Make new matter!
新しい結晶や物質の創製

金属準結晶
金属準結晶
準結晶のX線映像
準結晶のX線映像
カーボンナノチューブ
カーボンナノチューブ
直径1ミクロンの氷の電子顕微鏡写真
直径1ミクロンの氷の電子顕微鏡写真
光を当てると曲がるガラス板
光を当てると曲がるガラス板
準結晶 YbCd の構造
準結晶 YbCd の構造
らせん状巨大高分子
らせん状巨大高分子
カーボンシート:グラフィン
カーボンシート:グラフィン

※写真をクリックすると拡大します。

思い通りに物質を操ったり、新しい物質を作ってみたいと思ったことはありますか?

スノーボードは常に進化している新材料が使われていることをご存知でしょうか?

物質の創製というのは原子を使った料理のようなものです、もちろん食べることはできません。私たちは、手に取れるくらいのものから分子サイズまで、新物質の設計や作製および評価を含む研究を精力的におこなっています。

準結晶:結晶の特徴のひとつに周期性がありますが、準結晶は一風変わった周期性を持つ物質です。例えば二種類の菱形を組み合わせたペンローズタイルを考えてもらえば良いでしょう。

このような新しい秩序構造をもつ物質は現在も発見され続けていますし、これらの物質では通常とは異なる新しい物性の発現が期待されています。

カーボンナノチューブ:炭素でできたナノメーターサイズのチューブ構造ですが、最も強い構造をしており、同時に金属に見られる伝導性や、時には半導体的な性質も発現します。

シミュレーションを駆使すると、1次元的なナノチューブ上で電子がどのように特徴的な伝播を見せるか調べることができます。

私たちはこのようなカーボンナノチューブおよびグラファイトと呼ばれる炭素原子一層からなるシートの中の電子の動きを計算しています。これらは将来君たちのコンピュータの導線や基盤として使われことになるかもしれません。

巨大分子:電子や核スピンとの磁気的相互作用を使って、新規な巨大分子を調べています。これらの中には生きてはいませんがDNAに似て螺旋構造を持つものもあります。

フォトエレクトロニクス材料:光は物質に色々と特異な現象をもたらします。私たちは、光を当てると温度が上がらないのに柔らかくなる特殊なガラスを発見しています。