目的 Our Purpose

北海道大学が掲げるフードバレー構想のもと、現場のニーズに基づいた次世代農林水産工学技術を開発するためのプラットフォーム研究会。北海道大学をはじめとする大学や公的研究機関、北海道をはじめとする行政機関、関連する民間企業、さらには農林水産業従事者の参画により、研究シーズと事業ニーズのマッチングを行い、次世代の農林水産業に関する新たなイノベーションを誘導し、共同研究・共同開発などが立ち上がるための、インキュベーション機能の役割を担う。

a