准教授

若林斉   Hitoshi Wakabayashi

2007年3月博士(体育科学):筑波大学

大学院工学研究院 環境工学部門 准教授

  研究室:工学部A棟 214室
  E-mail:wakabayashi[at]eng.hokudai.ac.jp([at]を@に変更してください)

専門分野

      環境人間工学,生理人類学,寒冷適応,体温調節,筋パフォーマンス

研究内容

■人体の環境適応能力を考慮した屋内温熱環境設計

​

■寒冷環境における身体作業能力に関する研究

​

■寒冷環境に対するヒトの体温調節応答の適応順序性および組織代謝との協関

​

■骨格筋冷却による筋代謝制限下で行う運動トレーニング手法の開発

​


教育担当科目

学 部

 環境生理学
 環境工学概論(分担)
 環境工学実験III(分担)
 環境工学ゼミナール
 卒業論文

大学院

 環境人間工学特論
 空間性能システム特別演習
 空間性能システム特別研究
 修士・博士論文
 Evaluation of Indoor Environment

略 歴

  • 2007年 4月 九州大学大学院芸術工学研究院環境人間工学研究室学術研究員
  • 2009年 4月 日本学術振興会特別研究員(PD)(九州大学大学院芸術工学研究院)(~2012年 3月)
  • 2009年10月 University of Portsmouth, Department of Sport and Exercise Science, Sponsored Researcher(助成付き研究員,ポスドク)(~2011年 2月)
  • 2012年 4月 千葉工業大学工学部教育センター助教
  • 2015年 4月 千葉工業大学工学部教育センター准教授
  • 2016年 4月 北海道大学准教授(大学院工学研究院空間性能システム部門空間性能分野環境人間工学研究室)
  • 2020年 4月 北海道大学准教授(大学院工学研究院環境工学部門環境工学分野環境人間工学研究室)

所属学会・学会活動

  • 日本生理人類学会
  • 人間-生活環境系学会
  • 日本体力医学会
  • 日本体育学会

受賞歴

  • 2004年 9月 日本生理人類学会第50回大会発表奨励賞 保温水着着用が水浸安静時の放熱量および熱遮断能に及ぼす影響
  • 2006年 9月 第20回運動と体温の研究会若手発表部門奨励賞 小学校水泳授業における保温水着着用の有効性
  • 2011年 9月 第25回運動と体温の研究会若手発表部門奨励賞 運動時における水分摂取が熱帯地住人の体液量と体温に及ぼす影響
  • 2012年12月 人間-生活環境系学会学会大会発表賞 Wakabayashi H, Barwood MJ, Tipton MJ. Oxygen uptake dynamics during cold water immersion: Components of the initial metabolic response and subsequent shivering response. The 4th International Conference on Human-Environment System, Sapporo, 2011.10.3-6
  • 2012年12月 人間-生活環境系学会平成24年度奨励賞 Wakabayashi H, Arai S, Sengoku Y, Kaneda K, Sato D, Nomura T, Tochihara Y. Evaluation of children’s thermal sensation in an outdoor swimming pool during swimming class –Multiple effects of environment, morphological characteristics and swimwear condition–. Journal of Human-Environment System 14 (1): 1-7, 2011.
  • 2013年 6月 日本生理人類学会第67回大会優秀発表賞 若林斉, 西村貴孝,Titis WIJAYANTO,綿貫茂喜,栃原裕.局所冷却による前腕部組織温度の低下と骨格筋酸素摂取量の変化
  • 2015年 5月 日本生理人類学会論文奨励賞 Wakabayashi H, Wijayanto T, Lee JY, Hashiguchi N, Saat M, Tochihara Y. A comparison of hydration effect on body fluid and temperature regulation between Malaysian and Japanese males exercising at mild dehydration in humid heat. Journal of Physiological Anthropology Vol.33:5

学会委員等

  • 日本生理人類学会若手の会会長(2008.6~2011.10)
  • 日本生理人類学会評議員(2009.4~)
  • 10th International Congress of Physiological Anthropology, Fremantle Australia, Committee member of Young Researchers Colloquium(2010.9)
  • Extreme Physiology & Medicine, Editorial Board(2011.8~)
  • 4th International Conference on Human-Environment System, Sapporo, Committee member,Organizer of Young Researchers Forum(2011.10~)
  • 日本生理人類学会幹事(2012.5~2013.3)
  • 日本生理人類学会理事(2013.4~)
  • 日本生理人類学会Editor, Journal of Physiological Anthropology(2014.1~)
  • 人間-生活環境系学会評議員(2014.4~)
  • International Symposium on Human Adaptation to Environment and Whole-body Coordination, Committee member(2015.3)
  • The 12th International Congress of Physiological Anthropology, Committee member(2015.10)
ページのトップへ戻る