研究業績 2017年

論文

  1. Rapid cultivation of free-living planktonic anammox cells
    Zhang, L., Okabe, S.
    Water Research, 2017, 127, 204-210.
  2. Benefits of genomic insights and CRISPR-Cas signatures to monitor potential pathogens across drinking water production and distribution systems
    Zhang, Y., Kitajima, M., Whittle, A.J., Liu, W.T.
    Frontiers in Microbiology, 2017, 8, 2036.
  3. Genetic diversity of marine anaerobic ammonium-oxidizing bacteria as revealed by genomic and proteomic analyses of ‘Candidatus Scalindua japonica’
    Oshiki, M., Mizuto, K., Kimura, Z., Kindaichi, T., Satoh, H., Okabe, S.
    Environmental Microbiology Reports, 2017, 9, 550-561.
  4. Target virus log10 reduction values determined for two reclaimed wastewater irrigation scenarios in Japan based on tolerable annual disease burden
    Ito, T., Kitajima, M., Kato, T., Ishii, S., Segawa, T., Okabe, S., Sano, D.
    Water Research, 2017, 125, 438-448.
  5. Microbial competition among anammox bacteria in nitrite-limited bioreactors
    Zhang, L., Narita, Y., Gao, L., Ali, M., Oshiki, M., Ishii, S., Okabe, S.
    Water Research, 2017, 125, 249-258.
  6. Enrichment and physiological characterization of an anaerobic ammonium-oxidizing bacterium 'Candidatus Brocadia sapporoensis'
    Narita, Y., Zhang, L., Kimura, Z., Ali, M., Fujii, T., Okabe, S.
    Systematic and Applied Microbiology, 2017, 40, 448-457.
  7. Multiple-endpoints gene alteration-based (MEGA) assay: A toxicogenomics approach for water quality assessment of wastewater effluents
    Fukushima, T., Hara-Yamamura, H., Nakashima, K., Tan, L.C., Okabe, S.
    Chemosphere, 2017, 188, 312-319.
  8. Enhancement of organic matter degradation and methane gas production of anaerobic granular sludge by degasification of dissolved hydrogen gas
    Satoh, H., Bandara, W.M.K.R.T.W., Sasakawa, M., Nakahara, Y., Takahashi, M., Okabe, S.
    Bioresource Technology, 2017, 244, 768-775.
  9. Membrane fouling induced by AHL-mediated soluble microbial product (SMP) formation by fouling-causing bacteria co-cultured with fouling-enhancing bacteria
    Ishizaki, S., Sugiyama, R., Okabe, S.
    Scientific Reports, 2017, 7, 8482.
  10. Bacteriophage removal efficiency as a validation and operational monitoring tool for virus reduction in wastewater reclamation: Review
    Amarasiri, M., Kitajima, M., Nguyen, T.H., Okabe, S., Sano, D.
    Water Research, 2017, 121, 258-269.
  11. Identification of the inactivating factors and mechanisms exerted on MS2 coliphage in concentrated synthetic urine
    Oishi, W., Sano, D., Decrey, L., Kadoya, S., Kohn, T., Funamizu, N.
    Science of the Total Environment, 2017, 598, 213–219.
  12. Improvement of a phosphate ion-selective microsensor using bis(dibromophenylstannyl)methane as carrier
    Satoh, H., Miyazaki, Y., Taniuchi, S., Oshiki, M., Rathnayake, L., Takahashi, M., Okabe, S.
    Analytical Sciences, 2017, 33, 825-830.
  13. Quantification and genotyping of Aichi virus 1 in water samples in the Kathmandu Valley, Nepal
    Haramoto, E., Kitajima, M.
    Food and Environmental Virology, 2017, 9, 350-353.
  14. Genetic analysis of norovirus strains that caused gastroenteritis outbreaks among river rafters in the Grand Canyon, Arizona
    Kitajima, M., Iker, B.C., Magill-Collins, A., Gaither, M., Stoehr, J.D., Gerba, C.P.
