平成29年度(2017年度)new 平成28年度(2016年度) 平成27年度(2015年度)
 

平成29年度(2017年度)new

学術論文国際会議国内学会・研究会) その他受賞特許研究助成

―学術論文―
 A. Tajima, T. Kondoh, T. Ochi, M. Fujiwara, K. Yoshino, H. Iizuka, T. Sakamoto, A. Tomita, E. Shimamura, S. Asami, and M. Sasaki, "Quantum key distribution network for multiple applications," Quantum Science and Technology, 2(3) 034003, July (2017).

 Shimpei Shimizu, Atsushi Okamoto, Fumiya Mizukawa, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Taketoshi Takahata, Satoshi Shinada, and Naoya Wada, “Spatial mode demultiplexing technique using angularly multiplexed volume holograms with a phase plate,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 56, No. 9S, pp. 09NA05-1–09NA05-5, August (2017).

 Yuta Goto, Atsushi Okamoto, Masanori Takabayashi, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Digital image multiplexing/demultiplexing method using spatial spectral diffusion and virtual phase conjugation technique for reduction of dynamic range consumption in holographic medium,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 56, No. 9S, pp. 09NA07-1–09NA07-8, September (2017).

 Kosuke Fukui, Akihisa Tomita, and Atsushi Okamoto, “Analog Quantum Error Correction with Encoding a Qubit into an Oscillator,” Physical Review Letters, Vol. 119, Iss. 18, pp. 180507-1–180507-4, November (2017).

 Shimpei Shimizu, Atsushi Okamoto, Fumiya Mizukawa, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Taketoshi Takahata, Satoshi Shinada, and Naoya Wada, “Volume holographic spatial mode demultiplexer with a dual-wavelength method,” Applied Optics, Vol. 57, No. 2, pp. 146–153, January (2018).

 Yuta Goto, Atsushi Okamoto, Atsushi Shibukawa, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Virtual phase conjugation based optical tomography for single-shot three-dimensional imaging,” Optics Express, Vol. 26, No. 4, pp. 3779–3790, February (2018).

 Ken-ichiro Yoshino, Mikio Fujiwara, Kensuke Nakata, Tatsuya Sumiya, Toshihiko Sasaki, Masahiro Takeoka, Masahide Sasaki, Akio Tajima, Masato Koashi, and Akihisa Tomita, "Quantum key distribution with an efficient countermeasure against correlated intensity fluctuations in optical pulses," npj Quantum Information, vol. 4, 8, February (2018).

 Kazuhisa Ogawa, Hirokazu Kobayashi, and Akihisa Tomita, "Classical reconstruction of interference patterns of position-wave-vector–entangled photon pairs by the time-reversal method," Phys. Rev. A, 97, 023823, February (2018).

▲学術論文topへ  ▲平成29年度(2017年度)topへ  ▲このページの先頭へ


<国際会議>
GI-CoRE GSQ, GSB & IGM Joint Symposium –Quantum, Informatics, Biology & Medicine–, Sapporo, Japan, July, 2017
 Kosuke Fukui, and Akihisa Tomita, “Analog quantum error correction on encoded qubits for large scale quantum computers,” Proceedings of the GSB Workshop, pp4-5, Sapporo, Japan, July (2017).

7th EOS Topical Meeting on Optical Microsystems (OµS’17), Anacapri, Italy, September, 2017
 Yuta Goto, Atsushi Okamoto, Atsushi Shibukawa, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, and Kunihiro Sato, “Depth-resolution characterization of optical tomography using virtual phase conjugation,” 7th EOS Topical Meeting on Optical Microsystems (OµS’17), 5, Anacapri, Italy, September (2017).

 Shimpei Shimizu, Atsushi Okamoto, Fumiya Mizukawa, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Taketoshi Takahata, Satoshi Shinada, and Naoya Wada, “Experiment on spatial mode demultiplexer based on angularly multiplexed volume hologram at 850 nm wavelength with dual-wavelength method,” 7th EOS Topical Meeting on Optical Microsystems (OµS’17), 22, Anacapri, Italy, September (2017).

 Fumiya Mizukawa, Atsushi Okamoto, Yuta Goto, Shimpei Shimizu, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Experiment on spatial mode separation and conversion technique using volume hologram,” 7th EOS Topical Meeting on Optical Microsystems (OµS’17), 35, Anacapri, Italy, September (2017).

17th Asian Quantum Information Science Conference (AQIS'17), Singapore, September, 2017
 Kosuke Fukui, Akihisa Tomita, and Atsushi Okamoto, “Analog Quantum Error Correction with Encoding a Qubit into an Oscillator,” 17th Asian Quantum Information Science Conference (AQIS’17), Parallel session 3B, Singapore, September (2017).

 Liang Min, Akihisa Tomita, and Atsushi Okamoto, “Decoy State BBM92 Quantum Key Distribution Protocol with Multi-photon-event Rejection,” 17th Asian Quantum Information Science Conference (AQIS'17), Poster Session, No. 86, Singapore, September (2017).

7th International Conference on Quantum Cryptography (Qcrypt2017),Cambridge, UK, September, 2017
 Akihisa Tomita, Ken-Ichiro Yoshino, Mikio Fujiwara, Tatsuya Sumiya, Toshihiko Sasaki, Kensuke Nakata, Akio Tajima, Masato Koashi, Masahiro Takeoka and Masahide Sasaki, "An efficient countermeasure against correlated intensity fluctuations in optical pulses on high-speed decoy BB84 QKD systems," 7th International Conference on Quantum Cryptography (Qcrypt2017), Th-13, Cambridge, UK, September (2017)

27th International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory 2017 (ISOM’17), Shimane, Japan, October, 2017
 Yuta Goto, Atsushi Okamoto, Masanori Takabayashi, and Akihisa Tomita, “Multiplexing Technique using Virtual Phase Conjugation for High-Density Holographic Data Storage Systems,” 27th International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory 2017 (ISOM’17), Tu-PP-02, Matsue, Japan, October (2017).

 Shimpei Shimizu, Atsushi Okamoto, Fumiya Mizukawa, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Taketoshi Takahata, Satoshi Shinada, and Naoya Wada, “Experiment on Spatial Mode Demultiplexing Technique Using Cascaded Volume Hologram,” 27th International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory 2017 (ISOM’17), Tu-J-25, Matsue, Japan, October (2017).

 Fumiya Mizukawa, Atsushi Okamoto, Yuta Goto, Shimpei Shimizu, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Spatial Mode Separation and Conversion Technique Using Volume Hologram with a Random Optical Diffuser,” 27th International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory 2017 (ISOM’17), Tu-J-35, Matsue, Japan, October (2017).

