学科・コース Courses

人々の幸せや豊かな生活を
支えるエレクトロニクス。

身の回りのあらゆる環境で必要とされるエレクトロニクスについて、
基礎から応用まで広く深く学ぼう。
それは、人類にとって本当に役立つモノを創りだせる未来につながっている。

これからのエレクトロニクスを、安全に進化させる。

携帯電話をはじめ自動車や家電製品など、さまざまなところにコンピュータや通信機器が利用されています。これらの機器は、技術革新によって小型化・高速化・高機能化がなされてきました。これからのエレクトロニクスは、利便性の追求だけではなく、安全性を高め環境を守るように進化しなければなりません。

新しい可能性を持つ、次世代エレクトロニクスの創出。

エレクトロニクスは、単原子・単分子・単電子を制御して新しい機能発見を目指す「ナノエレクトロニクス」、電子のスピンを利用する「スピントロニクス」、光子の特徴を利用した「光エレクトロニクス」、生物や化学の分野との融合を目指す「分子・バイオエレクトロニクス」などの側面を持っています。

エレクトロニクスの基礎から応用まで、幅広く学ぶ。

本コースでは、電気電子工学の基礎から応用まで幅広く学びます。さまざまな課題を解決し、新しいテクノロジーを生みだす源泉は、幅広い知識と高い応用力です。そのために、数学と物理学に重点をおいた基礎科目をはじめ、エレクトロニクスの基盤となる材料から、これらを動かすソフトウェアに至るまで、多彩な専門科目を学びます。電気電子工学を中心とした幅広い知識と応用技術を身に付けた、エレクトロニクスの専門家を育成します。

コース カリキュラム

1年次(総合教育部)
全学教育科目
●教養科目(文学、芸術、歴史等) ●外国語科目 ●基礎科目(数学、物理、化学、生物) ●情報学
など
2年次
学科共通科目・コース専門科目
●応用数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ●電気回路 ●電子デバイス工学 ●情報理論 ●コンピュータ工学 ●電磁気学 ●情報数学 ●信号処理 ●線形システム論 ●電子回路 ●ディジタル回路 ●応用電気回路 ●量子力学 ●計算機プログラミングI・II
など
3年次
コース専門科目
●集積回路工学 ●物性工学 ●通信工学 ●半導体デバイス工学 ●電気エネルギー工学 ●光工学 ●計測制御工学 ●電気電子材料工学 ●応用量子力学 ●応用電磁気学 ●応用光工学 ●集積システム工学 ●数値解析とシミュレーション基礎
など
4年次
コース専門科目
●卒業研究
など
修士課程・博士後期課程
大学院情報科学研究科情報エレクトロニクス専攻
●固体物性学特論 ●光電子物性学特論 ●量子物性学特論 ●光デバイス学特論 ●量子デバイス学特論 ●電子材料学特論 ●集積システム学特論 ●光情報システム学特論 ●システムLSI学特論 ●ディジタル通信システム特論 ●情報エレクトロニクス特別演習(修士課程) ●情報エレクトロニクス特別研究(博士後期課程)
など

自分の視野を広げたい人に

なんとなくプログラミングやデバイスに興味が ある程度で、電気電子工学コースに進学し ました。ハードウェアからソフトウェアまで幅広 く学ぶことができ、やりたいことを見つけるに はピッタリだと思います。実験などを通して触 れていくうちに、だんだんとこの分野の面白さ が分かってきて、たくさんのことを学んでいけ ることが楽しいと感じるようになりました。まだ まだ学ぶことばかりの毎日ですが、充実した 日々を送っています。

大羽 由華
情報エレクトロニクス学科 電気電子工学コース
集積アーキテクチャ研究室 4年
(愛知県立時習館高等学校出身)

省エネに貢献する半導体加工技術

最先端のエレクトロニクスに興味をもち、材 料から回路まで学べる情報エレクトロニクス 専攻に進学しました。私の研究テーマは「窒 化ガリウム(GaN)の低損傷加工」です。 GaNは青色LEDの素材として有名ですが、 トランジスタに応用されることで全世界の消 費電力が大幅に削減されると期待されてい ます。私が開発する低損傷加工技術がトラ ンジスタの性能を向上させ、低消費電力社 会の実現へ貢献できるよう日々研究に取り 組んでいます。