    Food and Environmental Virology, 2017, 9, 238-240.
  15. Formation of CuO nano-flowered surfaces via submerged photo-synthesis of crystallites and their antimicrobial activity
    Nishino, F., Jeem., M., Zhang, L., Okamoto, K., Okabe, S., Watanabe, S.
    Scientific Reports, 2017, 7, 1063.
  16. Maximum specific growth rate of anammox bacteria revisited
    Zhang, L., Narita, Y., Gao, L., Ali, M., Oshiki, M., Okabe S.
    Water Research, 2017, 116, 296-303.
  17. Generation of small colony variants in biofilms by Escherichia coli harboring a conjugative F plasmid
    Tashiro, Y., Eida, H., Ishii, S., Futamata, H., Okabe, S.
    Microbes and Environments, 2017, 32, 40-46.
  18. Removal of human pathogenic viruses in a down-flow hanging sponge (DHS) reactor treating municipal wastewater and health risks associated with utilization of the effluent for agricultural irrigation
    Kobayashi, N., Oshiki, M., Ito, T., Segawa, T., Hatamoto, M., Kato, T., Yamaguchi, T., Kubota, K., Takahashi M., Iguchi, A., Tagawa, T., Okubo, T., Uemura, S., Harada, H., Motoyama, T., Araki, N., Sano, D.
    Water Research, 2017, 110, 389-398.
  19. Oxidation of glucose by syntrophic association between Geobacter and hydrogenotrophic methanogens in microbial fuel cell
    Oyiwona, G.E., Ogbonna, J., Anyanwu, C.U., Ishizaki, S., Kimura, Z., Okabe, S.
    Biotechnology Letters, 2017, 39(2), 253-259.
  20. How much reduction of virus is needed for recycled water: A continuous changing need for assessment?
    Gerba, C.P., Betancourt, W.Q., Kitajima, M.
    Water Research, 2017, 108, 25-31.

その他の論文(総説,解説)

  1. ファージを利用した環境中の病原細菌制御
    北島正章
    生物工学会誌, 2017, 95(7), 404.
  2. Aptamer: The Potential Application to Norovirus Research, Diagnosis, and Therapeutics
    Seiya Hirano, Daisuke Sano, Satoshi Okabe and Masaaki Kitajima
    In Jesús L. Romalde (ed.), Noroviruses: Outbreaks, Control and Prevention Strategies. Nova Science Publishers, Inc., NY .pp. 223-242.

国際会議紀要等

  1. Genetic Factor of Rotavirus Determining Free Chlorine-Tolerance
    Syunsuke Kadoya, Syun-ichi Urayama, Takuro Nunoura, Masaaki Kitajima, Satoshi Okabe, Daisuke Sano
    Water and Environment Technology Conference (WET2017)(July 22-23, 2017, Hokkaido University)
  2. A sulphur/limestone bed reactor enabling cost-efficient biological nitrate removal on regeneration water from ion exchange
    Kanae Kobayashi, Tom G.L. Vandekerckhove, Joery Janda, Sam Van Nevel, Siegfried E. Vlaeminck
    Water and Environment Technology Conference (WET2017)(July 22-23, 2017, Hokkaido University)
  3. Biological Hydroxylamine Disproportionation Mediated by Anaerobic Ammonium Oxidation Bacteria
    Lin Gao, Lei Zhang, Mamoru Oshiki, Satoshi Okabe
    Water and Environment Technology Conference (WET2017)(July 22-23, 2017, Hokkaido University)
  4. Microbial competition among anammox bacteria in nitrite-limited bioreactors
    Lei Zhang, Yuko Narita, Lin Gao, Muhammad Ali, Mamoru Oshiki, Satoshi Ishii, Satoshi Okabe
    Water and Environment Technology Conference (WET2017)(July 22-23, 2017, Hokkaido University)
  5. Enrichment and Physiological Characterization of an Anaerobic Ammonium Oxidizing Bacterium 'Candidatus Brocadia sapporoensis sp. nov.'
