研究室メンバー(教員の業績や学生の就職先も紹介します!)

教員・職員

役職 氏名 専門分野
 教授
 北大LINAC-II 施設長
 HUNS-II 施設長
 加美山 隆(Takashi Kamiyama) 中性子イメージング、中性子デバイス、加速器中性子源、中性子ビームライン、X線イメージング融合連携、中性子ビーム産業応用
 助教  佐藤 博隆(Hirotaka Sato) パルス中性子イメージング、加速器中性子源、中性子ビームライン、金属組織の結晶学的解析、宇宙放射線(中性子)ソフトエラー
 秘書(事務補助員)  後藤 雅子(Masako Gotoh) 中性子ビーム応用理工学研究室

役職 氏名 専門分野
 客員教授
 名誉教授(北大&KEK
 現在 産総研 招聘研究員
 古坂 道弘(Michihiro Furusaka) 中性子小角散乱、加速器中性子源、中性子光学、中性子実験装置、陽子線治療工学
 名誉教授(北大)
 現在 名大 特任教授
 前 日本中性子科学会長
 JCANS代表
 鬼柳 善明(Yoshiaki Kiyanagi) 加速器中性子源、中性子光・工学、パルス中性子イメージング、量子ビーム医療工学

中性子ビーム応用理工学研究室の専任教員(加美山・佐藤)は、量子ビーム材料工学研究室の 大沼 正人 教授と共に、
「大学院工学研究院 エネルギー・マテリアル融合領域研究センター 中性子材料解析研究室」も兼任しています。

学生(大学院生・学部生)

学年 氏名 研究テーマ
 修士課程 2年  佐藤 実有季(Miyuki Sato) 残留オーステナイト相の3Dイメージング
(佐藤チーム)
 修士課程 2年  平野 主馬(Kazuma Hirano) 材料凝固過程の機械学習援用可視化法の開発
(加美山・佐藤チーム)
 修士課程 1年  楠見 敦也(Atsuya Kusumi) 鋼中マルテンサイト相のトモグラフィ
(佐藤チーム)
 修士課程 1年  榊原 亜子(Ako Sakakibara) 産業応用ブラッグエッジ迅速解析法の実用化
(加美山・佐藤チーム)
 修士課程 1年  櫻井 洋亮(Yosuke Sakurai) 結晶粒内の結晶状態変化のトモシンセシス
(佐藤チーム)
 修士課程 1年  貞永 直樹(Naoki Sadanaga) 中性子共鳴吸収による動体内非破壊温度測定
(加美山チーム)
 修士課程 1年  藤谷 佑樹(Yuki Fujiya) 産業用サイクロトロン中性子源施設の高度化
(加美山チーム)
 学部 4年  稻村 泰紀(Taiki Inamura) HUNS-II用高強度パルス熱中性子源の開発
(加美山チーム)
 学部 4年  木内 笠(Ryu Kiuchi) 宇宙線ソフトエラーに関するNTT共同研究
(加美山・佐藤チーム)
 学部 4年  北原 駿凪(Shuto Kitahara) HUNSにおけるその場ひずみイメージング
(加美山・佐藤チーム)
 学部 4年  黒川 輝(Akira Kurokawa) 中性子・X線融合連携イメージング法の発展
(加美山チーム)
 学部 4年  三好 茉奈(Mana Miyoshi) 冷中性子を利用した温度計の開発
(佐藤チーム)

大学院生は「大学院工学院 量子理工学専攻 応用量子ビーム工学講座 / 物質構造科学講座(KEK連携講座)」、
学部生は「工学部 機械知能工学科 機械情報コース / 機械システムコース」に所属しています。

博士課程への進学を考えている学生にとって耳寄りな情報: 当研究室の博士課程院生「全員」が、
日本学術振興会 特別研究員」(20万円/月の奨励金+100万円/年の研究費)へ採用されています。

学生の主な就職先(2015~2018年度)

中性子ビーム応用理工学研究室は広範な産業・科学を支える量子ビーム工学研究を展開しており、出身学生もまた、各々が望む様々な分野へ飛び立っています。特定の業種・職種に偏っていないことがポイントです。少し前には、
トヨタ自動車、NTT、JR東海に就職した学生さんもいました。

最初に戻る