修士課程第2次学生募集要項

平成31年度北海道大学大学院工学院修士課程第2次学生募集要項(一般入試)

※ 抜粋版のため,下記:その他を参照のうえ,必ず募集要項を請求してください。(募集要項は,平成30年11月26日以降配布開始予定です。)

教育目標とアドミッションポリシー

教育目標

本学院の目標は,学問の継承及び創造を通じて,工学分野の基礎的素養及び高度な専門的素養を身に付けた,国際化,科学技術の高度化,学際化等に対応できる多様な知識,判断力及び実務対応能力を持つ人材を育成することにあります。

アドミッションポリシー

 本学院では,理工系の専門分野を卒業し,工学分野の修士,博士の学位を取得しようとする人物,並びに学部卒業後に社会で活躍しながら博士の学位を取得しようとする有為の人物を選抜しています。外国人留学生についても,積極的に受け入れています。社会人と外国人の入学試験合格者は,4月あるいは10月に入学することができます。
 修士課程の入学試験では,語学と専門に関する筆答試験及び口頭試問を実施します。筆答試験は,各専攻の専門分野における基礎科目及び専門科目の習熟度を計る試験を行いますが,広く人材を受け入れるために,多くの科目から受験科目を選択できるように配慮しています。
 博士後期課程の入学試験では,語学と専門に関する筆答試験と研究能力を評価する口頭試問を実施します。
 また,専攻によっては,学業成績優秀者,企業などにおける研究開発等の業績が顕著な人物に対して筆答試験を免除しているところもあります。

1.募集人員

専攻 募集人員 専攻 募集人員
材料科学 若干名 建築都市空間デザイン 若干名
環境フィールド工学 若干名 空間性能システム 若干名
北方圏環境政策工学 若干名 共同資源工学 若干名

2. 出願資格

  1. 大学を卒業した者及び平成31年3月卒業見込みの者
  2. 大学改革支援・学位授与機構から学士の学位を授与された者又は平成31年3月までに授与される見込みの者
  3. 外国において学校教育における16年の課程を修了した者及び平成31年3月までに修了見込みの者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成31年3月までに修了見込みの者
  5. 我が国において,外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって,文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成31年3月までに修了見込みの者
  6. 外国の大学その他の外国の学校(注1)において,修業年限が3年以上である課程を修了すること(注2)により,学士の学位に相当する学位を授与された者又は平成31年3月31日までに授与される見込みの者
  7. (注1)その教育研究活動等の総合的な状況について,当該外国の政府又は関係機関の認証を受けた者による評価を受けたもの又はこれに準ずるものとして文部科学大臣が別に指定するものに限る。

    (注2)当該外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該課程を修了すること及び当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって文部科学大臣の指定を受けたものにおいて課程を修了することを含む。

  8. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び平成31年3月までに修了見込みの者
  9. 文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号)
  10. ※ 各省庁所管の各種の教育訓練施設のうち,大学の学部に相当する教育課程を履修させているもの(防衛大学校,防衛医科大学校,水産大学校,海上保安大学校,職業訓練大学校長期指導員訓練課程,気象大学校大学部)を卒業した者及び平成31年3月までに卒業見込みの者等

  11. 大学に3年以上在学し,又は外国において学校教育における15年の課程,外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における15年の課程若しくは我が国において,外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における15年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって,文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し,本学院において,所定の単位を優れた成績をもって修得したと認めた者(以下「飛び入学による志願者」という。)
  12. 本学院において,個別の入学資格審査により,大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で,平成31年3月31日までに22歳に達する者(以下「個別の資格審査による志願者」という。)

3. 出願資格予備審査申請期間等

平成30年12月3日(月)午前8時30分から12月7日(金)午後5時まで

上記2. 出願資格の (9) 及び (10) による志願者は,願書を受理する前に出願資格に関する予備審査を行いますので,出願書類等に出願資格予備審査申請者提出書類を添え,上記期間内に願い出てください。
(受付は午前8時30分から午後5時までです。土・日を除く。)

(注) 出願資格予備審査の結果については,平成30年12月21日(金)に通知書を発送するので,出願資格を認められた者は,下記の4.願書受理期間等の期間内に検定料を納入し,納入に際しインターネット出願サイトを利用した場合は「支払完了通知」をプリントアウトしたもの,払込書を使用した場合は「受付局日附印」を押印した検定料受付証明書を郵送してください。所定の期間内に検定料を納入しない場合は,願書を受理しません。