22nd Micro Optics Conference 2017 (MOC2017), Tokyo, Japan, November, 2017
 Tomohiro Maeda, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Yuta Wakayama, and Takehiro Tsuritani, “Selective Mode Conversion Using Dual-Phase Modulation,” 22nd Microoptics Conference (MOC2017), C-4, Tokyo, Japan, November (2017).

 Yuta Goto, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Compensation of optical aberration for improvement of image quality in virtual-phase-conjugation based optical tomography,” 22nd Microoptics Conference (MOC2017), PD5, Tokyo, Japan, November (2017).

 Shimpei Shimizu, Atsushi Okamoto, Fumiya Mizukawa, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Taketoshi Takahata, Satoshi Shinada, and Naoya Wada, “Fundamental Demonstration of Mode-Group Demultiplexing Technique Based on Volume Holographic Demultiplexer,” 22nd Microoptics Conference (MOC2017), P-62, Tokyo, Japan, November (2017).

International Workshop on Holography and Related Technologies 2017 (IWH2017), Numazu, Japan, November, 2017
 Shimpei Shimizu, Atsushi Okamoto, Fumiya Mizukawa, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Taketoshi Takahata, Satoshi Shinada, and Naoya Wada, “Optimization of Volume Holographic Spatial Mode Demultiplexer with a Phase Plate Using Simulated Annealing,” International Workshop on Holography and Related Technologies 2017 (IWH2017), 23a3, Numazu, Japan, November (2017).

 Yuta Goto, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Multiplexing and Demultiplexing of Digital Images using Virtual Phase Conjugation for High-Density Holographic Data Storage,” International Workshop on Holography and Related Technologies 2017 (IWH2017), P10, Numazu, Japan, November (2017).

 Tomohiro Maeda, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Design of Complex Amplitude Modulation for Suppressing Optical Loss in Mode Conversion by Considering Radiation Modes,” International Workshop on Holography and Related Technologies 2017 (IWH2017), P9, Numazu, Japan, November (2017).

 Fumiya Mizukawa, Atsushi Okamoto, Yuta Goto, Shimpei Shimizu, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Improvement of Conversion Accuracy in Volume Holographic Mode-Demultiplexing Converter Using Shaped Beams,” International Workshop on Holography and Related Technologies 2017 (IWH2017), P2, Numazu, Japan, November (2017).

SPIE Photonics West 2018 (PW2018), San Francisco, USA, January, 2018
 Shogo Hoshino, Atsushi Okamoto, Yuta Goto, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Yuta Wakayama, and Takehiro Tsuritani, “Measurement of differential mode delay using reference-free low-coherence digital holography,” SPIE Photonics West 2018 (PW2018), 10561-12, San Francisco, USA, January (2018).

 Zihan Zhou, Atsushi Okamoto, Shimpei Shimizu, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, Yuta Wakayama, and Takehiro Tsuritani, “Selective spatial mode attenuator using phase-intensity-phase modulation toward mode-division multiplexing transmission,” SPIE Photonics West 2018 (PW2018), 10561-15, San Francisco, USA, January (2018).

▲国際会議topへ  ▲学術論文topへ  ▲平成29年度(2017年度)topへ  ▲このページの先頭へ


<国内学会・研究会>
2017年5月 第36回量子情報技術研究会 (QIT36),京都
 小川 和久,小林 弘和,富田 章久,“量子力学の時間反転対称性を用いた回折限界を超える集光ビームスポットの古典光学的観測,”第36回量子情報技術研究会資料,pp. 80-83,京都,2017年5月.

 福井 浩介,富田 章久,岡本 淳,“連続量制御位相ゲートにおける誤り伝搬低減手法,”第36回量子情報技術研究会資料,pp. 126-128,京都,2017年5月.

 閔 亮,富田 章久,岡本 淳,“Decoy State Quantum Key Distribution for BBM92 Protocol,”第36回量子情報技術研究会資料,pp. 129-132,京都,2017年5月.

2017年8月 光通信システム研究会(OCS研究会),札幌
 前田 智弘,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,若山 雄太,釣谷 剛宏,“デュアルフェーズモジュレーションによる空間モードの選択的変換に関する実験,”光通信システム研究会(OCS研究会),18,札幌,2017年8月.

 清水 新平,岡本 淳,水川 郁弥,小川 和久,富田 章久,高畠 武敏,品田 聡,和田 尚也,“体積ホログラムを用いた空間モード分離器の波長850 nmにおける分離特性の評価,”光通信システム研究会(OCS研究会),17,札幌,2017年8月.

2017年9月 2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会,東京
 星野 翔吾,岡本 淳,後藤 優太,富田 章久,若山 雄太,釣谷 剛宏,“参照光不要型低コヒーレンスディジタルホログラフィによるモード間遅延差の計測,”2017年電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-10-4,東京,2017年9月.

2017年10月 平成29年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会,函館
 後藤 優太,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,“仮想位相共役を用いたシングルショット光断層撮影によるカエル血球の3次元反射率の測定,”平成29年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会,162,函館,2017年10月.

 清水 新平,岡本 淳,水川 郁弥,小川 和久,富田 章久,高畠 武敏,品田 聡,和田 尚也,“体積ホログラムを用いた空間モード分離器のWDM-MDM伝送システムへの応用に関する検討,”平成29年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会,163,函館,2017年10月.

 水川 郁弥,岡本 淳,後藤 優太,清水 新平,小川 和久,富田 章久,“体積ホログラムを用いたモード分離変換器のランダム拡散板による変換精度向上手法,”平成29年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会,160,函館,2017年10月.

 周 子涵,岡本 淳,清水 新平,小川 和久,富田 章久,若山 雄太,釣谷 剛宏,“PIP変調によるモード間利得差の補償に向けた選択的空間モード減衰器,”平成29年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会,164,函館,2017年10月.

 周 世杰,岡本 淳,清水 新平,小川 和久,富田 章久,高畠 武敏,品田 聡,和田 尚也,“集光レンズを用いない体積ホログラムによる空間モード分離器に関する検討,”平成29年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会,161,函館,2017年10月.

2017年11月 日本光学会年次学術講演会(OPJ2017),東京
 後藤 優太,岡本 淳,渋川 敦史,小川 和久,富田 章久,“仮想位相共役を用いたシングルョット光仮想位相共役を用いたシングルョット光断層撮影法によるプレパラート試料の3次元計測元計測,”日本光学会年次学術講演会(OPJ2017),2aE2,東京,2017年11月.

