北川 裕一

北海道大学工学研究院 先端材料化学研究室 特任助教
E-mail:y-kitagawa*eng.hokudai.ac.jp
(*を@に変えて使用してください)

居室:材料化学棟4階-MC424
TEL:011-706-6737

職歴
2013年3月   東京大学工学研究科応用化学専攻(学位取得:工学)
2013年4月   日本学術振興会特別研究員(PD:立命館大学)(-平成26年4月)
2014年5月   北海道大学大学院工学研究院物質化学部門 先端材料化学研究室 特任助教
現在に至る。

専門分野:光化学(磁気光学特性、キラル光学特性、発光特性)
大事にしていること:公理と定理の区別を徹底する

(1)論文(66件、~2018年11月25日)

代表的な論文

北海道大学 特任助教 (分子の発光特性・キラル光学特性・磁気光学特性)
分子の発光特性
1  A highly luminescent Eu(III) complex based on electronically isolated aromatic ring system with ultralong lifetime
  Y. Kitagawa, F. Suzue, T. Nakanishi, K. Fushimi, Y. Hasegawa
  Dalton Trans, Vol. 47, 7327 (2018).
2  J-type hetero-exciton coupling effect on an asymmetric donor–acceptor–donor-type fluorophore
  Y. Kitagawa, R. Yachi, T. Nakanishi, K. Fushimi, Y. Hasegawa
  J. Phys. Chem. A, Vol. 121, 4613 (2017).
3  Visible luminescent lanthanide ions and large π-conjugated ligand system shake hands
  Y. Kitagawa, R. Ohno, T. Nakanishi, K. Fushimi, Y. Hasegawa
  Phys.Chem.Chem.Phys., Vol. 18, 31012 (2016).
分子のキラル光学特性・磁気光学特性
1  Electronic chirality inversion of lanthanide complex induced by achiral molecules
  S. Wada, Y. Kitagawa, T. Nakanishi, M. Gon, K. Tanaka, K. Fushimi, Y. Chujo, Y. Hasegawa
  Scientific Report, Vol. 8, 16395 (2018).
2  Molecular design guidelines for large magnetic circular dichroism intensities in lanthanide complexes
  Y. Kitagawa, S. Wada, K. Yanagisawa, T. Nakanishi, K. Fushimi, Y. Hasegawa
  ChemPhysChem, Vol. 17, 845 (2016).
3  The connection between magneto-optical properties and molecular chirality
  S. Wada, Y. Kitagawa, T. Nakanishi, K. Fushimi, Y. Morisaki, K. Fujita, K. Konishi, K. Tanaka, Y. Chujo, Y. Hasegawa
  NPG Asia Materials, Vol. 8, e251 (2016).

立命館大学 学振PD (可視-近赤外光を利用した二酸化炭素光還元~研究期間:1年1ヵ月)
1 Unique photophysical properties of chlorophyll derivatives linked with CO2-reducing moiety along the Qy axis
  Y. Kitagawa, D. Kosumi, H. Hashimoto, O. Ishitani, H. Tamiaki
  Photochem. Photobiol. A Chem, Vol. 311, 104 (2015).
2 Photophysical properties of chlorophyll derivatives linked with rhenium bipyridine complexes
  Y. Kitagawa, D. Kosumi, H. Hashimoto, O. Ishitani, H. Tamiaki
  Bull. Chem. Soc. Jpn., Vol. 88, 346 (2015).
3 Photochemical reduction of CO2 with red light using synthetic chlorophyll-rhenium bipyridine dyad
  Y. Kitagawa, H. Takeda, K. Ohashi, T. Asatani, D. Kosumi, H. Hashimoto, O. Ishitani, H. Tamiaki
  Chem. Lett., Vol. 43, 1383 (2014).

東京大学 修士・博士 (ポルフィリンJ会合体のキラル光学特性・磁気光学特性~研究期間:5年)
1 Electronic absorption, MCD, and luminescence properties of porphyrin J-aggregates
  Y. Kitagawa, J. Hiromoto, K. Ishii
  J. Porphyrins Phthalocyanines, Vol. 17, 703 (2013).
2 Magneto-chrial dichorism of artificial light harvesting antenna
  Y. Kitagawa, T. Miyatake, K. Ishii
  Chem. Commun., Vol. 48, 5091 (2012) (A Hot Articleに選定).
3 Magneto-chiral dichroism of organic compounds
  Y. Kitagawa, H. Segawa, K. Ishii
  Angew. Chem. Int. Ed., Vol. 50, 9133 (2011) (Very Important Paper, 表紙に選定).