4.願書受理期間等

平成31年1月8日(火)午前8時30分から1月15日(火)午後5時まで

上記2.出願資格の (1) から (8) により出願する者は,この期間内に出願書類を提出してください。郵送の場合も期間内に必着としてください。
(願書受付は午前8時30分から午後5時までです。)

5.検定料

30,000円(銀行・郵便局への払い込みによること。)

検定料は,以下の2通りの支払い方法があります。

支払い方法1.コンビニエンスストア,クレジットカード,ネットバンキング等で支払う

  • 「インターネット出願サイト(https://e-apply.jp/e/hokudai-eng/)」を通じて支払いを行います。
  • 支払い方法は,コンビニエンスストア,郵便局・銀行ATM,ネットバンキング,クレジットカード,中国銀聯ネット決済の中から選択ができます。(支払いに際し,決済手数料500円が必要となります)
  • 支払い方法の詳細については,インターネット出願サイトをご覧下さい。
  • インターネット出願サイトを利用して検定料を納付した場合,願書の検定料支払い項目欄に「インターネット出願サイトを通じての支払い」にレ印を付すとともに,検定料納付後に登録したメールアドレスに届く「支払完了通知」をプリントアウトの上,提出してください。なお,「支払完了通知」が届くまで時間がかかる場合がありますので,支払いの時期には十分にご注意ください。

※ インターネット出願サイトでは検定料の支払いのみ可能です。サイトに記載の出願フローとは異なり,出願書類はとじ込みの様式を使用し提出することが必要です。出願書類が本学院に出願期間内に到着した時点をもって,出願手続完了となりますのでご注意ください。

支払い方法2.添付の「払込票(とじ込み用紙)」で郵便局・銀行窓口で支払う

  • 検定料支払い後,検定料受付証明書貼付用紙(とじ込み用紙)に検定料受付証明書を貼付し,出願書類と一緒に提出して下さい。(支払いに際し,郵便局・銀行の所定の手数料が必要となります)
  • 支払い方法の詳細については,とじ込み用紙の「検定料の払込みについて」をご覧下さい。
  • 願書の検定料支払い項目欄に「払込票での支払い」にレ印を付して提出して下さい。

6.出願書類及び学科試験について

募集要項を参照してください。

外国語試験及びスコアシートの提出について
① 外国語試験の実施方法について

外国語試験については,試験当日の筆記試験は実施せず,出願時に提出された本学院指定の外国語外部試験(TOEIC,TOEFL,IELTS)のスコアをもって外国語試験の成績として判定します。提出可能な試験のスコアは以下のとおりです。

提出可能な試験 提出不可な試験
TOEIC Listening & Reading test TOEIC IP,TOEIC Speaking & Writing Tests,TOEIC Speaking Test,TOEIC Bridge Test
TOEFL iBT TOEFL ITP
IELTS (アカデミック・モジュール) (※) IELTS (ジェネラル・トレーニング・モジュール)

(※) IELTSのスコアについては,出願する専攻によって取扱いが異なります。
 材料科学専攻については,IELTSのスコアの提出が認められませんので,ご注意願います。

 提出可能な外国語外部試験のスコアは,入学試験実施日(平成31年2月13日)から2年以内に受験した試験に限ります。
 日本国内で実施された試験では,下記日程で実施されたものが有効な試験となります。日本国外で実施された試験では,平成29年2月13日以降に実施され,かつ,出願までに公式スコアが発行されているものが有効な試験となります。外部試験の日程には十分注意をして受験するようにしてください。

【有効な試験】
TOEIC Listening & Reading Test
第218回(平成29年3月12日実施) ~ 第236回(平成30年12月9日実施)
TOEFL iBT
平成29年2月13日以降実施分 ~ 平成30年12月16日実施分
IELTS(アカデミック・モジュール)
平成29年2月13日以降実施分 ~ 平成30年12月13日実施分
② 提出方法について

 入学願書提出時に,顔写真付きの公式スコアシート(認定証)の原本及びコピーの2種類を提出することが必要です。

(注意事項)