2017年11月 第37回量子情報技術研究会 (QIT37),さいたま
 福井 浩介,富田 章久,岡本 淳,藤井 啓祐,“アナログ情報を活用した耐故障性連続量量子計算,”第37回量子情報技術研究会資料,pp. 1-6,さいたま,2017年11月.

 張 維楊,廉澤 悠,富田 章久,小川 和久,岡本 淳,“BB84 Quantum Key Distribution system with a Dual-Parallel Modulator,”第37回量子情報技術研究会資料,pp. 88-91,さいたま,2017年11月.

2017年11月 第7回Quantum Theory & Technology Un-Official Meeting (QUATUO) 研究会,札幌
 福井 浩介,富田 章久,岡本 淳,藤井 啓祐,“アナログ量子コンピュータアーキテクチャ,”第7回QUATUO 研究会プログラム,No. A5,札幌,2017年11月.

 張 維楊,廉澤 悠,富田 章久,小川 和久,岡本 淳,“BB84 Quantum Key Distribution System with a Dual-Parallel Modulator,”第7回QUATUO 研究会プログラム,No. B4,札幌,2017年11月.

 閔 亮,富田 章久,岡本 淳,“Decoy State BBM92 Quantum Key Distribution Protocol with Multi-photon-event Rejection,”第7回QUATUO 研究会プログラム,No. B7,札幌,2017年11月.

2017年12月 第31回光通信システムシンポジウム,三島
 清水 新平,岡本 淳,水川 郁弥,小川 和久,富田 章久,高畠 武敏,品田 聡,和田 尚也,“体積ホログラムを用いた空間モード分離器の波長1550 nmにおける3モード分離実験,”第31回光通信システムシンポジウム,P-3,三島,2017年12月.

 周 子涵,岡本 淳,清水 新平,小川 和久,富田 章久,若山 雄太,釣谷 剛宏,“Phase-Intensity-Phase変調による選択的モード減衰器の特性解析,”第31回光通信システムシンポジウム,P-16,三島,2017年12月.

 周 世杰,岡本 淳,清水 新平,小川 和久,富田 章久,高畠 武敏,品田 聡,和田 尚也,“体積ホログラムを用いた空間モード分離器のレンズレス化に関する検討,”第31回光通信システムシンポジウム,P-17,三島,2017年12月.

2018年1月 第53回応用物理学会北海道支部/第14回日本光学会北海道支部合同学術講演会,札幌
 南 喆,前田 智弘,岡本 淳,野澤 仁,小川 和久,富田 章久,“2波長光源を用いた深さ方向計測領域拡張手法における計算結果の位相計測誤差依存性に関する数値解析,”第53回応用物理学会北海道支部/第14回日本光学会北海道支部合同学術講演会,C-12,札幌,2018年1月.

2018年2月 マルチメディアストレージ研究会(MMS研究会),札幌
 後藤 優太,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,“高密度ホログラフィックメモリに向けた仮想位相共役技術を用いたデジタル画像多重分離の基礎実験,”マルチメディアストレージ研究会(MMS研究会),47,札幌,2018年2月.

▲国内学会・研究会topへ  ▲学術論文topへ  ▲平成29年度(2017年度)topへ  ▲このページの先頭へ



―その他―
<受賞>
 Shimpei Shimizu, International Workshop on Holography and Related Technologies 2017 (IWH2017) Best Student Award, “Optimization of Volume Holographic Spatial Mode Demultiplexer with a Phase Plate Using Simulated Annealing,” 11月24日(2017).

 清水 新平,2017年光通信システム研究会奨励賞,“体積ホログラムを用いた空間モード分離器の波長850 nmにおける分離特性の評価,”12月19日(2017).

 Yuta Goto, 2017 IEEE Sapporo Section Student Paper Contest Best Presentation Award, “Measurement of Three-dimensional Reflectance in Frog Blood Cell by Single-shot Optical Tomography Using Virtual Phase Conjugation,” 2月9日(2018).

 清水 新平,2017 IEEE Sapporo Section Student Paper Contest Encouraging Prize,“体積ホログラムを用いた空間モード分離器のWDM-MDM伝送システムへの応用に関する検討”,2月9日(2018).

 後藤 優太,平成29年度 北海道大学情報科学研究科 研究科長賞,3月22日(2018).

 清水 新平,平成29年度電子情報通信学会北海道支部 学生奨励賞,3月22日(2018).

▲受賞topへ  ▲その他topへ  ▲平成29年度(2017年度)topへ  ▲このページの先頭へ


<特許>
 若山 雄太,釣谷 剛宏,岡本 淳,清水 新平(出願人:KDDI株式会社,国立大学法人北海道大学),“モード多重された光信号の等化装置,”特願2017-167591.

▲特許topへ  ▲その他topへ  ▲平成29年度(2017年度)topへ  ▲このページの先頭へ


<研究助成>
 後藤 優太,独立行政法人 日本学術振興会 特別研究員奨励費,“高分解能かつ高速な3次元測定の実現に向けた新規光断層撮影法の開発と応用,”1,700,000円

▲研究助成topへ  ▲その他topへ  ▲平成29年度(2017年度)topへ  ▲このページの先頭へ


平成28年度(2016年度)

学術論文国際会議国内学会・研究会招待講演) その他特許

―学術論文―
 Fumiaki Matsuoka, Akihisa Tomita, Yutaka Shikano, “Generation of phase-squeezed optical pulses with large coherent amplitudes by post-selection of single photon and weak cross-Kerr non-linearity,” Quantum Studies: Mathematics and Foundations, 1-11 (2016).

 Yuta Goto, Atsushi Okamoto, Masataka Toda, Yasuyuki Kuno, Jin Nozawa, Kazuhisa Ogawa and Akihisa Tomita, “Digital confocal microscopy using a virtual 4f-system based on numerical beam propagation for depth measurement without mechanical scanning,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol.55, No. 8S3, pp. 08RE04.1-08RE04.6 (2016).

 Jin Nozawa, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Virtual interferogram-generation algorithm for robust complex amplitude measurement using two interferograms,” Optics Express, Vol. 24, No. 21, pp. 24002-24017 (2016).

 Yuta Goto, Atsushi Okamoto, Yuta Wakayama, Kazuhisa Ogawa, Jin Nozawa, Akihisa Tomita, and Takehiro Tsuritani, “Reference-free holographic diversity interferometry via iterative measurements for high accuracy phase detection,” Optics Express, Vol. 24, No. 21, pp. 24739-24749 (2016).

 Kensuke Nakata, Akihisa Tomita, Mikio Fujiwara, Ken-ichiro Yoshino, Akio Tajima, Atsushi Okamoto, and Kazuhisa Ogawa, “Intensity fluctuation of a gain-switched semiconductor laser for quantum key distribution systems,” Optics Express, Vol. 25, pp. 622-634 (2017).

 Taisuke Eto, Masanori Takabayashi, Atsushi Okamoto, Masatoshi Bunsen, and Takashi Okamoto, “Numerical simulations on inter-page crosstalk characteristics in three-dimensional shift multiplexed self-referential holographic data storage,” Japanese Journal of Applied Physics, Vol.55, No. 8S3, pp. 08RD01.1-08RD01.7 (2016).

▲学術論文topへ  ▲平成28年度(2016年度)topへ  ▲このページの先頭へ


<国際会議>
13th International Conference on Quantum Communication, Measurement and Computing (QCMC'16), Singapore, July, 2016
 Kazuhisa Ogawa and Masao Kitano, “Classical realization of “quantum-optical coherence tomography” by time-resolved pulse interferometry,” Poster Session, No. 164, Singapore, July (2016).

 Kosuke Fukui, Akihisa Tomita, and Atsushi Okamoto, “Noise-tolerant post-selected measurement using noise margin with GKP code state,” Poster Session, No. 183, Singapore, July (2016).

16th Asian Quantum Information Science Conference (AQIS'16), Taipei, Taiwan, August, 2016
 Fumiaki Matsuoka and Akihisa Tomita, “An approximated single photon state generation from coherent states entangled with qubits by measuring qubits,” Poster Session, No.2, Taipei, Taiwan, August (2016).

 Kensuke Nakata, Akihisa Tomita, Yu Kadosawa, Kazuhisa Ogawa and Atsushi Okamoto, “Intensity fluctuation suppression in a decoy-state quantum key distribution transmitter,” Poster Session, No.13, Taipei, Taiwan, August (2016).

 Kosuke Fukui, Akihisa Tomita, and Atsushi Okamoto, “Fault-tolerant quantum computation using a maximum-likelihood decoder with the GKP code,” Poster Session, No.8, Taipei, Taiwan, August (2016).

 Akio Tajima, Takashi Kondoh, Takao Ochi, Mikio Fujiwara, Ken-Ichiro Yoshino, Hiromi Iizuka, Toshio Sakamoto, Akihisa Tomita, Ei Shimamura, Shione Asami and Masahide Sasaki, "Quantum Key Distribution Network for Multiple Applications," Taipei, Taiwan, August (2016).

6th International Conference on Quantum Cryptography (Qcrypt2016), Washington, D.C., USA, September, 2016
 Yu Kadosawa, Kensuke Nakata, Akihisa Tomita, Kazuhisa Ogawa and Atushi Okamoto, “Robust Quantum Key Distribution System using a Dual-Parallel Modulator,” Poster Session, No.40, Washington, D.C., USA, September (2016).

 Toshiyuki Nakamura, Kensuke Nakata, Akihisa Tomita, Kazuhisa Ogawa and Atushi Okamoto, “Security of the Bannett 1992 Quantum Key Distribution Protocol Estimating Eavesdropper's Information Without the Bit Error Rate,” Poster Session, No. 69, Washington, D.C., USA, September (2016).

 Ken-Ichiro Yoshino, Mikio Fujiwara, Kensuke Nakata, Akihisa Tomita and Akio Tajima, "Secure quantum key distribution against pattern effects of optical pulse intensities," Poster Session, No. 105, Washington, D.C., USA, September (2016).

International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory 2016 (ISOM2016), Kyoto, Japan, October, 2016
 Shimpei Shimizu, Atsushi Okamoto, Fumiya Mizukawa, Taketoshi Takahata, Shusaku Noda, Naoya Wada, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Effective Mode Demultiplexing Technique Using Angularly Multiplexed Volume Holograms with a Phase Plate,” Technical Digest of International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory 2016 (ISOM 2016), Tu-I-03, Kyoto, Japan, October (2016).

 Fumiya Mizukawa, Atsushi Okamoto, Yuta Goto, Shimpei Shimizu, Satoshi Honma, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Spatial Mode Separation and Interconversion Using Volume Hologram,” Technical Digest of International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory 2016 (ISOM 2016), Tu-I-04, Kyoto, Japan, October (2016).

 Yuta Goto, Atsushi Okamoto, Masanori Takabayashi, and Akihisa Tomita, “Multiplexing Technique using Virtual Phase Conjugation for High-Density Holographic Data Storage Systems,” Technical Digest of International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory 2016 (ISOM2016), We-L-03, Kyoto, Japan, October (2016).

 Jin Nozawa, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, and Kunihiro Sato, “Accuracy evaluation of phase shifting digital holography using virtual interferogram-generation algorithm,” Technical Digest of International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory 2016 (ISOM 2016), Tu-J-17, Kyoto, Japan, October (2016).

 Hisatoshi Funakoshi, Atsushi Okamoto, and Satoshi Honma, “Performance Evaluation of High Speed Full Motion Simulator for Holographic Memory Based on 3D FFT-BPM with GPU Acceleration,” Technical Digest of International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory 2016 (ISOM 2016), Tu-J-03, Kyoto, Japan, October (2016).

International Workshop on Holography and Related Technologies 2016 (IWH2016), Jiaoxi, Taiwan, November, 2016
 Jin Nozawa, Atsushi Okamoto, Yasuyuki Kuno, Masataka Toda, Kazuhisa Ogawa, and Akihisa Tomita, “Phase measurement of a tilted plane mirror using the derivative estimation of a single hologram,” Technical Digest of the International Workshop on Holography and Related Technologies 2016 (IWH 2016), 17, Jiaoxi, Taiwan, November (2016).

 Yuta Goto, Atsushi Okamoto, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, and Kunihiro Sato, “Multi-Layered Holographic Memory using Virtual Phase Conjugation,” International Workshop on Holography and Related Technologies (IWH2016), 60, Jiaoxi, Taiwan, November (2016).

20th Conference on Quantum Information Processing (QIP'17), Seattle, USA, January, 2017
 Kosuke Fukui, Akihisa Tomita, and Atsushi Okamoto, “Topological One-Way Quantum Computation with the GKP Code States using Highly-Reliable Post-Selected Measurement,” Poster Session, No.92, Seattle, USA, January (2017).

▲国際会議topへ  ▲学術論文topへ  ▲平成28年度(2016年度)topへ  ▲このページの先頭へ


<国内学会・研究会>
2016年5月 第34回量子情報技術研究会 (QIT34), 高知
 松岡史晃, 富田章久, “連続変数と離散変数のハイブリッド系における離散変数の測定による連続変数量子状態制御, ” 第34回量子情報技術研究会資料, pp. 34-39, 高知, 5月, (2016).

