Japanese / English

研究内容

研究成果:学会発表等、学術論文、特許出願、著書&出版などのリスト 

ここでは本年度の研究成果(学術論文、学会、特許出願、著書など)の発表をリストしています。昨年までの研究成果は以下の「昨年までの研究成果」をクリックしてください。

 

昨年までの研究成果

 

元に戻る

 

2021年度

学術論文

1) Asymmetric Lumino-Transformer: Circularly Polarized Luminescence of Chiral Eu(III) Coordination Polymer with Phase-Transition Behavior, M. Tsurui, Y. Kitagawa, S. Shoji, H. Ohmagari, M. Hasegawa, M. Gon, K. Tanaka, M. Kobayashi, T. Taketsugu, K. Fushimi, Y Hasegawa, J. Phys. Chem. B https://doi.org/10.1021/acs.jpcb.2c01639 (2021).

2) Amorphous lanthanide complexes for organic luminescent materials, J. Hayashi, S. Shoji, Y. Kitagawa, Y. Hasegawa, Coord. Chem. Rev. in press (2021).


**********************************************************************

学会発表

1) 2022.5.11-12. 口頭発表:鶴井 真, 北川裕一, 庄司 淳, 大曲仁美, 長谷川美貴, 権正行, 田中一生, 小林正人, 武次徹也, 伏見公志, 長谷川靖哉, キラルEu(III)配位高分子の相転移挙動と円偏光発光特性, 第38回希土類討論会, 熊本市国際交流会館(熊本), 2B-03

2) 2022.5.11-12. 口頭発表:小西由姫, 庄司 淳, 北川裕一, 伏見公志, 長谷川靖哉, Tb(III)とSm(III)を含む混合九核クラスターの環境に依存した発光特性, 第38回希土類討論会, 熊本市国際交流会館(熊本), 2B-04

3) 2022.5.11-12. 口頭発表:相川航汰, 庄司 淳, 伏見公志, 長谷川靖哉, 北川裕一, π軌道から4f軌道の遷移に基づくカルバゾールEu(III)錯体の電荷移動発光, 第38回希土類討論会, 熊本市国際交流会館(熊本), 2B-05

4) 2022.5.11-12. 口頭発表:佐々木建晟, 庄司 淳, 北川裕一, 中村一希, 小林範久, 伏見公志, 長谷川靖哉, 希土類配位ナノ粒子のDNAとの結合に伴う縁偏光発光機能, 第38回希土類討論会, 熊本市国際交流会館(熊本), 2B-06

5) 2022.511-12. 口頭発表:宮崎栞, 宮田潔志, 北川裕一, 合志憲一, 安達千波矢, 長谷川靖哉, 恩田健, ホスト–ゲスト三重項増感を利用したEu(III)錯体薄膜の高効率発光, 第38回希土類討論会, 熊本市国際交流会館(熊本), 2B-07

6) 2022.5.11-12. 口頭発表:五反田基彰, 宮崎栞, 杉岡寛爾, 宮田潔志, 北川裕一, 長谷川靖哉, 恩田健, トリフェニレン部位を持つTb(III)錯体の分子内エネルギー移動発光過程の解明, 第38回希土類討論会, 熊本市国際交流会館(熊本), 2B-08

 

**********************************************************************

特許

1)

 

**********************************************************************

解説&出版

1)