Homeタンジェントの法則
 tan45°は1です。45°の5%増(47.25°)のタンジェント(tan47.25°)は1.08です。この差は0.08と大変小さいものです。しかし、横軸:時間(day)、縦軸:身につけた能力というグラフをイメージしてください。毎日他人より5%努力し、これを1年間継続すると、 0.08×365=29にもなります。29という数値も割合(増加率)としては0.08ですが、日を重ねるごとに分母(日数)が増えるのに伴い、分子(身につけた能力)の「値」は増えます。
 成果主義時代の昨今誰しも頑張っており、他の人よりもさらに5%努力することは並大抵のことではないですが、毎日のテレビの時間を30分減らしてみるなどの努力が必要です(古市 2007)。このような努力の継続が最終目標の達成への最適解と考えます。従って私の役割は、いかに学生に自主的、能動的なやる気を持たせるか、ということになります。当の学生はそうは感じられないかもしれませんが、日々このように考えています。