  • 複数種類のスコアを取得していても,提出できるスコアシートは1つのみです。
  • スコアシートは,試験実施事務局から直接本学院に郵送する方法での受付はしておりません。その他の出願書類と一緒に出願時に提出するようにしてください。
  • スコアシートの原本は,出願受付後,返却いたします。郵送で出願した者については,原則口頭試問実施時に返却いたしますが,口頭試問実施日より前に返却を希望する場合,出願書類に,82円分の切手を貼付した返信用封筒(返却先住所・氏名及び赤字で「スコアシート返却」と記入すること)を同封し,早期返却を依頼してください。
  • ①に記載の有効な試験を受験した場合であり,かつ,郵便等の事情により出願期間内にスコアシートの原本が到着しなかった場合に限り,他の出願書類と併せて,Web上で確認したスコアシート(もしくは当該試験を受験した際の受験票)の写しを提出することで,出願を受理します。その場合のスコアシートの再提出期間は,平成31年1月21日(月)から2月6日(水)となりますので,必ずこの期間にスコアシートの原本及びコピーを提出してください。この期間に提出がなかった場合,いかなる理由があっても,外国語試験の成績として認められませんので,ご注意ください。
③ 英語を母国語とする国の出身者で,英語により大学(院)教育を受けた外国人留学生志願者について

 英語を母国語とする国の出身者であって,上記指定の外国語外部試験を受験する機会がほとんどない外国人留学生については,英語により大学(院)教育を受けてきた場合に限り,スコアシートの提出を免除することがあります。免除を希望する志願者は,出願前に教務課大学院担当までご相談ください。なお,免除には,英語により大学(院)教育を受けてきたことを示す書類(大学等が公式に発行したものに限る)を出願書類に添付することが必要になりますので,あらかじめ準備してください。当該書類が添付されていない場合,免除は認められません。

7.合格発表

 合格者の受験番号は平成31年3月4日(月)午前10時頃に工学院正面玄関ホール及び本学院ホームページにおいて掲示発表の予定。別に受験者全員に対し合否を通知します。
 なお,合格者には,併せて入学手続きに関する書類を同封します。
(入学手続き期間など重要なことが記載されておりますので,平成31年3月8日(金)までに届かない場合は工学系事務部教務課大学院担当までご連絡ください。)

8.入学料及び授業料

  1. 入学料 282,000円
  2. 平成31年度前期分授業料 267,900円(年額535,800円)
    【在学中に授業料改定が行われた場合には,改定時から新授業料が適用される。】

9.個人情報の取り扱いについて

  1. 本学が保有する個人情報は,「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」等の法令を遵守するとともに,「国立大学法人北海道大学個人情報管理規程」に基づき,保護に万全を期しています。
  2. 出願に当たってお知らせいただいた氏名,住所その他の個人情報については,①入学者選抜(出願処理,選考実施),②合格発表,③入学手続,④入学者選抜方法等における調査・研究,⑤及びこれらに付随する業務を行うために利用します。
  3. 各種業務での利用に当たっては,一部の業務を本学より当該業務の委託を受けた業者(以下,「受託業者」という。)において行うことがあります。業務委託に当たり,受託業者に対して,委託した業務を遂行するために必要となる限度で,お知らせいただいた個人情報の全部又は一部が提供されます。
  4. 出願に当たってお知らせいただいた個人情報は,合格者のみ入学後の①教務関係(学籍,修学指導等),②学生支援関係(健康管理,奨学金申請等),③授業料等に関する業務を行うために利用します。(共同資源工学専攻の出願者に係る個人情報は,九州大学においても①,②の業務を行うために利用します。)
  5. (4) の個人情報のうち,氏名,住所に限って,北大フロンティア基金及び本学関連団体である①北海道大学体育会,②北海道大学工学部北工会からの連絡を行うために利用する場合があります。

10.指導教員及びその研究分野一覧表

 指導教員及びその研究分野一覧表はこちら (PDF) をご覧下さい。

11.その他

  1. 学生募集要項の郵送を希望する場合は,あて先を明記した返信用封筒(A4判の冊子が入る大きさの封筒)に通常郵便料金380円分の切手(速達を希望する場合は760円分)を貼付したものを同封のうえ請求すること。封筒に「工学院 修士課程募集要項請求」と朱書き願います。
  2. 入学志願者で身体に障害のある者は,あらかじめ受験上や修学上の対応が必要となる場合があるので,平成31年1月15日(火)までに工学系事務部教務課大学院担当に申し出てください。

平成30年11月
北海道大学大学院工学院

募集要項の請求先

〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
北海道大学工学系事務部教務課大学院担当
電話: (011)706-6121
E-mail: