情報理工学コース Course of Computer Science and Information Technology

生き物とコンピュータの
いい関係をつくりたい!

将来はシリコンバレーで起業!

人を豊かにする情報システムとサービスの時代。

コンピュータ、インターネット、ソーシャルメディア、人工知能、ロボット…。情報システムは、人と人、人と機械、機械と機械が、知識を共有し仕事を分担する方法を変革しています。それを支えるハードウェアとソフトウェアを創出し、人を豊かにする情報サービスとして提供する技術は重要性を増すばかりです。

基礎と応用を学び、国際的に活躍できる人材に。

本コースでは、特にソフトウェアと情報サービスを中心に、情報の科学(理学)・技術(工学)の基礎と応用を学び、国際的に活躍できる人材をめざします。理学的な科目では、専門分化した情報科学の膨大な知識を体系的に理解できます。工学的な科目では、新たな価値を創造するための革新技術を身に付けます。

学生の声

生物とコンピュータの 関係からのソフトウェア開発

森田 萌
情報エレクトロニクス学科 情報工学コース4年
(埼玉県立川越女子高等学校出身)

多くの人が携帯電話等で様々なソフトウェアを利用していますが、その構造までは知らないと思います。私はソフトウェアの構造や開発に興味を持ち、このコースを選びました。講義ではコンピュータに関係する理論から応用まで学び、実験ではプログラムを実際に書いています。幅広い分野を学ぶことで、将来の選択肢も広がることも魅力の一つです。将来は、ヒト等の生物とコンピュータの関係からソフトウェア開発をしようと考えています。

大学院生の声

世界の人々の問題を 解決するサービス

丸藤 剛大
大学院情報科学研究科 情報理工学専攻
知能ソフトウェア研究室 修士課程2年

私は今、ウェブ上のイラストやアニメに関する画像を収集し、ユーザの嗜好に合った画像ストリームを作成できるようなウェブサイトを友人と開発しています。また、このサイト上の機能の一部に、Deep Learningと呼ばれる人工知能に関する技術を応用する研究を進めているところです。将来はアメリカ西海岸のシリコンバレーで起業し、世界的な規模でより知的・自動的なサービスを提供することで、人々の問題を解決することを目標のひとつにしています。

こんな人におすすめ

人と対話し、人を理解するコンピュータやロボットに興味がある人。クラウドや情報セキュリティに詳しいコンピュータのプロを目指したい人。生物のように学びつつ進化する人工知能や人工生命のソフトウェアに憧れる人。地球上に分散された大量のモノとコト(ビッグデータ)から情報を認識して有益な知識を発見する方法を探求したい人。好きなアニメキャラクターのイラストをソーシャルメディアから自動収集するなどの情報サービスを開発して起業したい人。とにかくまずは情報理工学を学んでおきたい人。こういう人はみな歓迎です。

カリキュラムの特徴

基礎からアプリまで、ソフトウェアと情報サービスのすべてを学ぶ。

カリキュラムは4つの層(グループ)からなります。最初の層は、情報とコンピュータの基礎理論です。残りは情報システムを設計するときの区別で、ベース層、ミドル層、アプリ層です。 ベース層は、プログラミングやデータ構造など、ソフトウェアの基礎です。ミドル層は、情報メディアやネットワークなど、基礎と応用を橋渡しするものです。アプリ層は、人工知能やロボットなど、高度な応用と情報サービスを構築します。

情報理工学コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等) ●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学 など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●計算機プログラミングⅠ・Ⅱ ●計算機プログラミング演習 ●コンピュータ工学 ●情報理工学入門 ●コンピュータシステム ●ネットワークとクラウド ●情報理論 ●情報数学 ●情報理工学演習Ⅰ  など
3年次
コース専門科目
●人工知能 ●データマイニングと機械学習 ●データベースとWebインテリジェンス ●プログラム理論と言語 ●メディアコンテンツ工学 ●人工生命と進化型計算 ●情報代数とオートマトン ●データサイエンス ●メディア処理工学 ●アルゴリズムとデータ構造 ●数値の表現と計算 ●情報理工学実験I・II ●ロボットとインタラクティブシステム ●情報セキュリティ ●ソフトウェア工学 ●計算理論  など
4年次
コース専門科目
●卒業研究 ●科学技術英語演習 など
修士課程・博士後期課程
大学院情報科学研究科情報理工学専攻
●知能ソフトウェア特論 ●自律系工学特論 ●調和系工学特論 ●ヒューマンコンピュータインタラクション特論 ●知識メディア特論 ●知識ベース特論 ●情報知識ネットワーク特論 ●アルゴリズム特論 ●情報数理学特論 ●情報認識学特論 ●知能情報学特論 ●情報解析学特論 ●超高速計算機網工学特論 ●情報システム設計学特論 ●先端ネットワーク特論 ●先端データ科学特論  など

