学科・コース Courses

進化する工学で、人類の
フィールドを拓き続けよう。

新たな資源や未知の可能性を求めて研究が進む、
環境・エネルギー工学や宇宙工学などの先端工学。
人類があたりまえに宇宙で生活する日は、そう遠くないのかもしれない。

環境・エネルギー工学や宇宙工学などの新領域へ。

機械工学と原子工学を基盤として、制御工学、量子力学や情報処理・電子工学などを応用し、エネルギーおよび宇宙機器などの大規模で高度な機械システムの先端産業分野で活躍する技術者や研究者を育成します。また、バイオ、ナノ・マイクロ、環境等の新領域で活躍できる人材の育成も目標としています。

新しいメカニズムを創出する能力とセンスを養う。

熱工学、流体力学や原子物理などの基礎知識を習得するとともに、科学技術の発展に対応できるようにするため、従来の機械工学の範疇を超えた、新領域対応の基礎的知識についての教育を充実させています。また、学生自身の発想で課題解決を行う創成型教育、先端研究を体験する卒業論文にも力を注いでいます。

社会に貢献する機械システムと新技術を創造する。

機械情報コースと機械システムコースには、カリキュラム上も多くの共通点があります。機械システムコース専門科目として、「環境」「エネルギー」「宇宙工学」により重点を置いていますが、他方のコースの講義も聴講可能です。両コース共通の科目は、各コースの専門科目を理解するうえで必要な機械知能工学の基礎科目を系統的に習得できるよう構成。大学院進学時には、コースには関係なく志望による専攻の選択が可能です。

機械システムコース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等) ●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学
など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●機械知能工学入門 ●工業倫理 ●コンピュータ演習 ●設計工学 ●CAD・CAM演習 ●計測工学実験 ●応用数学Ⅰ・Ⅱ ●電磁気学 ●量子力学 ●機械力学 ●材料力学Ⅰ ●熱力学Ⅰ ●流体力学Ⅰ ●環境エネルギー工学 ●安全工学
など
3年次
学科共通科目・コース専門科目
●設計演習Ⅰ・Ⅱ ●ラボラトリーセミナー ●工業英語演習 ●材料科学 ●熱力学Ⅱ ●流体力学Ⅱ ●伝熱工学Ⅰ・Ⅱ ●制御工学Ⅰ ●電気・電子回路 ●メカトロニクス実習 ●原子物理 ●プラズマ物理 ●原子炉工学 ●統計力学 ●流体工学 ●燃焼学
など
4年次
コース専門科目
●卒業研究
など
修士課程・博士後期課程
大学院工学院機械宇宙工学専攻
●宇宙材料学特論 ●宇宙輸送系特論 ●計算固体力学特論 ●人工衛星設計特論 ●分子流体力学特論
など
大学院工学院人間機械システムデザイン専攻
●固体力学特論 ●生体熱工学特論 ●メディカルデバイス・マテリアル特論 ●循環系バイオメカニクス特論 ●数値熱輸送工学特論
など
大学院工学院エネルギー環境システム専攻
●輸送現象特論 ●流体エネルギー工学特論 ●原子炉工学特論 ●エンジンシステム工学特論 ●原子炉物理特論 ●沸騰・二相流特論
など
大学院工学院量子理工学専攻
●画像工学特論 ●量子ビーム材料物性特論 ●表面ナノ科学特論 ●光量子基盤技術特論 ●プラズマプロセス工学特論
など

複雑化した現代の問題に
対応力のある人材に

機械知能工学科では、講義で基礎知識を身に付けるのはもちろんのこと、実験・実習・設計を実際に自分で行うことによって、現象に関して知識と実践の両面から学ぶことができます。また原子レベルのミクロから宇宙レベルのマクロまで幅広い分野を扱っており、自分の興味のあることを勉強することが可能です。このような豊富な知識と実践を持つことによって、環境問題やエネルギー問題など、複雑化した現代の問題に対する解決方法を編み出していくことができます。機械知能工学科へ来て興味を学びつつ、実践力を身に付けてみてはいかがでしょうか。

江本 大知
機械知能工学科 機械システムコース3年
(静岡県立浜松北高等学校出身)

興味のある分野で研究に励む

流体力学は水や空気の流れを扱う学問であり、ずっと興味のある分野でした。私は流体の中でも液滴の衝突に焦点を当てた研究を行っています。液滴衝突は半導体洗浄など工業的にも広く利用されており、そのメカニズムの解明はとても有用であると考えられます。機械知能工学科には他にも様々な研究室があり、それぞれが最先端の研究を行っています。研究は行き詰まることもありますが。問題を解決できたときの達成感は何物にも代えがたいです。

