最新号はこちら ノーベル賞受賞記念特別号はこちら 北海道大学大学院工学研究院・大学院工学院

北海道大学大学院工学研究院・工学院広報誌 えんじにあRing 「えんじにあRing」とは北海道大学大学院工学研究員・工学院の研究内容をわかりやすく 紹介するとともに学生の声、卒業生の声、最新のニュースを紹介する広報誌です。

文字サイズ 小 中 大
特集

No.410[平成29年4月号]

研究ライフをぶっちぎれ!

* 物理学のすすめ
* 表面ナノ構造に基づく新しい超親水/超撥水性アルミニウム材料の開発
* 世界一のロケット研究者に!
* 偏西風の蛇行がもたらす大規模自然災害
* 下水処理におけるウイルス除去効率の向上

No.409[平成29年1月号]

北海道の暮らしを工学する

* バイオマスを余すことなく利用する
* 北海道から持続可能なエネルギー社会形成を目指して
* 近未来の北海道の斜面災害を予測する
* 積雪路面の「不思議」を科学の力で解き明かす
* 温泉と雪を使って発電する

No.408[平成28年10月号]

工農連携特集

【スペシャル対談】 * File.1 札幌農学校スピリッツを受け継いで 工農連携が切り開く実学研究の未来
* File.2 持続可能な北海道の森林づくりを守るために 挑戦、林業の機械化プロジェクト
【研究特集】 * スマートスーツ®で農作業の軽労化®
* 地産地消型のバイオエネルギー利用システム

No.407[平成28年7月号]

工学とデザイン

* 自動運転を支えるロボット技術
* 橋梁デザインと新材料
* 丘のまち交流館“bi.yell”の企画と設計
* 固体燃料電池:イオニクス×エレクトロニクス=クロス効果
* 音響ダイオードの開発

No.406[平成28年4月号]

* 特集1-座談会/知恵と多様性の翼で羽ばたく工学研究者に-
* 特集2-大学院生に聞きました これが私の研究室-

No.405[平成28年1月号]

命そして人間らしい生活を守る

* わずか1滴の血液で迅速診断
* 健康と安全を支える住環境
* 光シミュレーションで体の中を診る
* 陽子線治療:量子ビームでがんを狙い撃つ

No.404[平成27年10月号]

「生物?」と工学

* 微生物の中の有用化合物の生産工場を覗く
* 生物に学ぶ移動ロボット
* 生物と機械の間(はざま)
* DNAで環境をまもる
* バイオ技術を使った資源・環境問題への解決アプローチ

No.403[平成27年7月号]

未来を照らす若い力
* 金の発光
* 大気再突入機の数値予測
* 波や流れと共にやってくる海のグリーンエネルギー
* 半導体量子ドットにおける電子・核スピンの光操作
* 高分子の分子構造でナノを制御する

No.402[平成27年4月号]

* 特集1-座談会/世界に幸せをもたらす工学を目指して-
* 特集2-これが私の研究室-

No.401[平成27年1月号]

「破壊」がつくる私たちの未来─壊れ方を調べ、壊し方を考える─
TALK◆LOUNGE 「破壊」から学び上手に活用する建設的な破壊研究

* 金属疲労を防ぐために
* 機械的刺激による分子レベル構造変化:ナノメートルのドミノ倒し
* 小さな脆さを計る
* 寒冷地における岩盤斜面を科学する
* 安全で豊かな空間のための建築構造

No.400[平成26年10月号]

ここも工学の守備範囲?
TALK◆LOUNGE これも「工学」イチローも驚く?無限の守備範囲

* 納税者の利益にかなう社会インフラ投資を見極める-経済理論と金融工学-
* 超高性能な望遠鏡を目指して
* ビーチロックに学ぶ固化・自己修復技術
* 流体力学でシェイクスピア戯曲の物語を可視化
* まちなみと風景の景観学

No.399[平成26年7月号]