(2)著書(2件、~2018年5月1日)
1  Magneto-Chiral Dichroism of Organic Compounds
   Y. Kitagawa, K. Ishii
   Advances in Multi-photon Processes and Spectroscopy (AMPS), Vol. 22, S. H. Lin, A. A. Villaeys and Y. Fujimura, eds. World Scientific (2014).
2  Photofunctions of Phthalocyanines and Related Compounds
   K. Ishii, Y. Kitagawa
   Handbook of Porphyrin Science, Vol.32, 173 (2014).


(3)特許出願(18件、~2018年8月9日)
1 北川裕一、熊谷まりな、中西貴之、伏見公志、長谷川靖哉、“希土類錯体、発光材料、発光体、発光デバイス、合わせガラス用中間膜、合わせガラス、車両用フロントガラス、波長変換材料及びセキュリティ材料”、Patent Application NO: 2018-130925 (2018).
2 北川裕一、鈴江郁哉、中西貴之、伏見公志、長谷川靖哉、“希土類錯体及び発光材料”、Patent Application NO: 2017-035043 (2017), PCT出願/JP2018/006466.
3 北川裕一、矢地莉勇人、中西貴之、伏見公志、長谷川靖哉、“新規化合物、化学センサー、センシング装置及びセンシング方法”、Patent Application NO: 2016-124472 (2016).
4 北川裕一、大野良輔、中西貴之、伏見公志、長谷川靖哉、“希土類錯体および発光素子”, Patent Application NO: 2015-045930 (2015).
他14件


(4)総説・解説(3件、~2018年5月31日)
1  Effective photosensitized, electrosensitized, and mechanosensitized luminescence of lanthanide complexes
  Y. Hasegawa, Y. Kitagawa, T. Nakanishi
  NPG Asia Materials, (2018) in press.
2 北川裕一、Bulletin of Japan Society of Coordination Chemistry (BJSCC)、“光合成細菌における光捕集アンテナの磁気キラル二色性”、Vol. 63 (2014).
3 石井和之、北川裕一、高分子、“有機化合物の磁気キラル二色性”、Vol. 61、781 (2012).


(5)招待講演・依頼講演(8件、~2018年11月25日)
1 【招待講演】北川裕一、“発光性希土類錯体における光増感剤の設計法”、第7回錯体化学若手の会 北海道支部勉強会、北海道札幌市、2018年11月.
2 【招待講演】北川裕一、“亜鉛錯体の配位構造解析”、東京理科大学セミナー、千葉県野田市、2017年3月.
3 【招待講演】北川裕一、“π共役分子の光化学”、第15回北大若手研究者の会、北海道札幌市, 2016年1月.
4 【招待講演】北川裕一、“ポルフィリン超分子の光化学”、第31回ライラックセミナー・第21回若手研究者交流会・産官学フォーラム講演会合同大会、北海道小樽市、2015年6月.
5 【招待講演】Y. Kitagawa, H. Tamiaki,“Photochemical reduction of CO2 with long-wavelength light by covalently linked chlorophyll–rhenium bipyridine complexes", Tenth International Workshop on Supramolecular Nanoscience of Chemically Programmed Pigments (SNCPP14), Shiga, Japan (July 2014).
他3件


(6)受賞(5件、~2018年5月1日)
1 日本化学会関東支部大会優秀ポスター賞受賞、日本化学会第3回関東支部大会、東京、2009年9月.
2 配位化合物の光化学討論会ポスター賞(優秀賞)受賞、第22回配位化合物の光化学討論会、富山、2010年8月.
3 Best Presentation Award、IIS PhD Student Live、東京、2011年7月.
4 2012年光化学討論会優秀講演賞(ポスター)、2012年光化学討論会、東京, 2012年9月.
5 第62回錯体化学討論会ポスター賞、第 62回錯体化学討論会、富山、2012年9月.


その他
2017年度卓越研究員事業:卓越研究員候補者に選定
2018年度卓越研究員事業:卓越研究員候補者に選定
出身:神奈川県横浜市
趣味:ジョギング、お酒