学生募集

学生募集

どんな研究室か?

卒論・修論を通じて、「社会人として独り立ちする」「研究者・技術者としての土台を作る」ために、様々なことに取り組んでいます。

・輪講(ゼミ)や研究会での「対話」を重視した研究・教育環境です。
・国内だけでなく、国際会議での発表機会が多数あります。(望めばいくらでも)
・企業の最前線の研究者との交流機会があります(複数のプロジェクトが進行中。いろいろと話が聞けます)。
・国立研究所(核融合研、量研機構等)、他大学(宇都宮大、広島大、東京大、大阪大、九州大、米国Purdue大、熊本大、等)との共同研究を進行中。活動の場は、学内にとどまりません。
・最先端の「産業応用プラズマ」「核融合プラズマ」「宇宙プラズマ」「基礎プラズマ」研究を通じた、学生が主体的に考え、問題解決を図るための「トレーニングの場」の提供を約束します(社会に出る前に沢山経験しておきましょう。今なら失敗し放題?です)。

こんな人にお薦めします

・自分の頭でものを考えることが好きだ(納得しないと気が済まない)。
・科学技術や情報処理の原理に基づいた応用(工学)に関心がある。
・大学での基礎研究が、産業界でどのように活用されているかに興味がある。
・基礎研究と応用研究の両方に触れてみたい。
・社会の様々な問題を科学技術で解決したい。または、そのための経験・トレーニングを積みたい。

pagetopPAGETOP