    Yuko Narita, Lei Zhang, Zen-ichiro Kimura, Muhammad Ali, Takao Fujii, Satoshi Okabe
    Water and Environment Technology Conference (WET2017)(July 22-23, 2017, Hokkaido University)
  6. Influence of Anodic Respiration on SMP Production and Consequent Membrane Fouling Potential of Fouling Causing Bacteria
    Rimana Islam Papry, Satoshi Okabe
    Water and Environment Technology Conference (WET2017)(July 22-23, 2017, Hokkaido University)
  7. Air-cathode Microbial Fuel Cell for Cost-effective Domestic Wastewater Treatment
    N'Dah Joel Koffi, Satoshi Okabe
    Water and Environment Technology Conference (WET2017)(July 22-23, 2017, Hokkaido University)
  8. A Genetic Factor of Norovirus for Resistance to Free Chlorine Disinfection
    Andri Taruna Rachmadi, Arata Nakamura, Masaaki Kitajima, Satoshi Okabe, Daisuke Sano
    Water and Environment Technology Conference (WET2017)(July 22-23, 2017, Hokkaido University)
  9. Histo-Blood Group Antigen (HBGA) Positive Bacteria in the Mixed Liquor Reduces the Human Rotavirus Concentration in Membrane Filtration Effluent
    Mohan Amarasiri, Hiroki Kawai, Masaaki Kitajima, Satoshi Okabe, Daisuke Sano
    Water and Environment Technology Conference (WET2017)(July 22-23, 2017, Hokkaido University)
  10. Fluorescence Resonance Energy Transfer Aptasensor for Norovirus Detection
    Charuka Meegoda, Masaaki Kitajima, Daisuke Sano, Hisashi Satoh
    Water and Environment Technology Conference (WET2017)(July 22-23, 2017, Hokkaido University)
  11. How much reduction of viruses do we need for recycled water; A continuous need for assessment?
    Charles P. Gerba, Walter Q. Betancourt, Masaaki Kitajima, Channah Rock
    11th IWA International Conference on Water Reclamation and Reuse
    July 23-27, 2017, Long Beach, California, USA
  12. Electrochemical and colorimetric aptasensor technologies for rapid detection of viral contaminants in water
    Masaaki Kitajima
    CENSAM 10th Annual Workshop
    June 29-30, 2017, National University of Singapore, Singapore
  13. Electrochemical and colorimetric DNA aptasensor technologies for rapid norovirus detection
    Masaaki Kitajima, Seiya Hirano, Akihiro Okamoto, Daisuke Sano, Hisashi Satoh, Satoshi Okabe
    The 19th International Symposium on Health-Related Water Microbiology
    May 15-19, 2017, University of North Carolina at Chapel Hill, USA
  14. Performance target of virus reduction efficiency in wastewater reclamation:Effect of tolerable health risk, dose-response, and reliability