レーザーが導く新しいテクノロジーの世界
TALK◆LOUNGE レーザーが映し出す前人未到の世界

* らせんレーザーでナノらせん物質をつくる
* パルスレーザー加振技術でシステムの動特性および健全性を評価する
* 世界唯一の光源で光化学反応を研究
* 究極の性能を発揮する固体レーザー用結晶
* 自然の流れを視る原動力

No.397[平成26年1月号]

環境配慮社会をつくるための工学
TALK◆LOUNGE 環境に優しくするための技術と方法

* 社会とともに変化するごみ問題を、広い視点とツールで解決する
* 水蒸気と水だけで洗浄する:環境に優しい洗浄方法の開発
* スーパークリーン・カーボン・テクノロジー
* 高温過酷環境から材料を守る:省エネルギー・低環境負荷に貢献する高温材料の技術
* 木質バイオマスは再生可能エネルギーの切り札になれるか

No.396[平成25年10月号]

未来を拓く若い力
TALK◆LOUNGE マルチな視点が望まれるこれからの研究

* 気液界面ダイナミクスのマルチスケール解析
* 工学者によるウイルス生態学
* 岩石やコンクリートの複雑な高速破壊現象
* 過去と未来をつなぐコンクリート技術
* 化学分析装置の革新的小型化への挑戦:超小型高速液体クロマトグラフの開発

No.395[平成25年7月号]

最先端をゆく北大のレアメタル研究
TALK◆LOUNGE 他にはない高機能で先進工業国日本の未来を拓く

* レアメタルの製造
* レアメタル:希土類の発光
* 半導体で量子計算?
* La系合金の水素化燃焼合成
* 札幌発のレアメタルとリサイクル

No.393[平成25年1月号]

工学における先端計測
TALK◆LOUNGE 仮説、検証、計測 不思議を解明する工学のプロセス

* ダイヤモンドで計測?―高温・高放射線場でも使える放射線検出器を作っています―
* もっと光を! ―化学と生物の光を用いた新しい計測法を目指して―
* 視えない情報を可視化する ~加速器中性子源の応用
* 土の変形の測定:ミクロの世界から崩壊・流動まで
* 建物の揺れかたと壊れかたを知る

生物の仕組みを探る
TALK◆LOUNGE 多様な生物の全容解明に挑み新たな活用法を探索

* 微生物は敵か味方か?
* 細胞の世界を機械工学が切り拓く
* 機械工学の視点から新しい骨機能診断を目指す
* 細胞の中のプラスチック工場
* 細胞イメージングを駆使して細胞と対話する

No.391[平成24年7月号]

多様な産学連携が日本の未来を拓く
TALK◆LOUNGE 基礎研究の大学と実用化の産業界が進める技術革新

* 大学発の産学連携
* 原子を、直接、イメージングする
* 産学連携によって有価物に化けるバイオマス廃棄物
* 国際的先導研究が拓く産学連携-高性能で環境に優しい酸窒化物セラミックス-
* ナノ粒子で未来を創る。エレクトロニクス・バイオ・触媒・安心安全
* 放射線と医療の世界
* 持続可能エネルギー社会創生の夢にチャレンジ
* 水をめぐる産学官連携が創り出すもの

No.389[平成24年1月号]

物質・材料が未来を拓く - 物質の形と機能 -
TALK◆LOUNGE 環境や社会の呼び声にこたえる次代の新材料

* 結晶性物質の新しい秩序を求めて
* ソフトマターの形と機能
* 半導体技術で触媒を作り、化学反応を制御するン
* 高度電子部品・触媒に用いられる新しいナノ粒子とそのグリーン合成法
* プラズマによる新材料創成とナノスケール加工

No.388[平成23年10月号]

