Japanese / English

研究内容

研究成果:学会発表等、学術論文、特許出願、著書&出版などのリスト 

ここでは本年度の研究成果(学術論文、学会、特許出願、著書など)の発表をリストしています。昨年までの研究成果は以下の「昨年までの研究成果」をクリックしてください。

 

昨年までの研究成果

 

元に戻る

 

2019年度

学術論文

1) Photoluminescence Properties of [Core+exo]‑Type Au6 Clusters: Insights into the Effect of Ligand Environments on the Excitation Dynamics, Y. Shichibu,M. Zhang,T. Iwasa, Y. Ono,T. Taketsugu,S. Omagari,T. Nakanishi,Y. Hasegawa,K. Konishi, J. Phys. Chem. C in press (2018).

2) Photophysical investigation of near infrared emitting lanthanoid complexes incorporating tris(2-naphthoyl)methane as a new antenna ligand, L. A. Galán, S. Wada, L. Cameron, A. N. Sobolev,Y. Hasegaw, E. Zysman-Colman, M. I. Ogden M. Massi, Dalton Trans. in press (2018).

3) Luminescent Lanthanide Complexes, Clusters, Coordination Polymers and Metal-organic Frameworks with Temperature-sensing properties, Y. Hasegawa, Y. Kitagawa, J. Mater. Chem. C. in press (2018).

4) A Liquid-phase Ion Gun Technique for Generating Sulfide Ions on Metal Surfaces, Jun-Seob Lee, Koji Fushimi, Zairyo-to-Kankyo 68(5),120-127 (2019).

5) Perfluorophenyl-Directed Giant Porphyrin J-Aggregates, M. Morisue, I. Ueno, K. Muraoka,S. Omagari, T, Nakanishi, Y. Hasegawa,T. Hikima,S. Sasaki, Chem. Eur. J. 25, 7322–7329 (2019).

6) Micro- and nano-scopic aspects of passive surface on pearlite structure of carbon steel in pH 8.4 boric acid-borate buffer, Koji Fushimi, Ryogo Nakagawa, Yuichi Kitagawa, Yasuchika Hasegawa, J. Electrochem. Soc. 166(11), C3409-C3416 (2019).

7) Near-IR luminescent Yb(III) coordination polymers composed of pyrene derivatives for thermo-stable oxygen sensors, Y. Hasegawa, T. Matsui, Y. Kitagawa, T. Nakanishi, T. Seki, H. Ito, Y. Nakasaka, T. Masuda, K. Fushimi, , Chem. Eur. J. in press.

 

**********************************************************************

学会発表

1) 2019. 4.25. 招待講演: 長谷川靖哉, 希土類を用いた強発光性の分子材料開発, 第161回ラドテック研究会講演会, 東京理科大学神楽坂キャンパス(東京).

2) 2019.5.15-16. 口頭発表:熊谷まりな, 北川裕一, 伏見公志, 長谷川靖哉, クリセン骨格を導入した感温特性を示す高輝度Eu(III)錯体の光物性, 第35回希土類討論会, 大阪大学(吹田), 1B-10.

3) 2019.5.15-16. 口頭発表:齋藤康樹, 北川裕一, 伏見公志, 長谷川靖哉, カルボラン骨格を導入した希土類配位高分子の合成と物性評価, 第35回希土類討論会, 大阪大学(吹田), 1B-11.

4) 2019.5.21-23. 口頭発表:石井希, 北川裕一, 長谷川靖哉, 伏見公志, 金属組織に依存した腐食反応解析のためのフォトリソグラフィーを用いた電極作製法の開発, 材料と環境2019, 大宮ソニックシティ(大宮), B-112.

5) 2019.5.21-23. 口頭発表:藤村諒大, 北川裕一, 長谷川靖哉, 伏見公志, エリプソ顕微鏡と組み合わせたチャンネルフロー型電気化学セルによるpH4.5硫酸ナトリウム水溶液中でのFe6Crの不働態化挙動,材料と環境2019, 大宮ソニックシティ(大宮), B-309.

6) 2019.5.23-24. 招待講演:Y. Hasegawa, Eu(III) and Tb(III) Coordination polymers with strong luminerscence and photo-functional properties, International Conference on Photocatalysis and Photoenergy 2019 (ICoPP2019), Sondgo ConvensiA (Incheon, Korea), CH II-15.

7) 2019.6.15-16. ポスター発表:藤村諒大、北川裕一、長谷川靖哉、伏見公志, エリプソ顕微鏡と組み合わせたチャンネルフロー型電気化学セルを用いた硫酸ナトリウム溶液中におけるFe-6Crの不働態化挙動,電気化学会北海道支部第35回ライラックセミナー・第25回若手研究者交流会,おこばち山荘(小樽). P21.

8) 2019.6.15-16. ポスター発表:石井希、北川裕一、長谷川靖哉、伏見公志, Al-Si合金上で起こる水素発生反応の結晶組織依存性解析,電気化学会北海道支部第35回ライラックセミナー・第25回若手研究者交流会,おこばち山荘(小樽). P24.

9) 2019.6.15-16. ポスター発表:奥山遥,北川裕一、長谷川靖哉、伏見公志,炭素鋼の大気腐食におけるNaCl粒子と金属組織の関係,電気化学会北海道支部第35回ライラックセミナー・第25回若手研究者交流会,おこばち山荘(小樽). P27.

10) 2019.6.16-18. ポスター発表:鶴井真, 光化学若手の会

11) 2019.6.16-18. ポスター発表:内藤亜侑, 光化学若手の会

12) 2019.6.16-18. ポスター発表:森明竜馬, 光化学若手の会

13) 2019.7.14-19. 口頭発表:Y. Hasegawa, Temperature-sensitive luminescence of lanthanide coordination polymers, The 23rd International Symposium on the Photochemistry and photophysics of coordination compounds (ISPPCC2019), Cuty university of Hong Kong (Hong Kong, China), OL-22.

14) 2019.7.14-19. 口頭発表:P. P. Ferreira da Rosa, Y. Kitagawa, K. Fushimi, Y. Hasegawa, Thermo-sensitive seven-coordinate Tb(III) complexes, The 23rd International Symposium on the Photochemistry and photophysics of coordination compounds (ISPPCC2019), Cuty university of Hong Kong (Hong Kong, China), OL-22.

15) 2019.7.20. 口頭発表:鶴井真, 北川裕一, 伏見公志, 関朋宏, 伊藤肇, 権正行, 田中一生, 長谷川靖哉, キラル分子を導入したEu(III)配位高分子の相転移挙動と光物性, 日本化学会北海道支部会2019年夏季研究発表会, 苫小牧高専(苫小牧), A08.

16) 2019.7.20. 口頭発表:内藤亜侑, 北川裕一, 伏見公志, 権正行, 田中一生, 長谷川靖哉, 希土類イオンをリンカーとした発光色素の新規不斉集積法, 日本化学会北海道支部会2019年夏季研究発表会, 苫小牧高専(苫小牧), A09.

17) 2019.7.20. 口頭発表:森明竜馬, 北川裕一, 伏見公志,長谷川靖哉, Tb配位高分子における連結配位子構造変化と発光機能評価, 日本化学会北海道支部会2019年夏季研究発表会, 苫小牧高専(苫小牧), A10.

18) 2019.7.28-30. 招待講演:Y. Hasegawa, Lanthanide coordination polymer for EL devices, Nagoya Univ.-Tshinghua Univ.-Toyota Motor Corp.-Hokkaido Univ. Joint Symposium,-materials Science and nanotechnology for the 21st century, Hakodate (hakodate, Japan), IL-06.

19) 2019.7.28-30. ポスター発表:P. P. Ferreira da Rosa, Y. Kitagawa, K. Fushimi, Y. Hasegawa,Seven-coordinated Tb(III) complexes with thermo-sentible abilities, Nagoya Univ.-Tshinghua Univ.-Toyota Motor Corp.-Hokkaido Univ. Joint Symposium,-materials Science and nanotechnology for the 21st century, Hakodate (hakodate, Japan), IL-06.

20) 2019.8.3-5. 口頭発表:齋藤康樹, 北川裕一, 伏見公志, 長谷川靖哉, カルボランで架橋したTb(III)配位高分子の光増感発光特性, 第31回配位化合物の光化学討論会, 金太郎温泉(魚津市、富山),O-12B.

21) 2019.8.3-5. ポスター発表:鶴井真, 北川裕一, 伏見公志, 関朋宏, 伊藤肇, 権正行, 田中一生, 長谷川靖哉, 不斉ホスフィンオキシド配位子を有するEu(III)錯体のキラル光学特性評価, 第31回配位化合物の光化学討論会, 金太郎温泉(魚津市、富山), P-1.

22) 2019.8.3-5. ポスター発表:内藤亜侑, 北川裕一, 伏見公志, 権正行, 田中一生, 長谷川靖哉, 希土類イオンをリンカーとした有機集積体の光機能創出, 第31回配位化合物の光化学討論会, 金太郎温泉(魚津市、富山), P-4.

23) 2019.8.3-5. ポスター発表:森明竜馬, 北川裕一, 伏見公志,長谷川靖哉, 発光性希土類配位高分子における連結配位子の置換基効果,第31回配位化合物の光化学討論会, 金太郎温泉(魚津市、富山), P-22.

24) 2019.8.22-24. 招待講演:Y. Hasegawa, Luminescent Polymer Films for Plant Growth, The 8th Chungbuk National Univ.-Hokkaido Univ. Joint Symposium on Advanced Engineering, Chungbuk National Univ (Cheongju, Korea).

 

**********************************************************************

特許

1) 北川裕一、島かおり、和田智志、長谷川靖哉、伏見公志, 希土類錯体, 希土類錯体溶液、発光性成形体、発光性物品を製造する方法、発光性シート、及び農業用ビニールハウス, 特願2019-085626(2019.4.26出願)

2) 長谷川靖哉、北川裕一、鶴井真、田村健、佐野夏博、ビスホスフィンオキシド希土類錯体及び光学機能性材料, 特願2019-132858(2019.7.18出願)

 

**********************************************************************

解説&出版

1) 長谷川靖哉, 希土類元素ブロック高分子を用いた表示材料への展開, 日本画像学会誌, 58, 138-146 (2019).