松本 悟
大学院情報科学研究科 情報エレクトロニクス専攻
量子知能デバイス研究室 修士課程2年
(札幌第一高等学校出身)

世界レベルのエンジニアを目指して

私はAppleで、さまざまな製品の開発に携わってい ます。Appleは世界的にインパクトのある製品を数 多く提供し続けています。その開発の過程で直面 するさまざまな問題解決のための考え方は、大学 院の研究を通して自然と学んでいたように思いま す。在学中は超低消費電力で動作する半導体 LSIの研究をしていました。大学院での研究は答え が一つでは無く様々な角度から問題解決の手法 や新しいアプローチを自由に提案することができま す。世界で誰も提案していない問題解決方法や新 しいアプローチをひらめいた時の達成感は何もの にも代えがたい経験です。ぜひ皆さんも、研究の世 界に飛び込んでみませんか。就職後のみならず、 今後の自分の人生を大きく変える経験になると思 いますよ!

上野 憲一さん

Apple
2007年3月 大学院情報科学研究科 情報エレクトロニクス専攻 修士課程 修了
2010年3月 大学院情報科学研究科 情報エレクトロニクス専攻 博士後期課程 修了

卒業後の進路

本コースの卒業生に寄せられる社会の期待は極めて大きく、就職 先は、世界的な電気メーカー、情報・通信企業、自動車メーカー、電力会社などの大手企業が多くを占めています。景気の動向にほとんど左右されず、安定して多くの求人が寄せられています。

※産業別就職状況・主な就職先は、2017年3月卒業者・大学院修了者を集計したもの。

主な就職先

●アイシン精機 ●OKIソフトウエア ●川崎重工業 ●キヤノン ●KDDI ●小松製作所 ●ジェイテクト ●新日鐵住金 ●住友電気工業 ●デンソーテクノ ●トヨタ自動車 ●西日本電信電話 ●西日本旅客鉄道 ●日本電信電話 ●日本郵政 ●東日本電信電話 ●日立製作所 ●富士通 ●富士通研究所 ●富士電機 ●古川電気工業 ●北海道電力 ●ボッシュ ●三菱電機 ●村田製作所 ●メディア ●リコー ●ルネサスエレクトロニクス

取得可能な資格

■高等学校教諭一種免許状(数学・理科・情報)
■甲種消防設備士(受験資格)
■第一級陸上無線技術士(試験科目一部免除)
■第一級陸上特殊無線技士
■第三級海上特殊無線技士
■電気通信主任技術者(試験科目一部免除)
■建設機械施工管理技士(受験資格)
■建築施工管理技士(受験資格)
■電気工事施工管理技士(受験資格)
■管工事施工管理技士(受験資格)
※資格の取得には指定科目の修得や、卒業後に実務経験が必要なものもあります。

本コースの希望者には、常に新しい課題に目を向け、 自ら積極的に取り組む姿勢が望まれます。大規模集 積回路・LSIシステムに興味がある人、新しい材料や ナノテクノロジーに興味がある人、仮想より現実のモノ を大切にする人、ヒトとさまざまな機器をやさしくつなぐ 知的インターフェースに興味がある人、太陽電池など 未来のエコロジー社会を実現するエレクトロニクスに 興味がある人、広い視野から人類にとって役立つモノ をつくりたい人、一つの技術にこだわらずに自分の可 能性を広げたい人におすすめです。

c0202_fig04

キーワード

省エネルギー素子・回路太陽電池熱電変換電気自動車通信・交通ネットワークインフラ環境センサー量子暗号バイオセンサーヘルスモニタリングデバイス人工知能・生物的情報処理・集積回路脳型計算機マンマシンインターフェース感性・知的情報処理スマートフォン無線通信光通信量子情報処理光デバイス情報チップ(情報家電、スマートハウス、組み込みプロセッサ)デジタルAV機器デジタルカメラゲーム機器電子楽器宇宙衛星通信超高感度撮像素子(カメラ)遠赤外線・テラヘルツ検出器PC・スパコン画像処理ホログラフィ高密度記録FPGAナノテク量子コンピューティング電子顕微鏡スピントロニクス

ページの先頭