    Toshihiro Ito, Tsuyoshi Kato, Satoshi Ishii, Takahiro Segawa, Masaaki Kitajima, Satoshi Okabe, Daisuke Sano
    The 19th International Symposium on Health-Related Water Microbiology
    May 15-19, 2017, University of North Carolina at Chapel Hill, USA
  15. Campylobacter and Arcobacter source tracking in a feshwater lake environment
    Mayumi Kobayashi, Qian Zhang, Mitsuto Maeda, Akiho Miyamura, Takahiro Segawa, Satoshi Okabe, Satoshi Ishii
    The 19th International Symposium on Health-Related Water Microbiology
    May 15-19, 2017, University of North Carolina at Chapel Hill, USA
  16. Predicting the occurrence of human pathogens and associated health risks in surface waters. Comparison between two predictive models: Bayesian network and decision tree
    Shin Giek Goh, Nazanin Saeidi, Xiaoqiong Gu, Genevieve Vergara, Liang Liang, Masaaki Kitajima, Karina Yew-Hoong Gin
    The 19th International Symposium on Health-Related Water Microbiology
    May 15-19, 2017, University of North Carolina at Chapel Hill, USA

国内学会発表

  1. 水系感染性病原細菌に対するバクテリオファージの単離および溶菌特性解析
    高木達馬, 佐野大輔, 岡部 聡, 北島正章
    第54回環境工学研究フォーラム (2017年11月11~19日, 岐阜大学, 岐阜)
    (口頭+ポスター発表)
  2. 遊離塩素耐性ロタウイルスの変異遺伝子および耐性メカニズムの解明
    門屋俊祐, 浦山俊一, 布浦拓郎, 北島正章, 岡部 聡, 佐野大輔
    第54回環境工学研究フォーラム (2017年11月11~19日, 岐阜大学, 岐阜)
    (口頭+ポスター発表)
  3. 大腸菌の β-グルクロニダーゼ生産能の解析
    菊地 凱, 北島正章, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久
    第54回環境工学研究フォーラム (2017年11月11~19日, 岐阜大学, 岐阜)
    (口頭+ポスター発表)
  4. 蛍光色素を用いた黄色ブドウ球菌簡易測定法の開発
    山口拓郎, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤久
    第54回環境工学研究フォーラム (2017年11月11~19日, 岐阜大学, 岐阜)
    (口頭+ポスター発表)
  5. DNA アプタマーを用いた簡易ノロウイルス検出法の開発
    吉原 光, 北島正章, 佐野大輔, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久
    第54回環境工学研究フォーラム (2017年11月11~19日, 岐阜大学, 岐阜)
    (口頭+ポスター発表)
  6. 特定酵素蛍光基質を用いた簡易大腸菌数測定法の開発
    片寄由貴, 菊地 凱, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久
    第54回環境工学研究フォーラム (2017年11月11~19日, 岐阜大学, 岐阜)
    (口頭+ポスター発表)
  7. 水銀イオンと DNA チミン塩基の塩基対形成能を利用した簡易水銀分析法の開発
    小林ひかり, 吉原 光, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久
    第54回環境工学研究フォーラム (2017年11月11~19日, 岐阜大学, 岐阜)
    (口頭+ポスター発表)
  8. DNA アプタマーを用いた簡易ヒ素分析法の開発
    松永光司, 奥山 優, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久
    第54回環境工学研究フォーラム (2017年11月11~19日, 岐阜大学, 岐阜)
    (口頭+ポスター発表)
  9. 水中病原細菌の制御に有効なバクテリオファージの単離及び特性解析
    高木達馬, 佐野大輔, 岡部 聡, 北島正章
    第25回衛生工学シンポジウム (2017年11月10日, 北海道大学, 札幌)
    (ポスター発表)
  10. 水中病原ウイルスの高感度検出のための電気化学アプタセンサーの開発
    平野誠也, 岡本章玄, 佐野大輔, 岡部 聡, 北島正章
    第25回衛生工学シンポジウム (2017年11月10日, 北海道大学, 札幌)
