ライン

環境・エネルギー問題の解決に貢献できる高機能なセラミックスの創製を目指しています。 前駆体溶液や融液などの液相を合成プロセスに効果的に用いて微粒子、薄膜、複合体、単結晶、ガラスなどの無機材料を合成し、 高い機能を発現させます。詳細はこちら

ライン

インフォメーション

News(2018.4.27. update)


 2018年6月

ライン

 6月1日、2日開催の日本セラミックス協会基礎科学部会セミナー で三浦助教が講演しました。

 2018年4月

ライン

 4月2日 M1に卒研生から5名が進級、B4に4名が加わり、新年度がスタートしました


 2018年3月

ライン

 3月23日 修士課程 7名、学士5名が学位を授与されました。


 2018年1月

ライン

1月10日 2017年の研究発表リスト(論文、学会発表等)を更新しました

1月〜3月 インド・ポンディチェリ大学より、インターンシップ生が滞在しました

 2017年11月

ライン

11月 忠永教授が、コロンビア・Antioquia大学を訪問しました。

11月24日 スペインUniversity of the Basque CountryのTeofilo ROJO先生の講演会を開催しました

 2017年10月

ライン

10月12日公開シンポジウム「層状複水酸化物の最新科学」は終了しました。

 2017年9月

ライン

 9月25日山梨大学の学生2名が、特別研究学生として研究室に滞在します。


 2016年9月

ライン

 M2の福島君が、日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム・特定セッション「クリスタルサイエンス」において、「優秀発表賞」を受賞しました。

 M1の岩井君が、日本セラミックス協会第30回秋季シンポジウム・特定セッション「多様化する環境問題に取り組む次世代セラミックス材料と技術」において、「優秀発表賞」を受賞しました。

 2016年8月

ライン

 日本セラミックス協会ガラス部会・夏季若手セミナーを開催しました


 2017年4月

ライン

 4月1日より樋口先生が、構造無機化学研究室の所属になりました。

 4月3日 ドクター2名、M1に卒研生から進級した5人に加え新たに1名、B4に5名が加わり、新年度がスタートしました。


 2017年3月

ライン

 3月23日 修士課程 4名、学士5名が学位を授与されました。雪の中の学位授与式でした。


 2016年11月

ライン

 11月25日 三浦 章先生が、平成28年度日本セラミックス協会進歩賞を受賞することが決定しました。


 2016年10月

ライン

 10月1日 9月末まで博士研究員のCarolina ROSERO NAVARROさんが助教として着任しました。


 2016年9月

ライン

 M2の豊田さんが、日本セラミックス協会第29回秋季シンポジウム・特定セッション「クリスタルサイエンス」において、「最優秀発表賞」を受賞しました。


 2016年6月

ライン

 共同研究員として、スウェーデン・ウプサラ大学の学生1名が滞在しています(7月中旬まで)

 2016年5月

ライン

 5月19日 マンガン酸窒化物の酸素還元触媒活性に関する論文が、Angewandte Chemie International Edition のOnline版にHot Paperとして掲載されました


 2016年4月

ライン

 4月1日 社会人ドクター1名、M1に卒研生から進級した5人に加え新たに2名、B4に5名が加わり、新年度がスタートしました。

 4月1日 三浦 章先生が助教として着任しました。

 4月1日〜5月14日 スペイン・マドリッド工科大学からインターンシップ生が滞在しました


 2016年3月

ライン

 3月2日 2016年4月から研究室に加わる新4年生5名が決定し、顔合わせを行いました。

 3月24日 修士課程3名、学士5名が学位を授与されました。

 2015年11月

ライン

日本学術振興会(JSPS)外国人特別研究員のDr. Carolina ROSEROさんが、 JSPS外国人特別研究員としての滞在が終了しましたが、引き続き博士研究員として滞在することになりました。

 2015年10月

ライン

10月2日、3日 日本セラミックス協会東北北海道支部 北海道地区セミナーを開催しました。 多数のご参加、ありがとうございました。
このセミナーで、M1の五十嵐君が最優秀ポスター発表賞を受賞しました。

 2015年7月

ライン

7月30日公開シンポジウム「層状複水酸化物の最新科学」を開催しました

 2015年6月

ライン

・6月1日より、工学研究院での所属が物質化学部門から「応用化学部門」に変更になりました。
・6月27、28日に開催された電気化学会北海道支部 第31回・ライラックセミナー・第21回若手研究者交流会で、M1の藤井君がライラックポスター賞を受賞しました


 2015年4月

ライン

 4月1日(水)新4年生5名を新たに迎え、新年度がスタートしました。


 2015年3月

ライン

 3月3日 2015年4月から研究室に加わる新4年生5名が決定し、顔合わせを行いました。

 3月11日 忠永教授が平成26年度北海道大学研究総長賞(奨励賞)を受賞しました
 3月25日(水)修士課程3名、学士4名が学位を授与されました。
 3月25日(水)社会人ドクターの大沼篤彦さんが博士の学位を授与されました。

 2015年1月

ライン

リーディング大学院プログラム生1名が、ラボビジットプログラムを使って1ヶ月間研究室に滞在しました

 2014年12月

ライン

 12月2日(火)日本セラミックス協会東北北海道支部 北海道地区セミナーを開催しました。
 多数のご参加、ありがとうございました。

 2014年11月

ライン

 11月5日(水)山梨大学の博士後期課程学生が、特別研究学生として2月末(予定)まで滞在します。

 2014年9月

ライン

 9月1日(火)三浦章先生(リーディング大学院プログラム特任助教)がメンバーに加わりました。

 2014年4月

ライン

 4月1日(火)新4年生4名を新たに迎え、新年度がスタートしました。

 2014年3月

ライン

 3月25日(火)修士課程3名、学士3名が学位を授与されました。
 3月5日(水)に来年度の新4年生4名が決定しました。

 2013年11月

ライン

 11月11日(金)より、日本学術振興会外国人特別研究員のDr. Carolina ROSEROさんがメンバーに加わりました。

 2013年10月

ライン

 10月11日(金)にスペインのProf. Alicia Duran先生が研究室を訪問され、講演会を開催しました。

 2013年9月

ライン

 研究室旅行(サマーレクリエーショ・刀jに行きました。

 2013年9月

ライン

 日本セラミックス協会弟26回秋季シンポジウム(@信州大学)に3名の大学院生と教員が参加しました

 2013年4月

ラ・Cン

 3名の新4年生を迎え、新たな体制でスタートを切りました。

 2013年4月 

ライン

 忠永清治教授が着任しました。

 2013年3月 

ライン

 高橋順一先生がご退職されました。

 2012年11月

ライン

 植田あきさんが公益社団法人日本セラミックス協会東北北海道支部の平成24年度日本セラミックス協会 東北北海道支部研究発表会で優秀発表賞を受賞しました

 2012年9月

ライン

 樋口幹雄准教授が太陽光を高効率でレーザー光に変換できるCr,Nd:CaYAlO4 結晶を開発しました。 プレスリリース

無機合成化学研究室

ライン

〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 無機材料化学分野
(大学院総合化学院 物質化学コース 無機物質化学講座)

工学部 材料・化学棟4階 アクセス
Tel / Fax: +81-11-706-6572、6573

Copyright (C) Laboratory of Inorganic Synthesis Chemistry. All Rights Reserved.