学生・卒業生コラム

多彩な面々による、
工学研究的フリートーク。

インターンシップ報告

充実したタイでの2ヶ月間

北方圏環境政策工学専攻
維持管理システム工学研究室
修士課程1年 庄野 真凛

[PROFILE]

出身地
大阪府堺市
趣味
旅行
ひとこと
留学や海外インターンシップに行ってみたいと思っている人、多いと思います。ぜひ行動してみてください!

2016年12月〜2017年2月の2ヶ月あまり、共同研究先であるタイ・バンコクのカセサート大学へインターンシップに参加しました。研究内容は、コンクリート構造物を通常は炭素繊維シート、もしくはアラミド繊維シートで補強する巻き立て工法において、タイで安価に入手しやすい天然繊維、ジュート繊維シートを用いて行う、というもので、よりエコで低廉な補強方法とすることを目指しています。

カセサート大学の先生とは渡航前から実験内容の打ち合わせをメールで行い、英語での意思疎通の難しさを感じました。渡航後は、タイの学生の皆さんがとても優しくしてくれました。お互いに英語が上手ではなかったので、タイ語での会話で実験作業がどんどん進んでしまうこともありました。しかし徐々に、時間をかけてでもお互いの考えを英語で伝えようと努めるようになったと思います。映画に連れて行ってもらったり、週末や実験後には飲みに行ったり、わずか2ヶ月間でしたが本当に充実したインターンシップでした。この経験を活かそうと、現在、大学院では英語特別コースに所属しており、留学生との交流も大事にしています。

梁に入ったひび割れをマークしている様子
レストランでお別れ会をしました。筆者(左)