澤井 冴
大学院工学院 機械宇宙工学専攻
修士課程1年(学校法人須磨学園高等学校出身)

当たり前を変える新しい力

修士課程修了後、三菱重工業株式会社のエネルギー環境ドメインに配属されました。三菱重工業は、船舶・エネルギー産業・航空機・ロケットエンジンなど多様な製品を扱う重工業メーカーです。私が配属された部署では原子力発電所の安全設計を行なっており、原発の安全性向上のために日夜業務に励んでいます。2011年3月11日に発生した東日本大震災を発端とした福島第一原子力発電所事故以降、世界を取り巻くエネルギー産業は大きく変化してきました。原子力のみならず様々な分野で「今まで当たり前だったこと」が大きく見直され、日々新しい発見がなされています。機械知能工学科では、機械・宇宙・エネルギーなど幅広い分野において最先端かつ独創的な研究が行なわれています。
私が学生時代に学んだことも現在の業務に活かされており、その知識を元に新しい技術の開発に取り組んでいます。皆さんがこれから北大で学ぶであるだろう多くの知識や経験が、当たり前を変える‘新しい力’となり、より良い社会を実現するための糧となることを期待しています。

佐久間 渉さん

三菱重工業株式会社 エネルギー・環境ドメイン 原子力事業部
2011年3月 工学部 機械知能工学科 卒業
2013年3月 大学院工学研究科 エネルギー環境システム専攻 修士課程 修了

卒業後の進路

航空・宇宙、自動車、原子力、電気機器、製鋼・素材産業、精密機器、食品、繊維、化学、石油、プラントエンジニアリング等の製造業のほか、運輸・通信サービス、電力・ガス等のエネルギー企業で活躍しています。最近は、コンピュータ、メカトロニクス、宇宙機器などの電子機器・情報関連産業や運輸・通信サービス産業への就職も多くなってきています。これらの分野において、開発設計製造、研究、企画、管理等の中枢的部分において活躍しています。教育および研究公務員へ進む者も多数います。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2017年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先

●IHI ●アズビル ●いすゞ自動車 ●沖縄電力 ●オリンパス ●川崎重工業 ●関西電力 ●群馬大学 ●KDDI ●神戸製鋼所 ●小松製作所 ●札幌市役所 ●シマノ ●新日鐵住金 ●デンソー ●東京電力ホールディングス ●東北電力 ●東洋エンジニアリング ●TOTO ●トヨタ自動車 ●トヨタ自動車北海道 ●日揮 ●日産自動車 ●日本原燃 ●パナソニック ●パナソニックシステムネットワークス ●日立建機 ●日立製作所 ●富士重工業 ●北陸電力 ●北海道ガス ●北海道電力 ●ボッシュ ●本田技研工業 ●マツダ ●三井造船 ●三菱重工業 ●三菱電機 ●村田製作所 ●横河電機 ●理化学研究所

取得可能な資格

■高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
■甲種消防設備士(受験資格)
■建設機械施工管理技士(受験資格)
■建築施工管理技士(受験資格)
■電気工事施工管理技士(受験資格)
■管工事施工管理技士(受験資格)
※資格の取得には指定科目の修得や、卒業後に実務経験が必要なものもあります。

今まさに私たちはエネルギーの枯渇と地球環境問題という非常に大きな課題に直面しています。こうした大きなテーマにチャレンジし、北大のフロンティア精神を存分に発揮したい人におすすめです。本コースでは、さまざまな分野において、「木を見て、しかも森までも十分に見通せる」ような総合的な視野を持って活躍できるリーダーの養成を目指しています。自動車、航空宇宙、原子力等の分野に興味がある人はもちろん、経営工学的なセンスを磨きたい人にもおすすめです。
c0302_fig04

キーワード

原子力燃料電池水素エネルギー低CO2燃焼熱機関風力発電地球温暖化防止太陽電池バイオ燃料排ガス処理原子力安全低エミッション火災安全性細胞バイオメカニクス再生医療工学ドラッグデリバリーバイオミメティクスバイオニクスバードストライク対策消費者選好人間医工学バイオチップ自動車・航空機エンジン船舶の摩擦低減車両まわりの流れ食品ののどごしコジェネレーション風力発電のアート化スキージャンプロケット衛星微小重力環境国際宇宙ステーション半導体製造超音波計測立体画像電子実装ナノ材料極限燃焼カーボンナノチューブプラズマ原子力材料

ページの先頭