計算科学のフロンティアを目指して
TALK◆LOUNGE 計算科学が工学に果たす新たな役割

* ハミルトニアンから材料まで
* 地球を巡る水の旅と予測可能性
* 自動車空力のための非定常乱流シミュレーション
* シミュレーションが解き明かす合金組織のダイナミクス
* 複雑さの中の秩序を探して:複雑ネットワークの数理

No.387[平成23年7月号]

環境工学が挑む低環境負荷型プロセス - 持続的社会のための新しい浄化・リサイクル技術へ -
TALK◆LOUNGE 新しい環境工学技術の創成を目標に

* 自然に学ぶ材料と環境修復法の開発
* 微粒子を用いた浄水処理技術の開発
* 環境を優しく守る環境浄化触媒
* 環境負荷低減型の有機廃棄物リサイクルプロセス
* 触媒反応によるバイオマス資源からの有用化学物質合成

No.385[平成23年1月号]

持続可能な交通システムの実現 - 20世紀自動車文明が残した負の遺産を越えて -
TALK◆LOUNGE IT技術を駆使した新交通システムの実現

* 最もエコなパワーソース、それはディーゼルエンジン
* 燃料電池内現象解明と将来自動車構成分析
* データ融合技法に基づく動的交通制御システム
* 歩行者を自動車事故から守るシステムの開発
* 冬期つるつる路面を市民の協働とIT技術で克服する

No.384[ノーベル賞受賞記念特別号]

「鈴木カップリング」
宮浦 憲夫先生インタビュー

No.383[平成22年10月号]

宇宙と工学 - 知る、行く、使う、住むための技術 -
TALK◆LOUNGE 宇宙に描く夢を現実にする工学の仕事

* 無火薬式小型ロケットで新市場を創出する
* 地球外生命は存在するか?
 -先端光技術が拓く宇宙のミステリー-

* 宇宙環境を利用した工学研究 -未来の有人宇宙活動を支える-
* 宇宙環境が引き起こすプラスティックの強度劣化を予測するために
* 月面でコンクリートを造る -ルナコンクリートについて-

No.382[平成22年7月号]

低炭素社会時代の切札、原子力 ーより安全な次世代原子力エネルギーの開発を目指してー
TALK◆LOUNGE 工学の知恵を結集し、より人に優しい存在に

* 地球を救うアトム、発電ロボットの開発
* 原子力機器・設備の耐震性を支える材料強度研究
* 低炭素社会実現への挑戦
* 原子力発電所を地震から守る!
* エネルギーの安定供給と建築

No.380[平成22年1月号]

リサイクルと工学 ー循環型社会の形成に向けてー
TALK◆LOUNGE 学問領域を融合したリサイクル技術が循環型社会の礎に

* リサイクルのための選別技術の開発
* コンクリートをリサイクルする
* ごみ問題を総合的に理解し、評価する
* 使用済みナトリウム−硫黄二次電池の再利用
* 都市ゴミもリサイクル

No.379[平成21年10月号]

先端医療を支える工学 ー工学研究の対象は医のフィールドへー
TALK◆LOUNGE 検査・診断、治療…望まれる先端医療に欠かせない工学研究

* がん放射線治療のための効果予測シミュレーション技術
* 最先端細胞バイオメカニクス研究が疾病原因を解明する
* 放射線計測技術を活用した肺がん治療装置の開発
* ニューロン ―物質・生命・情報―
* 生体シミュレーションの実現を図る

No.378[平成21年7月号]

自然現象と工学 ー人と地球の共生を目指してー
TALK◆LOUNGE メカニズムの正しい理解が難問解決の基礎

* 大気エアロゾルの気候影響を予測し評価する
* ながれ現象の階層的認識と法則、そして工学
* 砕波が取り持つ大気と海洋の親密な関係
* 地震動発生のメカニズムを知る強震動予測
* 土砂災害から命と生活を守る

No.376[平成21年1月号]