    (ポスター発表)
  11. 複製中間体RNAの定量によるウイルス感染性評価に向けた基礎的検討
    大浜 萌, 佐野大輔, 岡部 聡, 北島正章
    第25回衛生工学シンポジウム (2017年11月10日, 北海道大学, 札幌)
    (ポスター発表)
  12. Anammox 細菌の炭素固定経路の実験的検証
    牛山美緑, 力石嘉人, 布浦拓郎, 押木 守, 金田一智規, 岡部 聡
    第25回衛生工学シンポジウム (2017年11月10日, 北海道大学, 札幌)
    (ポスター発表)
  13. DNA アプタマーを用いた簡易ノロウイルス検出法の開発
    吉原 光, 北島正章, 佐野大輔, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久
    第25回衛生工学シンポジウム (2017年11月10日, 北海道大学, 札幌)
    (ポスター発表)
  14. 大腸菌の β-グルクロニダーゼ生産能の解析
    菊地 凱, 北島正章, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久
    第25回衛生工学シンポジウム (2017年11月10日, 北海道大学, 札幌)
    (ポスター発表)
  15. DNA アプタマーを用いた簡易ヒ素分析法の開発
    松永光司, 奥山 優, 岡部 聡, 高橋正宏, 佐藤 久
    第25回衛生工学シンポジウム (2017年11月10日, 北海道大学, 札幌)
    (ポスター発表)
  16. DNA アプタマーを用いた簡易ノロウイルス検出法の開発
    吉原 光、北島 正章、佐野 大輔、岡部 聡、高橋 正宏、佐藤 久
    平成29年度水道研究発表会(2017年10月25日-27日、サンポートホール高松・高松シンボルタワー、香川)
    (口頭発表)
  17. 特定酵素蛍光基質を用いた簡易大腸菌 数測定技術の開発
    菊地 凱、石井 聡、高橋 正宏、岡部 聡、佐藤 久
    日本分析化学会第66年会(2017年9月9日-12日、東京理科大学葛飾キャンパス、東京)
    (口頭発表)
  18. DNA アプタマーを用いた簡易ノロウイルス検出法の開発
    吉原 光、岡部 聡、高橋 正宏、佐藤 久
    日本分析化学会第66年会(2017年9月9日-12日、東京理科大学葛飾キャンパス、東京)
    (口頭発表)
  19. 蛍光色素を用いた黄色ブドウ球菌簡易測定法の開発
    山口 拓郎、高橋 正宏、岡部 聡、 佐藤 久
    日本分析化学会第66年会(2017年9月9日-12日、東京理科大学葛飾キャンパス、東京)
    (口頭発表)
  20. DNAアプタマーを用いた簡易ヒ素 (III)分析手法の開発
    松永 光司、岡部 聡、高橋 正宏、佐藤 久
    日本分析化学会第66年会(2017年9月9日-12日、東京理科大学葛飾キャンパス、東京)
    (口頭発表)
  21. DNAアプタセンサー:ノロウイルスの迅速・高感度検出に適した新技術
    北島正章
    平成29年度育志賞研究発表会(2017年9月5日、大阪大学中之島センター、大阪)
    (ポスター発表)
  22. 下水再生利用のためのノロウイルス目標除去効率算定に関する研究
    伊藤寿宏、北島正章、加藤毅、石井聡、瀬川高弘、岡部聡、佐野大輔
    環境微生物系学会合同大会2017 (2017年8月29日 -31日、東北大学川内北キャンパス、仙台)
    (ポスター発表)
  23. 遊離塩素耐性ロタウイルスに見出されるアミノ酸変異
    門屋俊祐、浦山俊一、布浦拓郎、北島正章、岡部聡、佐野大輔
    環境ウイルス研究会(2017年8月28日、東北大学川内北キャンパス、仙台)
    (口頭発表)
  24. Removal of rotavirus by microfiltration in the presence of HBGA-positive bacteria
    Mohan Amarasiri, Hiroki Kawai, Masaaki Kitajima, Satoshi Okabe, Daisuke Sano
    第 4 回環境水質工学シンポジウム (2017年6月17日, 北海道大学, 札幌)
    (口頭発表)
  25. A Comprehensive study: Genetic factors of norovirus for determining free chlorine susceptibility
    Andri Taruna, Masaaki Kitajima, Toyoko Nakagomi, Osamu Nakagomi, Satoshi Okabe, Daisuke Sano
    第 4 回環境水質工学シンポジウム (2017年6月17日, 北海道大学, 札幌)
    (口頭発表)
  26. 遊離塩素耐性に寄与するロタウイルス遺伝的ファクターの同定
    門屋俊祐、浦山俊一、布浦拓郎、北島正章、岡部聡、佐野大輔
    第 4 回環境水質工学シンポジウム (2017年6月17日, 北海道大学, 札幌)
    (ポスター発表)
  27. DNAアプタセンサー:ノロウイルスの迅速・高感度検出のための新技術
    北島正章
    ノロウイルスminiシンポジウム (2017年5月29日, 北里大学, 東京)
    (口頭発表)
  28. Pathogenic bacteria traveling with migratory geese
    Kobayashi, M., Zhang, Q., Segawa, T., Okabe, S., Ishii, S.
