Japanese / English

研究内容

研究成果:学会発表等、学術論文、特許出願、著書&出版などのリスト 

ここでは本年度の研究成果(学術論文、学会、特許出願、著書など)の発表をリストしています。昨年までの研究成果は以下の「昨年までの研究成果」をクリックしてください。

 

昨年までの研究成果

 

元に戻る

 

2019年度

学術論文

1) Photoluminescence Properties of [Core+exo]‑Type Au6 Clusters: Insights into the Effect of Ligand Environments on the Excitation Dynamics, Y. Shichibu,M. Zhang,T. Iwasa, Y. Ono,T. Taketsugu,S. Omagari,T. Nakanishi,Y. Hasegawa,K. Konishi, J. Phys. Chem. C in press (2018).

2) Photophysical investigation of near infrared emitting lanthanoid complexes incorporating tris(2-naphthoyl)methane as a new antenna ligand, L. A. Galán, S. Wada, L. Cameron, A. N. Sobolev,Y. Hasegawa, E. Zysman-Colman, M. I. Ogden M. Massi, Dalton Trans. in press (2018).

3) Luminescent Lanthanide Complexes, Clusters, Coordination Polymers and Metal-organic Frameworks with Temperature-sensing properties, Y. Hasegawa, Y. Kitagawa, J. Mater. Chem. C. in press (2018).

4) A Liquid-phase Ion Gun Technique for Generating Sulfide Ions on Metal Surfaces, Jun-Seob Lee, Koji Fushimi, Zairyo-to-Kankyo 68(5),120-127 (2019).

 

**********************************************************************

学会発表

1) 2019. 4.25. 招待講演: 長谷川靖哉, 希土類を用いた強発光性の分子材料開発, 第161回ラドテック研究会講演会, 東京理科大学神楽坂キャンパス(東京).

2) 2019.5.15-16. 口頭発表:熊谷まりな, 北川裕一, 伏見公志, 長谷川靖哉, クリセン骨格を導入した感温特性を示す高輝度Eu(III)錯体の光物性, 第35回希土類討論会, 大阪大学(吹田), 1B-10.

3) 2019.5.15-16. 口頭発表:齋藤康樹, 北川裕一, 伏見公志, 長谷川靖哉, カルボラン骨格を導入した希土類配位高分子の合成と物性評価, 第35回希土類討論会, 大阪大学(吹田), 1B-11.

4) 2019.5.21-23. 口頭発表:石井希, 北川裕一, 長谷川靖哉, 伏見公志, 金属組織に依存した腐食反応解析のためのフォトリソグラフィーを用いた電極作製法の開発, 材料と環境2019, 大宮ソニックシティ(大宮), B-112.

5) 2019.5.21-23. 口頭発表:藤村諒大, 北川裕一, 長谷川靖哉, 伏見公志, エリプソ顕微鏡と組み合わせたチャンネルフロー型電気化学セルによるpH4.5硫酸ナトリウム水溶液中でのFe6Crの不働態化挙動,材料と環境2019, 大宮ソニックシティ(大宮), B-309.

 

**********************************************************************

特許

1) 北川裕一、島かおり、和田智志、長谷川靖哉、伏見公志, 希土類錯体, 希土類錯体溶液、発光性成形体、発光性物品を製造する方法、発光性シート、及び農業用ビニールハウス, 特願2019-085626(2019.4.26出願)

 

**********************************************************************

解説&出版

1) 長谷川靖哉, 希土類元素ブロック高分子を用いた表示材料への展開, 日本画像学会誌, 58, 138-146 (2019).