機械情報コース Course of Mechanics and Information

人々を笑顔にできる機械を開発したい!

量子ビームで誰も
見たことのない世界を見たい!

バイオ工学やロボット工学などの新領域に取り組む。

機械工学と原子工学を基盤として、制御工学、量子力学や情報処理・電子工学などを応用し、ロボット、バイオエンジニアリング、医療・福祉などの先端産業分野で活躍する技術者や研究者を育成します。また、ナノ・マイクロ、エネルギー・環境等の新領域で活躍できる人材の育成も目標としています。

従来の機械工学を超えた、新領域に対応する教育を。

機械力学、材料力学やプラズマ物理などの基礎知識を習得するとともに、科学技術の発展に対応できるようにするため、従来の機械工学の範疇を超えた、新領域対応の基礎的知識についての教育を充実させています。また、学生自身の発想で課題解決を行う創成型教育、先端研究を体験する卒業論文にも力を注いでいます。

学生の声

「誰かを助けたい」を カタチにできる技術者に

田邊 晴香
機械知能工学科
機械情報コース4年
(千葉県立匝瑳高等学校出身)

将来は誰かの役に立つ仕事をしたいという気持ちが強く、より多くの人々の役に立てる「ロボット」「医療・福祉工学」が学べる本学科を選びました。講義では、機械工学の根幹をなす力学の基礎知識はもちろん、その応用例や最先端の技術、技術者としてのあり方も学ぶことが出来ます。今後、人間と機械との関わりはより深まるでしょう。人間と機械が共に生きる未来で、機械の力を借りて人々を笑顔にしていきたいと考えています。

大学院生の声

量子ビームを 知っていますか?

石川 裕卓
大学院工学院 量子理工学専攻
博士課程1年

量子ビームは、人間の眼では見られないものを“見る”ための光のようなもので、例えば、レントゲン等のように物体の内部を可視化したり、更には物質のミクロな構造まで調べることが出来ます。しかし、量子ビーム自体は人の眼では捉えられないので、専用の“眼”が必要となります。私は量子ビームを捉えるための“眼”となる量子ビーム検出器の開発を行っています。まだ誰も見たことのない未知の世界を切り拓いてみたい、それが将来の夢です。

こんな人におすすめ

ロボット、自動車、人工臓器など「人間と調和する機械」が今求められています。そのような開発を担うのは、機械の基礎を学び、医療・福祉、量子ビーム科学などの最先端の科学・技術の知識や考え方を身に付けた人材です。そんな時代の流れをリードしたい人におすすめです。人間と一緒に働く機械や人間と機械のかかわりに興味がある人、新しい分析にかかわる物理・化学やコンピュータが好きな人、機械をばらしたり組み立てたりするのが好きな人に向いています。

カリキュラムの特徴

先端分野で幅広い視野をもって活躍できる人材を育成。

機械情報コースと機械システムコースには、カリキュラム上も多くの共通点があります。機械情報コース専門科目として、「ロボット工学」「バイオエンジニリング」などにより重点を置いていますが、他方のコースの講義も聴講可能です。両コース共通の科目は、各コースの専門科目を理解するうえで必要な機械知能工学の基礎科目を系統的に習得できるよう構成。大学院進学時には、コースには関係なく志望による専攻の選択が可能です。

機械情報コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等) ●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学 など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●機械知能工学入門 ●工業倫理 ●コンピュータ演習 ●設計工学 ●CAD・CAM演習 ●計測工学実験 ●応用数学Ⅰ・Ⅱ ●電磁気学 ●量子力学 ●機械力学 ●振動工学 ●材料力学Ⅰ ●熱力学Ⅰ ●流体力学Ⅰ ●安全工学 など
3年次
学科共通科目・コース専門科目
●設計演習Ⅰ・Ⅱ ●ラボラトリーセミナー ●工業英語演習 ●材料力学Ⅱ ●材料科学 ●伝熱工学Ⅰ ●制御工学Ⅰ・Ⅱ ●電気・電子回路 ●メカトロニクス実習 ●原子物理 ●プラズマ物理 ●統計力学 ●材料強度学 ●計算工学A ●バイオエンジニアリング など
4年次
コース専門科目
●卒業研究 など
修士課程・博士後期課程
大学院工学院機械宇宙工学専攻
●宇宙材料学特論 ●宇宙輸送系特論 ●計算固体力学特論 ●人工衛星設計特論 ●分子流体力学特論 など
大学院工学院人間機械システムデザイン専攻
●システム最適設計特論Ⅰ・Ⅱ ●スマート構造制御特論 ●人間システム工学特論 ●ロボットメカニズム特論 ●固体・運動系バイオメカニクス特論 など
大学院工学院エネルギー環境システム専攻
●原子力システム安全工学特論 ●放射性廃棄物処分工学特論 ●放射線物理学特論 ●原子力・エネルギー材料特論 など
大学院工学院量子理工学専攻
●プラズマ数理工学特論 ●応用放射線科学特論 ●加速器科学特論 ●量子ビーム計測工学特論 ●放射線医療物理工学特論 など