進化し続けるナノの世界 −次代を築くキーテクノロジー
TALK◆LOUNGE ナノテクノロジーが豊かな未来を実現

* ナノの空間で機能性材料を合成する
* 双安定ナノスケールマグネット
* バイオナノファイバー
* ナノの世界をのぞく
* サイズの異なる反応物に適した機能性材料 -「多孔体」をつくる

No.375[平成20年10月号]

バイオエンジニアリング最前線 −資源循環型社会を目指して−
TALK◆LOUNGE 自然との共存を目指すバイオテクノロジー

* 地球医療の切り札 ―“腐る”プラスチック ―
* 土壌微生物により固化するバイオグラウトの開発
* 微小空間を利用する計測用バイオリアクターの開発
* 水を多く含むバイオマス廃棄物を石油化学関連物質へ
* 持続可能なサニテーションシステムの開発

No.374[平成20年7月号]

地球の、日本の行き先を見つめて−21世紀が取り組むリスク研究−
TALK◆LOUNGE 地球規模で白熱 強まるリスク管理意識

* 将来型原子力発電プラントのリスク評価
* 10万年後の地球環境のために
* コンクリート構造物の劣化と疲労
* 免震構造による防災対策と地震リスクの低減
* 基盤技術と超高サイクル疲労

VOICE Square

No.410[平成29年4月号]

* 私の原点と日常
大学院 工学院長 人間機械システムデザイン部門 ロボティクス・ダイナミクス研究室 教授 小林 幸徳
* 留学のすすめ
空間性能システム部門 建築材料学研究室 助教 福山 智子

* 悠久の大地に見た不動の価値
筑波大学 システム情報系 構造エネルギー工学域 助教 鈴木 研悟

No.409[平成29年1月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/「音」で拓く「光」の応用
* インターンシップ報告/私の和蘭陀滞在記

【卒業生コラム】

* 一歩先行く原子力安全への挑戦

No.408[平成28年10月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/汎用的な振動制御手法の実現を目指して
* インターンシップ報告/「行かなきゃわからない」を実感

【卒業生コラム】

* どんな場面でも対応できる技術者になるために

No.407[平成28年7月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/組立和室で日本の伝統空間を普及
* インターンシップ報告/初めての海外生活で得られたもの

【卒業生コラム】

* 潤滑油の奥深さを実感しながら新たな「ものづくり」に挑戦中

No.405[平成28年1月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/希土類蛍光体で未来を照らしたい
* インターンシップ報告/国境も限界も超える経験~海外インターンシップ

【卒業生コラム】

* やりたいこととの出会いと気づき

No.404[平成27年10月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/最先端「陽子線治療システム」の研究開発
* インターンシップ報告/初めての海外経験で得た貴重な経験

【卒業生コラム】

* 悩み迷い続ける日々から得る達成感

No.403[平成27年7月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/無線式センサ粒子を用いた作用力測定システムによる粒子挙動解明
* インターンシップ報告/遠いセルビアの地で日本の技術力を実感

【卒業生コラム】

* お客様視点のものづくりをめざして

No.401[平成27年1月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/スピントロニクスから生まれる省エネコンピュータ
* インターンシップ報告/果てしない平原で始動する世界初の大プロジェクト

【卒業生コラム】

* 生産視点のモノづくりを目指して

No.400[平成26年10月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/材料の正しい硬さを解析で知るために
* インターンシップ報告/海外インターンシップで得られたもの

【卒業生コラム】

* 空調という分野で情報化社会を支える

No.399[平成26年7月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/鉄鉱石が語る初期地球の環境と生命の進化
* インターンシップ報告/「人種のるつぼ」に身を置いて

【卒業生コラム】

* 多視点からのものづくり

No.397[平成26年1月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/キラルな分子の左右を作り分ける
* インターンシップ報告/地球の裏側へ行ってきました

【卒業生コラム】

* エネルギーにかける夢

No.396[平成25年10月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/「流れ」と「変形」の境界線上にあるもの
* インターンシップ報告/経験の宝庫─海外インターンシップ─

