応用化学コース Course of Applied Chemistry

社会に還元できる研究がしたい。

今までにない高分子材料を開発!

便利な化学製品で、現代社会を支える学問。

私たちの身の回りは、衣料品、食品、住宅材料、医薬品、電子材料、自動車など、化学製品に満ちあふれています。高度に発展した先端工業化学技術の上に成り立っている現代社会で、地球環境問題やエネルギー資源問題を解決しつつ、快適な生活を維持するには、新たな機能を持つ物質が常に求められます。

無限の組み合わせで、夢の物質を創り出す。

すべての元素を原子・分子レベルで組織的に配列することで、特異な機能を発現する物質(材料)が得られます。化学は、元素の無限の組み合わせで夢の物質(材料)を創り出すことができるのです。そのための、広い基礎知識と高度な専門知識を兼ね備えた、総合的な判断と創造的な発想ができる人材を育成します。

学生の声

将来的に社会へ 還元できる研究を

中 真以
応用理工系学科 応用化学コース4年
(静岡県立佐久間高等学校出身)

応用化学コースでは、有機化学、無機化学、物理化学、分析化学、生化学、化学工学などの講義・実験により幅広い化学を学ぶことができます。多彩な分野の研究室があるので、新反応・新物質を発見したい、化学プラントを設計したい、といった目標が必ず見つかります。また、名誉教授の鈴木章先生がノーベル化学賞を受賞されたこともあり、教員と学生のモチベーションがとても高く、充実した研究生活を過ごすことができると思います。

大学院生の声

高分子の力で もっと便利な世の中を創る

吉田 康平
分子材料化学研究室
修士課程2年

繊維、ゴム、フィルム、プラスチック…これらは全て「高分子」であり、私たちの生活に欠かせない材料です。この他にも、超吸水性高分子や導電性高分子など様々な機能を持つ高分子が開発されています。私はこの高分子を利用して、新しい機能を持つ高分子材料を開発する研究をしています。日々失敗の繰り返しですが、同時に多くの新発見があります。身につけた知識や技術を駆使して、今までにない新しい高分子材料を開発するのが目標です。

こんな人におすすめ

原子・分子レベルでの物質の特性評価や新物質の創成から、工業的に生産する技術開発までの幅広い分野に携わりたい人。環境やエネルギーを配慮し、自然と調和した化学技術を開発したい人。限りある資源の循環も含めた有効利用と生産技術の開発に興味のある人。そして何より化学や実験が好きで、やる気のある人におすすめです。

カリキュラムの特徴

基礎を深化・発展させ、創造的発想力と判断能力を養う。

高校で習得した化学や生物、物理の知識をさらに深化・発展させるとともに、物質の工業スケールでの生産法や、物質と自然や社会とのかかわりなどを学びます。 基礎科目として物理化学・有機化学・無機化学・分析化学・高分子化学・生化学・化学工学を学び、これらの習得後、有機合成工学・化学プロセス工学・バイオテクノロジー・有機・無機材料工学・機能材料化学などに関する専門的な科目を学びます。 4年次には、各研究室での卒業研究を通じて、高度な実験技術を習得するとともに、創造的発想と総合的な判断能力を身に付けます。

応用化学コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等) ●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学 など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●物質変換工学 ●応用数学I ●技術者倫理と安全 ●物理化学I・II・III ●有機化学I・II ●無機化学 ●量子化学I ●生化学I ●基礎プロセス工学 ●応用化学学生実験I  など
3年次
コース専門科目
●有機化学III ●生化学II ●高分子化学I ●化学工学I ●分析化学I ●応用化学学生実験II・III・IV・V ●触媒化学 ●分子材料化学 ●反応工学 ●固体化学 ●化学プロセス工学 ●量子化学II ●生物化学工学 ●無機材料化学 ●電気化学 ●電子材料化学  など
4年次
コース専門科目
●卒業研究 など
修士課程・博士後期課程
大学院総合化学院 総合化学専攻
●応用分子化学I(有機合成化学) ●応用分子化学III(触媒材料設計) ●応用物質化学I(ナノセラミックス特論) ●応用物質化学II(無機物性化学) ●応用生物化学III(再生医療工学) ●応用生物化学III(生物化学工学) ●反応工学特論 ●応用生化学特論 ●総合化学実験指導法 ●総合化学実験研究法 ●総合化学特別研究(修士課程) ●総合化学特別研究第一(博士後期課程) など

卒業生からのメッセージ

北大で培った研究姿勢は、変わらない財産。


実験室にて
高橋 麻貴子さん
大日本印刷株式会社 研究開発センター プリンタブルエレクトロニクス研究所
2006年3月 工学部応用化学科 卒業
2008年3月 大学院工学研究科 生物機能高分子専攻 修士課程 修了

「皆さんは、なぜ理学部の化学科ではなく工学部で化学を学ぶことを選んだのか?」授業中に先生から 問いかけられた言葉で、自分が「ものづくり」に携わりたいのだと気づきました。 それまで違いを深く考えたことはなく、応用化学科を選んだのは、興味を持っていた再生医療にかかわれる研究室があったからでした。現在は、会社の基盤技術である印刷技術を生かした有機薄膜トランジスタ(OTFT)の開発を目指し、プロセス開発やアプリケーション探索を行っています。 OTFTは電気を流す有機半導体材料を用いた電子スイッチング素子です。大学の研究テーマとは全く異なる分野ですが、研究室でも授業で学ばなかった細胞生物学を勉強した経験があったので戸惑うことはありませんでした。 大学時代に身に付けた研究姿勢は、どの分野にいっても効率的に仕事をこなす上で共通に、確実に生かせる財産だと実感しています。実験計画の立て方、課題への対処方法やプレゼン方法は短期間で身に付くわけではないので、ぜひ学生生活で多彩な人たちとかかわりながら、自分なりの基盤を築いてほしいと思います。

卒業後の進路

化学工業界や医薬品産業をはじめ、食品や電気・電子・情報産業、機械・自動車産業などの多岐にわたる産業分野における技術職・研究職、大学などの研究職など、幅広い分野で活躍しています。教育・研究諸機関にも多くの人材を送っています。

取得可能な資格

■中学校教諭一種免許状(理科)
■高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
■甲種危険物取扱者(受験資格)
■甲種消防設備士(受験資格)
■毒物劇物取扱責任者
※資格の取得には指定科目の修得が必要なものもあります。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2015年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先(50音順)

●旭化成 ●旭硝子 ●アサヒビール ●味の素 ●ADEKA ●出光興産 ●宇部興産 ●花王 ●関西ペイント ●キヤノン ●協和発酵バイオ ●クラレ ●SUMCO ●沢井製薬 ●JX日鉱日石金属 ●信越化学工業 ●新日鉄住金化学 ●新日鐵住金 ●スズキ ●住友ゴム工業 ●住友ベークライト ●住友化学 ●積水化学工業 ●先端医療振興財団 ●デンソー ●東芝テック画像情報システム ●東燃ゼネラル石油 ●豊田合成 ●トヨタ自動車 ●トヨタテクニカルディベロップメント ●DOWAホールディングス ●日清紡ホールディングス ●日本ケミコン ●半導体エネルギー研究所 ●日立化成 ●日立製作所 ●不二越 ●富士ゼロックス ●北海道ガス ●北海道糖業 ●三井化学 ●三菱化学 ●村田製作所 ●ユニチカ ●YKK AP