平成30年度 修士課程

修士課程

願書受理期間
平成29年7月初旬 詳細は5月中旬に公開される募集要項を参照下さい


選抜方法(参考:正確な記述については「入試要項」を参照して下さい)

外国語筆答試験、専門科目筆答試験、口頭試問、健康診断及び出願書類等の審査結果を総合して合否を決定します。
ただし次の3項のいずれかに該当する者は、専門科目の筆答試験に代えて口述試験(研究テーマおよびそれに関わる基礎学力について)を希望することができます

(1) 在籍している大学の学科の長又は高等専門学校専攻科の長が推薦する成績優秀者で、かつ合格した場合の入学を確約する者
(2) 応用物理学科・物理学科(及びそれらに準ずる学科)以外の学科を卒業又は卒業見込みのもの、及び高等専門学校専攻科を修了又は修了見込みの者
(3) 社会人(大学卒業者については、受験時に卒業後1年以上経過していること)

口述試験希望者は願書にその旨を明記し、通常の出願書類等に加えて下記の書類を添付してください。ただし上記3項に該当するか否かは当専攻において審査し、受験票発送と同時に受験者に通知します。該当しないと通知された受験者は筆答試験を受けることになります。不明な点は当専攻長(折原教授)に問い合わせて下さい。

口述試験希望者の添付書類:

  • 志望理由書
  • 上記(1)項の該当者は、志望理由書に加えて、成績順位(何人中何位)を記載した推薦書(500字程度、様式自由)

なお口述試験では,現在興味をもっている研究テーマおよびそれに関る基礎学力に関する試問を実施します。各自の口述試験・口頭試問試験日は受験票発送と同時に通知します。


入学試験日程

平成29年8月8日(火) 8月9日(火) 8月10日(水)
09:00-12:00 13:00-16:00 09:00-12:00 09:00-12:00
外国語 専門科目1 専門科目2 口頭試問

入学試験日程(口述試験受験者)

平成29年8月8日(火)
9:00-12:00 13:00-18:00
外国語 口述試験・口頭試問


専門試験

専門科目 1

  • 応用数学I(常微分方程式、フーリエ解析、ラプラス変換、偏微分方程式)
  • 力学
  • 電磁気学

専門科目 2

  • 応用数学II(ベクトル解析、複素関数、行列)
  • 熱・統計力学
  • 量子力学