卒業生からのメッセージ

「工学」で社会を支える!


研究所内の試験車両を背景に
石栗 航太郎さん
財団法人鉄道総合技術研究所 車両構造技術研究部 研究員
2004年3月 工学部機械工学科 卒業
2006年3月 大学院工学研究科 機械科学専攻 修士課程 修了
2009年3月 大学院工学研究科 人間機械システムデザイン専攻 博士後期課程 修了

財団法人鉄道総合技術研究所で、鉄道車両の走行性能の向上、乗り心地のさらなる向上のための研究開発に携わっています。新たな開発品の提案や基礎的検討、研究所内の特色ある試験設備を活用した試験のほか、走行試験の結果評価なども行っています。高校生時代は「モノづくり」の中でも動くモノを作ることにかかわる仕事がしたいという希望を持っており、工学部の中でも機械工学科(現:機械知能工学科)を選びました。入学後は振動学への興味が深まり、機械力学分野(現ロボティクス・ダイナミクス研究室)で連続体の振動解析法についての研究に取り組みました。私の携わっている鉄道システムは、機械、土木、建築、電気、制御、信号通信、情報、材料、環境、防災をはじめ工学で扱う分野の組み合わせで成り立っており、いずれかが欠けてもうまく機能しません。学生時代に研究として取り組んだことはもちろんですが、周辺領域として学んだことが現在の業務に活きていることを実感しています。皆さんも、幅広い分野で活躍できる工学部から、社会を支える一歩を踏み出してみませんか?

卒業後の進路

航空・宇宙、自動車、原子力、電気機器、製鋼・素材産業、精密機器、食品、繊維、化学、石油、プラントエンジニアリング等の製造業のほか、運輸・通信サービス、電力・ガス等のエネルギー企業で活躍しています。最近は、コンピュータ、メカトロニクス、宇宙機器などの電子機器・情報関連産業や運輸・通信サービス産業への就職も多くなってきています。これらの分野において、開発設計製造、研究、企画、管理等の中枢的部分において活躍しています。教育および研究公務員へ進む者も多数います。

取得可能な資格

■高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
■甲種消防設備士(受験資格)
■建設機械施工管理技士(受験資格)
■建築施工管理技士(受験資格)
■電気工事施工管理技士(受験資格)
■管工事施工管理技士(受験資格)
※資格の取得には指定科目の修得や、卒業後に実務経験が必要なものもあります。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2015年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先(50音順)

●安藤・間 ●いすゞ ●HGSTジャパ ン ●NOK ●NTTファシリティーズ ●オリンパス ●核融合科学研究所 ●川崎重工業 ●関西電力 ●国土交通省 ●コマツ(小松製作所) ●キャテック ●クリーチャーズ ●新日鐵住金 ●JFEスチール ●JR西日本 ●セイコーマート ●TDK ●デンソー ●デンソー北海道 ●東京電力 ●東芝 ●東芝プラントシステム ●東レ ●トヨタ自動車 ●DOWAホールディングス ●日本原子力研究開発機構 ●日本除雪機製作所 ●日本電産 ●日立建機 ●日立製作所 ●富士重工業 ●北海道立総合研究機構 ●北海道ガス ●北海道大学 ●北海道電力 ●BOSCH ●マツダ ●三菱重工業 ●三菱電機 ●UACJ ●リアウ大学 ●リコー