北海道大学
       
 工学部   ----  社会基盤 学・国土政策学コース
       
 工学院   ----  環境フィールド工学部門

Japanese / English

  当研究室でのイベント(学習・研究・レクリエーション)を紹介します。


  ホーム

 
研究活動

  研究施設

 
メンバー

 
一緒に研究しませんか?

  
イベント

  発表論文

 
教育・資料

 
お問い合わせ/アクセス


イベント

 全てのイベントを網羅しているわけではありませんが、卒業生・在籍者の思い出アルバムとして、またこれから研究室を選ぶ学生に、どのような課外活動を行っているか紹介するために、イベントの記録を少しずつ残していきたいと思います。








2013.12.13
研究室忘年会

 ま だ今年の仕事はたくさん残っていましたが、早めに忘年会を行いました。左のほうにいないはずの人がいますが、手に持っている紙袋の中身(江頭2:50の フィギュア)を研究室への土産として持ってきてくれました。今年はまだ時期が早いということもあり、比較的落ち着いた会でした。




一次会終了後



2013.11.20
千歳川遊水地群訪問

 私 たちのゼミをとっている2年生の学生5人と当研究室4名で千歳川遊水地を訪問しました。千歳川遊水地は全部で6つ建設中なのですが、そのうち2つを北海道開発局千歳河川事 務所様にご案内頂いて見学してきました。一つは、6月にも訪問した晩翠遊水地です。この訪問は、地盤工学会の学生編集委員である高篠君が記事にして学会誌 に投稿するそうです。
 晩翠遊水地では泥炭を、根志越遊水地では火山灰砂を見て触ってきました。2年生の学生さんたちは、土の力学を勉強し始めてからまだ1か月ちょっとです。 土を注意して見るのもこれが初めてでしょう。少しでも興味を持ってくれるとよいですが(はじめて見る土としては「ゲテモノ」ばかりですが)。



晩翠遊水地の泥炭地盤上にて



根志越遊水地の火山灰砂質土



2013.7.23-25
地盤工学研究発表会@富山市

 地盤工学会の全国大会である地盤工学研究発表会に、当研究室から5名(うち学生2名)参加しました。学生の杉山君と高篠君はいずれも優秀講演賞を頂くことができました。





2013.6.6
晩翠遊水地にて泥炭試料採取

 千 歳川遊水地の一つである晩翠遊水地に、実験で用いる泥炭の試料を採取に行きました。模型実験を行うために、採取した重量はなんと推定500キロ。ポリバケ ツ6個分です。泥炭の下位の粘土もついでに採取してきました。非常にねばっこい、高塑性の粘土でした。天気に恵まれ、楽しい一日でした。



晩翠遊水地での試料採取



2013.1.4
新年交礼麻雀

 学生部屋には麻雀が3卓囲める設備があるのですが、今回は初めて教員も参戦しました(アリアリの競技麻雀です)。写真では服部君が難しい顔をしていますが、ドラ対子なんですね。彼の話では、何回か指導教員である田中先生の振り込みを見逃してあげていたらしいです。




学生部屋にて



2012.9.20
和泉市にて粘土をブロック採取

 大 阪府和泉市の宅地開発現場にて、過圧密洪積粘土がブロックサンプリングできる場所があるとの情報を手に入れ、装備を一式整え、現場へ行きました。田中先 生・杉山君・西村に加え、岡山に帰省中の小宮君も呼び出しました。相当の過圧密で固く、20代前半に、現ヒースロー空港第5ターミナル建設サイトでロンド ン粘土を掘った日々を思い出しました。このとき大量に採取した粘土が、この後2年間の研究に大きく役に立つとはこのときは思いませんでした。アパホテルに 泊まったのですが、部屋にあった「漫画アパホテル」は衝撃でした。



和泉市にて大阪湾粘土のブロックサンプリング



2012.8.14
石狩湾新港海上ボーリング見学

 石 狩湾新港では、港内の静穏度の向上のため、防波堤の延伸が実施されています。今回は、小樽港湾事務所様にいご案内頂き、その地盤調査のための海上ボーリン グ現場を服部君と西村で訪ねました。北海道は観光シーズン真っ只中で、レンタカーが借りられず、路線バスで1時間かけてやってきました。海上やぐらは、足 を踏み外せばそのまま海に落下です。ここでは洪積粘土を採取するため、三重管ロータリーサンプラーとシンウォールを使い分けています。ここで採取した粘土 の一部は、Delvin君が試験に用いています。




石狩湾の海上やぐら:日本海側は夏以降は波が非常に
高くなるので、これが今年は最終週だそうです。


やぐらの上にて:床の網の下に海が見えるのは
なかなかの迫力です。



2012.6.15
日高自動車道建設現場見学

 少なくとも年に一回は研究室全員で見学に行こうと思っており、今回は日高自動車道の建設現場に行きました。カ ルバート設置のための地盤改良として、浅層混合固化処理技術の一つであるパワーブレンダー工法を見学してきました。ついでに、固化処理土の力学研究用に粘 土も採取してきました。おそらく腐植酸が多いためと思いますが、通常のセメントではまったく固化しない粘土でした。稗田君がなぜかHITACHI製のパ ワーブレンダーマシンにとても興奮しているのが印象的な見学会でした。



日高自動車道建設現場にて、パワーブレンダーを
背景に





Copyright © 2011 Laboratory of Soil Mechanics, Hokkaido Univerisity