原子間力顕微鏡(AFM)

HITACHI Nanocute
材料表面の凹凸をナノレベルで測定する装置です。原子レベルに近い分解能で、材料表面の三次元立体画像を得ることができます。昔の原子間力顕微鏡とは異なって半自動測定に対応しており、初心者でも簡単にナノレベルの表面像を得ることができます。

DCマグネトロンスパッタ

Quorum Q150TS
材料表面にナノレベルの薄膜を作る装置です。厚さは1nm単位で1µm程度まで、貴金属や卑金属、導電性酸化物薄膜を形成できます。現在、Au, Ag, Cu, Pt, Pd, Rh, Ir, Ru, W, Al, Mg, Ti, Sn, Fe, Cr, Mo, ITOの各ターゲットを用意しています。

ウルトラミクロトーム

RMC Powertome XL
透過型電子顕微鏡用の超薄切片を作製する装置です。ダイヤモンドのナイフを用いて厚さ10nm程度までの薄片を形成することができます。ガラスナイフメーカーも備えています。

マイクロビッカース硬度計

Shimadzu HMV-G 20S
材料の硬さを測定する装置です。ダイヤモンドの圧子を押し付けて、生成したくぼみの大きさを測定することにより、ビッカース硬度を得ます。ビッカース圧痕を用いて試料表面の微小な位置をマーキングしたりすることにも利用できます。

高精度ポテンショスタット・ガルバノスタット・周波数特性解析器

Ivium CompactStat
金属材料の電気化学的な特性や腐食挙動を精密に測定するための装置です。ほとんどの電気化学測定をこなすことができる優れものです。

関数発生器内蔵汎用ポテンショスタット

Hokuto HABF-501A
電気めっきやエッチングなど、さまざまな表面処理を行うための汎用ポテンショスタットが2台稼働しています。

陽極酸化装置一式

金属を陽極酸化(アノード酸化)するための装置一式です。低温高温水槽、水中スターラー、電気化学セル、直流/交流電源、デジタルマルチメーターおよびパソコンから構成されており、このセットが6セットあります。

静的・動的接触角計

KYOWA DM-501
材料表面に静置した液体の接触角を測定する装置です。とても水がよく濡れる超親水性や、水をよく弾く超撥水性などの評価に用います。前進接触角および後退接触角の測定による接触角ヒステリシスを得て、表面の滑落性を評価することも可能です。

ウルトラミクロ天秤

METTLER XPR2UV
試料の質量を0.1µg(0.0000001g)単位で測定できる装置です。一般的な電子天秤では、世界最高レベルの精度を誇ります。

自動研磨機

Struers S5629
金属を鏡面研磨するための自動研磨機です。アルミニウムは大変柔らかく、手研磨では鏡面を得ることが難しいため、重宝しています。比較的弱い力で長時間の自動研磨を行うことにより、鏡面のアルミニウムを得ています。

紫外・可視分光光度計

Thermo GENESYS 10S UV-VIS
溶液の吸収スペクトルを測定し、溶液に含まれている化学物質の定性・定量分析を行う装置です。

スピンコーター

試料を高速回転させて、表面の液体を遠心力によって薄膜化する装置です。

マッフル炉・電気炉・恒温器各種

1250℃までの高温熱処理を行ったり、20℃程度の恒温処理を行ったりと、温度を制御して材料表面を制御するための装置類です。環境(雰囲気)も、大気、真空、窒素、アルゴンと様々に制御可能です。

蛍光分光光度計

JASCO FP-8300
光のエネルギーを吸収して発光する「フォトルミネッセンス」を評価する装置です。どのような励起波長で、どのような波長の蛍光が生じているのか、可視化することができます。

ローノイズ前置電流増幅器

Stanford Research Systems SR570
極めて小さな電流(1pA = 0.000000000001A レベル)を増幅して出力する装置です。微小電流を正確に測定するために欠かせないアンプです。

分光測色計

Konica Minolta CM-5
材料表面の色を評価する装置です。各波長ごとの反射率など一般的な分光測定から、人間の見た目の色を評価する測色まで、表面の色に関する全般的な測定が行えます。

3Dプリンター

Formlabs Form3
光造形方式の3Dプリンターです。造形サイズ145mm × 145mm × 185mm、積層ピッチ25µm 〜 300µm、透明樹脂、硬い樹脂、ゴムのような樹脂、化学的安定性に優れた樹脂、高温に耐える樹脂など、さまざまな樹脂からなる三次元構造を簡単に作ることができます。

オシロスコープ

Rohde&Schwarz RTE1024 
電位の変化を高速測定する装置です。周波数帯域200MHz、サンプリングレート5G/s、メモリ長200M、垂直分解能16bit、垂直軸500µV/div〜10V/div、水平軸50ps/div〜5000s/divの高性能オシロスコープで、とても短い時間スケールの電位・電流・静電気量などを測定するために役立っています。

ナノクーロンメーター

Monroe Electronics 284/22B

摩擦帯電によって材料表面に生じる電荷(静電気)をpC(ピコクーロン)の精度で測定する装置です。電荷の移動を電流として取り出すナノ発電機を開発しており、電荷の正確な測定のために使用しています。