ニュース

【重要】大学院工学院 第2学期の授業実施方法について
【Important】Method of Course delivery for the second semester at Grad of Eng.

 本学院では、令和2年度第2学期における授業について、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、通常の授業形態とは異なる方式で実施いたします。

 学生の皆さんは、下記をしっかり理解の上、コロナウイルスの感染拡大を防止しつつ、ご自身の学修を進めるようにしてください。

As part of a preventative measure of COVID-19, delivery of classes at the Graduate School of Engineering will differ from the usual structure.

Please understand this implementation below and progress your research and study while avoiding transmission of COVID-19.

令和2年9月11日 

 工学院の学生の皆様へ

工学院長  瀬戸口 剛 

令和2年度第2学期における工学院専門科目授業の進め方について

 学生の皆様には新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止にご協力いただきありがとうございます。

 工学院の第2学期の授業は,主にオンライン型とし,研究活動は下記の通り感染拡大に配慮して活動することができます。学生の皆さんは引き続き感染拡大防止に細心の注意を払いながら,対応をお願いします。

 また,国内を移動する場合は,移動先の感染状況を十分に確認するとともに,公共交通機関を利用する際は,乗車中の会話は控え,可能な限り混雑する時間帯を避ける等,感染防止対策を徹底してください。

 今後の状況や「新型コロナウイルス感染拡大防止のための北海道大学の行動指針(BCP)」レベルの変化に伴い,変更がありましたら再度お知らせいたしますので,これからも引き続き,工学院ホームページの掲載情報をこまめに確認してください。

  1. 研究活動
  2. 1)感染拡大に最大限配慮して,研究活動を行うことができます。研究室関係者は3密(密閉,密集,密接)に配慮して活動してください。

    2)工学部棟への入構をはじめ,研究活動を行う場合は,必ず指導教員の許可を受けてください。

    3)研究室や実験施設等への入室に際して,学生番号,氏名,入退室時間等を記録します。

  3. 講義等
  4. 1)第2学期の講義は,引き続きオンライン型授業を継続します。

    2)第2学期の演習・実験・実習等は,引き続きオンライン型授業を継続しますが,一部の演習・実験・実習等は,感染拡大防止措置を講じた上で対面型授業を実施するものがあります。対面型授業を行う演習・実験・実習等は,各専攻のホームページで確認してください。

    3)第2学期の途中でBCPレベルに変更がある場合には,適宜授業の形態を見直します。

  5. 教室等での感染拡大防止策
  6. 1)マスクの着用を徹底してください。マスクを着用していない学生は入構できません。

    2)研究室活動や,演習・実験・実習等の活動では,以下の感染拡大防止措置を講じて下さい。

    • 活動の前後には必ず,手洗い,うがい等,感染拡大防止に努めてください。
    • 常にお互いの距離は,2mのソーシャルディスタンスを確保してください。
    • 接近する場合には,フェースシールドを用いるなど,感染拡大防止策を徹底してください。
    • 機械換気を強運転するとともに,窓開けによって換気を行ってください。窓開けは,すべての窓を5cm程度以上開けた状態にし,ドアを解放状態にしてください。ただし,雪,雨,風が強い,寒さがきびしい場合など窓及びドアを常時開放できない場合には,30分に1回以上数分間,窓及びドアを全開にして換気を行ってください。また,窓開放時には,学生自身で着衣の調整が出来るように,対応してください。
    • エアコンを作動させている場合でも,基本的に換気扇や窓開放による換気を行ってください。
  7. その他
  8. 1)本学及び工学部棟内においては,必ずマスクを着用してください。マスクが無い場合は入構できません。また,手洗い,うがいを励行してください。

    2)生協工学部食堂を利用する際は,食堂での注意事項を遵守するとともに,利用者が集中する昼休みの時間帯をなるべく避けて,できるだけ短時間で利用してください。

    3)生協工学部食堂では,テーブル上の感染防止板の設置,網戸の設置,空調設備の整備を行っていますが,感染拡大防止のために,なるべくお互いの距離を開けてください。

    4)研究室等での活動についても大人数を避け,感染拡大防止の観点から「3つの密」に十分注意してください。

    5)大人数が集まる勉強会や集会等は対面を避け,オンライン形式での実施を推奨します。

    6)工学部棟の出入り口は,引き続き休日対応とします。

    7)工学部正面玄関において非接触サーモグラフィドーム型カメラによる入構者の体温測定を行います。設定温度を超えた方には体調等の確認をしたうえで,入構をお断りすることがあります。

    8)教務課事務室の窓口業務を再開しますが,来室前にはメールによる事前連絡をしてください。なお,授業料減免申請等の窓口申請が要求されている場合や緊急案件については,メールによる事前連絡は不要です。

    9)身体的に体調が優れない場合や感染が疑われる場合は,指導教員あるいは下記に連絡してください。

    • 北海道大学工学系事務部教務課:kyomuka@eng.hokudai.ac.jp
    • 感染症に関する一般相談窓口:札幌市保健所 011-632-4567(9:00-21:00)
    • 感染が疑われる方の受診相談:札幌市保健所 011-272-7119(#7119)24h

    10)心の健康に不安がある場合は,「なんでも相談室」がメールで相談を受け付けています。

第2学期の授業期間

秋ターム:令和2年10月1日(木)から令和2年11月27日(金)まで

冬ターム:令和2年11月30日(月)から令和3年2月3日(水)まで

※ 第1学期(春・夏)タームの授業を,第2学期(秋・冬ターム)に変更した場合があります。詳細は工学院ホームページを確認してください。

その他、教務上での不明点は、教務課(kyomuka@eng.hokudai.ac.jp)に問い合わせてください。

秋・冬タームに開講される授業の実施方法について
Updated details of courses in fall & winter term

 本学院で秋・冬タームに開講される授業の実施方法については、下記に掲載する専攻ごとのWebページに掲載されています。開講期の変更や履修上の注意事項がありますので、各専攻のサイトを確認の上、履修方法を間違えないようにしてください。

 なお、下記サイトの確認にはelmsのIDが必要となりますので、ご注意ください。

※ 下記のサイトはelmsに関連づけられたGoogleアカウントでログインした場合にのみ表示されます。必ずelmsにログインした状態で、下記リンクを参照してください。

※ 別のGoogleアカウントでログインしている場合はNot Foundと表示されます。

Check the website below for details of courses offered at Graduate School of Engineering in the fall & winter term. ELMS ID is required to check the following sites.

* The following websites will only be displayed if you have logged in with the Google account associated with ELMS. Be sure to log in to ELMS and refer to the link below.

* If you are logged in with another Google account, "Not Found" will be displayed.

各専攻の開講科目
工学院共通科目

【お問合せ先】
 北海道大学工学系事務部教務課大学院担当
 (TEL:011-706-6121、6122)

 Hokkaido University Graduate School of Engineering
 Academic Affairs Section,
 k-gakuin@eng.hokudai.ac.jp