電気電子工学コース Course of Electrical and Electronic Engineering

生体膜の研究で社会に貢献!

電子デバイスを究めたい!

これからのエレクトロニクスを、安全に進化させる。

携帯電話をはじめ自動車や家電製品など、さまざまなところにコンピュータや通信機器が利用されています。 これらの機器は、技術革新によって小型化・高速化・高機能化がなされてきました。 これからのエレクトロニクスは、利便性の追求だけではなく、安全性を高め環境を守るように進化しなければなりません。

新しい可能性を持つ、次世代エレクトロニクスの創出。

エレクトロニクスは、単原子・単分子・単電子を制御して新しい機能発見を目指す「ナノエレクトロニクス」、電子のスピンを利用する「スピントロニクス」、光子の特徴を利用した「光エレクトロニクス」、生物や化学の分野との融合を目指す「分子・バイオエレクトロニクス」などの側面を持っています。

学生の声

電子機器の内部が 気になる人へ!

武藤 恵
情報エレクトロニクス学科 電気電子工学コース4年
(北海道釧路湖陵高等学校出身)

締切当日になってもどこに移行しようか悩んでいた私は、直感的に電子情報コース(現電気電子工学コース)を第一志望にしたのですが、これが結果的には大正解でした。電子デバイスの仕組みや動作、またその元となる物理を学ぶというこのコースは、電子機器の内部が気になるような私の性格にぴったりだったのです。名前だけ聞いたことがあるような素子の動作原理を学んだり、実際にそれをつかって実験したり、ワクワクする毎日です。

大学院生の声

両親媒性分子の研究で 生体膜の機能を解明

内田 奈緒美
大学院情報科学研究科 情報エレクトロニクス専攻
ナノエレクトロニクス研究室 修士課程2年

小さい頃からプログラミングや電気回路に興味があり、情報エレクトロニクス専攻に進学しました。私の研究テーマは「両親媒性分子の単分子膜」です。両親媒性分子は、人の生体膜にも含まれていて、身近なところでは台所用洗剤や化粧品などに使われています。両親媒性分子単分子膜の構造や物性の研究は、生体膜の機能解明に繋がり、生物分野等への応用が期待されています。人や社会の役に立てるよう、日々実験や研究に打ち込んでいます。

こんな人におすすめ

本コースの希望者には、常に新しい課題に目を向け、自ら積極的に取り組む姿勢が望まれます。大規模集積回路・LSIシステムに興味がある人、新しい材料やナノテクノロジーに興味がある人、仮想より現実のモノを大切にする人、ヒトとさまざまな機器をやさしくつなぐ知的インターフェースに興味がある人、太陽電池など未来のエコロジー社会を実現するエレクトロニクスに興味がある人、広い視野から人類にとって役立つモノをつくりたい人、一つの技術にこだわらずに自分の可能性を広げたい人におすすめです。

カリキュラムの特徴

エレクトロニクスの基礎から応用まで、幅広く学ぶ。

本コースでは、電子工学の基礎から応用まで幅広く学びます。さまざまな課題を解決し、新しいテクノロジーを生みだす源泉は、幅広い知識と高い応用力です。そのために、数学と物理学に重点をおいた基礎科目をはじめ、エレクトロニクスの基盤となる材料から、これらを動かすソフトウェアに至るまで、多彩な専門科目を学びます。電子工学を中心とした幅広い知識と応用技術を身に付けた、エレクトロニクスの専門家を育成します。

コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等) ●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学 など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●応用数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ●電気回路 ●電子デバイス工学 ●情報理論 ●コンピュータ工学 ●電磁気学 ●情報数学 ●信号処理 ●線形システム論 ●電子回路 ●ディジタル回路 ●応用電気回路 ●量子力学 ●計算機プログラミングI・II など
3年次
コース専門科目
●集積回路工学 ●物性工学 ●通信工学 ●半導体デバイス工学 ●電気エネルギー工学 ●光工学 ●計測制御工学 ●電気電子材料工学 ●応用量子力学 ●応用電磁気学 ●応用光工学 ●集積システム工学 ●数値解析とシミュレーション基礎  など
4年次
コース専門科目
●卒業研究 など
修士課程・博士後期課程
大学院情報科学研究科情報エレクトロニクス専攻
●固体物性学特論 ●光電子物性学特論 ●量子物性学特論 ●光デバイス学特論 ●量子デバイス学特論 ●電子材料学特論 ●集積システム学特論 ●光情報システム学特論 ●システムLSI学特論 ●ディジタル通信システム特論  ●情報エレクトロニクス特別演習(修士課程) ●情報エレクトロニクス特別研究(博士後期課程)  など

卒業生からのメッセージ

次の世代へ夢をつなげるために。


社内技術報告会での講演風景
石原 崇章さん
ルネサスエレクトロニクス株式会社 北伊丹LSI試験部 技師
2000年3月 工学部電子工学科 卒業
2002年3月 大学院工学研究科 電子情報工学専攻 修士課程 修了

三菱電機株式会社へ入社後、会社の統合を経て、現在はルネサスエレクトロニクス株式会社で半導体LSIの設計・開発を行っています。半導体LSIは、携帯電話、家電、ゲーム機、自動車など、あらゆる製品に搭載され、社会や暮らしを快適にする上で、今やなくてはならない存在です。私が北大で過ごした1990年代後半~2000年代初頭は、まさにIT革命の時代でした。携帯電話やインターネットなど、生活の中に突如出現した「魔法」に感銘を受けました。電子工学を専攻したのも、この魔法の種明かしをしたかったからです。大学院での半導体の研究では、物理現象からさまざまな可能性を推測し、それを実践するための試行錯誤を繰り返しました。これにより、論理的思考と柔軟なアイデアを生み出す力、そしてチームワークの大切さを学びました。成果は多くの方々のサポートで初めて生まれます。このスタンスは、社会人となった今もまったく変わりません。これから北大へ進学される皆さんも、キャンパスのような広大な夢をもち、次の世代へそれらを与えられる技術者になれるように挑戦してください。

卒業後の進路

本コースの卒業生に寄せられる社会の期待は極めて大きく、就職先は、世界的な電気メーカー、情報・通信企業、自動車メーカー、電力会社などの大手企業が多くを占めています。景気の動向にほとんど左右されず、安定して多くの求人が寄せられています。

取得可能な資格

■高等学校教諭一種免許状(数学・理科・情報)
■甲種消防設備士(受験資格)
■第一級陸上無線技術士(試験科目一部免除)
■第一級陸上特殊無線技士
■第三級海上特殊無線技士
■電気通信主任技術者(試験科目一部免除)
■建設機械施工管理技士(受験資格)
■建築施工管理技士(受験資格)
■電気工事施工管理技士(受験資格)
■管工事施工管理技士(受験資格)
※資格の取得には指定科目の修得や、卒業後に実務経験が必要なものもあります。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2015年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先(50音順)

●NTT ●沖縄電力 ●関西電力 ●JR北海道 ●シャープ ●スタンレー電気 ●住友電気工業 ●総務省 ●ソニー ●ソフトバンク ●東レ ●DHK ●デンソー ●デンソー北海道 ●トヨタ自動車 ●日立情報通信エンジニアリング ●日立製作所 ●富士通 ●フジプラント ●ブラザー工業 ●北海道コカ・コーラボトリング ●北海道電力 ●三菱自動車 ●三菱電機 ●村田製作所 ●リコー


Fatal error: Call to undefined method cl_m::analytics_rt_tag() in /home/www/html5.1/m/class/smp/html.class.php on line 502