お知らせ

北海道大学大学院工学研究院公開講座

機械工学のフロントライン

-宇宙と地球を跨る新技術で未来を拓く-

最新の宇宙開発技術と地球エネルギー資源開発について、現場の最前線で戦うラインナップが講義します。北海道大学が世界をリードしている重要6分野の迫力を体験して下さい。このシリーズでは、夢の技術が、水面下の失敗と情熱の上だけに浮かぶ実像であることを学びます。今世紀後半の人類が迎える諸問題を先行的に解決し、子供達に夢を伝授する方法を、皆様と一緒に考えます。

平成28年 6月22日(水)~ 7月27日(水)(毎週水曜日)18:15~19:45
札幌市北区北13条西8丁目 北海道大学工学部B11講義室(B棟1F)

募集要項・申込先 


第1回 6月22日(水)

小型ロケットが拓く,新しい宇宙開発の姿
工学研究院 永田 晴紀 教授

永田先生の研究室HPへ

大学や民間を中心に超小型衛星の利用が急増する中、ロケットの小型化は進んで来ませんでしたが、北海道は我が国の小型ロケット開発をリードする役割を担いつつあります。北海道大学と(株)植松電機が開発するCAMUI型ハイブリッドロケットは2018年度にも宇宙到達を目指し、大樹町を拠点とするインタステラ社が開発する液体ロケットは同じタイミングで地球周回軌道に到達する計画です。北海道で進む小型ロケット開発の最前線に迫ります。


第2回 6月29日(水)

波長制御放射技術~超小型人工衛星,地球,乾燥炉
工学研究院 戸谷 剛 准教授

戸谷先生の研究室HPへ

波長制御放射技術、とっても難しい言葉ですが、実はとても身近で使われています。電子レンジは2.45 GHzの電磁波を放射して、食べ物や飲み物を温めます。この技術をうまく使うと、超小型人工衛星の温度を制御したり、地球温暖化を緩和したり、乾燥炉で高機能材料を作ったりできそうです。超小型人工衛星、地球、乾燥炉を例として、 波長制御放射技術の最前線をご紹介します。


第3回 7月 6日(水)

国際宇宙ステーション実験
 -宇宙火災安全国際基準の構築
工学研究院 藤田 修 教授

藤田先生の研究室HPへ

有人宇宙活動において火災安全の確保は最重要課題の一つです。現在宇宙船内における火災安全性はNASAが定める基準により維持されています。しかし、近年の研究により従来の基準では必ずしも安全性を確保できない可能性が指摘されています。そこで、JAXA-NASA-ESAおよび国内外の大学が国際研究チームを作り、国際宇宙ステーション実験を活用した新しい基準作りに取り組んでいます。背景にある膨大な研究と国際チームの真剣な議論の一端を紹介します。


第4回 7月13日(水)

原子力推進宇宙船の開発-未来はすぐそこ
工学研究院 奈良林 直 特任教授

奈良林先生の研究室HPへ

スターウォーズでおなじみの原子力推進宇宙船の概念設計ができました。原子炉は高速増殖炉で燃料を増殖しながら高温の熱を発生。これをスターリングエンジンで電気に換え、圧縮プラズマエンジンを駆動。宇宙エレベータで地球の静止軌道上で組み立て、火星や深宇宙を目指し、超高速航行。未来はすぐ目の前にあります。


第5回 7月20日(水)

再生可能エネルギーによる地域経済の活性化
工学研究院 近久 武美 教授

近久先生の研究室HPへ

異常気象、格差や憎悪の増大、進まない自然エネルギー利用など、このまま行くと世界はどうなってしまうのだろうか。エネルギー研究者の視点から見た、安さ追求価値観による現代社会の矛盾と限界について語ります。次いで、その解決に対して有望な再生可能エネルギーの地産地消概念や水素利用を含む次世代エネルギー技術について紹介します。


第6回 7月27日(水)

風力エネルギー社会の到来,その光と陰
工学研究院 村井 祐一 教授

村井先生の研究室HPへ

20年で100 倍という驚異的普及期にある風力発電。この飛躍を支えるのは環境調和の技術です。我が国が風力について後進国だと思うのはもはや時代錯誤になっています。風力に不利な環境で鍛えられた国産技術は、今では世界をリードしました。今世紀後半まで生き残る風車とは何か。問題山積みの中だからこそ、技術者に挑戦心を与えています。

対  象一般市民
定  員100名
受 講 料3,500円 (配付資料代を含む) ※ 特定の講義の受講は、1回1,500円です。
募集要項PDFファイル(345KB)
募集期間平成28年5月23日(月)~ (土・日・祝日を除く)
申 込 先〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
北海道大学工学系事務部教務課(学生支援担当)
TEL: 011-706-6707/FAX: 011-706-6141
E-mail: k-gaksei@eng.hokudai.ac.jp