卒業生からのメッセージ

大学で身に付けた、問題を解決する力。


システム研究開発センターにて
岩田 泰士さん
新日鉄ソリューションズ株式会社 技術本部 システム研究開発センター 研究員
2008年3月 工学部 情報工学科 卒業
2010年3月 大学院情報科学研究科 複合情報学専攻 修士課程 修了

現在、新日鉄ソリューションズのシステム研究開発センターで研究員として働いています。システム研究開発センターは3年後のビジネスを見据えた新しい技術を調査検証することを主軸としつつ、当社の技術を担保する組織として存在しています。私はこれまで製鉄業で利用され、担保されてきた「最適化問題※1を解く技術」を、他の分野に適用する仕事に従事しています。大学時代は、プログラミング言語の習得や、ソフトウェア理論、数理解析、人工知能など多岐にわたる科目を履修しました。情報工学ではこれらのさまざまな前提知識を元に、問題解決のための方法論を考え出すことが必要となります。この大学時代に学んだ問題解決までプロセスは、現在私が携わっているシステムインテグレーター※2という職種でも非常に役に立っています。広々とした北大のキャンパスで学んだ経験は、一生忘れられないものになりました。これから北大への進学を考えている皆さんも、きっとそんな経験ができると思います。

※1 ある目的に対してコストを最小化する問題。製鉄業では、鉄鋼製品の生産順序や、在庫管理などをコストが最小になるようにする技術。

※2 システム開発において、コンサルティングから設計、開発、運用・保守・管理までを行う職種。ソフトウェアやハードウェアなどを、効果的に組み合わせ、システムを構築する。

大学でのさまざまな経験が活かされています。


ソフトウェア事業部前にて
山内 優さん
株式会社日立製作所 情報・通信システム社 ソフトウェア事業部 技師
2002年3月 工学部電子工学科 卒業
2004年3月 大学院工学研究科 電子情報工学専攻 修士課程 修了

ソフトウェアの設計・開発の仕事に携わっており、現在は、オンラインショッピングや銀行のシステムなどで利用される製品の開発をしています。大学では新しいことを学びたいと思い、情報エレクトロニクス系に入学しました。当時パソコンを持っていなかった私は、電源を入れることすらできない状態でしたが、新しい知識を習得することに、どんどんのめりこんでいきました。研究室では、データマイニングやテキストサーチについて研究しました。特にプログラミングに夢中になり、徹夜でアルゴリズムを考えたりしていました。一方で、ゼミではものごとを真に理解し論理的に説明することができずに、悪戦苦闘した記憶もあります。仕事では、プログラミングの技術はもちろん、さまざまな場面で大学での経験が活かされていると感じます。また、研究以外にもアルバイトやサークル活動の経験が、ふとした際に役立つことがあります。これから大学生活を迎える皆さん、工学部でのびのびと自由な発想で、新しいことにチャレンジしてください!

卒業後の進路

総合IT技術産業、自動車産業、エネルギー基幹産業などの幅広い分野において、実践的な研究開発を担う情報技術者を数多く輩出しています。電機メーカーや情報処理産業を中心に多くの企業からの求人があり、特に、ソフトウェア産業、ネットワーク応用産業、先端情報機器および社会基盤を構成する総合情報システムの分野における研究職・開発職への就職に強みを持っています。また、次世代の情報技術の研究・教育を行う大学や研究機関等において、研究面で世界をリードする人材も多く輩出しています。

取得可能な資格

■高等学校教諭一種免許状(数学・理科・情報)
■甲種消防設備士(受験資格)
※資格の取得には指定科目の修得が必要なものもあります。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2015年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先(50音順)

●アアサヒフードアンドヘルスケア ●インターネットイニシアティブ ●エィ・ダブリュ・ソフトウェア ●SCSK ●NTT ●NTTコミュニケーションズグループ ●NTTコムウェア ●NTTデータMSE ●沖縄電力 ●川崎重工業 ●クックパッド ●小松製作所 ●SAP ●四国電力 ●セコム ●綜合警備保障 ●総務省 ●大日本印刷 ●テクノウイング ●デンソー ●東芝ソリューション ●トッパン・フォームズ ●トヨタ自動車 ●ドワンゴ ●ニッセイ情報テクノロジー ●日本電気 ●ノースグリット ●阪和興業 ●東日本電信電話 ●日立情報通信エンジニアリング ●日立製作所 ●PFU北海道 ●富士通 ●富士通ミッションクリティカルシステムズ ●北海道警察 ●北海道電力 ●三菱電機 ●山崎情報設計 ●ユー・エス・イー ●レクザム


Fatal error: Call to undefined method cl_m::analytics_rt_tag() in /home/www/html5.1/m/class/smp/html.class.php on line 502