    第90回日本細菌学会総会 (2017年3月19日~21日)
    (口頭発表)
  29. DNAアプタマーを用いた簡易ヒ素分析手法の開発
    奥山 優, 岡部 聡, 高橋 正宏, 佐藤 久, 大沼 章子, 加藤 昌志
    第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)
    (口頭発表)
  30. 組織細胞におけるイオンチャネル遺伝子発現プロファイルに着目した水中感染性エンテロウイルス迅速検出手法の開発
    渡邊亮介, 稲葉愛美, 岡部聡, 佐野大輔, 北島正章
    第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)
    (口頭発表)
  31. 水環境におけるノロウイルスの遺伝子型別存在実態の把握
    宮村明帆, 植木洋, 三浦尚之, 風間しのぶ, 北島正章, 岡部聡, 佐野大輔
    第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)
    (口頭発表)
  32. 遊離塩素耐性ロタウイルスの変異遺伝子同定に関する研究
    門屋俊祐, 浦山俊一, 布浦拓郎, 北島正章, 岡部聡, 佐野大輔
    第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)
    (口頭発表)
  33. 環境水中からのノロウイルス吸着性大腸菌の単離と吸着因子同定に関する研究
    羽柴聡, Mohan Amarasiri, 原本 英司, 北島正章, 岡部聡, 佐野大輔
    第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)
    (口頭発表)
  34. ウイルス吸着性細菌との結合が水系感染症ウイルスの感染能力に与える影響
    河合大樹, 中込とよ子, 中込治, 北島正章, 岡部聡, 佐野大輔
    第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)
    (口頭発表)
  35. 病原性レジオネラの水系感染制御に資する溶菌性バクテリオファージの探索
    高木達馬, 佐野大輔, 岡部 聡, 北島正章
    第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)
    (ポスター発表)
  36. DNAアプタセンサー:水中ノロウイルスの即時・高感度検出に適した新技術
    平野誠也, 岡本章玄, 佐野大輔, 岡部聡, 北島正章
    第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)
    (ポスター発表)
  37. 新規特定酵素蛍光基質を用いた簡易大腸菌数測定技術の開発
    菊地凱, 石井聡, 岡部聡, 高橋正宏, 佐藤久
    第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)
    (ポスター発表)
  38. DNAアプタマーを用いた簡易カドミウム分析手法の開発
    山口拓郎, 岡部聡, 高橋正宏, 佐藤久
    第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)
    (ポスター発表)
  39. 水銀イオンとDNA チミン塩基の塩基対形成能を利用した簡易水銀分析手法の開発
    吉原光, 岡部聡, 高橋正宏, 佐藤久
    第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)
    (ポスター発表)
  40. ナノ流路デバイスを用いた下水中RNAウイルス定量およびタイピング:DHSリアクターへの適用例
    押木守, 小林直央, 荒木信夫, 伊藤寿宏, 佐野大輔, 三浦尚之, 風間しのぶ, 原田秀樹, 久保田健吾, 幡本将史, 山口隆司, 井口晃徳, 瀬川高弘, 加藤毅, 多川正, 大久保努, 上村繁樹, 高橋優信
    第51回日本水環境学会年会 (2017年3月14~17日, 熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)
    (ポスター発表)
  41. 超最新の遺伝子工学技術
    北島正章
    第51回日本水環境学会年会 Japan-YWPワークショップ「水環境工学の未来を探る」
    2017年3月14日 (熊本大学黒髪キャンパス, 熊本)