学科・コース Courses

生命の神秘に、
工学的なアプローチで挑む。

生命科学と情報科学を融合させた新時代のサイエンス、それが生体情報だ。
生命の神秘を工学で解き明かし、
バイオインフォマティクスや生体医工学に応用しよう。

生命・人間を中心とする、新たな科学技術の時代へ。

21世紀に入り、ヒトを始めとする様々な生物に関する理解が急速に深まっています。
その結果、人類が持続的に健康で豊かな生活を送るための生命・人間を中心とする新たな科学技術の創成と発展・応用が可能となってきています。

学際領域の基礎を、遺伝子から個体まで体系的に学習。

発展の目覚ましいコンピュータ技術、ナノテクノロジー、生命科学の融合科学技術領域は、生命、特に人間を中心とする新領域として飛躍的発展が期待されています。
本コースは、このような社会的要請に応えるため、情報エレクトロニクスの先端技術を駆使し、生命・人間・医療にかかわる科学技術産業の発展に中心的役割を担うことができる創造性豊かな人材の育成を目指します。

生命・人間・医療にかかわるテクノロジーを発展させる。

本コースでは、生命科学と情報科学の学際領域の基礎を遺伝子から個体レベルまで体系的に学習します。まず基盤となる知識を体系的に修得するため、分子生物学I・IIや細胞生物学などの生物系基礎科目、および情報エレクトロニクス基礎科目群を履修します。その後、生体機能学、神経工学、シミュレーション工学、データ解析、応用光学I・II、応用物性工学などの比較的高度な専門科目を学べるよう、カリキュラムを構成しています。

コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等)●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学
など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●分子生物学Ⅰ・Ⅱ ●細胞生物学 ●応用数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ●計算機プログラミングⅠ・Ⅱ ●コンピュータ工学 ●電子デバイス工学 ●電磁気学 ●電気回路 ●情報数学 ●情報理論 ●信号処理 ●線形システム論 ●電子回路 ●ディジタル回路 ●生体医工学基礎
など
3年次
コース専門科目
●生体機能学 ●生命情報解析学 ●神経工学 ●生体物理工学 ●応用電気回路 ●科学計測 ●シミュレーション工学 ●データ解析 ●応用光学Ⅰ・Ⅱ ●応用物性工学 ●量子工学
など
4年次
コース専門科目
●卒業研究
など
修士課程・博士後期課程
大学院情報科学研究科生命人間情報科学専攻
●ゲノム情報学特論 ●情報生物学特論 ●先端医工学特論 ●医用システム工学特論 ●細胞生物工学特論 ●生体制御工学特論 ●脳神経科学特論 ●バイオイメージング特論 ●ナノマテリアル特論 ●ナノフォトニクス特論 ●生命人間情報科学特別演習(修士課程)●生命人間情報科学特別研究(博士後期課程)
など

生命、医療に関わる技術を

昔から医療に関わる工業技術に興味があり、生体情報コースを選びました。生多機能学やシミュレーション工学、応用物性工学などの講義により幅広い分野を学ぶことで、自分のやりたいことを見つけられるのがこのコースの魅力です。研究室では、がん腫瘍内のイメージングを通して、どう放射線をあてるかについて研究しています。将来はここでの経験を生かして医療機器開発に関わる職に就きたいと思っています。

田口 晃裕
情報エレクトロニクス学科 生体情報コース4年
(北海道札幌西高等学校出身)

パソコン1台で生物の
不思議を解明する

以前から遺伝子に興味があり、これからの社会でより重要になるであろう情報の勉強もしたいと考え、生体情報コースを選びました。私はここでミツバチについて研究をしています。どの遺伝子が女王蜂と働き蜂の違いにかかわっているのかを調べるため、コンピュータ上でミツバチのタンパク質のデータを取得し、比較することで研究を進めています。将来は大学で得た知識を応用して、社会の発展に貢献できればと考えています。

小松 玉麻果
大学院情報科学研究科 生命人間情報科学専攻
修士課程1年(千葉県立東葛飾高等学校出身)

在学時の留学を経て現在の進路に進み
これまでの経験を活かして研究に取り組んでいます

私は修士及び博士課程の在籍中に今働いている研究室に短期留学し、多くのことが学べそうだと感じて進路を決めました。現在は、電子常磁性共鳴法を用いた生体内酸素分圧情報の取得と画像化に関する研究を行っています。生体内酸素分圧の情報は、がんなど低酸素状態が関連する疾患の病態解明や治療に活かすことができ、将来的には治療法を決定するための重要な要素になりうると考えられています。その様に研究を通して医療の発展に寄与し、人々に貢献できる可能性があることが、私のモチベーションになっています。仕事をする中では在学時に学んだほとんどの必修科目の内容が役立っており、特に生命人間情報科学専攻で得た広範囲の知識は、折に触れ思い出し、業務へ適用できることが多いです。

榎本 彩乃さん

National Institutes of Health(米国国立衛生研究所)
Postdoctoral Fellow(博士研究員)
2010年 3月 工学部 情報エレクトロニクス学科 生体情報コース 卒業
2012年 3月 大学院情報科学研究科 生命人間情報科学専攻 修士課程 修了
2014年12月 大学院情報科学研究科 生命人間情報科学専攻 博士後期課程 修了

卒業後の進路

電機、情報通信、精密機器、ソフトウェア、重工業、自動車、化学工業、医療関係の企業などに就職する者が多数ですが、大学、国公立の研究機関などで第一線の研究者として活躍している者も多くいます。その他、マスコミ、運輸、電力、製薬メーカーなど、多岐にわたる業種に就職実績があります。特にバイオインフォマティクス、生体医工学などの分野を修めた人材が求められている、医療機器、バイオ産業、食品、製薬企業まで進路の選択肢が広がっていることは、本コースの大きな特色として挙げられます。

産業別就職状況

※産業別就職状況・主な就職先は、2017年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先

●アイ・システム ●エイチ・アイ・エス ●SCSK ●NHKエデュケーショナル ●NTTドコモ ●オリンパス ●クレハ ●KSK ●KDDI ●札幌市役所 ●新日鐵住金 ●住友商事 ●ソニー ●日産自動車 ●日清食品 ●パナソニック ●日立ハイテクノロジーズ ●ボストン・サイエンティフィックジャパン ●北海道電力

取得可能な資格

■高等学校教諭一種免許状(数学・理科・情報)
※資格の取得には指定科目の修得が必要です。

生き物とコンピュータが好きで、両方の学問分野を総合的に学びたいと考えている人や、医療分野に貢献したいと考えている人、生命の謎を解明したいと考えている人、将来、生命・人間・医療にかかわる工業技術の発展と新産業の創成・推進に中心的役割を果たせるような人材になりたいと考えている人におすすめです。本コースでは、エレクトロニクス、生物学、機械工学、物理、化学などのさまざまな知識の融合による新領域研究を積極的に推進しています。新しいことに挑戦したい人、好奇心旺盛な人を歓迎します。

c0203_fig04

キーワード

生物資源人工光合成赤外太陽光発電光触媒生体認証メディカルエレクトロニクス再生医療人工関節医療福祉工学バイオセンサードラッグデリバリーシステムゲノム比較生物進化新種探索バイオナノテクノロジーバイオメカニクス遺伝情報生命の起源DNAチップ生体内通信感覚脳の認知機能生体モニタリング生体コンピュータバイオイメージングプラズモニクス2光子顕微鏡単一分子顕微

ページの先頭