【卒業生コラム】

* 土木と宇宙

No.395[平成25年7月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/津波による破壊と数値シミュレーション
* インターンシップ報告/能力に限界など無い。世界への挑戦の第一歩。

【卒業生コラム】

* インフラとしてのネットワークをもっと安全で快適な環境にしたい

No.393[平成25年1月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/振動制御技術
* インターンシップ報告/積極的に学ぶ姿勢が次へのステップになる

【卒業生コラム】

* 最前線で市民を守る「砦」

No.392[平成24年10月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/環境・エネルギー応用を目指した酸素貯蔵材料の開発
* インターンシップ報告/苦労と不便から学ぶこと

【卒業生コラム】

* 革新的な研究テーマを設定、マネージできる人材を目指して

No.389[平成24年1月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/流れが生み出す複雑な自然地形
* インターンシップ報告/多くの困難から学んだ大切なこと

【卒業生コラム】

* ものづくりを支える「黒子」を目指して

No.388[平成23年10月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/国家プロジェクトの一員として
ー安全な高速増殖炉の開発ー

* インターンシップ報告/夢への一歩

【卒業生コラム】

* 未来を予想する仕事

No.387[平成23年7月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/新規レーザー結晶の作製
* インターンシップ報告/国際的なエンジニアを目指して

【卒業生コラム】

* 核融合発電の実現を目指して

No.385[平成23年1月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/環境に安全な社会を目指して
* インターンシップ報告/英語で研究!毎日が本気の6週間

【卒業生コラム】

* 「まてりある」開発の基本姿勢

No.383[平成22年10月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/泡と音でガンを治す
* インターンシップ報告/一歩踏み出す勇気が、大きな成長を生む

【卒業生コラム】

* 人の役に立つ学問「工学」との出会い

No.382[平成22年7月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/イブプロフェンを不斉合成する
* インターンシップ報告/海外インターンシップの意義について

【卒業生コラム】

* 原子力エネルギーを支える縁の下の力持ちであるために

No.380[平成22年1月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/コンクリート中の水分子を探る
* インターンシップ報告/未知の分野の経験が自分を成長させてくれた

【卒業生コラム】

* 大学時代の経験が今の自分を支えています。

No.379[平成21年10月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/きらりと光る努力の「結晶」
* インターンシップ報告/一歩外に出ることで見えてきたもの

【卒業生コラム】

* 素材から人を幸せにする商品開発者に

No.378[平成21年7月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/次世代に繋がる工業的製造法への期待
* インターンシップ報告/海外のインターンシップで得られたもの

【卒業生コラム】

* より使いやすい商品創出を目指して

No.376[平成21年1月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/社会が求める『クリエイティブな博士』になりたい
* インターンシップ報告/カナダに行ってわかりました

【卒業生コラム】

* ナノフォトニクスのスペシャリストに

No.375[平成20年10月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/より快適な鉄道車両を設計するために
* インターンシップ報告/世界というフィールドに挑んだ7週間

【卒業生コラム】

* 安全で快適な社会を目指して

No.374[平成20年7月号]
【学生コラム】

* 研究・活動紹介/さまざまな技術の組み合わせ
* インターンシップ報告/タイで得た大きな収穫

【卒業生コラム】

* 役場づとめの技術屋さん

Ring headlines

No.410[平成29年4月号]

* 「安倍昭恵総理大臣夫人と留学生との懇談会」に留学生が参加
* 「第6回エネルギー・マテリアル融合領域シンポジウム ─ グリーンテクノロジーに資する機能性マテリアル ─」報告
* 平成29年度オープンキャンパスのお知らせ

No.409[平成29年1月号]

* 「北大・地球研合同地球環境セミナー『篤農家』から地域社会と環境の未来を学ぶ」報告
* スイス連邦工科大学(ETH)との学術交流セミナーを開催しました
* 北海道大学ホームカミングデー2016が開催されました
* 工学部・工学系大学院の就職支援について