 福井浩介, 富田章久, 岡本淳, “連続量状態を用いた長距離全光量子通信プロトコルの提案, ” 第34回量子情報技術研究会資料, pp. 119-122, 高知, 5月, (2016).

2016年9月 2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会, 札幌
 佐久間 大樹,岡本 淳,後藤 優太,小川 和久,釣谷 剛宏,若山 雄太,富田 章久,“空間モード変換に向けたインライン型デュアルフェーズモジュレーション法の提案,”2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-10-53,札幌,9月 (2016).

 清水 新平,岡本 淳,水川 郁弥,富田 章久,高畠 武敏,野田 周作,和田 尚也,“体積ホログラムによるモードデマルチプレクサにおける固有モード展開法を用いた分離特性の評価,”2016年電子情報通信学会ソサイエティ大会,B-10-54,札幌,9月 (2016).

2016年11月 平成28年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会, 札幌
 野澤 仁, 岡本 淳, 小川 和久, 富田 章久, “単一ホログラムを用いた光位相計測手法に関する検討,” 平成28年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 講演論文集, 166,札幌,11月 (2016).

 水川 郁弥,岡本 淳,後藤 優太,清水 新平,小川 和久,富田 章久,“体積ホログラムを用いた相互変換機能を有するモード分離器の集光レンズの最適化,”平成28年度 電気・情報関係学会北海道支部連合大会 講演論文集,167,札幌,11月 (2016).

 石井 公貴,岡本 淳,後藤 優太,富田 章久,“空間光変調器を用いた空間モード変換におけるランダム拡散板によるモード間クロストーク低減の実験,” 平成28 年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 講演論文集,170,札幌,11月 (2016).

2016年11月 日本光学会年次学術講演会Optics & Photonics Japan 2016 (OPJ2016), 東京
 野澤 仁, 岡本 淳, 小川 和久, 富田 章久, “仮想干渉縞生成法を用いた干渉縞間の位相シフト誤差補正に関する検討,” 日本光学会年次学術講演会 2016, 1pPD1, 東京, 11月 (2016).

 後藤 優太,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,“仮想多重化技術を用いた多層ホログラフィックメモリにおける記録特性評価,”日本光学会年次学術講演会 2016,2aE2,東京,11月 (2016).

2016年11月 ImPACT未来開拓研究会 2016, 京都
 松岡 史晃, 富田 章久, 鹿野 豊, “コヒーレント状態の重ね合わせ状態を利用した微小な位相シフト検出, ” ImPACT 未来開拓研究会 2016 ポスタープログラム,No. A-6,京都,11月,(2016).

 福井 浩介,富田 章久,岡本 淳,“連続量状態を用いたデジタル量子情報処理, ” ImPACT 未来開拓研究会 2016 ポスタープログラム,No. A-3,京都,11月,(2016).

2016年11月 第35回量子情報技術研究会 (QIT35), 筑波
 松岡史晃, 富田章久, 鹿野豊, “コヒーレント状態の重ね合わせ状態を利用した微小な位相シフト検出, ” 第35回量子情報技術研究会資料, pp. 109-112, 筑波, 11月, (2016).

 福井浩介, 富田章久, 岡本淳, “連続量状態を用いたTwo-qubit bit flip code の提案, ” 第35回量子情報技術研究会資料, pp. 148-150, 筑波, 11月, (2016).

2016年12月 電子情報通信学会 光通信システム研究会 (OCS研究会) 第30回光通信システムシンポジウム, 三島
 清水 新平,岡本 淳,水川 郁弥,富田 章久,高畠 武敏,品田 聡,和田 尚也,“体積ホログラムによる空間モード分離器の性能向上に関する検討,”電子情報通信学会光通信システム研究会 第30回光通信システムシンポジウム,P-23,三島,12月 (2016).

 後藤 優太,岡本 淳,若山 雄太,小川 和久,富田 章久,釣谷 剛宏,“高精度な波面計測に向けた外部参照光不要型ホログラフィックダイバーシティ干渉法,”電子情報通信学会光通信システム研究会 第30回光通信システムシンポジウム,P-24,三島,12月 (2016).

 水川 郁弥,岡本 淳,後藤 優太,清水 新平,小川 和久,富田 章久,“体積ホログラムによる数モードファイバ間のadd/drop機能の検討,”電子情報通信学会光通信システム研究会 第30回光通信システムシンポジウム,P-25,三島,12月 (2016).

2017年1月 第6回Quantum Theory & Technology Un-Official Meeting (QUATUO) 研究会,高知
 小川 和久, “Photonic de Broglie 波長によるビームスポット径の古典的観測,” 第6回QUATUO研究会プログラム, ポスター発表, No. 4, 高知, 1月, (2017).

 福井 浩介,富田 章久,岡本 淳,“連続量状態のアナログ情報を活用した量子情報処理,” 第6回QUATUO研究会プログラム, ポスター発表,No.1, 高知,1月,(2017).

2017年2月 マルチメディアストレージ研究会 (MMS研究会), 札幌
 後藤 優太,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,“高記録密度ホログラフィックメモリに向けた仮想位相共役を用いた多重技術の特性評価,” 映像情報メディア学会技術報告,Vol. 41,No. 5,pp.147-152,札幌,2月 (2017).

 山岸 信博,岡本 淳,野澤 仁,後藤 優太,小川 和久,富田 章久,“ホログラフィックダイバーシティ干渉法における位置ずれ誤差の低減に向けた仮想シフト手法の基礎実験,” 映像情報メディア学会技術報告,Vol. 41,No. 5,pp.153-156,札幌,2月 (2017).

 水川 郁弥,岡本 淳,後藤 優太,清水 新平,小川 和久,富田 章久,“体積ホログラムを用いた空間モード分離変換技術の検証実験”,映像情報メディア学会技術報告,Vol. 41,No. 5,pp.157-162,札幌,2月 (2017).

 清水 新平,岡本 淳,水川 郁弥,富田 章久,高畠 武敏,品田 聡,和田 尚也,“光通信波長帯での体積ホログラムを用いた空間モード分離に向けた異波長記録再生実験”,映像情報メディア学会技術報告,Vol. 41,No. 5,pp.163-168,札幌,2月 (2017).

2017年3月 日本物理学会第72回年次大会, 大阪
 小川 和久, 富田 章久, "回折限界を超える集光ビーム径の事後選択的観測," 日本物理学会第72回年次大会 講演予稿集,18aB22-7, 大阪,3月, (2017).

 住谷 達哉, 佐々木 寿彦, 小芦 雅斗, 吉野 健一郎, 藤原 幹生, 佐々木 雅英, 富田 章久, “パルス強度のパターン効果を考慮した量子鍵配送セキュリティ解析,” 日本物理学会第72回年次大会 講演予稿集,20aB21-13 , 大阪, 3月, (2017).

▲国内学会・研究会topへ  ▲学術論文topへ  ▲平成28年度(2016年度)topへ  ▲このページの先頭へ


<招待講演>
 Akihisa Tomita, "Practical quantum key distribution-An Introduction of Japanese Activities," 4th ETSI-IQC Workshop on Quantum-Safe Cryptography, Toronto, Canada, September, (2016). (Invited)

 Akihisa Tomita, "Error reduction in transmitted photonic states with nest-optical modulators," Quantum Information Technology Workshop, Tokyo, Japan, March, (2017). (Invited)

▲招待講演topへ  ▲学術論文topへ  ▲平成28年度(2016年度)topへ  ▲このページの先頭へ



―その他―
<特許>
 若山 雄太,釣谷 剛宏,岡本 淳,佐久間 大樹(出願人:KDDI株式会社,国立大学法人北海道大学),“光の空間的な位相及び振幅の生成装置,” 特願2016-0274.

▲特許topへ  ▲その他topへ  ▲平成28年度(2016年度)topへ  ▲このページの先頭へ


平成27年度(2015年度)

学術論文国際会議国内学会・研究会招待講演) その他受賞出張授業

―学術論文―
 Masanori Takabayashi, Atsushi Okamoto, Taisuke Eto and Takashi Okamoto, “Recording procedures for high-quality signal readout in self-referential holographic data storage,” Appl. Opt., 54, pp. 5167-5174 (2015).

 Jin Nozawa, Atsushi Okamoto, Atsushi Shibukawa, Masanori Takabayashi and Akihisa Tomita, “Two-channel algorithm for single-shot, high-resolution measurement of optical wavefronts using two image sensors,” Appl. Opt., 54, pp. 8644-8652 (2015).

 Fumiaki Matsuoka, Akihisa Tomita, and Atsushi Okamoto, “Entanglement generation by communication using phase-squeezed light with photon loss,” Physical Review A, 93, 032308 (2016).

▲学術論文topへ  ▲平成27年度(2015年度)topへ  ▲このページの先頭へ


<国際会議>
15th Asian Quantum Information Science Conference (AQIS'15),Seoul,Korea, August, 2015
 Fumiaki Matsuoka and Akihisa Tomita,“Generation of Phase-Squeezed State using Conditional Displacement Operation,” Proceedings of the 15th Asian Quantum Information Science Conference (AQIS’15), pp. 290 - 291, Seoul, Korea, August, (2015).

 Kosuke Fukui, Akihisa Tomita, and Atsushi Okamoto, “Cluster-based architecture for Fault-Tolerant Quantum Computing with Continuous-Variable Cluster States,” Proceedings of the 15th Asian Quantum Information Science Conference (AQIS’15), pp. 292 - 293, Seoul, Korea, August, (2015).

5th International Conference on Quantum Cryptography (Qcrypt2015),Tokyo, Japan, September, 2015
 Yu Kadosawa, Kensuke Nakata, Akihisa Tomita and Atsushi Okamoto, “Robust Quantum State Generation with a Dual-Parallel Modulator and Its Application for Quantum Key Distribution Systems,” Programs of the 5th International Conference on Quantum Cryptography (Qcrypt2015),Poster Session,No.40,Tokyo,Japan,September,(2015).

20th Micro Optics Conference 2015 (MOC2015), Fukuoka, Japan, October, 2015
 Jin Nozawa, Atsushi Okamoto, Masataka Toda, Yasuyuki Kuno, and Akihisa Tomita, “Virtual interferogram-generation algorithm for phase-shifting digital holography,” Tech. Dig. of MOC 2015, H37, Fukuoka, Japan, October, (2015).

 Jin Nozawa, Atsushi Okamoto, Masataka Toda, Yasuyuki Kuno, and Akihisa Tomita, “Expansion method for depth measurement range based on number theory using two wavelength light sources,” Tech. Dig. of MOC 2015, PD6, Fukuoka, Japan, October, (2015).

 Yuta Goto, Atsushi Okamoto, Atsushi Shibukawa, Akihisa Tomita, and Masanori Takabayashi, “High-resolution and simultaneous measurement along the depth direction using virtual phase conjugation for optical tomography,” Tech. Dig. of MOC 2015, B2, Fukuoka, Japan, October, (2015).

 Yuta Goto, Atsushi Okamoto, Masataka Toda, Yasuyuki Kuno, and Akihisa Tomita, “Improvement of measurement-speed by virtual optical-system for confocal laser scanning microscope,” Tech. Dig. of MOC 2015, PD7, Fukuoka, Japan, October, (2015).

 Yanfeng Zhao, Atsushi Okamoto, Tomokazu Oda, Akihisa Tomita, Masatoshi Bunsen, and Satoshi Honma, “Optimization of diffraction efficiency and coupling efficiency in spatial mode conversion for photonic cross connecter,” Tech. Dig. of MOC 2015, H47, Fukuoka, Japan, October, (2015).

 Hiroki Sakuma, Atsushi Okamoto, Hisatoshi Funakoshi, Yuta Goto, and Akihisa Tomita, “Experiment on three-dimensional display using spatial cross modulation method with an optical random diffuser,” Tech. Dig. of MOC 2015, K3, Fukuoka, Japan, October, (2015).

 Taisuke Eto, Masanori Takabayashi, Atsushi Okamoto, Masatoshi Bunsen and Takashi Okamoto, “Numerical simulations on 3D shift multiplexed self-referential holographic data storage: shift multiplexing properties along z-axis,” Tech. Dig. of MOC 2015, pp. 112-113, Fukuoka, Japan, October, (2015).

International Workshop on Holography and Related Technologies 2015 (IWH2015), Okinawa, Japan, December, 2015
 Tomokazu Oda, Atsushi Okamoto, Taketoshi Takahata, Shusaku Noda, Naoya Wada, and Akihisa Tomita, “Performance Improvement of Volume Holographic Mode De-multiplexer using a Phase Plate for Pre-conversion,” Tech. Dig. of IWH 2015, P16, Okinawa, Japan, December, (2015).

19th Conference on QUANTUM INFORMATION PROCESSING (QIP2016),Banff,Canada, January, 2016
 Fumiaki Matsuoka and Akihisa Tomita, “Entanglement Generation by Communication using Squeezed State with Photon Loss,” 19th Conference on Quantum Information Processing (QIP2016), Poster Session 3, No.29, Alberta, Canada, January, (2016).

 Kosuke Fukui, Akihisa Tomita, and Atsushi Okamoto, “Proposal for quantum error correction with continuous variables,” 19th Conference on Quantum Information Processing (QIP2016),Poster Session 2,No.46, Alberta, Canada, January, (2016).

SPIE Photonics West 2016 (PW2016), San Francisco, USA, February, 2016
 Jin Nozawa, Atsushi Okamoto, Masataka Toda, Yasuyuki Kuno, and Akihisa Tomita, “Virtual interferogram-generation algorithm for phase measurement using two interferograms,” Proc. of SPIE, 9771, 97710B-7, San Francisco, USA, February, (2016).

 Hiroki Sakuma, Atsushi Okamoto, Atsushi Shibukawa, Yuta Goto, and Akihisa Tomita, “Highly accurate spatial mode generation using spatial cross modulation method for mode division multiplexing,” Proc. of SPIE, 9774, 97740K, San Francisco, USA, February, (2016).

 Koki Ishii, Atsushi Okamoto, Takehiro Tsuritani, Yuta Wakayama, Yuta Goto and Akihisa Tomita, “Spatial-Mode Conversion using Random Diffuser and Spatial Light Modulator for Reduction of Modal Crosstalk,” Proc. of SPIE, 9774, 9774-17, San Francisco, USA, February, (2016).

10th International Conference on Optical-photonics Design and Fabrication (ODF2016), Weingarten, Germany, March, 2016
 Yuta Goto, Atsushi Okamoto, Atsushi Shibukawa, Jin Nozawa, Kazuhisa Ogawa, Akihisa Tomita, and Kunihiro Sato, “ Experiment on depth-measurement of cover glass by virtual phase conjugation for optical tomography,” 10th International Conference on Optical-photonics Design and Fabrication, PD7, Weingarten, Germany, March, (2016).

▲国際会議topへ  ▲学術論文topへ  ▲平成27年度(2015年度)topへ  ▲このページの先頭へ


<国内学会・研究会>
2015年5月 第32回量子情報技術研究会(QIT32),大阪
 松岡 史晃,富田 章久,“条件付き変位操作と事後選択による位相スクイーズド状態の生成,” 第32回量子情報技術研究会資料, pp. 157 - 160,大阪,5月,(2015).

 中田 賢佑,富田 章久,岡本 淳,“量子暗号鍵配送装置に用いる利得スイッチ半導体レーザーの強度揺らぎ,” 第32回量子情報技術研究会資料,pp. 56 - 59,大阪,5月,(2015).

 廉澤 悠,中田 賢佑,富田 章久,岡本 淳,“デュアルパラレル変調器によるロバストな量子状態の生成と量子鍵配送装置への応用,” 第32回量子情報技術研究会資料, pp. 173 - 176,大阪,5月,(2015).

2015年9月 2015年電子情報通信学会ソサイエティ大会,仙台
 菅悠太,岡本淳,渋川敦史,舟越久敏,佐久間大樹,富田章久,“レンズレス型空間クロスモジュレーション法による光複素振幅制御,” 2015年電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ大会 講演論文集,C-3-34,仙台,9月 (2015).

 石井公貴,岡本淳,釣谷剛宏,若山雄太,後藤優太,富田章久,“空間光変調器を用いた空間モード変換におけるランダム拡散板によるモード間クロストークの低減,” 2015年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会 講演論文集,B-10-33,仙台,9月 (2015).

2015年9月 2015年度電子情報通信学会九州支部学生会講演会, 福岡
 Taisuke Eto, Masanori Takabayashi, Atsushi Okamoto and Takashi Okamoto, “Single recording properties in self-referential holographic data storage,” 2015年度電子情報通信学会九州支部学生会講演会 講演論文集,IS-3,福岡,9月, (2015).

2015年10月 ImPACT未来開拓研究会2015,千歳
 松岡 史晃 “条件付変位操作による近似的な位相スクイーズド状態の生成,” ImPACT 未来開拓研究会 2015ポスタープログラム,Aグループ,千歳,10月,(2015).

 福井 浩介 “連続量を用いた量子誤り訂正に関する研究,” ImPACT 未来開拓研究会 2015ポスタープログラム,Aグループ,千歳,10月,(2015).

 中村 敏幸 “B92の拡張プロトコル,” ImPACT 未来開拓研究会 2015ポスタープログラム,Aグループ,千歳,10月,(2015).

2015年11月 平成27年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会,北見
 菅 悠太,岡本 淳,佐久間 大樹,富田 章久,“空間クロスモジュレーション法を用いた複素振幅生成における再生品質低下要因の検討,” 平成27年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 講演論文集,149,北見,11月, (2015).

 清水 祥平,岡本 淳,渋川 敦史,野澤 仁,菅 悠太,富田 章久, “デュアルフェイズモジュレーション法を用いた角度情報を有する3次元物体の表示変換,” 平成27年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会 講演論文集, 150,北見,11月, (2015).

2015年11月 第33回量子情報技術研究会(QIT33),神奈川
 K. Ogawa and M. Kitano, “Dispersion-cancelled and artifact-background-free optical coherence tomography,”第33回 量子情報技術研究会資料, pp. 87,神奈川,11月,(2015).

 松岡史晃,富田章久,“位相スクイーズド光を用いた通信による原子間もつれ形成と光子損失,” 第33回量子情報技術研究会資料, pp. 6 - 11,神奈川,11月,(2015).

 中田賢佑,富田章久,岡本淳,“Nested Modulatorを用いたロバストなデコイ状態の生成,” 第33回量子情報技術研究会資料,pp. 74 - 77,神奈川,11月,(2015).

2015年12月 第56回応用物理学会光波センシング技術研究会,東京
 野澤 仁,岡本 淳,戸田 昌孝,久野 靖幸,富田 章久,“ワンショットかつ高解像度な光波面計測に向けた仮想干渉縞生成手法,” 第56回応用物理学会光波センシング技術研究会予稿集,LST56-6,東京,12月, (2015).

2016年1月 第51回応用物理学会北海道支部学術講演会,札幌
 後藤優太,岡本淳,渋川敦史,小川和久,富田章久,“仮想位相共役技術を用いた高速光断層撮影の基礎実験,”第51回応用物理学会北海道支部学術講演会 講演予稿集,C - 24,札幌,1月, (2016).

2016年1月 第5回Quantum Theory & Technology Un-Official Meeting(QUATUO)研究会,高知
 小川 和久, “量子力学の時間反転対称性を用いた分散消去光コヒーレンストモグラフィの古典光学的実現,”第5回QUATUO研究会プログラム,ポスター発表,No.1,高知,1月,(2016).

 中村 敏幸,“B92に対する盗聴量解析,” 第5回QUATUO研究会プログラム, ポスター発表,No.8,高知,1月,(2016).

2016年2月 2015年度電子情報通信学会マルチメディアストレージ研究会,札幌
 野澤 仁,岡本 淳,小川 和久,富田 章久,“2つのホログラムのみを使用した高精度な位相計測に向けた仮想干渉縞生成法,” 映像情報メディア学会技術報告,Vol. 40, No. 6,pp.303-307, 札幌,2月, (2016).

 舟越 久敏,岡本 淳,渋川 敦史,菅 悠太,佐久間 大樹,“体積ホログラムの高速数値解析手法を応用した新しい3次元ディスプレイの基本動作シミュレーション,” 映像情報メディア学会技術報告, Vol. 40, No. 6, pp.309-313, 札幌, 2月, (2016).

2016年2月 量子論の諸問題と今後の発展(QMKEK6),茨城
 小川 和久, 北野 正雄, "時間反転光学系を用いた量子干渉パターンの古典光学的実現および光計測への応用", 量子論の諸問題と今後の発展(QMKEK6)ポスター発表概要, No.3,茨城,2月,(2016).

2016年3月 第63回応用物理学会春季学術講演会,東京
 佐久間 大樹,岡本 淳,小田 友和,後藤 優太,野澤 仁,富田 章久,“プログレッシブ位相共役技術による空間モードの選択的抽出,”第63回応用物理学会春季学術講演会 講演予稿集,22a-P3-12,東京,3月, (2016).

 中村 敏幸,中田 賢祐,小川 和久,岡本 淳,富田 章久,“Bennett 1992の盗聴量解析,” 第63回応用物理学会春季学術講演会 講演予稿集,20p-W541-7,東京,3月, (2016).

2016年3月 日本物理学会第71回年次大会,宮城
 小川 和久, 北野 正雄 "量子力学の時間反転対称性を用いた分散消去光コヒーレンストモグラフィの古典光学的実現", 日本物理学会第71回年次大会 講演予稿集, 21pBJ-3,宮城,3月,(2016)

2016年3月 ImPACT量子情報技術ワークショップ(第2回全体会議),東京
 中田 賢佑,富田 章久,岡本 淳,“QKD装置におけるdual drive modulatorを用いた強度と位相の一括変調器,” ImPACT量子情報技術ワークショップ(第2回全体会議)ポスターセッションプログラム,B-9,東京,3月,(2016).

 廉澤 悠,中田 賢佑,富田 章久,岡本 淳,“デュアルパラレル変調器によるロバストな量子状態の生成と量子鍵配送装置への応用,” ImPACT量子情報技術ワークショップ(第2回全体会議)ポスターセッションプログラム,B-10,東京,3月,(2016).

 中村 敏幸,中田 賢佑,富田 章久,岡本 淳,“Benett1992プロトコルでの最大盗聴量,” ImPACT量子情報技術ワークショップ(第2回全体会議) ポスターセッションプログラム,B-11,東京,3月,(2016).

▲国内学会・研究会topへ  ▲学術論文topへ  ▲平成27年度(2015年度)topへ  ▲このページの先頭へ


<招待講演>
 高林正典,岡本淳,岡本卓:多値ホログラフィックメモリの記録・再生・検出に関する定量的な評価,第21回ボリュームホログラフィックメモリ技術研究会~多値記録技術の進展~講演予稿集,pp. 6-9,東京,7月,(2015).(Invited)

 富田章久,“量子セキュアネットワークの構築にむけて” 学振光ネットワークシステム技術第171委員会第55回研究会,札幌,7月30日(2015).(Invited)

 Akihisa Tomita, “Security Certification of Practical Quantum Key Distribution systems,” 15th Asian Quantum Information Science Conference (AQIS'15),Seoul,Korea, August, (2015). (Invited)

 Akihisa Tomita, “Toward a security certificated communication systems,” 5th International Conference on Quantum Cryptography (Qcrypt2015),Tokyo, Japan, September, (2015). (Tutorial)

 小川 和久, “量子力学の時間反転対称性を用いた量子光学干渉の古典光学的実現,” 第19回量子情報関西Student Chapter, 大阪,11月,(2015).(Invited)

 Akihisa Tomita, “Secure optical communication based on quantum key distribution,” CNU-HU Joint Symposium, Deajeon, Korea, Nov. (2015) . (Invited)

 Jin Nozawa “High-accurate surface measurement using two interferograms captured by two optical image sensors,” Programs of CNU-HU Joint Symposium, Session2, Deajeon, Korea, Nov. (2015). (Invited)

 富田 章久:“量子暗号装置の安全性をどう保証するか” 第5回Quantum Theory & Technology Un-Official Meeting(QUATUO)研究会,高知 1月11日(2016) (Invited)

 富田 章久:“量子暗号鍵配付システムの現状と将来の応用” nano tech 2016 ロボティック・シンポジウム,東京,1月27日(2016)(Invited)

 Akihisa Tomita, “Security certification for QKD implementation,” 2nd UK-Japan Quantum Technology Workshop, Tokyo, 3月17日 (2016) (Invited)

 富田 章久:“量子暗号装置の安全性保証技術,” ImPACT量子情報技術ワークショップ(第2回全体会議),東京 3月29日 (2016)  (Invited)

▲招待講演topへ  ▲学術論文topへ  ▲平成27年度(2015年度)topへ  ▲このページの先頭へ



―その他―
<受賞>
 後藤優太,応用物理学会北海道支部第19回発表奨励賞, “仮想位相共役技術を用いた高速光断層撮影の基礎実験,”第51回応用物理学会北海道支部学術講演会 講演予稿集,C - 24,札幌,1月, (2016).

▲受賞topへ  ▲その他topへ  ▲平成27年度(2015年度)topへ  ▲このページの先頭へ


<出張授業>
 小川 和久, 松岡 史晃, “光の正体を探ろう! 〜量子の世界への招待〜”, ImPACT Program “量子人工脳を量子ネットワークでつなぐ高度知識社会基盤の実現” サイエンスアウトリーチ, 愛知, 3月, (2016).

▲出張授業topへ  ▲その他topへ  ▲平成27年度(2015年度)topへ  ▲このページの先頭へ