa-town, Hokkaido
学士・修士論文
『移住者に向けた空き家情報の提供と利活用方針の提案ーIT活用による地方再生研究 その1ー』(2017年度 学士論文)■著者:伊勢谷拓也、瀬戸口剛、樫村圭亮、松田かりん

RESERCH

集約型コンパクトシティの形成に向けた計画研究
Planning integrated Compact Cities

積雪寒冷都市の都市デザイン
Urban Design achieving to Winter Cities

地方都市における低層低容積再開発の空間像
Compact city with low-density redevelopment in the small local city

新エネルギーによる循環型地域形成
The Development of Sustainable Communities with Alternative Energy

公営住宅整備によるまちなか居住研究
Downtown Living Project on Public Housing Development

空き家の流通に向けた研究
Study for the Distribution of Vacant Houses

北方圏における建築都市デザイン
Architecture and Urban Design for the Northern Region