No.408[平成28年10月号]

* 工農連携プロジェクトの発足と交流会報告
* 平成29年度 北海道大学–九州大学共同資源工学専攻が開設されます!
* 平成28年度 工学部オープンキャンパスを開催

No.407[平成28年7月号]

* 平成28年度 文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を田口精一教授と松本謙一郎准教授が共同受賞
* トヨタ自動車株式会社 代表取締役副社長 加藤光久氏による特別講演会が行われました 
* 2016年度工学部オープンキャンパスへの来場をお待ちしております

No.406[平成28年4月号]

* 就職に強い! 工学部・工学系大学院
* 平成28年度オープンキャンパスのお知らせ

No.405[平成28年1月号]

* 英語特別コース(e3)15周年記念セミナー
* 北海道大学ホームカミングデー2015が開催されました
* ダイハツ工業株式会社社長による出張授業が行われました

No.404[平成27年10月号]

* 世界に羽ばたけ!~新渡戸カレッジをご存知ですか?~
* 工学院/工学研究院ウェブサイトがモバイル対応になりました
* 応用化学部門の長谷川靖哉教授が 『世界一受けたい授業』に出演しました

No.403[平成27年7月号]

* アイルランド国立ダブリン工科大学(DIT)と工学研究院が部局間交流協定を締結、鈴木章ホールにて「アイルランド-日本 エネルギーセミナー」を開催
* 北大と九大の共同教育課程『持続的資源系人材育成プログラム』報道発表を行いました
* 北海道大学大学院工学研究院公開講座 神秘的な物質 ─ その科学と応用─
* 2015年度工学部オープンキャンパスへの来場をお待ちしております

No.402[平成27年4月号]

* 鈴木章先生の胸像除幕式を開催しました
* オープンキャンパスを実施します

No.401[平成27年1月号]

* 北海道大学工学部創立90周年記念事業を開催

No.400[平成26年10月号]

* ようこそ! オープンキャンパスへ!
* 国際水協会(IWA)スペシャリストグループ会議を開催

No.399[平成26年7月号]

* 「フロンティア応用科学研究棟」落成式、落成記念式典、落成記念講演会を挙行
* 工学系部局なんでも相談室─工学部の誰もが利用できる─

No.398[平成26年4月号]

* 清水康行教授がYalin賞を受賞しました
* トリノ工科大学でサマースクールが開催されました

No.397[平成26年1月号]

* 北海道大学ホームカミングデー2013が開催されました
* 工学系ウェブサイトがリニューアルされました!
* 広報誌「えんじにあRing」アンケート募集

No.396[平成25年10月号]

* ようこそ! オープンキャンパスへ!

No.395[平成25年7月号]

* 本学学生として初のダブルディグリーを取得
* 英語特別コース(English Engineering Education Program : 略称e3)について
* 北海道大学ホームカミングデー2013

No.394[平成25年4月号]

* MBA特別コースについて
* 工学部オープンキャンパスを8月4日(日)・5日(月)に実施します!

No.393[平成25年1月号]

* 「日タイ学生セミナー2012」を開催
* 「ホームカミングデー」(就職企画室企画)を開催
* 広報誌「えんじにあRing」アンケート募集

No.392[平成24年10月号]

* ようこそ! オープンキャンパスへ!

