北海道大学-環境ナノ・バイオ工学研究センター
北海道大学環境ナノ・バイオ工学研究センター

センター長挨拶

センター長写真

2025年における世界の水問題の予測では、欧米と中国全域を含む世界的な水不足が生ずる。21世紀のキーワードである「持続的発展(Sustainable Development)」を実現するには、水資源の確保をダムによる貯水や長距離導水に依存する大規模集中の20世紀型パラダイムから、水の再利用や水循環の小規模化を含めた21世紀型パラダイムへの転換が必須である。また、単純大規模システムによる高速大量輸送技術を基盤とした一括的水供給と汚水排除によって、20世紀の都市水代謝を支えてきた近代上・下水道は、構造的な渇水と水質汚濁に対処できず破綻しようとしている。毎年10%増加するボトル水の売り上げに見られる国民の水道水離れ、環境ホルモンや医薬品由来有機物のような微量化学物質による水環境汚染、に対処するにも21世紀型パラダイムへの転換が不可欠である。また、産業や流域圏域で発生する各種廃棄物量の増加は、人類の生存を脅かすに至っている。廃棄物問題の解決にも、水問題と同様に再利用・循環型社会へのパラダイム転換が必須である。

センター長挨拶

Staff

Staff

センター長/研究員/事務員
旧職員/兼務教授/客員教授

Projects

Projects

先端的研究の展開/研究成果の国際発信/若手研究者の育成/共同利用施設としての貢献