No.391[平成24年7月号]

* 北海道大学ホームカミングデー2012
─おかえりなさい「エルムの森」のキャンパスへ!─

* 「北海道大学工学系産業技術フォーラム2012」を開催

No.390[平成24年4月号]

* 「未来発見 ノーベルトークライブ」を開催
* 工学系学生の就職支援 ─就職企画室が発足─

No.389[平成24年1月号]

* 「第4回国際人間 ─ 生活環境系会議(ICHES2011)」を開催
* 工学部ホームページに研究キーワード・コース紹介サイト「Field Cloud」を開設
* 小惑星 Akirasuzuki 誕生
* スイス連邦工科大学とのジョイントシンポジウムを開催

No.388[平成23年10月号]

* 震災の工学特別セミナー
「東日本大震災から学ぶ ─地震、津波の発生から復興計画まで─」の開催

* 悩みを打ち明けることでストレスを軽減する工学部にできたカウンセリングルーム
工学系部局なんでも相談室

No.387[平成23年7月号]

* アジア工科大学とダブルディグリー・プログラムの同意書を締結
* 英語版Webサイトのリニューアルについて

No.386[平成23年4月号]

* 世界で戦える技術者・研究者を目指そう!
工学系教育研究センター(CEED)の取り組み

No.385[平成23年1月号]

* 英語特別コースe3 プログラム(English Engineering Education program)10周年記念セミナー
* 「ツリーハウス in 北大」について

No.383[平成22年10月号]

* 第1回日中韓若手研究者ワークショップの開催
* 平成22年度「第1回原子力オープンスクール」を開催
* 「工学祭 ニコニコ・ボカロ鼎談」を開催

No.382[平成22年7月号]

* スイス連邦工科大学とのジョイントシンポジウムを開催
* 北海道大学工学系イノベーションフォーラム2010のご案内 ~産学連携の架け橋を目指して~
* 平成21年度 国際交流関係活動報告

No.381[平成22年4月号]

* 「工学研究院」「工学院」および「総合化学院」への移行改組について

No.380[平成22年1月号]

* 第6回スケールモデリング国際会議の開催~ISSM6@ハワイ~
* 「工学教育フォーラム2009~工学教育における全人教育と国際性の涵養を考える~」を開催
* 「北海道大学工学系イノベーションフォーラム2009」を開催
* 「北海道大学工学部工学セミナー2009」を開催

No.379[平成21年10月号]

* 「第8回産学官連携推進会議」に参加して
* HAUS PROJECT(北海道建築都市学生プロジェクト)の活動について
* 平成21年度公開講座「廃棄物学特別講義 ─循環型社会を創る─」を開催
* 大学院特論講義アンケートについて

No.378[平成21年7月号]

* 「教育に関する国際シンポジウムSICE2009」を開催
* 「北海道大学工学系イノベーションフォーラム2009」のご案内~産学連携の架け橋を目指して~
* 平成21年度公開講座のご案内「地球環境対応マテリアル科学の進歩」

No.377[平成21年4月号]

* 博士交流セミナー「私たちは何を目指す?」

No.376[平成21年1月号]

* 北海道大学・北京大学・ソウル国立大学・国立台湾大学 国際連携教育プログラム 物質科学アジア国際連携大学院の設立
* 「工学教育フォーラム2008~教育のさらなる向上を目指して~」を開催
* 「北海道大学工学系イノベーションフォーラム2008」を開催
* 「北海道大学工学部工学セミナー2008」を開催

No.375[平成20年10月号]

* 大学の外からでも最先端の講義が聴ける!─工学系教育研究センター eカリキュラム─
* 「北大フロンティアプログラム」がスタート~日本とアジアを結ぶ高度専門人材を育成します~
* 平成20年度公開講座「廃棄物学特別講義─循環型社会を創る─」を開催
* 平成20年度公開講座「エネルギー環境教育セミナー」を開催

No.374[平成20年7月号]

* 工学研究科に「国際交流室」を設置~国際交流を通して世界に貢献します~
* 「北海道大学工学系イノベーションフォーラム2008」のご案内~産学連携の架け橋を目指して~
* 平成20年度公開講座のご案内「環境とエネルギー」
* 「北海道大学エコ・ガイダンスin東京」に協賛~環境問題に関心を持つ高校生の皆さん! 進路について一緒に考えてみよう!~

No.373[平成20年4月号]

* 工学分野リーダー育成英語特別コースとは?